テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)
こんにちは(元気な声)!(相談者)

18番は水戸黄門

ものすごいパワーを・・バーン!って、いただきました。(大原敬子)
はい、よろしくお願いします!(相談者)
あ、そうか・・83歳。(大原敬子)

そうです。(相談者)
はっきり言いまして・・高齢ですよね。(大原敬子)
ええ、高齢ですよ。(相談者)
でも・・(大原敬子)

60年前の恋人に会いたいって事は・・(大原敬子)

あるんだと思ったときに・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
わたしは、生きがいをいただきましたよ。(大原敬子)
あぁ、そうですか?(相談者)

その前にですね・・(大原敬子)
はい。(相談者)
まずですね、あなたの全体像を知りたかったんですね。(大原敬子)
ええ。(相談者)

一つは、「あ、主人はですね、子供はできないって・・あ、主人の方なんです、原因が・・」これ一つですね、あなたの。(大原敬子)
はい、そうです。(相談者)

二つ目は・・(大原敬子)

そのなんとかじゃない・・いやぁ・・あのぅ、別れて、えー、恋人が・・まぁ、別れたと・・(大原敬子)

でも、相手は結婚したんですよね・・(大原敬子)
そうです。(相談者)

でも、わたしは会いに行ったんです。(大原敬子)

ええ。(相談者)
で、「相手と別れて」と言ったって。(大原敬子)
言いました。(相談者)
これ、あなたの・・(大原敬子)

ええっ!・・と思ったぐらいの・・すごい行動的を感じたんです。(大原敬子)

ああ、そうですか。(相談者)
そのあなたに知りたいのはね・・(大原敬子)
はい。(相談者)

あなたの好きな曲、いつも歌う・・18番はなんですか?(大原敬子)

わたしですか?(相談者)
はい。(大原敬子)

水戸黄門ですか。(相談者)
はい。(大原敬子)

あのぅ・・ドラマでやってます。(相談者)
はい。(大原敬子)

あの歌が好きですねぇ。(相談者)
フレーズが・・あるんでしょう?どんな歌詞が好きなんですか、そこの?(大原敬子)

あのぅ・・(相談者)

ど、どんな歌詞・・っちゅうか・・(相談者)

ワン・・フレーズでいい、ほんの短くていい。(大原敬子)
えっ?(相談者)

例えば、頑張って行こう・・とかね。(大原敬子)
あ・・はい・・(相談者)
楽しいなとかって・・(大原敬子)

はい。(相談者)
そこが好きですよ・・ってところ、言って。(大原敬子)
そうですあの・・(相談者)
はい。(大原敬子)
苦しくてもね・・(相談者)
はい。(大原敬子)

あの、あとはねぇ・・(相談者)
うん。(大原敬子)
あのぅ・・(相談者)

いい・・アレ?・・いい、なんて・・言うんですか?(相談者)

あのぅ・・楽しい・・(相談者)
いいことがあるよ・・ってとこ?(大原敬子)
そうです、そうです・・(相談者)
あ、これ・・(大原敬子)
そういう歌です。(相談者)
なるほど、それがあなたなのね。(大原敬子)

思い出すのは

そう・・(相談者)
もう一つです。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

・・

あ・・(相談者)
ご主人様の、け・・と、結婚した時も・・(大原敬子)
はい。(相談者)

ご主人様が亡くなった、あなたが、60歳か、70歳近くの時・・(相談者)

はい。(相談者)
この・・23歳の時の恋人・・(大原敬子)

思い出すことありましたか?(大原敬子)

ありますね、やっぱり。(相談者)

ありました?・・で、聞きたい。(大原敬子)
それ、しゅ・・(相談者)

それで、聞きたいんですけども・・(大原敬子)
はい。(相談者)

今、お一人になりました。(大原敬子)
はい。(相談者)

一日の中で・・(大原敬子)

この・・(大原敬子)

23歳の時の・・(大原敬子)

別れた恋人を・・(大原敬子)

思い出す時は、どんな時?(大原敬子)

あのぅ・・(相談者)

寝てからですねぇ。(相談者)

