テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2019年1月10日(木)は、柴田理恵&中川潤。40歳男性から、1ヶ月前に子供を連れて出て行った妻から離婚調停の申し出をされた。子供の為に、職を変え、妻の実家の近くに移住までしたので離婚したくないという相談者。結婚前は喧嘩もしたことなかったが、子供が生まれてから口論が多くなる。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:40歳男性 妻32歳 長男3歳 次男1歳

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

あ、もしもし・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
よろしくお願い致します。(相談者)
こんにちは・・(柴田理恵)
こんにちは。(相談者)
今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

1ヶ月・・ほど前に。(相談者)
はい。(柴田理恵)

妻が子供を連れて・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ・・出て行ってしまいまして。(相談者)
ああ・・はい。(柴田理恵)

はい、それでその後あのぅ・・(相談者)

えっと、裁判所の方から・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

離婚調停の、あのぅ・・申し出の・・え・・書類が届いたんですけども。(相談者)
ああ、はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)
あのぅ・・あなたおいくつですか?(柴田理恵)

わたしは40歳です。(相談者)
40歳・・あの、奥さんは?(柴田理恵)

32歳・・(相談者)
32歳・・お子さんは何・・おいくつですか?(柴田理恵)

長男が3歳。(相談者)
3歳・・はい。(柴田理恵)

次男が、1歳です。(相談者)
あらあ・・じゃあ、小さいお子さん連れて、奥さんはじゃあご実家に戻られたんですかねぇ?(柴田理恵)

いや、実家ではない・・(相談者)

と思うんですけども。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
別の・・あの空き家がありまして、そこに・・(相談者)
ああ、そうなんですか。(柴田理恵)
居ると思います、はい。(相談者)

えっと・・(柴田理恵)

じゃあ、こう、外・・お出になられたっていうのは・・(柴田理恵)

奥さん・・お仕事・・なさってるんですか?(柴田理恵)

いや・・あのぅ、専業主婦です。(相談者)
ああ、そうですか・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
じゃあ・・大変ですね。(柴田理恵)

はい。(相談者)
えっと・・り(離)・・どうして離婚調停っていう・・そう出て行ったりしたんですか?(柴田理恵)

それ・・がですねぇ、ちょっと・・わたし自身も、思い当たるところはないんですけども。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

あのぅ・・(相談者)

初め・・都心の方で住んでたんです。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ・・子供・・が、生まれて・・から・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
えっと・・(相談者)

ま、育児とか、え・・まぁ、あとそれに関して喧嘩みたいなのが・・あの、ちょっと続くようになりまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、それで、あのぅ・・まぁ、そのたんびにこう・・実家の方に妻が・・(相談者)

ま、帰るような状況が続いてて。(相談者)
はい、はい・・(相談者)

あのぅ・・まぁ、子供と・・過ごす機会がほんとになくなってしまったので。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

ま、そういうこともあって、もうちょっと・・まぁ、二人目・・に合わせて、地方に行くしかないなと思って・・(相談者)
あっ・・(柴田理恵)
あのぅ・・わたしは・・引越したんですけども。(相談者)
あのぅ・・それは奥さんの実家のほうに・・(柴田理恵)

そうです。(相談者)
の、近くの方に引っ越されたってことですか?(柴田理恵)
はい、そうです。(相談者)
ああ、はあ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

でぇ、お仕事は・・どうなさったんですか?(柴田理恵)

また勤めなおしてぇ・・(相談者)
あ、ああ、ああ・・あの・・(柴田理恵)

奥さんの実家の近くに、引っ越すことになったので・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
あなた自身のお勤めも、変えられたんですね?(柴田理恵)

そうですねはい。(相談者)
はい、はいはい。(柴田理恵)

でぇ・・そのぅ・・(相談者)
んでぇ・・うん。(柴田理恵)

まぁ、けん・・か(喧嘩)・・も、そうなんですけども・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちょっと・・モラハラ的な・・あ・・言動とか、という・・差別的な扱いもちょっと、受けて・・いまして。(相談者)
うん?(柴田理恵)

あなたの方がですか?(柴田理恵)

そうですねぇ・・はい。(相談者)
はああ・・あ、例えば、どういう?(柴田理恵)

まっ・・(相談者)

例えば・・(相談者)

まぁ、向こうは専業主婦なん・・ですけども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

まぁ、わたし・・が・・え・・朝起きて、出勤するときには・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ、ご飯が・・(相談者)

