テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月15日(木)は、柴田理恵&大原敬子。48歳女性から、高校受験を控え、成績が落ちていく娘。本人は気にしていないようで、それでも志望の進学校を受験するつもり。落ちたら私立でもいいと考えてる様子で、夫も行ける高校へ行けばいいと言っている。どうしたもんだろう?というお悩み。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:48歳女性 夫55歳 娘14歳(中学3年生)

もしもし?テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)
こんにちは。(柴田理恵)
こんにちは・・(相談者)
今日は、どんなご相談ですか?(柴田理恵)

受験生・・の・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あの、娘のことなんですが。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

えっと・・あなたは今、おいくつですか?(柴田理恵)

え・・40・・8です。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

ってことは、旦那さんは、おいくつですか?(柴田理恵)
え・・50・・5です。(相談者)

50・・5歳・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
娘さんが、受験生・・ってことは・・(柴田理恵)
えっと、10・・4歳です。(相談者)

10・・4歳・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
ということは・・高校・・受験・・ですか?(柴田理恵)
そうです・・はぁい。(相談者)

高校受験ですね?(柴田理恵)
はい。(相談者)
はい・・えっと、お子さんは、お一人ですか?(柴田理恵)

はい。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

高校受験で、どうなさいました?(柴田理恵)

あ、三年生になって・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

少し、成績が・・落ちて・・きてましてぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田理恵)
でぇ、あのぅ・・やはり、そういうことを・・言うと・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
嫌がる・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
ものですから・・(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田理恵)
どういうふうに・・接して・・いったら・・いいのかなぁ・・という・・ことでぇ・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
まぁ・・この時期なんですけれども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ご相談、させていただければと思いましてぇ・・(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)

まあ・・(柴田理恵)

あたし・・が・・高校・・受験の時に・・(柴田理恵)
・・
その中三の時に・・成績、落ちたりしたときは・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)
やっぱり、「落ちた」・・って言うと・・「うるせぇ」とかって、言ってぇ・・(柴田理恵)
そうですねぇ。(相談者)
・・
ええ。(相談者)

あの、そういう反抗しましたけど。(柴田理恵)

ええ。(相談者)
そういうふうに・・(柴田理恵)

あのぅ・・(相談者)
お母さんに直接・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
「うるさい」とかなんとか、言うんですか?(柴田理恵)

も・・言いますけれども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あまり、自覚がないみたいなんですよ。(相談者)
・・
あの、下がってる・・っていう・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
自覚は・・ないみたいでぇ・・(相談者)
どのくらい下がったんですか?(柴田理恵)

点・・数で言うと・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

100以上・・落ちてるんですねぇ。(相談者)
100・・以上?(柴田理恵)
ええ。(相談者)

100以上って・・(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁ、5教科なんですけども。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

ええ・・20点以上ずつ、下がってしまった・・というような・・感じ・・(相談者)
あ、平均して・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
全体的に落ちてる?(柴田理恵)
そうです。(相談者)

ええ、一気に・・(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)

落ちましたねぇ・・(相談者)
なんか・・(柴田理恵)

下がる原因・・っていうか・・(柴田理恵)
うーーん・・(相談者)
なんか・・(柴田理恵)
かろうじて・・つな・・(相談者)
思い当たること・・あります?(柴田理恵)
ああ・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

ゲームとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そういった・・こともあったかなぁ・・っていうふうには・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
思いますねぇ。(相談者)
部活は?(柴田理恵)

は(わ)・・や・・って・・ます。(相談者)
な、何部?(柴田理恵)
文化部ですね。(相談者)

文化部です。(相談者)
文化部?・・はぁ・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

じゃあ、恋してるとか、そういう感じはありますか?(柴田理恵)
いや、それぇ・・(相談者)

まぁ・・それも、あ・・ったのかもしれないんですけどぅ・・(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)

まぁ、思い当たる節とすればぁ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あのぅ・・生徒会の役員・・に・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

本人は、なりたかったようなんですけれども。(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
なれなかったぁ・・という・・ところが・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あったかなぁ・・とは、思います。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)
あのぅ・・(柴田理恵)

きっと・・成績のいい、お子さんなんですね。(柴田理恵)

以前は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
良かったです。(相談者)
ああ、そうですか?(柴田理恵)
ええ・・(相談者)

志望校みたいなこととか・・そういうことはもう・・(相談者)
いや・・(柴田理恵)

えーっと、一応、公立・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
高校・・の・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
まぁ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
進学校?(柴田理恵)

ええ、そうですねぇ・・(相談者)
を、目指してるわけですね?(柴田理恵)

うーん・・でも今・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
の、感じだと・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
入れないと思います。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
ええ・・(相談者)

あの・・(柴田理恵)

小さい頃から、割といろいろ、話する・・(柴田理恵)

