テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月6日(金)は、今井通子&塩谷崇之。乳癌を患い肺や骨に転移してる49歳の妻。子供が生まれてからずっと浮気をし続けてきた夫。証拠の写真はパソコンに中。3年ほど前に真剣に離婚を考えるも夫は家庭を壊す気はなく病気の事を考えると踏み切れなかった。そんあ折に娘が夫の浮気現場に遭遇。報告をしてくれたが、浮気癖のある夫の真実を伝えるべきかどうか悩む。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:49歳女性(乳癌で肺や骨に転移している) 夫48歳(夜勤の仕事) 娘一人19歳大学1年生

もしもし・・(今井通子)
あっ、もしもし?(相談者)
テレフォン人生相談です。(今井通子)

あっ、よろしくお願い致します。(相談者)
はい。(今井通子)

今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)

あの、主人の・・浮気癖が・・(相談者)
あら?(今井通子)
ひどいですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

まぁ、わたしにちょっと、事情がありまして・・(相談者)
ええ。(今井通子)
え・・離婚はしないように・・(相談者)

もう、心の中で、留めておこうと、わたしの・・(相談者)

思っていたんですが・・(相談者)
ぁぁ・・はいはい。(今井通子)

ぇ、え・・(相談者)

娘が19歳・・大学1年生でいるんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

たまたま、あの、主人が・・(相談者)
・・
他の女の人と、手をつないで歩いているのを・・(相談者)
ええ。(今井通子)

目撃してしまったらしくって・・(相談者)
あぁぁぁ・・(今井通子)

それでぇ・・(相談者)

子供には、隠しておこうって、ずっと思っていたん・・ですけれども・・(相談者)
ええ・・(今井通子)

現場を見て・・しまっているものですから・・(相談者)
はぁぁ・・(今井通子)
・・
ええ・・(相談者)

これを・・本人に・・(相談者)
・・
ええ。(今井通子)
事実を言うべきなのか・・(相談者)

ふぅーん・・(今井通子)
それとも、誤魔化して・・このまま行くべきなのか・・(相談者)

そのことについて、ちょっと悩んでいます。(相談者)
・・
なるほど。(今井通子)

はぁい。(相談者)
あなたは、おいくつですか?(今井通子)

えっと、49歳です。(相談者)
49歳・・(今井通子)

はい。(相談者)

ご主人は?(今井通子)

48歳です。(相談者)
48歳・・(今井通子)

はい。(相談者)

・・

そうすると・・お子さんは、その、お嬢さん、お一人?(今井通子)

あ・・一人です。(相談者)

・・

・・

でぇ・・(今井通子)

その・・お嬢さんが見て・・しまった・・(今井通子)

はぁい。(相談者)
その、ご主人が・・手、つないでる姿・・っていうのは・・(今井通子)

はぁい。(相談者)

場所的には・・どういう感・・(今井通子)

あっ・・(相談者)

あの・・(相談者)
か・・(今井通子)
家の近所なんですね。(相談者)

ああ・・家の近所で?(今井通子)

はぁい・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)
でぇ、あのぅ・・(相談者)

地元の友達の家に遊びに行って・・(相談者)
・・
うん・・(今井通子)
朝早く帰ってくるときに・・(相談者)
ぅ、うん・・(今井通子)

朝、あのぅ・・(相談者)

駅の方へ向かって歩いていく・・(相談者)
ええ。(今井通子)
主人と女の人を・・見ちゃったみたいなんですね。(相談者)

ああぁぁ・・(今井通子)

・・

例えば・・(今井通子)

はぁい。(相談者)
あなたはもう、じゃあ・・(今井通子)
・・
ご主人の浮気癖は、前から知ってるとおっしゃいましたね?(今井通子)
あっ・・(相談者)

はぁい。(相談者)
・・
もう、子供が生まれてしばらくしてからずーっと・・(相談者)
・・
ほとんど途切れたことがないような感じで・・(相談者)

