テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

「テレフォン人生相談・・・でしたっ!」相談内容を語る

※KBCでの放送後に今日の相談を語るコーナー要約
ご相談者83歳の女性の方です。
5年前にスーパーで万引きと間違えられた。
そんなことはしてないと証明されたようなのですが、お店の方に間違えたということを一筆書いてくれと要求したら、店の方針だから書けないということで、相談者としては非常にすっきりしない。

してないという証明が欲しいということなんでしょうね。
そういうものを書いていただければ、「わたしはやってない」と言えるということで要求したけどダメだった。

5年間ずーっと、この方、ムカムカした状態でいたということになりますよね。
怒りは収まらどころか、今も激昂してましたものね。
怒りに満ち溢れてましたからね。

もちろん悪いのは、間違えた方。
万引きと間違えたら誰だって、頭に来ますよ。
腹が立ちますよね、謝られたんでしょうけど、そこでは納得がいかなかったでしょうね。

何度でも謝る事は謝るけれども、一筆は書けないと。
相談者の方もおっしゃってましたが、日が経っているので店に言うのもアレなんだけれど、これから私はどう生きていけばいいのか、気持ちの切り替えをどうしたらいいのか、ということのご相談だったんです。

歩いて10分のスーパー。
別のスーパーも行けない事はないと言ってました。
だからだいじょぶだと思うんですよ。
本当に重症だったら、そのスーパーいけないですよ。
僕だったらまず5年間引きずらないですけどね。(コンバット満)

5年間、行動移してないわけで、もうちょっと早く伝えたらと思ってしまいますけれども。

疑われて間違いだった時点で、「どうしてくれるの?」って言いますものね(?警察行ったり、消費者センターへ行ったと言ってなかった?)。

不思議だと思ったの、店の入り口でね、今のお話だと商品並べて、レシートと照合して、そなことしてないとわかった。

普通、テレビの万引きGメンみたいなのがあると、事務所に行って、奥でやるようなことなんじゃないかと思ったんですけれど。
みんながいる所でやっちゃったという。
これがなんか不思議なんですけどね。

これは多分、相談者の方の方から「ほらわたし、なんにもやってませんよ」って出した可能性がありますね。
それこそ部屋に連れて行かれたら、完全にそう思われじゃないですか。

完全に万引きした人と思われちゃうから、その場で潔白を証明したかったんですね。
入り口で、人がいるところでやったっていうのは、それはそれで良かったのかもしれないですね。

店を出たところだから言われる。
「レジを通ってないでしょう」という話ですからね。

普通、やってないんだったら、堂々としてればいい思うんですけど、そうはいかないもんですか。

お歳を召してるということもあると思うんですけれども、もしかしたらその時は1回心の中に収めたかもしれません、でも、日が経つにつれてふつふつとね、「わたしは犯人と思われた」すごく真面目な方だと思うんです。(山田優子)

真面目に生きてこられた方で、こうやって犯罪を犯したみたいに、間違われたことがこの人の人生の中で、とっても納得のいかないことだと思うんですよ。(山田優子)

そして私話を聞いてて、誰かに受け止め助かったのかなぁ・・と思ったんですよね、自分で、収めどころが見つからなかったのかなっていうのを感じて、先生たちがいろいろ丁寧に接してくださったことで、「ありがとうございました」とおっしゃってましたよね。(山田優子)

なので本当にスーパーの本部に掛け合ってみるとか、もしくは息子さん娘さんに協力をしてもらって、何らかこの方が納得がいくように・・何が納得が行くんですかね?(山田優子)

謝られても多分納得がいかないんでしょうからね。(山田優子)
それだったらこんな問題にならないでしょう。(川上政行)
多分何回も謝ってますもんね。
そうだと思うんですよね。
何度も何度も、謝りますと。

「一筆書かない」
書かないということもね、例えば、「こんなことがあり不快な思いをさせて申し訳ありません」ぐらいは・・書けないのかなやっぱり。

それをもとに、なんだかんだ言う可能性もあると思っているのかな?
先生が言うみたいにお金を請求したりすることはしませんっていうの、ちゃんと取り交わせればいいかもしれませんね。

私の家の近くにあるスーパーなんかは、お客様からのお叱りの言葉、お褒めの言葉なんて言うのを、全部貼ってあったりするんですよね。(山田優子)

そういうのは、お叱りの言葉にもちゃんと、店長さんも答えてらっしゃるし・・(山田優子)
その方が、来るお客さんも自分の想いが伝わってるなって、よりそのスーパーが、いいお店だと思うと思うんですよ。(川上政行)

