テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月24日(土)は、今井通子&大迫恵美子。癌で入退院を繰り返す相談者。入院中、家に女を連れ込んでいる夫。女遊びは長男ができて2年ぐらいしてから発覚、それからずっと、女遊びを繰り返している。購入した戸建てや、夫が経営する会社の土地は、相談者と夫の共有名義。自分が死んだら女の物になるのは嫌なので、息子に贈与か売却したい。ポイントは特別受益の持ち戻し免除。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:73歳女性(癌治療中) 夫73歳 婚姻50年 長男48歳 次男45歳

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

はい。(相談者)

お世話になります。(相談者)
はい。(今井通子)

今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)

えーっと、主人・・の、浮気で・・相当ストレスが溜まって・・(相談者)
はい。(今井通子)

もう、何十年っち、病気も・・(相談者)

癌ばっか、はい(肺?)・・もう今は、ちょっと癌で・・治療中なんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)

んでぇ・・(相談者)

あのぅ・・要は・・(相談者)

女遊びが、ともかく激しいんですねぇ・・ほげ(?)、男やけん、遊んでもいいけど、わたしの、み・・わかるような遊び方を、今度はしとるんですね。(相談者)

はい。(今井通子)
家の中に入れてしまってるんですよ、わたしが入院してる・・いる間にですね。(相談者)

ああ・・(今井通子)

だから・・(相談者)

もう、あのぅ・・(相談者)

ぉ・・ぁ・・(相談者)

ちょっと、わたし目が・・不自由なもんで・・(相談者)
はい。(今井通子)

全然・・(相談者)

誰が・・誰っち、わかんないんですよね。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

だから・・もう、あのぅ・・(相談者)

もし、わたし・・し・・施設に入れられるにしろ、もう・・(相談者)

病気ばっかりしてるから・・(相談者)
うん。(今井通子)

いつ死ぬか、わかんないから・・(相談者)

はい。(今井通子)
わたしの財産だけ・・(相談者)

は(わ)・・(相談者)

子供ん達に、やってしまおうと思ってですね。(相談者)

なるほど。(今井通子)

そうしないと・・(相談者)
はい。(今井通子)
主人が、結婚・・その、女の人と一緒になったら・・(相談者)
はい。(今井通子)

結婚でもしたら・・財産っちゅうのは・・(相談者)

女が・・(相談者)

もらうでしょう?(相談者)

・・

まぁ、使うってことですねぇ?(今井通子)
そう・・(相談者)
はい。(今井通子)
そうです。(相談者)

だから、その前に・・(相談者)

もう、子供に、財産分与をしとけば・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・いいかなぁ・・と思って・・(相談者)
はい。(今井通子)

それで・・(相談者)
その方法論・・(今井通子)

あのぅ、不動産があるのを・・(相談者)
はい。(今井通子)

所得税で払うか・・贈与税で払う・・か、した方がいいか・・っていうことですよね、そうせないと・・(相談者)

わたしは最終的に、施設に入った場合に・・(相談者)

年金だけじゃ足りないから・・(相談者)
はい。(今井通子)

それで補う方法・・を、とろうかなっちゅう気もしてるんですよね。(相談者)

ふぅーん・・うん・・(今井通子)

とりあえずですねぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)
あなた、おいくつ?(今井通子)

今、73です。(相談者)
73歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご主人は、おいくつ?(今井通子)

73です。(相談者)

73歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

・・

でぇ・・(今井通子)

お子さん・・いらっしゃるんですよね?(今井通子)
はい。(相談者)

おとこ・・(相談者)
お子さんは・・あのぅ・・(今井通子)
48です。(相談者)

男のお子さん?(今井通子)

はい・・(相談者)
はい。(今井通子)
どっちも男です。(相談者)

男のお子さんが・・48歳と?(今井通子)
と・・45です。(相談者)

40・・5歳・・(今井通子)

はい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

あなた自身は・・(今井通子)
はい。(相談者)

え・・とりあえず・・何回か、そのなに?・・入退院を繰り返してるみたいになっちゃった・・(今井通子)
もう、ずーっと、入退院ばっかしてるんですよね。(相談者)