あっ・・あっ・・(今井通子)
・・
ほとんどの履歴をご存知なの?(今井通子)

えーっと、結構、あたし、あのぅ・・(相談者)

・・

証拠を見つけては・・(相談者)
うん・・(今井通子)

写真撮って、パソコンに保存してある・・ですけれど・・(相談者)
ふふふ・・なるほど。(今井通子)
・・
ふふっ・・はぁい。(相談者)

っていうことは・・(今井通子)
ええ。(相談者)
だいたい、わかってるわけ?(今井通子)

・・

で、だいたい・・っていうか、ま、一時・・(相談者)

一時期、すごいなんか・・あった・・あの、証拠がたくさんあった時の時期のやつは、すごい持ってます。(相談者)

はい。(相談者)
ふぅーーん・・(今井通子)

・・

・・

・・

離婚は、全然、考えなかった?(今井通子)

・・

あの、離婚を本当にしようと思ったんですけども・・(相談者)

それいつ?(今井通子)

え・・3年前の時に、もうダメだ・・って思って・・(相談者)
うん。(今井通子)

思ったんですけど・・(相談者)
うん。(今井通子)
あたし・・(相談者)

乳癌で・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

え・・骨と肺に転移があって・・(相談者)

・・

あらぁ・・はぁい。(今井通子)
もう・・あのぅ・・ちょっと・・(相談者)

離婚しても・・働・・けないじゃないですか・・(相談者)
うーーん、うん・・(今井通子)
フルタイムで。(相談者)
・・
だから・・(相談者)

・・

・・

離婚・・(相談者)

・・

・・

したら・・(相談者)

・・

うん・・病院代とか、払えなくなっちゃうし・・(相談者)
うん・・(今井通子)

もう、これは我慢するしかないのかなぁ・・って。(相談者)
うーん・・(今井通子)
っていうふうに思いまして・・(相談者)
・・
うん・・(今井通子)
胸の中に収めて・・わたしがおけば・・(相談者)

うーん・・(今井通子)
我慢すれば・・(相談者)
うん・・(今井通子)
それで、済むかな・・って、苦しいですけど、ちょっと。(相談者)

ふぅーん・・(今井通子)
そう思って、我慢してきたんですけど・・(相談者)

なる・・ほど・・(今井通子)

はぁい・・(相談者)

・・

・・

でぇ・・結局、そうすると・・例えばですよ・・(今井通子)

はぁい。(相談者)
この・・(相談者)

お嬢さんが見ちゃった日・・っていうのは・・(今井通子)
・・
はぁい。(相談者)

朝早く・・(今井通子)

え・・あなたのご主人は・・あなたのお家をえた・・出たわけでしょう?(今井通子)
あっ・・(相談者)

夜勤というか・・(相談者)
ああ・・(今井通子)
夜・・仕事をしているんですね。(相談者)
なるほど・・(今井通子)

そうすると・・(今井通子)
でぇ・・夜・・(相談者)
うん。(今井通子)
仕事なのか・・それともどっかに行ってるのか・・(相談者)
うん。(今井通子)

ちょっと定かじゃない・・っていう・・部分もありまして・・(相談者)
じゃあ、お家から出たわけじゃないんだ?(今井通子)

違いますねぇ・・あのぅ・・仕事行って・・そのまま・・(相談者)

朝・・帰って来るんですけれども・・(相談者)
うん。(今井通子)
いつも。(相談者)

夜勤に出て、本来ならば、家に向かって帰るはずなのに・・(今井通子)
あ、そうなんです、そうなんです。(相談者)
家と逆の駅のほう・・(今井通子)
・・
逆ですかねぇ?(今井通子)
あ、そうなんです、はぁい。(相談者)
逆の駅の方に・・(今井通子)
・・
はぁい。(相談者)

あの、女性と・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
手・・つないで、歩いてっちゃったと。(今井通子)

みたいです。(相談者)
うん。(今井通子)

