テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年10月1日(火)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大原敬子(幼児教育)
52歳の女性から、証拠はないが夫が浮気している。給料のほとんどを浮気相手の女につぎ込んでおり、このままだと借金してしまいそうで不安、ストレスで自分が倒れてしまいそう。娘が高校1年の時、前の女との写真を間違って娘の携帯に送ったりしても、絶対に謝らない夫だが離婚するつもりはない、どうすればいいか?

目次

スポンサーリンク

今日のまとめ

相談者は52歳女性、夫は56歳、娘は19歳。

今井通:今日はどういったご相談ですか?

相談者:あのぅ・・証拠はないんですけれども、たぶん、あの、主人が浮気をして・・いる・・ようなんです。

相談者:でぇ、給料のほとんどを・・その女性につぎ込んで・・いまして・・でぇ、今はなんとか生活が成り立っているんですけれども、今後が心配・・っていうことで・・

相談者:借金してまでその女性につぎ込みそう・・で・・不安・・です。

相談者:でぇ、あのぅ、ストレスで、自分がもう倒れてしまいそうなので、その対処法を教えて欲しい・・っていう・・

今井通:なるほどねぇ。

今井通:そこがないっておっしゃったから、浮気しているらしいだけなんで、ちょっとよくわかんないですけど。

相談者:あ、はい、あのぅ・・娘が・・高校1年生の時に・・

今井通:お、お嬢さんがいらっしゃるのね?

相談者:あ、はい、はい、その時に・・確実な・・現場の、写真・・を、見ましてぇ。

相談者:あの、確実に・・あの、その時は・・あの、してました。

今井通:えーっと、今、お嬢さんおいくつ?

相談者:10・・9・・歳です。

今井通:要するに・・お嬢さんが、高校の時に・・現場の写真を、見たの?・・そうじゃなくて、撮ったの?

相談者:えっと・・そうではなくて、主人・・

相談者:が、その写真を・・撮って・・

相談者:その、あのぅ・・写真・・を、たぶん間違えてだと思うんですが、娘の・・携帯に・・送られて・・しまって。

今井通:うん。

相談者:でぇ、現場の写真を・・娘が、わたしに見せてくれたので、100%、それは、事実です。

相談者:その時・・は。

今井通:それって、***に・・2、3年前ってこと?

相談者:そう・・です。

今井通:でぇ、これ、ご主人は知ってるの?そのこと?

相談者:はい、知ってます。

相談者:それで、あのぅ・・娘が・・わたしの・・携帯にそれ・・その・・画像を転送して・・くれまして・・でぇ、わたしがお風呂入っている時に・・主人がわたしの・・

相談者:携帯を、自分の都合の悪い・・

相談者:もの、映像を、手で消去してしまって、証拠を・・消してしまったんです。

今井通:あっ、だから証拠はないけれどっていうことですね。

相談者:あっ、あ、それは、あのぅ・・娘が高1の時の・・が・・

相談者:ないっていうこと・・です。

相談者:でぇ、現在その証拠ないっていうのは現在のことです。

今井通:そのね、娘さんにまで・・

相談者:はい。

今井通:バレてしまった・・

相談者:はい。

今井通:その、バレた経緯と、その時のご主人が・・どういう謝り方をしたのか・・どういう態度を、のとったのかを覚えてらっしゃいます?

相談者:あ、全然、一切、謝ってないです。

相談者:でぇ、「誠心誠意謝ってほしい」っていうふうに、言いました。

相談者:そしたら・・なんで言っても謝ってくれないので・・もうしつこくしつこく・・「悪い事をしたんだから謝って」っていうふうに何度も何度も言ったら、「ああ、すいませんねぇ」っていう感じで・・

相談者:言って・・でぇ・・わたしはまぁ・・

相談者:我慢しようと思って・・いたんですけど・・子供にも、ちゃんと、誠心誠意悪かったということを、謝ってほしいって、ホントに何度も何度も言ったですけど・・それは一切謝ってくれませんでした。

今井通:その前に・・要するにここで・・一番・・ね、ショック受けてるのは、お嬢さんですよね。

相談者:はい。

今井通:はい・・でぇ次に・・証拠は無いけれど、まぁ、浮気をしていると・・今も。

相談者:はい。

今井通:でぇ、給料のほとんどを使っていると。

相談者:はい。

今井通:はい・・これは・・前の、その写真の相手と・・ちが・・

相談者:別です。

今井通:別の人なの?

