テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年6月18日(月)は、加藤諦三&田中ウルヴェ京。もうすぐ大学を卒業し就職する21歳の娘に、お付き合いしている人に会いたいと言ったところ、付き合っている人は女性で、同性愛者だと言われた。52歳の母親は、これまで生き辛かったねと理解を示すも、娘を溺愛する、子供の為に働くモーレツ社員の夫に対して、どう伝えるべきか?また、自身も娘とどう関わっていけばいいのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『最後は自分自身を選ぶ。それが人生の掟です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
相談者:52歳女性 夫57歳 長女21歳 次女20歳

もしもし?(加藤諦三)

あっ・・(相談者)

はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

こんにちは・・(相談者)
こんにち%#$・・(加藤諦三)
お世話になります。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

52歳です。(相談者)
52歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

え、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

えっと、57歳です。(相談者)
57歳・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

女の子が二人います。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

21歳と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

20歳です。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

長女の交際相手は女性

でぇ、どんな相談でしょう・・か?(加藤諦三)

長女が、大学を卒業して就職するんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それにあたって、一年・・(相談者)

半ぐらい・・お付き合いしてる・・彼に・・(相談者)

一度・・(相談者)

あのぅ、親として、会いたいなぁ・・っていうことを、娘に話したん・・ですよ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そしたらまぁ、娘が・・(相談者)

会ってもらう前に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
はなし・・て(話て)、おきたいことがあるっていうことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ、ビックリしないでね・・っていうことだったんですけども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

お付き合いさせていただいている・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
相手の方が・・(相談者)

まぁ、女性で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
同性愛者・・っていうこと・・を、聞いたんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

・・

それだったらあのぅ・・(相談者)

あなたも・・恋愛対象は・・(相談者)

女性なの?・・って聞いたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そうは言わずに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

たまたま、尊敬して、お友達になった人が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
女性だった・・っていうふうに、まぁ、答えて・・(相談者)

・・

はい。(加藤諦三)
いたんですけれども・・(相談者)
はい、はい、はい。(加藤諦三)

・・

わたしは、ビックリしたんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
自分でも意外に・・その相手の方が・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁ、これまで、生き辛かった・・やろうねぇ・・(相談者)

って言って・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

したらまぁ、娘もまぁ、喜んで・・(相談者)

まぁ、そんな答えをもらえるとは、思ってなかった・・っていうふうに・・(相談者)

はい、はい。(加藤諦三)
ま、言ってるんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

主人・・は・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

まだ言ってないし・・(相談者)

まぁ、娘も・・(相談者)

主人に、あの、一番言うのが・・(相談者)

怖いというふうに・・(相談者)
怖い・・というふうに・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

娘を溺愛する夫はモーレツ社員

うん、でぇ、あなたのご想像としては・・どうなんですか?(加藤諦三)
・・
ご主人・・(加藤諦三)

もう、主人はホントに・・子供の為に・・(相談者)

もう、働いて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
生活しているっていうような、人なのでぇ・・(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)

理解してくれるか・・まったく、受付ないか・・(相談者)

どちらかかなぁ・・と、思うんです。(相談者)

はぁ・・なるほどねぇ。(加藤諦三)

ご主人は、子供を愛してるということ・・の、他にですねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

社会一般、人生、どのような事でも、視野の広い人ですか?それとも・・視野が、限られている・・(加藤諦三)

そうです・・(相談者)
要するに女は、こういう風に生きるべきだ・・(加藤諦三)

はぁ・・(相談者)
例えば、あなたに対してね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
妻っていうのは、こうあるべきだという・・(加藤諦三)

あっ・・(相談者)
こう・・(加藤諦三)

それはすごく強いと思います。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

根底はすごく優しい人だと思うんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

割と・・物事を、ステレオタイプに、当てはめようとするかもしれません。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
主人はもう、ホントにまぁ・・昔の言葉で言う・・(相談者)

モーレツ社員って言うのかなぁ・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
そんなん・・(相談者)

感じでぇ・・(相談者)
昔のモーレツ社員と、言われてた頃はねぇ・・(加藤諦三) 

はい。(相談者)
とにかく・・もう・・(加藤諦三)

働くことがもう・・一番の価値の時代でしたからねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

うん・・でぇ、今日は、あなたの相談というのは、アレですか?(加藤諦三)
そうすると・・(相談者)

この・・お嬢さんの、同性愛を、あなた自身は受け入れている・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ということですよね。(加藤諦三)

これを・・どうやってあなたのご主人に、話したら・・(加藤諦三)
そうなんです。(相談者)
そこですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
どういう形でご主人に、話したらいいかっていうことですね。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

それ、娘が、あのぅ・・(相談者)

同棲愛者・・っていうことは・・過去に・・男性とも付き合ったこともあるんで。(相談者)

それはないかなぁ・・とも、思うんですけれども。(相談者)

その、写真を、見せてもらったりも・・(相談者)

してたんですけれども・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
長女に。(相談者)

まぁ、まったくその・・(相談者)

子は、男の子にしか見えなくて・・(相談者)

あっ、そのぅ・・同性愛の人、あなたの・・お嬢さんの、相手の・・(加藤諦三)

人っていうのが・・(加藤諦三)

男性にしか、見えないような方なんですか?(加藤諦三)
そうですねぇ、なんか、ボーイッシュで・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

うん、ただ、ちょっと線が細いなぁ・・と、思ったんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

じゃあ、今の・・あなたの・・ポイントは、このご主人に・・(加藤諦三)

どう話をしたらいいのか?・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
という事ですね。(加藤諦三)
そうです、それからもう、わたしがどのように娘を・・(相談者)

こう、サポートしていったらいいのか・・っていうことです。(相談者)

はぁい、あの、あなた自身と、お嬢さんとの関係ですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました。大変はば・・ひろい(幅広い)、国際的な視野の・・方が・・スタジオに来ていただいております。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

シンクロの、銅メダリストで・・(加藤諦三)
はぁぁ・・(相談者)
メンタルトレーナーの・・田中ウルヴェ京先生です。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 加藤先生の最終段階でのアドバイス

    >情報の与える順番によって、結果が全く違ってきます
    >一つの最初の情報を与えた時に・・次の情報の・・までに・・考える余地、考えといてね・・って言って、次の情報を与えるのと・・そうでないのとは違ってくるんですよ。

    それ ↑ はよくわかるんですけど、では具体的にはどうやればいいかは全く分かりませんね。
    そこまで踏み込んだ回答が欲しかったなあ。

この記事にはコメントできません。