でぇ・・(今井通子)
娘が見ちゃったんです。(相談者)

うん、見ちゃっただけじゃなくて、お嬢さんから、その報告を、あなたが受けちゃってわけでしょう?(今井通子)
・・
あっ・・はぁい・・早朝帰ってきまして・・(相談者)
ええ。(今井通子)

「今、お父さんが、手つないで歩いてるの・・見ちゃったんだけど」とか言って・・(相談者)
ええ。(今井通子)

すごい・・動揺した感じで・・(相談者)
うん・・(今井通子)

女性が・・どういう・・どんな感じの人だったっていうの言ってました?(今井通子)
あっ・・(相談者)

「お母さんより、全然年上で」・・(相談者)
ほう。(今井通子)
「お母さんより、ブスだよ」って・・ふふっ・・言って・・(相談者)
ほほほう。(今井通子)

なんか、わたし・・を・・(相談者)

気遣ってくれてるのか、わかんないですけど・・(相談者)

「そんなにくっついてはいなかったよ」とか・・(相談者)
ええ。(今井通子)

なんか、そういう感じで、わたしを傷つけないように・・して・・(相談者)

言ってくれたのかなぁ・・って感じ・・(相談者)
ほう・・(今井通子)
の事を、言ってました。(相談者)

・・

でぇ、ちなみにその日は・・ご主人は、帰って来られたの?(今井通子)

はい、その後、1時間ぐらいして帰ってきました。(相談者)
あ・・なるほど・・(今井通子)

はぁい・・(相談者)

で、何事もなかったかのように・・(相談者)

・・

ご飯を食べて、寝ました・・ふっ・・(相談者)
はははは・・はぁい。(今井通子)
・・
はい。(相談者)

・・

ちなみに・・(今井通子)

ご主人って・・家に居る時は・・(今井通子)
はい。(相談者)
優しいの?(今井通子)

全然、普通だし・・(相談者)
うん。(今井通子)

買い物、行ってくれたりとか・・(相談者)
うん。(今井通子)

ご・・たまーに、ご飯、作ってくれたりとか・・(相談者)
うん。(今井通子)

そういうことは・・してくれるように、最近、なりました・・ねぇ・・なんか。(相談者)

ほう・・ってことは、やっぱり・・(今井通子)

・・

しっかり愛してるのは、あなたなわけだ。(今井通子)

・・

・・

ウーーーン・・(相談者)

あの、最初の・・飛び出した時に・・(相談者)

うん。(今井通子)

一番好きなのは・・わたしでぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)
・・
他の人は、遊びなん・・だ・・から・・(相談者)
うん。(今井通子)

っていうこと言ってたんで、それが変わってなければ・・(相談者)
うん。(今井通子)

まぁ、家庭壊す気は・・ないんだと思います、ほんとに遊びなんだと思います。(相談者)

そうですねぇ・・(今井通子)
・・
はぁい。(相談者)
今のお話・・伺うと、そうですよねぇ。(今井通子)

そうですねぇ・・(相談者)

・・

・・

ということで・・(今井通子)
はぁい。(相談者)
今日のご相談は、そうすると?(今井通子)

えっと、娘に・・(相談者)
うん。(今井通子)
あの、事実を・・(相談者)
うん・・(今井通子)

言った方がいいのか・・(相談者)
うん。(今井通子)
このまま、うやむやにというか・・(相談者)
うん・・(今井通子)
しておいたほうがいいのか・・っていうことですねぇ。(相談者)
なるほど。(今井通子)

今日は、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので・・(今井通子)
あ、はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
あ、はぁい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 今日まで ご相談者さんが 我慢なさったのが悪い 相手(浮気夫)は 高をくくり堂々と 近所で 女と手をつないでいるのですから ねぇ。 お嬢さんは 全てお判りになっているはずです、離婚調停⇒裁判で 有利になるような証拠を集め 慰謝料と 養育費をきっちり請求すべきですね。
     

この記事にはコメントできません。