お子さんでしたか?(柴田理恵)
うーーん・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)

・・

・・

・・

そうでもない?(柴田理恵)
話してる・・(相談者)

とも、思ってたんですけれども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あまり、学校のことは、言わなかったかも・・しれません。(相談者)
ふぅーーん・・(柴田理恵)

もともと、どんなお子さんですか?・・明るいとか・・(柴田理恵)
あか・・るい・・うん・・(相談者)
人前に出たいとかぁ・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)

あの・・なんかほん・・明るい・・子ですね。(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)
でぇ・・あのぅ・・(相談者)
お友達も多い?(柴田理恵)

うん・・と思います。(相談者)

うん・・(柴田理恵)

・・

うーーん・・(柴田理恵)
そう・・ですねぇ・・うん・・(相談者)
だって、生徒会の役員、やりたいぐらいですもんねぇ。(柴田理恵)
そう・・なんです(苦笑)、目立ちたがりだと思います(苦笑)。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)
そういうところは、あるんです。(相談者)

ああ・・そうやってみんなと一緒に・・みんなの世話したり・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)
そういうのが好きな子なんですね。(柴田理恵)
やり・・たか・・った・・と思います。(相談者)

いやぁ・・(柴田理恵)

高校・・は・・(柴田理恵)

本人・・も・・(柴田理恵)

その高校には、絶対・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)
行きたいなぁ・・とかっては、言ってるんですか?(柴田理恵)

フッ・・未だ下がった・・あのぅ、成績が下がっても、行けると思っているらしい・・ですね。(相談者)

行けると思ってる(笑)?(柴田理恵)

はぁい、まだ諦めてないみたいでぇ(苦笑)・・(相談者)

うーん、じゃあ・・あんまり・・(柴田理恵)

本人は・・(柴田理恵)

うん・・(相談者)
気にしてないんですね?

そうなんです、そうなんです。(相談者)

ああぁぁ・・(柴田理恵)
この時期に来てもそうなんです。(相談者)

もし、その公立の・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)
進学校落ちたら・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)

どうなるんですか?(柴田理恵)

私立・・に、行くわけですか?(柴田理恵)

さぁぁ・・そうなるでしょうねぇ・・(相談者)

そうですねぇ。(相談者)

その私立でも・・(柴田理恵)

ええ・・(相談者)
本人は、いいと思ってわけですか?(柴田理恵)

そうです、思ってます。(相談者)

思ってます(笑)・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
うふふふ・・明るいお子さんですね。(柴田理恵)
うふふ・・(相談者)
ふふふ・・(柴田理恵)
よく言えば、そうですね(苦笑)。(相談者)
そうですねぇ・・じゃあ・・(相談者)

お父さんなんて・・おっしゃ・・ってます?(柴田理恵)

「行ける高校で、いいんじゃない」と(笑)・・(相談者)
ははははは・・(柴田理恵)
言ってますね。(相談者)
行ける高校でいいんじゃないか(笑)・・(柴田理恵)
ええ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そう言えば、そうでんなぁ・・でもやっぱ、お母さんとしては・・その進学校に行かしたいなぁ・・とは思うわけ?(柴田理恵)
まぁ、私立よりは・・(相談者)

近いですし・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)

まぁ、行って欲しいですねぇ・・(柴田理恵)
いいとは・・思いますねぇ・・(相談者)
うーーん・・そっかぁ・・(柴田理恵)

うんでもなんか、わたし、今聞いてて・・娘さんも健全だし・・(柴田理恵)
うふふ・・(相談者)
お父さんも健全だし(笑)・・(柴田理恵)
そうですねぇ・・(相談者)
お母さんも、そうやって心配なさるのは・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)
健全だと思いますけど。(柴田理恵)
・・
そうですか・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
ありがとうございます。(相談者)
ふふふ・・(大原敬子)
あっ、でも、ちょっと、先生に・・聞いてみましょうか(笑)・・(柴田理恵)
ええ・・(相談者)

(笑)・・すいませんね、笑っちゃって。(柴田理恵)
いえ。(相談者)
あまりにもねぇ・・なんっちゅうのかなぁ・・明るいお悩みで・・(柴田理恵)
ふふふ・・(大原敬子)
わたし達、ホッとしてるんです。(柴田理恵)
あっ、そうですか。(相談者)
いい方だなぁ・・と思って。(柴田理恵)
うふっ・・(相談者)
ホントに、普通のご家庭で・・(柴田理恵)

あ、そうですか・・(相談者)
いいなぁ・・と思えるんですけど。(柴田理恵)
あっ、ありがとうございます。(相談者)
でも、あのぅ、ちょっと先生に聞いてみましょうね。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

(笑)え・・今回の、回答者の先生は・・幼児教育研究の、大原敬子先生です、先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。