相談者:はい・・はい。

今井通:はい。

相談者:今はなんとか、生活が成り立っているんですけれども、借金してまで、その女性につぎ込みそうで、ものすごく不安です。

相談者:でぇ、貢ぎ物もするようになり・・

相談者:はい。

今井通:今のところは生活は困るっていないから。

相談者:はい。

今井通:この・・状態ならまだ、大丈夫だっていうこと?

相談者:いえ、あの、大丈夫じゃないです・・もう、あのぅ、ストレスで・・止めて欲しいし・・

・・

相談者:「やめて欲しい」って言っても・・やめて・・は、くれないのでぇ・・

・・

相談者:あのぅ・・

今井通:えーっと、例えばですよ、今の・・あなたの・・ところにある・・

今井通:まぁ、資産っていうか、お金?

相談者:はい、はい。

今井通:でぇ、何年ぐらいは暮らせるの?

・・

相談者:2・・3年ぐらいかなぁ・・はい。

今井通:2、3年ぐらい?

相談者:はい。

今井通:でぇ、それでね。

相談者:はい。

今井通:あなたは、今までに、ご主人が浮気しても・・それに対して怒りは感じたことないの?

相談者:毎回、怒りは感じてます。

今井通:うん。

相談者:はい。

今井通:でも、今さっきから、お話うかがってると、え・・給料ほとんど使っちゃってる・・

今井通:え・・このままいくと・・

今井通:そのぅ、借金してまで、浮気相手に貢ぐことになっちゃうので・・

相談者:はい。

今井通:そうなったら大変だと思って・・

相談者:はい。

今井通:え・・ストレスで・・あなた自身が、傷ついてるっていう、話・・ですから・・それって・・浮気相手を、に、貢ぐことも、見込み済みの・・想像の中での事を語ってらっしゃいますよね。

相談者:はいそうです。

今井通:っていうことは、あなた自身は、このご主人に対しては、浮気をされることも・・折り込み済みで・・

今井通:妻として、夫の・・と一緒に、今後、暮らしていく立場をとりたいっていう・・ことですよねぇ?

・・

相談者:とり・・とるしかない・・のでぇ・・どう・・

今井通:でぇ、それよりんもっとなのは・・あなたはだから・・ご主人と・・離婚しようとか・・

今井通:例えば別居しようとか・・一回も考えなかったのね?

相談者:はぁい、離婚・・は、しようとは思いませんでした。

今井通:そう、あのぅ・・その時の言葉、あなたはなんておっしゃってるかっていうと・・「わたしはあきらめたんですけど」って、簡単におっしゃったんですよ。

相談者:ああ・・はい。

今井通:っていうことは・・今、あなたは・・ここに、何を、相談したいんですか?

相談者:これからずっと一緒に、暮らしていく上で・・毎日毎日の・・ストレス・・が・・どう・・対処すればいいか・・っていうこと・・

相談者:の、相談です。

今井通:わかりました・・今日はですねぇ、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてますので伺ってみようと思います、先生よろしくお願い致します。




大原敬子アドバイス

大原敬:ねぇ、一見みると、お辛いだろうなぁ・・と思っているんですけども。

大原敬:でもそれはあなたが選んでいるんですよね。今日の話はですね、3つに整理します。

大原敬:1つは、あなたの隠された、本質、心情。

大原敬:もう1つは、夫が今現在かくあるべき心の状況。

大原敬:そして、なぜここまで自分が、追い詰めてしまったかっていうのは、あなたが、謝っるって言う事と、証拠に出ているんですね。

大原敬:でぇ、それを・・まず整理していきます。

大原敬:よろしいでしょうか?