隠さず店の悪いことを出すっていうのね。

一筆というのを、あまりにも重く考え過ぎてる部分があると思うんですよね。
そういう請求したのかもしれませんよね、受け止められるような。

「裁判でも起こすわよ!」みたいな。
5年前を、この温度で話せるというのは、相当な怒りになってますよね。

最後に先生方のアドバイスがあって、受け止めてもらったんで、何度も「ありがとうございました」「ありがとうございました」とおっしゃった。
何度もお礼を言うという事は、いかに悩んでいたか、気になっていたかの裏返しじゃないかと思いますが。

聞いてもらったんで少しは、スッキリされたかもしれませんし、お店じゃなくてスーパーの本部のほうに、苦情を書面にして、出したらどうですかという塩谷先生のアドバイスもありましたのでね。

これどうなんでしょうね?スーパーのほうの対応とか、どうだったんですかね?
家まで行って謝りに行ったとか、そういうことはなかったんですかね。

変な話、日本人って菓子折をもって、「大変申し上げなかったです」って、店長さんがご自宅へ行って謝れば、少しは・・少しは怒りも収まるんじゃないかと。

一筆だせと、ならないんじゃないかと。
ちょっとした対応の違いですよね。
その店員さんも、バレたくないから行ってないかもしれない。

警備の人が声をかけたんじゃないですか?
お店の方としてはその警備の方、雇っているわけだから、店長さんとその警備の責任者の方が行って、「大変申し訳なかった」と、「不快な思いさせましたね」と言えば、ここまで5年間、この相談者の方のモヤモヤした気持ちは、少しは楽になってたんじゃないかな・・とは思いますが。

【リスナーメッセージ】
●マックGTOさん。
川上さん山田さん、メガモッツまんさん、こんにちは。
(◇コンバットね。メガモッツって別にコンビいますから。)
今日の相談者さん、5年前でも疑われてしまったことは、とてもショックですし、気分悪いですよね。
(◇そりゃそうですよね)
近くのスーパーだと、他人の目、気にしてしまいますよね。
でも弁護士の先生がおっしゃるとおり、店のルールは仕方ないですし、精一杯されているのかなと思いました。
そしてわかってほしいというのがすごく伝わりました。
この相談者の方、話せたことですっきりしたと思いますが、さらに気持ちが少しでも晴れますように。

●モツ石由起子さん。(連日ですねw)
おかあさんねぇ。(◇来た!)
悔しいね、もう、間違われて恥かかされてね、もうだけどさ5年経ったし、もう誰も覚えてないよ。
それにお子さん、ちょくちょく来られるんでしょう?
幸せじゃないの。
最近は寄り付きもしない子供ばっかりよ。
もう、変えられないことずっと悩むのは損してるわよねぇ。
時間は、楽しいことに使いましょう。
加藤先生、どうでしょうか?

「はぁい、加藤諦三です。周りの人は自分が思うほど、自分の事を気にしてはいません。はぁい、失礼します。」

◇すいません、加藤諦三さんの声を聞いたことがないんですけど。その方は、歯がない方なんですか?(コンバット満)
いや、あります。
あるんですか?いやいやだって、そんな喋り方するから。
先生の歯は、あります。

優しい言い方なんです、ほんとに。
ほんとその通りですよ、やっぱ、本人ほどね、周り覚えてないですよ。
5年も前のことですから。

楽しいことに時間を使いましょうっていう、モツ石さんのね、そう思いますね。

●スモモさん。
今日のご相談者さんは、声もお若く、ハキハキ答えられていたので、60歳代くらいの方かなと思いましたが、83歳だそうですね。
これからの人生の中で、万引きに疑われたという事は、それは悔しいですよね。
でもお店を訴えたとして、気持ちが落ち着くのかな?と思います。
かえって疲れるし、次から次に問題が出てくるような気がします。
先生の言われる通り、自分と同じ目にあう人が出ないように、文章を出される方法がいちばんいいと思いました。

●なみそさん。
5年前のことなのに、まるで昨日のことかのようでした。
もうね、先生の言う通り、挙動不審、疑心暗鬼になっていないで、「わたしはしていない」って、堂々としていればと。
今回先生方に悩みを聞いてもらえたことで、スッキリしてその駄々洩れるパワーを、他のところに流せたらいいですね。

◇先ほどもね、楽しい事に時間を使ってくださいというご意見ありましたが、そんな感じもしますな。

やっぱりこれは、塩谷先生のおっしゃるように、一度その、今までの思いを文章にして、スーパーの本部に送って、相談の中にもありました、何も返事が返ってこないかもしれないけれど、気持ちを伝えてみて、もしかすると誠実な対応してくれるかもしれない。

やってみる価値はあるのかなと思いますが。

※自分も参加したい番組にモノ申したいという方は、以下からご連絡を
zuki@kbc.co.jp(@は小文字に変換)
FAX:092-722-4242

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.