その為にもう・・(相談者)
そ・・そ・・(今井通子)
入院した時にいっつも・・女の方が入ってきて・・家の中、ガチャガチャ・・使って・・しまってるんですよね。(相談者)

あのぅ・・(今井通子)

ご結婚・・して、何年目ぐらい?(今井通子)

もう・・まる50年になります。(相談者)
50年ねぇ・・(今井通子)

はい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

でぇ・・ご結婚されて・・どれくらい経ってから・・その浮気がわかったの?(今井通子)
えっとねぇ、20・・(相談者)

7・・ぐらいの時から・・長男が・・できて・・2年足らずで、親と・・わたしの親と、同居したんですよね。(相談者)

その頃からもう、遊んでるんです。(相談者)

やっぱり、お父さん、お母さんと御一緒だと、窮屈だったのかな?(今井通子)

うん・・(相談者)

・・

でも、やけんもう・・それっから・・(相談者)

もう、主人が・・(相談者)

女遊びして・・(相談者)

した時に・・(相談者)
はい。(今井通子)
その、相手の男の旦那さんが、謝りにきてもう、やめさせ・・あのぅ・・(相談者)

すいませんでした・・って、向こうの方が謝りに来て・・(相談者)

収まったんですけど・・(相談者)

はあ?(今井通子)
やぁ、そこからつまらんと思って・・(相談者)

一軒家を買うて(こうて)・・他所に行けばいいわ・・と思って・・(相談者)

はぁい。(相談者)
んやけど・・(相談者)

主人は、やっぱ・・(相談者)

一生、サラリーマンちゅうのは、嫌っていうことで、自分で・・(相談者)

事業、起こし出したんですよね。(相談者)
はい。(今井通子)

やけ・・(相談者)

えっと・・20・・9・・ぐらいの時に、もう事業、自分で起こして・・(相談者)

その会社っていうのは、ご主人の会社?(今井通子)

そやけ、最初は個人・・事業やったけど・・(相談者)
うん。(今井通子)
もう、何年かしてからは・・(相談者)

会社にしました。(相談者)

ああぁぁ・・(今井通子)

・・

・・

あのぅ・・実際に・・(今井通子)

うん。(相談者)
お仕事は、ご主人は今でもやってらっしゃるの?(今井通子)
はい、してます。(相談者)

あなた自身はもう、されてない?(今井通子)
もう、全然してません。(相談者)

お家の経済は、どうなってるの?(今井通子)

いや、あのぅ・・主人の給料と・・(相談者)
うん。(今井通子)
年金と・・(相談者)

その不動産の・・(相談者)

・・

収入があります。(相談者)

・・

なるほど。(今井通子)
それはもう全部、わたしがもう・・(相談者)

とってます。(相談者)

・・

とってますっていうのは・・あなたが・・管理してるっていうこと?(今井通子)
はい、そうです。(相談者)

んでぇ・・お小遣いだけを主人にやって、あとは全部、わたしが管理してます。(相談者)

・・

なるほど。(今井通子)

うん。(相談者)

・・

わかりました、それで、え・・結局・・(今井通子)

あなたがもし亡くなった場合・・(今井通子)
うん。(相談者)
ご主人に・・(今井通子)

今・・今のお話し伺うと・・お小遣いだけあげているけど・・(今井通子)
うん。(相談者)
あなたが管理してるけど・・(今井通子)

うん。(相談者)
そのお金っていうのは、お二人のものですよね?(今井通子)

うん、そうですね。(相談者)

・・

でぇ、それの・・(今井通子)

ご主人の分も・・(今井通子)
うん。(相談者)

とりたく・・あげたくないっていうこと・(今井通子)

もう、ほうんとはあげたくない。(相談者)

もう、あたしだけ苦労して・・(相談者)
それ、無理だね。(今井通子)

はぁい・・(相談者)
うん。(今井通子)

でぇ・・(今井通子)

結局、今、あなたがお持ちだとおっしゃっているのは・・(相談者)

うん・・(相談者)
この不動産っていうのはなんか・・貸したりなんかしてらっしゃるの?(今井通子)

はい、会社に貸してます。(相談者)

