テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2019年9月20日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
79歳女性から、息子2人が揉めないように遺言状を作りたいという相談。夫が他界してから顔を合わせた事のない二人、お金を無心する時だけ訪ねて来る次男、長男は面倒を看たり、お金を置いていったりしてくれる。自分亡き後、揉めないよう遺言書を作っておきたいが・・

目次

スポンサーリンク

今日のまとめ

相談者は79歳女性、夫は6年前に他界し一人暮らし。子どもは息子2人、長男56歳、次男51歳、それぞれ結婚し独立している。次男は国際結婚で4歳になる子供がいる。

今井:今日はどういったご相談ですか?

相談者:子供達のことです。

今井:子供達とおっしゃったんですが、このお二人についてですか?

相談者:はい、そうです。

今井:はい、どんなことでしょう?

相談者:主人が亡くなってからほとんど会ってないんですよね、この2人はね。

今井:息子さん達は、別々にもう・・結婚されてますか?

相談者:はい。

今井:別々にお住まいですね?

相談者:はいそうですね、はい。

今井:じゃあ、6年前から、息子さん同士が会ってないんですか?

相談者:下の子です。

今井:あ、あなたとお会いになってない?

相談者:うち・・も、あんまり来ないですね。

今井:下のお子さんが・・お兄さんとも会ってない?
あなたとも会ってない?・・っていう事ですか?

相談者:そうですね、うん。

今井:それで?

相談者:わたしが・・もしも亡くなった時に、2人・・仲良くして欲しい、それにはその財産の分与?

相談者:を、どのようにしたらいいかちょっと、聞きたいんです。

今井:ああ、なるほど・・ということは、ご兄弟が、お二人が、仲良くない・・ですか?今?

相談者:喧嘩してるわけじゃないんだけれども・・うーん・・会ってませんね。

今井:もともとじゃあ・・ちょっとお互いに・・仲良くないところはお有りなの?

相談者:あのね、うーーん・・長男がね、お家買うときに・・わたし達、一緒に住むわけで、半分出したんですよ。

相談者:それが・・耳に入って、どうも、おかしいですね。

今井:今でもあなたお1人でお住まいなんでしょう?

相談者:そうです。

今井:家を買ったときに・・

相談者:息子の家を買ったときにね。

今井:家を買ったときに・・あなた達も一緒に住まれたんですか?

相談者:住ま・・だから、全然、住んではいません。
出したけど、建てたけどね。

今井:なるほど。

相談者:地方にね。

今井:お金・・を、半分出したけれども、あなた方は別住まいで、そのご長男の、買った家?には・・住んだ事はないと。

相談者:はい、い、行くことはあるけど、一緒には住まないですわ。
あのぅ、行ってもお友達いないからね。

今井:ああ・・うん。

相談者:うん、今はね、うん。

今井:なるほど。

相談者:それ・・が、お金出したのが、耳に入って面白くない?・・感じですね。

今井:だいたいどれぐらいですかね?お金の額は?

相談者:1500万くらい。

今井:1500万くらい・・はぁい。

今井:で、これ、弟さんには・・まだ、何もしてない?

相談者:あ、主人が亡くなったときあげました、少しは。

今井:うん、あ、そうすると・・ご主人の・・遺産相続?は、もう済んでるんですね?

相談者:うん、だから少ししかあげないから・・まだ、少しはあるので、それをね、どのようにしておいたらいいか?・・っていう・・ことですね。

今井:あの、ああ・・

相談者:揉めたら困るなと思ってるんです。

今井:ああ、なるほど、お2人の・・息子さんに、どういう分け方をするか、ということを・・

相談者:長男は、あまりあげたくないような感じね。

相談者:面倒みないからね。

相談者:わたしのめん・・面倒っていうか、入院した時に来て、いろいろやってくれたり、結構、入院してるのでね、まだ、頭の手術やらなんかしてるのでね。

相談者:それを、次男坊は全然みてくれないから、それを言ってるんだと思うんですよね。

相談者:うん、だから、まぁ、下のには、あんまり、やらなくてもいいんじゃないか・・って言うんだけども。

今井:その、言ってるのご長男が?

相談者:そうです。

今井:ちなみにですね・・今あなたがお住まいになってらっしゃるところは・・あの、ご自宅・・

相談者:ええ、そうです。

今井:あの、家、土地両方ですか?

相談者:はいそうです。

今井:他に、何か・・資産っていうか・・

相談者:は(わ)、ないです、あとはあのぅ・・株やみんな処分しちゃって、現金、あのぅ、お金で持ってます。

今井:あ、お金ですか?

相談者:うん。

今井:そうすると遺産としては、おいくらぐらいだったんですか?

相談者:今、持ってるのですか?

今井:うん。

相談者:うん、結構あります・・今、6000万から持ってます。

今井:6000ぐらいありますと。

相談者:はいはい。

今井:でぇ、今・・お元気なんですよね?

相談者:はい元気です。

今井:なんか、頭で入院とかおっしゃってたけど?

