テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月23日(月)は、加藤諦三&中川潤。婚姻して25年、3年前から別居中。子供達にだけ、殴る蹴る怒鳴るという暴力をふるう夫。10年ほど前にも家を出て調停を起こすも、調停委員から、泣いて反省してるので、一度戻ってあげればと言われ復縁するも、更に酷くなった。息子は、引きこもりに近い状態で、夫にされた暴力を自分がやったと言う。この先、夫とどうすればいい?
加藤諦三氏の〆の言葉『最も卑怯な男、すぐに深く深く反省します』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:50歳女性 夫52歳 婚姻25年 3年前から別居中 子供3人 一人は独立 同居している娘と息子21歳(引きこもり)の3人暮らし

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、わたしは50歳です。(相談者)
50歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
えーっと、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

52です。(相談者)

52歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

・・

三人・・おります。(相談者)

三人・・でぇ、今、三人・・(加藤諦三)

と、あなたは、一緒に・・(加藤諦三)

暮らしてるん・・(加藤諦三)
はい、あのぅ、二人は一緒に暮らしてますが・・(相談者)
二人は一緒に暮らしてる・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

一人は、い・・(相談者)
でぇ、一人は家を出てるわけですね?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

はい、わかりました・・それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

主人とは、別居中なんですけども・・(相談者)
あっ・・どのぐらい前からですか?(加藤諦三)

はい・・ぇ、三年前・・からです。(相談者)

そうすると、三年前から、三人で暮らしてるということですね?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
これはあのぅ・・お嬢さん?・・息子さん、それともどっちですか?・・この二人と・・(加藤諦三)
はい、あの、娘と息子です。(相談者)
娘と・・息子・・はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
わか・・わかりました。(加藤諦三)
・・
そいで?(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
そいで、別居・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

の原因は・・どういうことなんですか?(加藤諦三)
あっ・・もともとは・・主人が・・(相談者)

あの、子供達に暴力をふるっていたんですけど。(相談者)
暴力・・をふるっている?・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

それで、あのぅ・・(相談者)

・・

家を出た・・(相談者)

んですけども・・(相談者)

つまり、子供に暴力をふるうって、どの程度の暴力ですか?(加藤諦三)

叩いたり、殴っ・・たり、蹴ったり・・(相談者)

な、殴って蹴るって・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
のは、かなり・・(加藤諦三)

激しいことですねぇ。(加藤諦三)

ぁ、はぁい。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
あと、怒鳴・・ったりとか・・(相談者)

ふぅーん・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、これはなに?(加藤諦三)

はい。(相談者)
日常的に行われてたの?・・この暴力が?(加藤諦三)

・・

ほぼ・・毎日だったです。(相談者)
ええっ!?・・も・・もの凄いねぇ・・(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
殴る蹴るの暴力を、ほぼ毎日?(加藤諦三)

はぁい、あと、あの・・なんか言葉がすごかったので・・(相談者)

うーん・・なんか・・(加藤諦三)
もう、ほんとになにかあると・・「タヒね!」とか・・「食うな!」とか・・(相談者)

「タヒね」とかねぇ・・でぇ・・結婚してからは、どのくらいなんですか?あなた達?(加藤諦三)

今、ちょうど、20・・5年・・(相談者)
20・・5年・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

・・

それでこの暴力が始まったのは、いつ頃からですか?(加藤諦三)

長女が生まれて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

1年ぐらい経ってから・・あ、まぁね・・産まれたばっかりの・・頃も・・(相談者)

あの、泣き声がうるさい・・とかは、言ってたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

直接・・なんか・・子供に・・するようになったのは・・(相談者)

しゃべるようになった・・頃に・・ゴミ箱に捨てたりとか・・(相談者)
うん、そうすると、なん・・何年?・・もう、20年ぐらい前のはな・・からですか?(加藤諦三)

そうです。はい。(相談者)

だけど、殴る蹴るっていうのも・・お医者さんに、い・・行くような・・(加藤諦三)

ものじゃないんですね?(加藤諦三)