あっ・・会社の・・建物ね。(今井通子)

うん・・土地だけが・・(相談者)
じゃあ、不動産っていうのは、土地?(今井通子)

うん、会社の土地と・・ここ今、自宅の土地があります、あたし名義の土地がですね。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

でぇ、それを・・(相談者)

もう・・(相談者)

あのぅ、主人にやらなくて・・(相談者)

子供に、買うてもらうか・・子供達に、贈与して、もう、名義変更しようかな・・とは、思うとるんです。(相談者)

お金はもう、しょうがないけど・・(相談者)
これは・・あの、アレですか?(今井通子)
・・
あなたの名義なの?(今井通子)

これはわたしの名義です、必ず。(相談者)

もう・・主人が、女遊びしよったから・・(相談者)
うん。(今井通子)
もう全部、不動産は、折半で・・わたしが・・ずーっと・・(相談者)

手、打ってきたんですよね。(相談者)

・・

・・

うん?折半?(今井通子)

ええ・・(相談者)
じゃあ、ご主人、あなたの名前?(今井通子)

はぁい、二分の一ずつですね。(相談者)
はい。(今井通子)

はぁい。(相談者)

これって・・想定、いくらぐらいの物なの?土地の値段?(今井通子)

えーっとですね、今、もう土地が、下がってますからねぇ・・事務所・・だけでも、3千万はあるかなぁ・・っちゅう感じ・・(相談者)

3千?(今井通子)

うん・・(相談者)

・・

・・

・・

それと他には?(今井通子)

で、自宅が・・もう、戸建てが、3千、4千2百万ぐらいで買ったけど・・(相談者)

今、土地も下がってるから、1千万、あるかなぁ?(相談者)
1千ぐらい?(今井通子)
ちょっとあの、自宅は三分の一・・(相談者)

三分の一・・しか、あたし名義じゃないからね。(相談者)

土地名義は。(相談者)
あぁ、そう。(今井通子)
息子と、主人と、わたしとで・・買ったことにしてますから・・(相談者)
うん。(今井通子)

んでぇ、わたし名義は、三分の一だけしかないから・・まぁ1千万として・・(相談者)
ええ。(今井通子)
まぁ、事務所も・・(相談者)

三分の・・あの、二分の一だから、1千5百・・2千5百万ぐらいは、不動産は、あると思います。(相談者)

うーん・・(今井通子)

なるほど・・(今井通子)

・・

・・

・・

でぇ、これを、だから・・事前にもう・・息子さんの名前に変えちゃいたいっていうことですよね?(今井通子)
うん、もう、変え・・変えた方がいいんだろうと思ってるんですよね・・(相談者)
うん。(今井通子)

もう、お金はそりゃしょうがないですけどね。(相談者)

でもう、要は、不動産を・・(相談者)

もう、息子・・達名義にして・・しまいたいんですよね。(相談者)
なるほど。(今井通子)

うん・・(相談者)
でぇ・・(今井通子)

あとは、そのぅ・・現金とか・・(今井通子)

うん。(相談者)
貯金とか・・(今井通子)

うん。(相談者)
そういうお金は・・あなたが・・よ、要するに・・(今井通子)
いや、もうもう、ほげ・・金庫にずーっと入れよったけど・・(相談者)
うん。(今井通子)

この・・見たら、定期預金が、4百万も減ってたから、こりゃ危ないわと思って・・(相談者)

今、もう全部、主人の定期預金も全部、わたし預かってます。(相談者)

・・

じゃあ、今のところ、結局・・(今井通子)

もしものことの場合に・・(今井通子)

はぁい。(相談者)
不動産の・・あなたがお持ちの・・持ち分の・・(今井通子)

物を・・(今井通子)

はい。(相談者)
え・・(今井通子)

そのなんだろう・・遺産相続になると、ご主人に半分行っちゃうから・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
そういうふうにならないように、息子さんの方に・・(今井通子)

はぁい。(相談者)
名義書き換えをしたいと。(今井通子)
はい。(相談者)

いうことで、よろしいんですか?(今井通子)
はぁい。(相談者)

わかりました、今日はですねぇ、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はぁい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。