テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月31日(火)は、加藤諦三&坂井眞。4ヶ月前、妻が43歳で他界、46歳の夫と14歳の息子の二人暮しになる。妻の方が収入が多かったので主夫をしていた相談者。朝ご飯と夕ご飯は息子と一緒に食べており、長くて10分ほどの会話もある。デリケートな時期でもあるが、無気力状態で、出来ていた事も出来なくなってしまった。これからの人生、息子と二人、どう生きていけばいいのか?という相談
加藤諦三氏の〆の言葉『対象喪失の過程、否認、絶望、そして希望、その全ての過程を経験すること』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:46歳男性 4ヶ月前に他界した妻享年43歳 長男14歳 二人暮し

もしもし?(加藤諦三)
あっ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、よろしくお願いします。(相談者)
最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい。(相談者)

え、46歳です。(相談者)
46歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

え・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

妻が43歳です。(相談者)
43歳・・(加藤諦三)

・・

でぇ・・え・・お子さんは?(加藤諦三)

え・・男の子で14歳が一人居ます。(相談者)

・・

はぁい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

はい、実はあのぅ、四か月ほど前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

病気で妻が他界したんですね。(相談者)

それでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
今、息子と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
二人で、くら・・暮らしているんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

わたし達のまだ長い人生を・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なんて言うか、これからどういうふうに、生きて行けばいいのかなぁ・・っていう・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
ちょっと迷ったので。(相談者)
はい。(加藤諦三)

お電話いたしました。(相談者)

・・

当然そのぅ・・(加藤諦三)

妻に他界される前は、三人の・・(加藤諦三)

生活は、幸せな生活だったわけですよねぇ?(加藤諦三)
・・
そうですね、はぁい。(相談者)

・・

だから・・あなたにとっても・・(加藤諦三)

・・

お子さん、14歳のお子さんにとっても、驚き・・(加藤諦三)

どう、この事態を考えていいかわからない・・(加藤諦三)

うーーんっと、わたしは、当時は・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・息子には・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・まぁ、今、デリケートな・・(相談者)

年齢なのでぇ・・(相談者)
うん、そうですねぇ。(加藤諦三)
あまりこう・・(相談者)

簡単なこと言えないな・・っていうのがありますが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

僕の前では、それほど悲しい態度を・・(相談者)

見せないで。(相談者)

はい。(加藤諦三)
今日まで一緒に暮らしています。(相談者)

・・

あっ!この息子さんが?(加藤諦三)
ええ。(相談者)
14歳の息子さんが?(加藤諦三)
はぁい・・はぁい。(相談者)

・・

・・

それは・・(加藤諦三)

あなたか見て・・もう精一杯我慢しながら、やってん・・(加藤諦三)

うーーんっと・・(相談者)
もう、それとも・・(加藤諦三)

半分、半分ぐらいに見える時も、あるんですけども。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

うーーんっと、今、息子とは、朝まぁ、一緒に、朝ご飯を食べてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

学校に行くんで見送ってぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ま、夕方帰ってきて、また・・(相談者)

「今日一日どうだった?」程度の・・(相談者)

まぁ、長くても10分程度の・・(相談者)

コミュニケーションでしょうか?(相談者)
うん。(加藤諦三)
を、して・・夕飯を食べてっていうことなんで、それほど・・(相談者)

長時間、毎日・・(相談者)

一緒に居てこう、長話をするわけでは・・(相談者)

ないですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その中では・・(相談者)

それほど・・(相談者)

そのぅ、母親が居なくなったことによっての、すごいショックを受けているっていうふうには・・(相談者)

大きな・・(相談者)

・・

ぅ・・ものは見えては・・いないんですけども。(相談者)
ふぅーん・・(加藤諦三)

そいでぇ・・(加藤諦三)

幸いなことに、あのぅ・・(加藤諦三)

母親は・・(加藤諦三)

が、居なくなっても、あの、朝ご飯も、夕ご飯も・・(加藤諦三)

お父さんと一緒に食べてるってことですね?(加藤諦三)
あっ・・実はあのぅ・・(相談者)

数・・年前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっとわたしの方が、あのまぁ・・(相談者)

当時、我々、共働きだったんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしの方が、年収がだいぶ低くなったので。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あとちょっと、家のこともやってかなくっちゃね・・ってことでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
「わたしが・・主夫として、家のこと、メインでやるね」・・っていうふうに・・(相談者)

して・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

いますのでぇ。(相談者)
そう・・ですか。(加藤諦三)

ええ。(相談者)

あんまり、留守なことはないです。(相談者)

・・

じゃあ、あなたの方が、むしろ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
母親のような役割をやってた?(加藤諦三)

今はまぁ・・(相談者)

そうですね、父であり・・まぁ、はは・・(相談者)
母・・(加藤諦三)

でも、アレ・・(加藤諦三)
おや(母親)・・とまでは言えませんけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

出来る限りの・・(相談者)

子供の・・(相談者)

なんでしょう?「心配事、なぁい?」だとか。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ちょっとこう・・(相談者)

言葉を、引っ張るようなことは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ、時折・・したりしています。(相談者)

ふぅーん。(加藤諦三)

・・

・・

経済的には、どうなってんです?(加藤諦三)

あ、まぁ、妻が遺してくれた財産が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、いくらかありますし。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あんまり・・(相談者)

そうですね、わたしも結構、節約には結構、今まで頑張ってきたのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

あんまり大きくはこう・・(相談者)

「大丈夫です」とは言えない、心配はありますが。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それほど焦ってはいないです。(相談者)
ふぅーん・・(加藤諦三)

そうすっと、今日の相談っていうのは・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
どういうことなんでしょうか?(加藤諦三)

まぁ、四か月前に他界されてぇ。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

二人になってしまってぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

え・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

実は、わたしちょっとそう・・説明が足りなかったんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)

今、わたしと息子で、二人で住んでいます。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そうすると・・今まで・・(相談者)

そう、相談の・・本質っていうのは、わたしの気持ち・・自体だったんですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

何かでこう、躓いたり・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
苦しい時があったときは・・(相談者)
はぁい。(相談者)
かつては、うちの妻に、「これこれこうだったんだけどねぇ・・」みたいなことを、毎日のように言っていたんです。(相談者)

それは、楽しいことも、苦しいことも、全部しゃべってたんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、それ「うんうん、そうだね」って、こう言ってくれていて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

今、ちょっとこう、仕事上とかでも。(相談者)
うん。(加藤諦三)

他のことでも、ちょっと、う・・(相談者)

ちょっと辛いなぁ・・乗り越えられないなぁ・・ってことがある時に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

すごくこう・・(相談者)

大したことでもないので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
すごくこう、勝手に・・(相談者)

あのぅ、考え込んでぇ・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)
「なんか無気力になったなぁ・・」っていう自覚症状が出て来てぇ。(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)

それによって子供への、こう、食事の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ことだとか。(相談者)
うん。(加藤諦三)
ちょっとこう・・(相談者)

迷惑かけてるところも・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

すごくたまにあるんです。(相談者)

それでぇ・・息子の・・心の支えに・・(相談者)

ならなきゃいけないのにぃ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

「なんか自分にいつも負けてるんだよなぁ・・僕はぁ・・」とか。(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
思うのを・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

「思っても仕方がないとは思う」って・・(相談者)

誰もが言うんですけども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でも・・(相談者)

何にせよ、少しでも、ちょっとこう、回復していけるのって・・(相談者)

いい方法は・・(相談者)

うんうん・・(加藤諦三)
ないもんでしょうかねぇ?・・って思って。(相談者)
ということですねぇ。(加藤諦三)
ええ。(相談者)
今日の相談っていうのはねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
よくわかります、だから・・(加藤諦三)

最初は・・(加藤諦三)

・・

現実を受け入れることができない。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

だけど・・(加藤諦三)

「ああ・・やっぱり・・」(加藤諦三)

・・

「妻は・・」(加藤諦三)

・・

「他界したんだ、亡くなったんだ」っていう・・(加藤諦三)

ズッ・・(相談者)
そのことを・・(加藤諦三)

・・

その現実は、受け入れられるようになった。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

だけど、その現実を受け入れられるようになると・・(加藤諦三)

ウン。(相談者)
そこにあるのは・・(加藤諦三)

・・

あなた「無気力」って言ったけど・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

絶望感だよねぇ。(加藤諦三)
ああ・・うん・・(相談者)

・・

・・

ウン・・そうですねぇ。(相談者)

・・

・・

・・

だけど今・・(加藤諦三)

とにかくあなた・・(加藤諦三)

・・

電話を掛けるってことは・・元気・・じゃなきゃ、こう電話掛けないですからねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

もう・・電話を掛ける・・気力もなくなるよね。(加藤諦三)
ぁ・・ハァ、ハァイ・・(相談者)

・・

・・

ああ、確かにそう・・(相談者)

そうですねぇ・・(相談者)

だから、絶望感の後でぇ・・(加藤諦三)

やっぱりこれじゃあダメだって、どうしてもそれはねぇ・・(加藤諦三)

こういう、じ・・大切な者を失ったときっていうのは。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

プロセスとしてぇ。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

必ず否認という時期があるんです。(相談者)

こんなこと・・受け入れられないっていう・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
でぇ、否認の時期が過ぎると・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
やっぱり、絶望感の時期っていうのは・・(加藤諦三)

どうしようもなく、来るんですよねぇ。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

・・

でぇ・・(加藤諦三)

それが過ぎて、初めて回復に向かうのでぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

だから今、ちょうどそのぅ・・(加藤諦三)

時期だろうと思うんですけどねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
でぇ、今日のあなた・・(加藤諦三)

あのぅ、相談というのは・・(加藤諦三)

こういう14歳の、息子・・さんを・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
抱えて・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

今・・(加藤諦三)

どういうふうに生きていったらいいか?という・・ことでしょうか?(加藤諦三)

はぁい、お願いします。(相談者)
はい・・今日は、あのぅ・・(加藤諦三)

坂井眞先生が、いらっしゃってるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。

この記事へのコメントはありません。