そのシーンは、いつも同じですか?(大原敬子)
同じです。(相談者)
どんなシーンなんですか?(大原敬子)

釣りの好きな方でねぇ・・(相談者)
ええ。(大原敬子)

あの、その光景ですね、釣りに行った。(相談者)
ええ。(大原敬子)

それを思い出しますね。(相談者)
で、そのままずーっと、眠りに入ってしまう・・(大原敬子)
そうです。(相談者)
寝てしまうと。(大原敬子)

で、次に、聞きたいんです。(大原敬子)
はい。(相談者)

絶対、わたしはこれをしていますってのはね・・(大原敬子)

夫の供養、ありますよね?・・お仏壇に手を・・(大原敬子)
あ、あの毎日・・しております。(相談者)
毎日・・してる?・・(大原敬子)
はい。(相談者)
どんな時に、なさってる?(大原敬子)

まあ、あのぅ・・お茶あげて、ご飯あげて・・(相談者)
お茶あげて・・うん。(大原敬子)

あの、自分の食べる物・・あげまして・・(相談者)
ええ。(大原敬子)

あとはね・・(相談者)
うん。(大原敬子)
あのぅ・・(相談者)

元気でね・・(相談者)
うん。(大原敬子)

一日過ごさせて、守ってくださいね・・っていうのを・・(相談者)
あああ・・(大原敬子)
言っております。(相談者)

次にですね・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
じゃあ・・(大原敬子)

23歳と別れた、恋人の写真とか・・(大原敬子)
あっ・・(相談者)
そういうものは、ありますか?(大原敬子)
ありません!(相談者)

ありません?(大原敬子)
1枚もありません。(相談者)
自分の心の中に入っている?(大原敬子)

そうです。(相談者)
で、夫に、およ・・拝んだ後ですね、供養で・・(大原敬子)

はい。(相談者)
今日一日、よろしくお願いします・・って言った時に・・(大原敬子)

ポン・・と、その恋人、浮かびますか?(大原敬子)

・・

たまに・・浮かぶ・・(相談者)
あははは・・(大原敬子)

はははははは・・(大原敬子)
たまに・・(相談者)

たまに浮かぶ?(大原敬子)
ええ。(相談者)
うん。(大原敬子)
たまにです。(相談者)

うん、パッと浮かんだ時に・・(相談者)

何て言うの?お父さんに。(大原敬子)

・・

あ、あのぅ、結婚する前に、言ってありましたので。(相談者)
な、なんて言ったの?(大原敬子)

あ、こういう方がいましたっていうのは、言ってありました。(相談者)

寂しい

で、聞きたいんだけどね。(大原敬子)
はい。(相談者)

イメージか・・じょ・・女性の中でね・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
必ず、かつての恋人に会いたいっていう女性のね・・(相談者)

はい。(相談者)
決まった・・夫に言えないのは・・(大原敬子)

この恋人とね・・(大原敬子)
はい。(相談者)

いつか会うんだと。(大原敬子)

ええ。(相談者)

いつか会ってみる。(大原敬子)

ええ。(相談者)

だから・・っていうんでね・・(大原敬子)

要するに、手入れをしてるって言うんですけど・・あなたはそれ、なさってる?(大原敬子)

あの、してます。(相談者)
どこをしてる?(大原敬子)
先生ね・・(相談者)
うん。(大原敬子)

わたくしは顔です。(相談者)
顔してる?(大原敬子)
顔・・そいで皆さんね・・(相談者)
ええ。(大原敬子)

歳より、10ぐらい、若く見えるって、言ってくれます。(相談者)
あぁ・・その時に、顔の手入れをしてる時は・・(大原敬子)

あの彼に会うんだと。(大原敬子)

会った時に、「えっ?!君だった?」(大原敬子)

ええ。(相談者)
ぁ、もったいないことしたな・・と思わせたいから?それとも・・(大原敬子)
そうです、先生の言う・・(相談者)
あっ!そっちの方?(大原敬子)
先生のおっしゃる通りです。(相談者)

ぅ、ああ・・そうなんだぁ・・(大原敬子)
そうです。(相談者)