ぁ・・お医者さんには、連れて行ったことないですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

鼻血・・が、出て・・(相談者)
あ、鼻血で・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ねぇ・・(加藤諦三)

・・

そうですか・・(加藤諦三)

それであなたは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
なんとかこれ、離婚しなければ・・っていうふうに思わなかったの?(加藤諦三)

あっ・・10年くらい前にも一度、家、出たん・・出たんですけど・・(相談者)
ぅ、ぅ・・うん・・(加藤諦三)

なんかそれは調停・・(相談者)

に、行ったんですけど、ちょっとうまくいかなくて・・(相談者)

で、なんかあの・・調停員の人にも、すごく反省してるからって言われて・・(相談者)

あっ、このご主人が?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇまだ、子供も小さかったので・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
あの・・一度、戻ったほうがいいと、説得・・されて・・(相談者)

でぇ、すごく反省もしてるので・・(相談者)

ああ、なんか・・泣いて謝って・・ま、もともとなにか・・(相談者)
な、泣きます、泣きます・・(加藤諦三)
あぁ・・そ・・(相談者)
この旦那は。(加藤諦三)

だって・・(加藤諦三)

あの、依存心が強くて、一人じゃ、いき・・生きていけないんだもん。(加藤諦三)
ああ・・(相談者)

・・

・・

結局もう・・もっと、もっと、酷くなって・・(相談者)
反省してるなんていうことは・・(加藤諦三)

このタイプの男性に、反省なんていうことを真に受けるっていうのは、おかしい・・ねえ。(加藤諦三)

それで、あなたとの関係はどうだったんですか?子供に対する暴力は・・(相談者)

そうとして・・(加藤諦三)
わた・・わたしには・・直接、殴ったりとかはなかったんですけど・・(相談者)

言葉で・・すごかったです。(相談者)

例えばどんな言葉?(加藤諦三)

まぁ・・やっぱ、「タヒね!」とか・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

むしろあなたに・・(加藤諦三)

彼の無意識の中で・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
・・
あなたに・・依存しながら・・あなたを恐れていた。(加藤諦三)

あっ、そうなんですか?(相談者)

・・

だと思うけど、僕は。(加藤諦三)
ぁぁ・・こわ・・かったんですか?(相談者)
だから・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
その、怒りを・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
あなたに依存してるから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
子供に向けていたんだよ。(加藤諦三)

・・

・・

・・

はぁぁ・・(相談者)

・・

依存する相手に対する恐れがあるんです。(加藤諦三)

・・

はぁい・・(相談者)
で、この矛盾を、どうにも・・葛藤できない。(加藤諦三)

夫婦の矛盾なんですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)
その夫婦の矛盾を、全部子供達に向けて爆発させていた。(加藤諦三)

はぁぁ・・(相談者)
・・
はぁい。(相談者)

だから離婚しなくて済んでいる。(加藤諦三)

・・

そう***のね、はぁい。(相談者)

だから、あなたたちが離婚しないことの犠牲が、この3人だよ。(加藤諦三)

・・

はい。(相談者)

・・

・・

そ・・して・・(加藤諦三)

お子さん達・・今、下の子・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
一番・・息子さんは、何歳?(加藤諦三)

21です。(相談者)

21歳・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
でぇ、今・・(加藤諦三)

こんだけ酷い環境に育って・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
お嬢さんと息子さん、どういう・・(加藤諦三)

お子さん・・なってるわけ?(加藤諦三)

・・

今は、もう働いてなくて・・(相談者)

引きこもりではないんですけど・・(相談者)

は・・はい、はい。(加藤諦三)
ほとんど・・家にいて・・(相談者)

あたしの帰りを待ってるみたいな・・(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

うん、厳しく言うこともできないし・・(相談者)
・・
*****?(相談者)
厳しく言っちゃ、かわいそうだって。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

厳しく言うんじゃなくて・・(加藤諦三)

「お母ちゃんごめんね」っていう・・ほう・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ことでしょう。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