相談者:後遺症残らないでね、あの手術して、半分・・麻痺したんだけど、それも治って今は・・ま、いろいろやってます、サークルね。

今井:良かったですね。

相談者:はぁい。

今井:でぇ・・その入院した時の面倒看てくれたのは・・ご長男の方ですか?

相談者:そうですね。

今井:はい、普段はじゃあ・・どちらもいらっしゃらない?

相談者:たまに来るけどあまり来ないですね。

今井:でぇそれは・・

相談者:ほとんど1人です。

今井:ああ・・それでその、ご長男が・・いらっしゃるのと、ご次男がいらっしゃるのと、どっちが多いの?

相談者:あ、長男、次男はほとんど来ないです。

今井:あら、6年間ずっと来ない?

相談者:うーーーーん・・欲しいものあるときはくるけどね(苦笑)。

今井:欲しいものってなんですか?

相談者:うん、お金です(苦笑)。

今井:うふふ、あ、じゃあ、ご次男にもお金あげてるのね?

相談者:あげてます。

今井:はい、今までにどれぐらいあげられました?

相談者:うんあの子は、うーん・・いろいろあげて、1000万くらいあげてんじゃないかなぁ・・なんだかんだで。

今井:1000万ぐらいはあげてる?

相談者:うん、あげてます、はい。

今井:じゃあねぇ、その、で、お兄さんにも時々あげてる?

相談者:あげてません今は。

今井:あ、ご長男には?

相談者:うん。

今井:うん。

相談者:なんか向こうから、出してくれる事はあるけど、こっちからは出しません。

今井:ああ・・そうなんですか?

相談者:はぁい。

今井:はい・・さて、じゃあ、今日のご質問としては、そうすると遺言状が必要かどうか別と・・あ・・

相談者:そうですね。

今井:遺言状必要?

相談者:う、うん、はい。

今井:でぇ、どういうふうに・・

相談者:うん、作っておいたらいいかね。

今井:いいかですかね、はい、あのぅ、今日ですね、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います、先生よろしくお願い致します。




大迫恵美子アドバイス

大迫:どう分けたらいいかということについての、その目的ですよね。

相談者:そうですね、揉めないで、うーん・・仲良くしてほしい。

相談者:わたしが亡くなった後ね。

大迫:えっとねぇ、あのぅ、ちょっと聞いてもいいですか?

大迫:どうして亡くなったあと、仲良くしてもらいたいんですか?

相談者:えへへへへへ・・別にどうってことないけど、ちょっとねぇ。

相談者:うーん・・それは放っておいてもいいもんかしらねぇ。

大迫:その遺産をどう分けるかによって・・もちろん兄弟が仲が悪くなることがあるんですけど。

相談者:うん。

大迫:仲が良くなることがあるんだろうか?っていうのはね。

相談者:うーん、やっぱりねぇ。

大迫:だって既に今、仲良くないんでしょう?

相談者:ほとんどねぇ、主人が亡くなってからは会ったことないと思います。

大迫:わたしはむしろ、そっちの方が気になっていて。

大迫:どうしてあなたを中心に集まってこないんでしょうかね?

相談者:あのぅ・・いつもLINE、こう・・みんな来るから、お父さんの七回忌だから・・って書いて出しても・・音信不通ですね。

大迫:あの、ま、こんな言い方はちょっと、失礼な言い方かもしれないですけど。

大迫:え、あなたと仲が悪いんじゃないんですか?

相談者:あ、それはないと思います。

大迫:うん・・どうしてお母さんに音信してくれないんでしょうねぇ?

相談者:うーーん・・それがわかんないんですよ。

大迫:なんかそのね、男の兄弟同士、仲が悪くなっちゃってるっていうことがあったとしても。

大迫:まぁ、母親・・とは・・

相談者:そう思う・・わたしそれ思うんです、一番。

相談者:だけども、お金もらう時だけ来て、あとは、あまり・・

相談者:あのぅ・・ないですね。

相談者:まぁ、「お兄ちゃんに面倒看てもらったら」っていう考えでね。

大迫:弟さんの方が、お母さんはお兄ちゃんに面倒を看てもらえばいいじゃないかと、言うってこと?

相談者:そうそうそうそう。

大迫:ああ・・なるほどね。

大迫:それはねぇ・・割と小さい時から、差をつけて育てましたか?

相談者:いやないですそんなの、かえって下の子の方が大事にしたような気がします。

大迫:うん・・本人はそう思ってないんじゃないですか?

相談者:離れてるから・・いや、お金使いも荒いし・・してやりたいことはやったし。

相談者:結構、あま・・甘やかしましたね。

大迫:うん・・

相談者:うん、次男坊はね。

大迫:ただねぇ、それは客観的にお母さんはそう思ってるってことなんでしょうけど。

相談者:うん・・

大迫:あのぅ・・次男の方、そう思ってないんじゃないですかね。

相談者:そうですかねぇ。

大迫:あのぅ・・難しいんですけど、親は平等にそれぞれのでね、やっぱと思ってるんですけど、お互いにいろいろ、ひがんだことを言うっていうことは、とてもよくあることですよ。

相談者:はああ・・やっぱりねぇ。

大迫:それにね、そしてその、その測り方ですよね、平等に扱ったってことの、測り方の問題もあるんですけど。

大迫:同じぐらいのものをあげたとかね・・同じぐらいに経済的に・・

相談者:下・・下の方のが、援助してます。

大迫:うん、あの、そのことだけで見てると間違っちゃいますよ。

相談者:はぁい。

大迫:例えば、何事がある時にね、お兄ちゃんのほうに相談してるとかね。

相談者:ああ、ああ・・

大迫:お兄ちゃんの意見の方が、取り入れられたとかね。

大迫:そういうこと、小さい時から見てると、お兄ちゃんの人格の方が尊重されているんだっていうような感覚・・

相談者:あ、そうですか、はぁぁ・・

大迫:これは結構、ひがみの原因になりますよ。

相談者:なるほどねぇ。

大迫:あの、小さい子の方が、いっぱい、買ってもらったとかね。

相談者:うんうんうんうん。

大迫:いい学校、出してもらったとか、そういうことも後から揉めますけど・・実はその陰でね、なんか、お兄ちゃんの言うことばっかり聞いてたね、とかね、どうせお兄ちゃんの意見が、尊重するんでしょう・・みたいなことはね、かなり・・傷になってる・・っていうことありますよ。

大迫:亡くなってから仲良くして欲しいなんて、おっしゃってますけど、ほんとは今、仲良くしてもらいたいんでしょう?

相談者:うんそうです、えへへ・・今ね、一緒にここにきて、みんなで・・うん。

相談者:そうそうそう・・それじゃあ・・本音ですね。

大迫:うん・・だから、本音ですよね。

大迫:だから亡くなった時に、そんな遺言状でね、何対何に分けたから、お兄ちゃんと仲良くするじゃなくて・・もしかしたらあなたの気持ちを中にね、あなたにも、こういうふうに残してあるんだから・・って言って、機嫌直して・・って思ってるんじゃないですか?

相談者:あ、そうですね。

相談者:今度、じゃあ、メールじゃなくて、電話してみます。

大迫:うん、あと、そちらのお嫁さんは?
弟さんの方のお嫁さんとは、うまくいってますか?

相談者:国際結婚なので・・2人はとても仲がいいです。

大迫:ああ・・でも・・あはっ、お母さんは、あまり打ち解けてない?

相談者:うーん・・わからないし、言葉がね。

大迫:うーん・・まぁ、その辺りも原因かもしれない、もしかしたら、ちゃんと受け入れられてないと思って、逃げ腰になっちゃってるのかもしれない。

相談者:何度かは連れて来ましたけどね。

大迫:まぁでも、本音はわかりましたので、その本音に従って結果が出るように、まぁ、遺言書なんて言ってないで。

相談者:頑張ってやってみます。




今井通子まとめ

今井:ふふふふ・・おわかりいただけましたかね?

相談者:はぁい、ありがとう。

今井:弟さんの方が、金銭的に困ってらっしゃるの?

相談者:そうですね。

今井:ご家族は何人くらいなんですか?

相談者:3人です。

今井:お子さんが一人?

相談者:うん、4歳の子とね。

今井:ああ・・

今井:お兄さんの方は、もう、お金をせびったりしない?

相談者:ああ、全然、置いては行くけど、せびりはしないです。

今井:うん・・なるほどね。
じゃあ、お兄さんの方は、金銭的には問題ないのね。

相談者:ああ、もう全然、問題ないです。

今井:要するに今のお話伺ってると、弟さんの方が、すごく気になってるみたいよね。

相談者:うんそうです、ふふふ・・

今井:うん、だからそうすると、ご自身が亡くなった時に、平等にしなきゃいけないんだろうけど・・

相談者:うん、そうそうそうそう。

今井:弟さんの方に、ちょっと残しておいてあげないと、危ないんじゃないかなって思ってるんでしょう。

相談者:うん、それもあります。

今井:だったらもっと頻繁に、遊びに来てちょうだいって言って、お子さんも連れて。

相談者:うんうんうん・・

今井:それで、その時に、時々、お小遣いあげたりしてれば、いいんじゃない?

今井:あのぅ・・お金を無心に来た時に、その場で全部、無心されたもの全部あげないで、何回に分けてみたいにやってみるとか。

相談者:はい。

今井:うん。

今井:に、しましょう。

相談者:わかりました。

今井:はぁーい、失礼しまーす。

相談者:ありがとうございました、はぁーい。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. これは、兄弟間より母子関係が悪いと思うんです

    息子だから捨てきれない分マシです
    娘なら毒親って事でさっさと捨てますよ

    修復したいなら息子んとこへ遊びに行っていい?
    ってやったら自分の位置が分かると思います

    きっと何もしないでしょうけど
    息子間は実はなにも問題ないと思うなぁ

    • ごくごく普通の問題のない兄弟は同意ですね。
      特に、次男の子の年齢から逆算すると、次男を遠ざけてるのは母親の可能性大だと思われます。
      息子は基本、マザコンですからね。
      自分から歩み寄れば、なんとかなるんでしょうけど
      性格かプライドか、おそらく両方が原因で「きっと何もしないでしょうけど」に持ち点全部

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.