ということは・・(大原敬子)

その彼と、別れて良かったですよね。(大原敬子)

ああ、そうですかねぇ?(相談者)
だって・・(大原敬子)

別れたこと・・に、よって・・あの・・(相談者)
よって、綺麗・・(相談者)
あなたは・・(大原敬子)
そう・・(相談者)
永遠に、美貌を築いたってことじゃない。(大原敬子)
そうです。(相談者)

ねえ・・(相談者)
それ、先生のおっしゃる通りです。(相談者)

で、聞きたいんだけどね。(大原敬子)
はい。(相談者)

その別れた彼に・・(大原敬子)

今・・だいたい、同じ歳って言いましたよねぇ?(大原敬子)
ええ。(相談者)

あなたは、釣り竿でね・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
彼と・・(相談者)

釣った時のイメージありますよねぇ?(大原敬子)
あります。(相談者)

写真はないわけですよねぇ。(大原敬子)
なんにもないです。(相談者)

あなたの中に、しっかりと・・もう・・頭に・・刷り込まれてますよねぇ?(大原敬子)
はい。(相談者)

・・

この人と会ったとき、どうしますか?(大原敬子)
・・
向こうが違ってたら?(大原敬子)

ちょっとそれは想像したことありませんので。(相談者)

でしょう?(大原敬子)

ええ。(相談者)
わたしは、あなたがそれだけ若いって事は・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
今、カラオケとか、いろんな・・カラオケを歌ってる時は・・(大原敬子)

苦労しても、後はいいことがあるよとか・・(大原敬子)

そう!(相談者)
どんどん、恋の歌ばっかり。(大原敬子)
そうです。(相談者)

・・

という事はあなた寂しいんじゃない。(大原敬子)

・・

あ、寂しいですかねぇ?(相談者)

ええ・・(相談者)
ふぅーん・・(大原敬子)

・・

綺麗な方

そうするとね・・(大原敬子)
はい。(相談者)
じゃあ、だんだん元に戻りますねぇ。(大原敬子)
ええ・・(相談者)
わたしはねぇ・・(大原敬子)

ああ、その別れた人間ってのはね、裏白(ウラジロ)と言われてねぇ・・(大原敬子)
はい。(相談者)

その時は、悪かったかもしれないけども・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
長い時間、置き換えると・・(大原敬子)

すごくいいことがあったっていうのは・・(大原敬子)

あなたのその若さと美貌と・・(大原敬子)
ええ。(相談者)
声にすごく張りがあって、艶があるんですよ。(大原敬子)

あ、そうですか(嬉しそう)。(相談者)
わたしのほうが、&%$声なんです。(大原敬子)
いやいやいやいや(めちゃ、嬉しそう)。(相談者)
ねぇ、いや、ほんとですよ。(大原敬子)

で、わたしが・・(大原敬子)

自分では元気と思いましたけれども・・(大原敬子)

もう、あなたの話し聞いた時には、目の前がねぇ・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
は・・花火ですよ。(大原敬子)
あはは・・そうですか。(相談者)
バシッ!っと。(大原敬子)

ねぇ。(大原敬子)
そうですか、わたしはねぇ・・(相談者)
ええ。(大原敬子)

ほんとにねぇ・・(相談者)
ええ。(大原敬子)
そのぅ・・(相談者)

女の方、見た事ないんですけど・・(相談者)

その方に、負けたくないっていう気持ちで・・(相談者)
ねえ・・女の意地よね。(大原敬子)

そう!(相談者)

そう!(大原敬子)

わかる。(大原敬子)

それ・・が、あるんですよ。(相談者)
もう、勝ってますよ。(大原敬子)

うん、それだからねぇ・・(相談者)
うん。(大原敬子)

わたしは、一生、綺麗でいようと思って・・(相談者)

います。(相談者)

そしたらね。(大原敬子)
はい。(相談者)

神様だったら・・(大原敬子)
はい。(相談者)

も・・人間ってのはねぇ・・なにか自分で心に思ったことは・・(大原敬子)

はい。(相談者)

・・

必ず・・(大原敬子)
はい。(相談者)