でぇ、なんかでも、メソメソしてるのも嫌みたいで・・(加藤諦三)

ああ、まぁ、そうでしょう。(加藤諦三)
いつも笑っててくれって・・(相談者)
まぁ、そうでしょうねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

楽しい・・(加藤諦三)

夕餉(ゆうげ)なんて、みんなして・・(加藤諦三)

・・

・・

はぁい・・(相談者)
ねぇ、楽しい話題があって・・(加藤諦三)
あっ・・そう・・(相談者)

うん、ないです。(相談者)
五・・五人で・・夕食を食べたなんていう・・(加藤諦三)

体験は、ゼロでしょう?(加藤諦三)
うん、ない・・で、食べてると怒ってたんで・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

なんか最近は・・(相談者)

主人が・・(相談者)

あの、息子に対してやったことが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あ・・(相談者)

あたしが、やったことになってるみたいで、あの、息子の中では。(相談者)

あたしが、やってることになってるみたいで・・(相談者)
・・
うん・・(加藤諦三)
でぇ、なんか・・そんな酷くはないんですけれども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
責めるっていうか・・(相談者)
・・
あなたをねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

だから・・「お母さん、あの時、ああいうふうにしたんだ」って、言われるんだけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
「それは、わたしじゃなくて、お父さんじゃないの?」って・・(相談者)

言っても・・(相談者)

都合の悪いところはみんな・・(相談者)

うん、自分のせいじゃない方にするんだ・・とかって、なんか言って・・なんか、なんか、頭の中で、すり替わっちゃったみたいです。(相談者)

うーん・・(加藤諦三)
でも、なんかまぁ、それも・・しょうがないかなぁ・・と・・(相談者)
まぁ・・うん、しょうがないっていうか・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

息子さんの中では・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
やっぱり・・(加藤諦三)

もちろん、殴った・・(加藤諦三)

父親も、許せないけれども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そうだと・・(相談者)
それを見ていた・・(加藤諦三)
うん、うん・・・(相談者)

・・

あなたも許せないんだよねぇ。(加藤諦三)
うーん、そうだと思います。(相談者)

でぇ、今日の相談っていうのは?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

今、家を出て・・(相談者)
・・
あのぅ・・(相談者)

三人で、三年間暮らしてて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

わたしは、なんかこのぅ・・なんか、まぁ、いろいろ問題はまだあるんだけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・この・・今の方が、すごく・・精神的に、わたしも落ち着くし・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

あと、楽だっていうのもあって・・(相談者)

これを壊したくない・・ん・・です。(相談者)
うん。(加藤諦三)
だけれども・・夫は、あのぅ・・(相談者)

やり直したいみたいで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんと・・なんとか、戻って来てくれないか・・って言うんだけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか、そんなまた戻っても・・同じ事の・・まぁ、もっとひどくなる・・(相談者)

と、思うんですね。(相談者)

はい。(相談者)
うん、酷くなりますね、これは。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ、なんかこの・・(相談者)
要するに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
戻ってきてくれ・・と、言って・・るけれども・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

戻りたくはないけれども、どうしたらいいでしょうか?ということですか?(加藤諦三)
そうです・・はい。(相談者)

はい。(相談者)
はい・・今日はですねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

弁護士の中川潤先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 中川先生、怒ってましたねえ。相談者に対しても。
    子供たちを護るってことを全然してませんもん。
    夫はもちろんとんでもない野郎。でも相談者も情けない。

  2. この相談者さん、別れてほしいけど、できないだろうなぁ。。
    私もやっていた父親よりも傍観者の母親の方が憎く思うのはいっしょ。

  3. 守れないなら、子供を産むな。

    戻りたいから戻った、理由なんて関係ない、自分が母親でなくて女だっただけだろう。

    最低の母性無し女。

    子供さんたちが、何とか人生切り開いて行って欲しいです。
    それだけです。。。

  4.  中川弁護士も怒り心頭でしたね  !
     さっさと 縁を切るのが最良です。

この記事にはコメントできません。