なくて、寝てるまんまで。(相談者)

でぇ、帰ってきてからも、まぁ・・(相談者)

え・・ご飯は用意されてるんですけど、寝てる・・まんまで・・(相談者)
はああ・・(柴田理恵)
でぇ・・家の・・そのぅ・・まぁ・・食器洗うとか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
はい、え・・洗濯物するとか、そういう家事も、そのぅ・・あ・・やってない状況でぇ・・まぁ、やってないと・・怒られたりとか、その、まぁ、洗い方とか・・ぇ、そういうことに、こう、注文がついたりとかですねぇ。(相談者)
はあああ・・(柴田理恵)

ん、ん・・(相談者)
それはあのぅ・・お子さん出来る前から・・そうやって、なに?朝ご飯作らないとか・・(柴田理恵)

夕飯・・起きてくれないとか、そういうことだったんですか?(柴田理恵)

いや、あのぅ・・(相談者)
お子さん、出来てから?(柴田理恵)
はい。(相談者)

はい、そうです。(相談者)

それは・・(柴田理恵)

まぁ、こんなこと言ったらアレですけど・・(柴田理恵)

育児ノイローゼっていうか、育児の方がものすごい大変で、ちょっと・・(柴田理恵)

奥さん具合悪くなったりしてました?(柴田理恵)

あのぅ・・確かに。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あのぅ・・そういう・・(相談者)

ところはある・・って言いますかですねぇ。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
ま、あのぅ・・(相談者)

すごい責任感が強いタイプ・・って言いますか・・(相談者)
うんうん・・(柴田理恵)
あのぅ・・なんでも子供の・・食べ物に関しては、ま、手作りで、あのぅ・・やろうとしてるところが・・あったりとかして。(相談者)
ああ、ああ・・(柴田理恵)

まぁ、そういうのもあって・・まぁ、行き詰るな・・という思いもあったんで。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
まぁ、そんなぁ・・い・・ん・・ことしなくてもとか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
うん。(中川潤)
あのぅもっと・・(相談者)

手・・抜いてもいいんじゃないの?みたいなこと・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
うん・・(中川潤)
まぁ、わたしも言ってましたし。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そのぅ・・(相談者)

まぁ、義母を通じて、そういうのを、伝えてもらったりとかはしてたんですけども。(相談者)
うん・・ふぅーん、それであのぅ・・(柴田理恵)

結局そういうことでぶつかって、奥さんはよく実家にお帰りになってったわけでしょう?(柴田理恵)

そうですね、はい。(相談者)
だからその・・実家でもそういう風にこう・・「あなたそれ無理し過ぎよ」みたいに・・お母さんに、い・・(柴田理恵)

も、おっしゃってったってことですか?(柴田理恵)

その義理のお母さんの・・(柴田理恵)
そうですねぇ、あのぅ、はい、そういう形では、あの、話が行っていたと思うんですけども。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

そもそも、恋愛結婚・・ですか?(柴田理恵)

あ、そうですよ。(相談者)
うんうんうん。(柴田理恵)
はい。(相談者)
な・・どのぐらい付き合ったんですか?(柴田理恵)

2年・・ぐらいですかねぇ。(相談者)
2年ぐらい・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
付き合って・・(柴田理恵)

じゃあ、恋愛・・時代も、もちろんそんなことはないですよねぇ?(柴田理恵)

うん、ないですねぇ・・(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)
まぁ・・そ・・喧嘩をしたことが・・なかったぐらいなのでぇ、ほんとに。(相談者)
はああ、ああ・・(柴田理恵)

じゃあ・・(柴田理恵)

ほんとに・・お子さん生まれてから・・(柴田理恵)

あの・・(柴田理恵)

何か・・ご夫婦で・・話し合ったりなさいました?(柴田理恵)

まぁ、話し合い・・も・・そうなんですけども、ま、結構その・・(相談者)

う・・(相談者)

口論になってしまうところが・・(相談者)

はい・・(柴田理恵)

ありまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)
でぇ・・まぁ、そのぅ・・(相談者)

口論になってくとまぁ、ヒートアップしちゃうので、こう、お互いに・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
まぁ、わたしがまぁ・・ちょっと、あのぅ・・「まぁ、今度にしよう」とか、ちょっと、あの「今、話しても無駄だから、駄目だから」・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
とかって言って・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
まぁ、その場を・・(相談者)

まぁ、離れようとすると、こう・・まぁ・・「逃げるのか?」とか。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
そのぅ・・ちょっと、そういうこう・・(相談者)

なんですかねぇ?挑発されるようなことを・・ん・・言われ・・たりとかするもんで・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
なかなかこう、その、当事者間で話すのも難しくですねぇ。(相談者)

手を出したり、モノ投げたりとかは、なさいましたか?(柴田理恵)

いやそういうことしてないです。(相談者)
うん、奥さんのほうも?(柴田理恵)

ありませんです・・ないですか?(柴田理恵)
ないですねぇ・・はい、はい。(相談者)
じゃあ、口論だけなんですね?(柴田理恵)

はい。(相談者)
ふんふん。(柴田理恵)

んでぇ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
あなたとしては・・あのぅ・・離婚・・は、どうですか?(柴田理恵)

・・

そのぅ・・(相談者)

移住したというか、そ、それも・・ま、すべてはそのぅ・・子供・・の事を考えて・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
まぁ、自分はあのぅ・・そういう、優先事項を、こう・・作って、行動したつもり・・だったので。(相談者)
うん。(柴田理恵)
そのぅ・・(相談者)

まぁ、そういう形で、子供をとられてねぇ、こう・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
まぁ・・(相談者)

別居みたいな感じを、とられるっていうのは、ちょっとこう・・うーん、納得できませんし・・(相談者)

はい。(柴田理恵)
その、子供に・・え、与える影響とか考えても、自分はそういう選択肢は・・とらないつもりでいます。(相談者)

あ、つまり、離婚はしたくないってことですねぇ?(柴田理恵)
はい、しない・・はい、そうです。(相談者)
ああ・・はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

わかりましたじゃあ・・(柴田理恵)

ちょっと先生に聞いてみましょうかねぇ。(柴田理恵)

はい。(相談者)
はい。(柴田理恵)
よろしくお願いします。(相談者)
今日の回答者の先生は・・弁護士の中川潤先生です。(柴田理恵)

はい・・お願いします。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)

お願いします。(相談者)




目次に戻る

中川潤アドバイス

こんにちは、中川です。(中川潤)
こんにちは。(相談者)

あのぅ・・いや、今いちばん最後にね・・(中川潤)
はい。(相談者)
あのぅ・・(中川潤)

あなた・・そのぅ・・この調停については、どうなんですか?・・っていう・・質問の、ご返事がね。(中川潤)

はい。(相談者)

職場も変えて・・(中川潤)

はい。(相談者)
でぇ・・(中川潤)

子供の事を考えて、移住までしたと。(中川潤)

はい。(相談者)
職も変えたと。(中川潤)

はい。(相談者)

なのに、その子供・・まぁ、連れて行かれて、とられて・・離婚するようなことはしたくないとおっしゃったんだけども・・(中川潤)

はい。(相談者)

あのぅ・・お話聞いてるのは、あなたの方からだけなので。(中川潤)

はい。(相談者)
例えばまぁ、調停になれば、調停委員の立場だったら・・(中川潤)

両方からのお話聞くわけで。(中川潤)

はい。(相談者)
奥さん奥さんで、なに・・(中川潤)

どういうことおっしゃるかってのは、また別の問題なんだけども。(中川潤)

はい。(相談者)

あのぅ、あなたの話聞いてても・・(中川潤)

あなたも割と論理的な人で・・(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
ねえ。(中川潤)
と、思います、はい。(相談者)

なんて言うんだろう、奥さんも、すごーく、なんて言うんだろう・・(中川潤)

さっき・・いみじくも責任感が・・強(つよ)・・くて。(中川潤)

はい。(相談者)
目一杯・・あのぅ・・自分が納得がいくまで、なさろうとされる・・(中川潤)

って、それ自体、悪いことではないんだけども・・(中川潤)

はい。(相談者)
やり過ぎやないかと。(中川潤)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
あなたから見れば、思えるわけでしょう?(中川潤)
はい・・はい。(相談者)

だからあなたのおっしゃることを前提に・・(中川潤)

あのぅ・・言えば、なかなか波長が合わないんだね。(中川潤)

うん・・(相談者)

・・

ね、そうすっとね。(中川潤)

はい。(相談者)
あの・・(中川潤)

どっかで・・あのぅ、掛け違い・・(中川潤)

ねぇ、美しく言えば、掛け違いですよ。(中川潤)

うん、はい。(相談者)

が・・気持ちの・・(中川潤)

はい。(相談者)