どんな形か知らないけども・・(大原敬子)
ええ。(相談者)

満たされるんですって。(大原敬子)
あ、そうですか?(相談者)
だから、もしかしたらあなたがこのままいって・・(大原敬子)
ええ。(相談者)

そのぅ・・23年前の(60年前と23歳を混同しちゃった)彼と会って・・(大原敬子)
はい。(相談者)

あなたが、落ち込むか・・(大原敬子)

ええ。(相談者)
あっ・・(大原敬子)

この彼だったら・・パパのほうが良かったなと思うかもしれないし・・(大原敬子)
はい。(相談者)

あるいは会わなくっても・・(大原敬子)
はい。(相談者)
今度、カラオケの仲間とか、皆さんが・・「なぜ、あの人は、あれだけ綺麗だろう?」って、皆さんが・・(大原敬子)

もう、うっとりするような、あなたになる。(大原敬子)

はい。(相談者)
いずれにしても・・あなたの人生は、悔いはないですよねぇ。(大原敬子)
あ、そうです、それでね、先生・・(相談者)
ええ、ええ。(大原敬子)

わたしを見るとねぇ・・(相談者)
ええ。(大原敬子)

皆さん、「綺麗だ」って言います。(相談者)

肌は・・どういう手入れしてるの?(大原敬子)
肌は、まぁ、あのぅ・・(相談者)

ちょっとあのぅ、お値段の高いのを使っております。(相談者)
どのぐらい高いの使ってるんですか?(大原敬子)

・・

まぁ、クリームだと3万ぐらい。(相談者)

えっ?!(大原敬子)

さんまん?!(大原敬子)
そう。(相談者)

クリームが3万だと・・(大原敬子)
そう・・そう・・ふふふ・・(相談者)
他の物・・一ヶ月のお化粧品は、いろん&%、経験して・・(大原敬子)
あ、一番、わたくしが使うのはねぇ・・(相談者)
ええ。(大原敬子)

だいたい月に・・2万ぐらい。(相談者)

・・

体にはねぇ・・(相談者)

お金をかけてます。(相談者)

ねえ・・(大原敬子)
ええ。(相談者)

終生あなたは・・(大原敬子)

あ・・(相談者)
女性として生きられる環境にいたってことですよね。(大原敬子)
あ、そうですか?(相談者)

もう、ほんっとに自分が充実してるんですよね。(大原敬子)

いくら3万使っても・・(大原敬子)
ええ。(相談者)

みんなが見てくれなかったら・・(大原敬子)

ああ・・(相談者)
3万、使う意味ないですもの。(大原敬子)
そうですねぇ、でも・・(相談者)

やっぱり皆さんねぇ・・(相談者)
ほぅーー(大原敬子)
近所の皆さんがね・・(相談者)
ええ。(大原敬子)

あのぅ、「綺麗な方」って言います。(相談者)

・・

もう、それで十分幸せじゃない。(大原敬子)

幸せです。(相談者)
今日の相談、なんだったんですか?(大原敬子)
えへへへへ・・(相談者)
なに?・・ふふふ・・この相談は・・ふふっ・・(大原敬子)

今、ほんとねぇ・・(相談者)
うん。(大原敬子)

幸せです。(相談者)

ねえ。(大原敬子)
ええ。(相談者)
今日は、幸せと美貌を・・(大原敬子)
はい・・えへへへ・・(相談者)
加藤先生に、伝えたかった・・ってこと。(大原敬子)

そう・・あはは・・(相談者)
はははは・・(大原敬子)
ありがとうございます。(相談者)
そういうことですよねぇ。(大原敬子)
ええ。(相談者)
じゃあもう、美男子の加藤先生に・・伺ってみます。(大原敬子)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

    このお歳で お達者 介達 お元気 意気揚々 老いてなお  生き生き とても 明るい  どの言葉を選べばよいでしょう  逆に トホホホ クヨクヨ 消沈  なさっている ご高齢のご婦人の多い事か! 是非 残りの人生 最後まで ボケる暇もないくらい お楽しみください。
     森田こういちろう 先生 が 適任でしたね?

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA