テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年9月28日(土)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
77歳女性から、心病んで働けない娘の家賃収入となるように、自分名義の店舗付き住宅を相続させたいが、メンテナンス等の維持管理が出来ないだろうから、どうしたらいいだろうか?

スポンサーリンク

今日のご相談

相談者は77歳女性、夫は8年前に他界、心病んだ娘が44歳、結婚し独立した息子41歳は、サラリーマンで子供が二人。

今井通:今日はどういったご相談ですか?

相談者:建物の相続・・の件ですね。

今井通:で、この建物の相続というのは、となたからどなたへの?

相談者:わたしの名義になってますので、娘と息子がおりまして、息子のほうは独立してます。

相談者:娘の方は心を病んでまして、働くのもちょっと・・ま、なんて言うかな?フルには働けないので、わたしがいなくなってから、経済的にもいろんなことで、大変だと思うので・・ご相談したい、お願いしたいと思っております。

今井通:そうするとこの建物の・・これは今お住まいになっているお家?

相談者:そうです、住まいで、下が店舗になっておりまして。

今井通:じゃあ、家主さんでもあるっていうこと?

相談者:はい。

今井通:建物と土地と両方?あなたの名義?

相談者:はい。

今井通:ご相談の向きはどういうことですか?

相談者:ホントは子供2人に、平等にあげたいと思っておりますけれども、娘の方が働けない状態なので、娘のほうに相続をしたいと思うのですけれども・・

相談者:メンテナンスやら管理が、やっぱり色々ありますので、それがやっぱり娘には無理なので、やっぱり2人にしておくとどうなるんでしょうか?

今井通:ん?ふふふっ、要するに、土地建物ですね、そうすると。

相談者:はいはい。

今井通:土地建物の相続そのものは・・お嬢さんと、息子さんとに、これは普通の法律的分け方でもいいの?それとも本当は・・

今井通:お嬢さんにたくさんあげたいってこと?

相談者:はい。

今井通:うん、だけれども、お嬢さんにはそういう管理はできないと。

相談者:そうです。

今井通:そうすると息子さんが管理することになると。

相談者:はい。

今井通:でぇ、そういう場合にどうしたらいいでしょう(笑)?って言うか、それは・・そちらでのご相談なんだけど(笑)。

相談者:(笑)そう・・そうですか?

今井通:うん、うふふふ・・それを、なさるにあたって、ある程度まではお嬢さんの方に・・多く、行くように?

相談者:はい。

今井通:うん、でも息子さんも管理をしてちゃんと、そのぅ・・してくれるように?

相談者:はい。

今井通:割り振るには、どうすればいいか(笑)?みたいなお話になりますかね?

相談者:はぁい(笑)・・はぁい。

今井通:わかりました。これあのぅ・・え・・お嬢さんは、そうするともう全く働いたりしたことはない?

相談者:そうですね、あのぅ・・続かないんですね、身体の調子が、あのぅ・・

今井通:そして・・息子さんは何かお仕事されてる?

相談者:はい、サラリーマンです。

今井通:あ、サラリーマンでらっしゃるのね?

相談者:はい、はい。

今井通:そうすると今は・・あた自身がその・・メンテナンスとか店舗の・・面倒は、みてらっしゃるわけ?

相談者:はい。

今井通:でぇ、その店舗の方に関しては・・貸してるわけでしょう?

相談者:そうです。

今井通:と、まず家賃を請求するとか?

相談者:はい。

今井通:はい・・その他にはどんなことを?

相談者:い、い、いや結構・・あのぅ、排水の件とか、あのぅ、いろいろ詰まったり・・っていうか、あと、周りの・・メンテナンス、塗り替えとかもありますし・・

相談者:えーっと、あと、この間も基礎の工事がありまして。

今井通:はい。

相談者:そういうのが、出て来るんですねぇ。

今井通:ちなみに・・え・・築、何年くらい?

相談者:20・・7年くらい・・ですねぇ・・

今井通:ああ・・そろそろそうすると、メンテが大変になってきちゃいますねぇ。

相談者:そうなんですねぇ、あっちやらこっちやらで、はい。

今井通:なるほど、家賃の・・請求とかそういうのは?・・キャッシュレスっていうか?・・じゃなくて?

相談者:はい、そうですねあのぅ・・不動産屋さんにお任せをして。

今井通:ああ・・はい。

相談者:入金・・振り込みをしていただいてますけども。

今井通:はい。

相談者:そちらもあのぅ・・今、ちょっと、空いちゃってるので・・毎月・・コンスタントに、まぁ、なんて言うかな?収入があるわけでもないし・・

相談者:そ・・ですから、そちらの方も、あの、む、娘にね、そういう空いてる時、入らないんで、そういうこともちょっとやっぱり、心配ですので・・

今井通:うん・・そうすると今のところ、家賃収入で家計は立ててらっしゃるってこと?

相談者:金銭的なことは娘が・・どうにか・・普段生活できるお金ですよね、収入がないと。

今井通:よ、要するに、お嬢さんの収入の元としての、店舗みたいに考えてらっしゃるわけね。

相談者:そう、そうです、はいはいはい。

今井通:ちなみに・・これ、お貸しになっていると、どれぐらいの収入になるんですか?

相談者:12万と・・2階のほうは、3万・・15・・弱ですね。

今井通:今、空いてるけど、下も貸したと、いう状況だと・・月に、15万ぐらいが、入るので・・これを・・娘さんの・・今後の・・

相談者:そうですね、はい

今井通:生活費にしたいと。

相談者:はい。

今井通:はああ・・わかりました。じゃあ、今日はですねぇ、弁護士の大迫恵美子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。先生、よろしくお願いします。




大迫恵美子アドバイス

大迫恵:あのぅ、娘さんのね、その病状っていうか、例えば、働きにいけない・・っていうことですけど、なんて言うんでしょうかね?精神的な能力っていうのはどんな感じなんでしょうかね?

相談者:え・・波がありまして、あのぅ・・仕事にはすごい几帳面で、***も行くんですけども、あの緊張しすぎてっていうか、神経を全部使い切ってしまって、家に来ると、もう、バ・・バタン・・何も出来ない状態で寝ちゃ・・休んじゃうような状態なんですね。

相談者:ええ、それがまた、病状も、あまり先生も、無理しても、また悪くなるって言うことで、本人もそれもわかってますので。

大迫恵:あのぅ・・財産の管理能力みたいなものはどうですか?

相談者:ああ・・そうですねぇ、ちょっと、難しい・・と思うんですね。

大迫恵:うん・・

相談者:いろんなこと考えると、なんか、精神的にすごく疲れちゃうん・・ですね。

大迫恵:うん・・えーっとですねぇ、まぁ、あのぅ・・相続のお話・・というふうにお考えですけどね。

相談者:ああ・・はい。

大迫恵:例えばそのぅ、成年後見とか、そういったものの利用は、お考えではないですか?

相談者:それも・・考えてましたけども、やはり・・ん・・身内っていうか、息子が・・居ますので、一番・・

相談者:やっぱり、安心っていうか、その辺もちょっと・・

相談者:悩んでる状態ですね。

大迫恵:うん、ま、あのぅ・・息子さんもね、ご兄弟ではありますけど、一応、他人ですからね、あのぅ、法律的にはね。

相談者:はい。

大迫恵:た、他人というのは、別の人間ですからね、あの、ご姉弟(きょうだい)だからって言っても・・出来ることには結構、限りがあるんですよ。

相談者:はい。

大迫恵:ですから、あのぅ、手助けは出来ますけど、お姉さんに成り代わって・・なんでもやっちゃうっていうのは出来ないんでね。

相談者:はい。

大迫恵:弟さんを、成年後見にするってことも考えられますけど。

相談者:はい。

大迫恵:いずれにしろね、その財産を・・

相談者:はい。

大迫恵:娘さん、お姉さんの方に・・遺して、その管理をする人っていう考え方ですよね、今、悩んでおられるのは?

相談者:はい、はい・・はいはい。

大迫恵:だから、そういう立て付けだとすると、相続問題として解決するんじゃなくてね・・相続は、財産はお姉さんの方に・・

大迫恵:渡して・・それを管理する仕組みを・・また別に考えるっていう方が、現実的じゃないでしょうかね。

相談者:あ、そうですか?

大迫恵:ええ、でぇ、その時にね、そのぅ・・弟さんだと安心だと、あなたはお考えかもしれませんけど、お姉さんの為に、一生、タダ働きをしろって言うようなね。

相談者:ああ・・はい。

大迫恵:あのぅ・・ことは、それはやっぱり、家庭もあることだし、弟さんも自分の生活や、自分の子供さん、大切ですからね。

相談者:はい、そうですね。

大迫恵:うん、そっちを放っておいて、お姉さんの方だけやれって、出来ないので・・もう少しドライに割り切ってね、費用を払って、やってもらうってことを考える方が・・現実的なんじゃないかな・・って思うんですよね。

相談者:あ、そうですか?

大迫恵:うん、でぇその費用をね、弟さんに払ってやるっていうのが、いいのか・・

相談者:ああ、はい・・

大迫恵:まぁ、その成年後見とかで、誰かをつけてね、その人が、業者に頼んだりするような手当をするっていう事の方がいいのか。

相談者:はい。

大迫恵:そこはちょっと考えどころなんだろうなぁ・・と思います。

相談者:ああ、そうですねぇ。

大迫恵:あの、相続財産を全部ね、お姉さんに残すってことについては、それは弟さんとしては、承諾してることなんですか?

相談者:い、いやぁ・・まぁんだそこまで話がいってないんですけども、でも「お母さんの好きなようでいいよ」・・って、は(わ)・・はな、話しましたね、一度。

大迫恵:うん、まぁねぇ、そういうねぇ、そういうのは非常に難しいんですけど。

相談者:難しいですねぇ。

大迫恵:ええ、あのぅ・・昔、そんなこと言ったことがあるみたいな(笑)・・話だとねぇ・・

相談者:そうですねぇ。

大迫恵:それに・・そのぅ・・まぁ、家族もあってね。

相談者:はい。

大迫恵:あなたに万が一の事があった時っていうのは、まぁねぇ、そんなすぐじゃなくて、まだまだ先じゃないかと思うんですけど。

大迫恵:そうするとその時には、状況も変ってますしね、その直前にいろんなことが、あったことも、まぁ、人間はその積み重ねの中で物を考えるわけですから・・

大迫恵:ん、10年前は、「お姉ちゃんにしてやって」って言ったかもしれないけど、その直前に「お姉ちゃんと言い合いしたことが許せない」みたないこともあるかもしれないし(笑)。

相談者:そうですねぇ、はぁい、はぁい(笑)。

大迫恵:だからちょっとねぇ、あのぅ、お母さんとしては、もちろん兄弟仲良くね、助け合って欲しいなって気持ちでいると思いますけど。

相談者:はい。

大迫恵:もうその、自分が亡くなった後のことはまったく、コントロールも出来ないことですから、あんまりその楽観的には・・・物事を残していくと・・揉めるかもしれませんね。

相談者:はい。

大迫恵:仮にね、この、ほとんどのあなたの相続財産を、全て、お姉さんにあげるっていうような遺言書を書いて、それで遺言書を書けば、残すことは出来ますけど、弟さんの方は遺留分の請求が出来ますのでね。

相談者:はあ・・はあ・・

大迫恵:あのぅ・・この場合は・・他には相続人、いないんですかね?

相談者:はい。

大迫恵:え、そうすると2人で、半分ずつもらえるものを、その半分、つまり四分の一についてはね、遺留分っていうのがありますけれど、全部、お姉さんの所へ行くことになっているっていう・・ことがわかったときにね。

大迫恵:いや、四分の一は遺留分くださいよ・・って話になっちゃうと、もうこれは、売って、お金に換えて払うしかないでしょう?

相談者:はい、はい。

大迫恵:四分の一の分の現金の用意がないでしょうからね、そうすると結局、お姉さんの手元に残らないことになっちゃうんですよ。

相談者:はいはいはい、はああ・・

大迫恵:だから、ホントにこれを全部ね、お姉さんに遺すってことで、弟さんが納得してるのかどうかね。

相談者:ああ・・そうですか・・

大迫恵:そこはきちんと、考えておかないと・・この家を運用してお姉さんの今後の生活に充てるってことがね、難しいかもしれませんよ。

相談者:はあ、そうですか・・はぁい。

大迫恵:なんと言ってもね、あの、やっぱり病気の娘さん心配でしょうけど。

相談者:はい。

大迫恵:姉弟(きょうだい)である弟さん、息子さんの方にはね、やっぱり、それなりに思うところもあるし、それから息子さんだけじゃなくて、奥さんとかね。

相談者:そうですね、はい。

大迫恵:考え方もあるし。

相談者:はい。

大迫恵:そうそう・・簡単には、考えられないですね。

相談者:そうですね、はい、はい。

大迫恵:でぇ、まぁ、さっき言ったように、一番いい形としてはね、この不動産をお姉さんに遺して、それを管理する人をね、あの、別立てて、用意するっていうほうが、わたしはいいと思いますけどね。

相談者:あっ、そうですか、はい、かん・・

大迫恵:でぇ、その管理する人を誰かっていうと、成年後見人です。

相談者:はい・・

大迫恵:後見人をつけて、後見人が業者と契約したりね、え・・クレームがついた時に、そのぅ、対応したりしてくれるっていうね、そういう体制の方が・・まぁ、それはもう、当然、後見人には報酬が発生しますからね。

相談者:はい。

大迫恵:まぁ、ドライな関係ですよ。兄弟に頼むんじゃなくてね。

相談者:はい・・はいはい。

大迫恵:職務としてやってもらうっていうこと。

相談者:はい。

大迫恵:でぇ、あと・・身内ではないのでね、もう嫌だからもうやめたとか、あの、もうやらないとか、手を抜くとか、そういうことは出来ないので。

大迫恵:そういう意味でもね、あのぅ・・そういう、なんて言うんでしょうね、第三者を入れた方が・・いいんじゃないかなぁ・・って感じはしますけどね。

相談者:はい、わかりました。

大迫恵:はい。

相談者:はい、ありがとうございます。




今井通子まとめ

今井通:おわかりいただけましたか?

相談者:はい。

今井通:じゃあまぁ、あのぅ・・成年後見人の件?

相談者:はい。

今井通:うん、ちょっと、これ、どこに相談したらいいですかね?

大迫恵:あのぅ、いったんはね、まず・・あの、申し立てるについても、手続きがあるので、ホントはあのぅ、家庭裁判所へ行けば出来ることになっているんですけどね。

相談者:はい。

大迫恵:お母さんが一人で・・全部進めると・・大変だと思いますのでぇ。

相談者:はい、はい。

大迫恵:いったん、弁護士に相談して・・弁護士に申立て手続も、お願いした方が・・間違いがないと思いますよ。

相談者:あ、そうですか。

大迫恵:ええ。

相談者:はい、わかりました。

今井通:はい。

相談者:はい。

今井通:じゃあ、そういうことで、失礼しまーす。

相談者:はい、どうもありがとうございました、失礼致します。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.