おきていて・・(中川潤)
はい。(相談者)
それが・・(中川潤)

お互いになのかどうなのかわからないのだけども・・(中川潤)

はい。(相談者)
そこに・・気が付かないままに・・(中川潤)

それが・・大きな溝になってくれば、素になってしまって。(中川潤)

はい。(相談者)

飛び越えるに飛び越えられない・・状況に来てしま・・ったと、思っておられるのが奥さんなんだろうと思うんですよ。(中川潤)

はあ・・はい。(相談者)

うん・・(中川潤)

うん・・(相談者)

でぇ、でなかったら、奥さんだってねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
やっぱり母親として・・(中川潤)

ねぇ?(中川潤)

はい。(相談者)
あの、父親の存在・・(中川潤)

を、どうなのかって・・ことはそれなりにやっぱ、考えますから。(中川潤)

はい。(相談者)

でぇ、考えた上での・・決断ですからね。(中川潤)

うーーん、はい。(相談者)
そうすると、あのぅ・・(中川潤)

ぅ・・ま、男性もそうだけども、少なくともまぁ、通常女性なんだけども・・(中川潤)

女性がここまで思い切ったことをやるっていうのはもう・・腹決まってるんですよ。(中川潤)

はい。(相談者)
はっきり言って。(中川潤)
はい。(相談者)

でぇ・・(中川潤)
うーん・・(相談者)
引き返す気持ちは全くないんです。(中川潤)

はい。(相談者)
これはあなたにもちょっと、酷な言い方なんだけど。(中川潤)

はい。(相談者)

・・

で、そういう状況を・・前提にして、あなた・・として・・(中川潤)

最も好ましい・・行動の取り方なんだろうか。(中川潤)

っていう・・(中川潤)

考え方を取らないと。(中川潤)

はい。(相談者)

あなた自身も・・(中川潤)

堂々巡りをするし・・(中川潤)
はい。(相談者)
かつ精神的にも参ってしまう。(中川潤)

はい。(相談者)

と・・わたしは思うんですよね、どう思いますか?(中川潤)

うーーん・・(相談者)

そうですねぇ・・そのぅ・・(相談者)

うーん・・(相談者)
でぇ、あなたの中にねぇ・・もう一つあるのは・・(中川潤)

ここまでね、譲歩して、目一杯やってやったのに・・(中川潤)

なんじゃこの仕打ちはと。(中川潤)

これで離婚?(中川潤)

とんでもねぇ・・ま、まして子供連れて行く?(中川潤)

許せん!(中川潤)

という気持ちも、おそらくお有りになると思うのね。(中川潤)

はい。(相談者)

はい。(相談者)

・・

ただ・・(中川潤)

はい。(相談者)
あなたが想い描いておられるような・・(中川潤)

そのぅ・・家庭?(中川潤)

はい。(相談者)

っていうのは・・(中川潤)

それを提供することは今の奥さんとの間では無理なんです。(中川潤)

もう、そこをまず認識しないとダメだって。(中川潤)

あなた自身の考え方の出発点として。(中川潤)

うーーん・・(相談者)
現状は。(中川潤)

はい。(相談者)

ただねぇ・・ご夫婦が別れても。(中川潤)

はい。(相談者)
父親であることには変わりはなくて。(中川潤)

はい。(相談者)
そいで子供さん・・が・・(中川潤)

それなりの年齢になってきたときに。(中川潤)

はい。(相談者)
お父さんに会いに行って・・(中川潤)

あるいは、子供さんが・・(中川潤)

あ・・ご自身で・・(中川潤)

なにがしかのサポートをして欲しいっていうときに・・(中川潤)

あなたが父親であることには変わりないんだから・・(中川潤)

はい。(相談者)
サポートしてあげられる・・(中川潤)

立場にいらっしゃる事は・・(中川潤)

これは揺るぎはないことなんですよ。(中川潤)

はい。(相談者)

そうするとね。(中川潤)

今の状況の中で・・(中川潤)

はい。(相談者)
1番、子供・・が・・(中川潤)

穏やかに・・(中川潤)

はい。(相談者)
生活できる・・(中川潤)

場を作る。(中川潤)

っていうことを・・(中川潤)

はい。(相談者)

お二人の夫婦別れの問題、夫婦別れの問題として。(中川潤)

はい。(相談者)

ねぇ、子供さんのことをもし考えるのであれば・・(中川潤)

はい。(相談者)

そういう・・(中川潤)

ところから考えていかないと・・(中川潤)

はい。(相談者)
物事は・・(中川潤)

進まないんじゃないかなぁ。(中川潤)

はい。(相談者)

無い物ねだりしてもしょうがないでしょう。(中川潤)

はい。(相談者)

・・

わかります?(中川潤)

わかります。(相談者)
ねえ・・(中川潤)

・・

あの・・心の交流はもう・・どっかで途絶えてるんです、完全に。(中川潤)

はい。(相談者)




目次に戻る

柴田理恵まとめ

あのぅ・・おそらく・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
お子さんができたことで。(柴田理恵)

はい。(相談者)

奥さんは・・(柴田理恵)

ちゃんと現実と・・ん・・面と向かったんだと思うんです。(柴田理恵)

はい。(相談者)
あのぅ・・(柴田理恵)

うーーん・・はい。(相談者)
それで・・こう・・(柴田理恵)

そうじゃないの!っていうふうに・・なったんじゃないのかな・・ってこう・・(柴田理恵)

女って、そんなところあるんじゃないかと思うんです。(柴田理恵)

はい・・(相談者)

はい。(柴田理恵)

はい。(相談者)

なのでぇ・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
わたしはねぇ・・(柴田理恵)

過ぎ去った・・(柴田理恵)

事を思うよりは・・(柴田理恵)

この先どうやって・・ご自分のお子さんと・・(柴田理恵)

仲良く一緒に・・(柴田理恵)

やっていけるのか、それは・・あの、一緒に暮らすっていうことではなく、ないまでも・・父親としてずっと・・あの、彼らの・・(柴田理恵)

そばに・・(柴田理恵)

そばって言うか、つかず離れずになるでしょうけど、結局、そのぅ・・(柴田理恵)

いてあげるかっていうことの、どういうサポートしてあげられるか・・ってことになるんじゃないかなぁ・・と思うんですけどもね。(柴田理恵)

はい。(相談者)

調停のときには・・(柴田理恵)

子供・・もちろんご自分の主張・・たくさんなさった方がいいと思うし。(柴田理恵)

はい。(相談者)
あのぅ・・(柴田理恵)

悪かれと思ってやった事は1つも無いでしょうけれど。(柴田理恵)

はい。(相談者)
でもそのぅ・・(柴田理恵)

女の現実と・・(柴田理恵)

男の・・理想とがやっぱり・・食い違ったっていう・・(柴田理恵)

ことが、この・・(柴田理恵)

今回の・・(柴田理恵)

ことなんじゃないのかなぁ・・と、わたしは・・お話を聞いてて思います。(柴田理恵)

はい。(相談者)

・・

うん・・お寂しい気持ちは・・とてもよくわかります。(柴田理恵)

はい。(相談者)

でも・・(柴田理恵)

あなたまだ、40だし・・(柴田理恵)

はい。(相談者)

まだまだこれから・・(柴田理恵)

・・

別の・・女性だって現れる可能性が大きいと思います。(柴田理恵)

はい。(相談者)

ありがとうございます。(相談者)

大丈夫ですか?(柴田理恵)

はい。(相談者)

はい・・(柴田理恵)

・・

じゃあ・・(柴田理恵)

・・

失礼致します。(柴田理恵)
あ、ありがとうございました、どうもありがとうございました。(相談者)
ごめんください、大丈夫ですか?ほんとに?(柴田理恵)

やってけます?(柴田理恵)
(苦笑)・・(相談者)

うーーん・・(相談者)
ちょっと考えてみてください。(柴田理恵)

はい。(相談者)

すいません・・(相談者)
はい。(相談者)
ありがとうございます。(相談者)
はい。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

『わたし自身も、思い当たるところはないんですけども』

うん?聞いていて、奥さんに何某かの不満があり
日常の言動にも現れているような
そんな気がするのは、わたしだけ?

中川先生が、終始穏やかに話をするなんて
なにやらこう、感じ取れることがあったのかも
弁護士の経験としてのご発言

この辺り、大迫先生なんかも同様のご回答を述べられることが多い

さて、起死回生の一手として
離婚を避ける方法としてなら、あるかもです
それは、奥さんの有責の証拠を掴むこと

そんなものが、あればですが

テレフォン人生相談2019年1月11日(金)予告

高校生の息子さんの自殺願望について、お母さんからのご相談です。

パーソナリティは、加藤諦三さん、幼児教育研究の大原敬子さんが回答者です。
目次に戻る

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。