相談者:は、はい。

大原敬:まず1つ、あなたの心情なんですけれども、先ほども、次から次へと・・相手の女性に、振り込んで、あのぅ額がね、だんだん多くなってくるって。

相談者:はい。

大原敬:そこにもあなたの心があるんです。
でぇ、夫はですね、「あっ、許してるよ」「あっ、まだ文句言わない」「あっ、いいんだ」って感覚なんですよね。

相談者:はい。

大原敬:でぇ、なぜここまであなたが・・直視しないたってことですよね。

相談者:はい。

大原敬:できないんです、あなたが、この夫を、あなたは依存してるんです。

大原敬:この夫がいなくなったら生きていけないと自分は思っているわけですよね。

相談者:ああ・・はい。

大原敬:だから・・わたしは耐えてるってことで・・怒りをもってるけど、グゥーっと、心の奥の奥見ていくと。

大原敬:女遊びしても何しても、わたしにとっては、命と同じように・・大切な人ってことを、もし、あなたが気が付いていれば・・

相談者:はい。

大原敬:わたしが許してるんじゃない、それしかできなかった。

大原敬:もしかしたら、あなたが、現実に付き合わせた時に。

大原敬:夫がわたしから、去っていくんではないかという怖さで、あなたは言えなかったと思うんですね。

大原敬:でぇ、じゃあ夫なんですけども、夫の1つはその、娘さんまで間違えて送ってしまうぐらいに・・非常に感情が激しい方で・・

大原敬:特に、自信が無い方なんですね、これ心理的に言うと。

大原敬:ある写真を撮った部分というのは、全部は・・男として自信がないから。

大原敬:見せることによって・・こういう人に、行為をすることを、見せることによって、自分が興奮するわけですよね。

大原敬:っていうことは彼はすごく・・小心だし・・

大原敬:劣等感が強くて・・

大原敬:彼自身が、全く自信がない人なんですね。

大原敬:だから、写真送ったのは、普通考えられないでしょう。でも娘のところに送ってしまうぐらいに、間違えて、興奮して送る。

大原敬:軽いんですよすごく、彼。

大原敬:だから、あなたが思っている浮気とわたしは思っていない、心を持っていかれる浮気ではなくって・・自分を男として・・受け入れてくれる人だったら誰でもいいんです、彼。

大原敬:だからものをあげるんです。

大原敬:それぐらいに、夫はここに・・自分の生きた証が欲しかったんでしょうね。

相談者:はい。

大原敬:こういう彼なんです。でもあなたは頭から・・

相談者:はい。

大原敬:この夫がいなければ生きていけない・・この浮気はきっと・・わたしより他に、すごく心を持っていかれるような、女性と会っているだろうなとあなたは思いますよねぇ。

相談者:はい思ってます。

大原敬:そうすると、あっ・・わたしは・・耐えて、いい女として、あなたが何をしても我慢して我慢して、そうすれば、夫は帰ってくるだろうとあなたは思っているんです。

相談者:ああ、ああ・・

大原敬:でも夫は、ないですからそんなことは。

大原敬:「君が注意する、怒る」以外は、許してくれてると思いますから・・何も感じないですよ夫は。

大原敬:あなた言わないんですもん「お金がない」とか、「どうするの?」とか。

大原敬:もう一回戻しますよ。夫の浮気があなたが思っている浮気では絶対ないです。間違いなく。

大原敬:この女性が、僕を男としてくれるか、してくれないかだけなんですよ。

大原敬:だからそういう写真を撮るんです。

大原敬:自分の渇望した欲情を満たすものがこれだったんです。

大原敬:あなたは・・自分が夫を好きだから・・夫はわたしの心を置いて、違うところに行ったんでしょう。

相談者:はい。

大原敬:だからわたしは、ずーっと耐えていました。

相談者:はい。

大原敬:このズレですよね。

相談者:はい。

大原敬:あなた自身が、自分の本質の心を・・理解してない。

大原敬:あなたが本当にこの彼が、世間から何を言われても、わたしにとっては大事な夫・・あれだけ遊んで、あれだけお金使っても・・でも・・やっぱり・・彼が大事って事はあなたが本当に思っていたならば・・

大原敬:解決は早いんですよ。

大原敬:でもあなたが・・いや、家族のために・・娘のために・・わたしは今も、こうして耐えていますって、このような偽りがあった場合には、彼はもうどんどんどんどん行きますよ、逃げて。

大原敬:あなたが必要なんでしょう、彼を。

相談者:はい。

大原敬:なぜそれが素直に認められないんでしょうかね?

・・

大原敬:だったら先程今井先生がおっしゃったように、別れていいんじゃないの?必要じゃなかったら。

大原敬:こんなにお金も使ってしまったしまったし。

大原敬:あなたが・・「別れます」って形なるんですよ、これ。

大原敬:あなたが必要としてなければ。

相談者:ああ・・

相談者:っていうか、自分・・でぇ・・あの自立・・が・・ん、出来ない・・っていうのもあってぇ・・

大原敬:いやそれも理由。

大原敬:自分がそうして・・そうして、一つ一つ、わたしはホントは別れたいのよ・・でも食べていけないからって、いろんな理由をつけて、自分のプライドっていうのかしらねぇ・・

相談者:はい。

大原敬:温存してますけども、あなたがこれを絶対気付かない限り・・ある日この彼が、本当に心の触れる人と出会ったら・・

相談者:はい。

・・

大原敬:彼は去りますね。

・・

大原敬:こんなにお金注ぎ込んでも君、何にも言わないじゃないかって、彼は知ってますよ。

大原敬:全てあなたが・・ようにしてるんですよこれは・・そうでしょう?

相談者:はい。

大原敬:なぜ容認したんだろうかって、もう一度自分の・・心の中を・・

大原敬:覗いてみたらどうでしょうかねぇ。

大原敬:よろしいですか?

相談者:はい。

大原敬:今、ちょっと今井先生に代わりますね。




今井通子まとめ

今井通:おわかりいただけましたか?

今井通:大原先生がいろいろ、こうでしょう、ああでしょうっていう話に対する反応が・・

相談者:はい。

今井通:どう見ても、あなたは、ご主人が好きで・・我慢してるんじゃない。

今井通:食べさせてくれるから我慢してるだけなんだっていうの・・見え見えだったもの。

相談者:はい、そう・・

相談者:あの、生活のためっていうのが・・

今井通:ですよねぇ?

相談者:はい、はい。

今井通:それは何かって言ったらひとえに・・自分が楽したいからだけじゃないですか。

相談者:そうです(苦笑)。

今井通:そんなの世の中に通じるわけないじゃない。

・・

今井通:わたしね、もしかしたら夫はねぇ、あなたに無視されてると思っていると思うよ、こんだけ浮気しても怒んない人。

今井通:自分に興味ないんだろう・・と思われてるかも・・って、夫は思ってるかもしれませんよ。

今井通:夫とのコミュニケーションを素直にとるようにしましょう。

・・

今井通:なんでこんなにお金が・・いるの?って、いうことを・・まずは聞いてみるっていうことでしょう。

相談者:まず、そこから始めれば・・いいですか?

大原敬:ああ・・

今井通:はぁい、そうしてください。

今井通:ということでよろしいですね?

相談者:はい・・わかりました。

今井通:はい。

相談者:はい、すいませんでした。

今井通:どうも。

相談者:ありがとございました。

今井通:じゃあ、失礼しまーす。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.