テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

もしもし?(大迫恵美子)
はい・・(相談者)
はい、こんにちは。(相談者)
お願いします。(相談者)

・・

ええっとですねぇ(笑)・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あのぅ・・まぁ、どうなんでしょうね?あのぅ・・(大迫恵美子)

そのぅ・・36歳・・ですよね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

でぇ、まぁ、あのぅ・・先ほどからね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
うかがってると・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ぉ・・まぁ、たぶん、あなたはね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
え・・このぅ、お子さんを・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
ま、自分の思う通りに動かしたいと思ってるんだなぁ・・っていうことがね。(大迫恵美子)
うーん・・そう、そうかもしれません、はい。(相談者)

あの、すごく伝わってくるんですけど。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ま、これはあのぅ・・もう、あのぅ・・もう、はたち(二十歳)を過ぎたら、ダメですよ。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

だから、どう接したらいいのか?って、ご質問もね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あの、どう接したら・・(大迫恵美子)

自分の思う通りに動かせるんでしょうか?っていう・・(大迫恵美子)

意味も含んでるん・・のかどうかね。(大迫恵美子)
ああ・・あ・・そうじゃないです、あのぅ・・(相談者)
はあ・・(大迫恵美子)
どういうふうに、声掛けをしたら・・あのぅ・・ネガティブにならずに・・(相談者)

うん、あのね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
まぁね、ネガティブになるのはね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
これはもう、あの母親の・・常ですよ。(大迫恵美子)
ああ・・(相談者)
もう、どの母親も、みんな、あの・・悪いことばっかり考えてるんですよ。(大迫恵美子)
ああ、はぁい。(相談者)
もう、小さい時からずっと心配してるでしょう?(大迫恵美子)
はい。(相談者)

そりゃまぁだいたい、そんなに珍しいことじゃなくて。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あなた・・が、特別にどうってことじゃないんですよ。(大迫恵美子)
あっ・・あ、そうですか、はい。(相談者)
でぇ、まぁ、だいたい、どこ・・多くのご夫婦がね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
まぁ、そりゃもちろん人間ですから、それぞれ個性があるんですけど。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あのぅ・・お母さんがすごく細かく心配していて。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

え・・お父さんの方が、あ・・ちょっと・・ねぇ、あのぅ、ま、女性から見ると・・抜けてるなと思うぐらい・・(大迫恵美子)
はぁい・・(相談者)
あっけらかんとしてるっていう方が多いと思いますよ。(大迫恵美子)
はいはい。(相談者)

でぇそれは別にそんな珍しいことでもなくてね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

違いがあって・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
そして・・まぁ、要するに、違う人が二人いるから・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
うまく子育てが出来るっていうふうになってるわけですから。(大迫恵美子)
あっ・・はぁい。(相談者)
ねえ。(大迫恵美子)

だから・・あなたがいろんなこと、考えてしまうのは、それはもうしょうがないと思いますよ。(大迫恵美子)
ああ・・はぁい。(相談者)

でぇ・・(大迫恵美子)

あの、どういう風に話しかけたらいいでしょうって、もちろんそりゃあね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あのぅ・・今回言ったことで怒ったんでしょう。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
でぇ、そんな・・「じゃあ、タヒぬしかない」なんてね。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

そりゃまぁたぶん、嫌がらせだと思いますけどね(笑)。(大迫恵美子)
あははは・・はい。(相談者)
お母さんが・・一番こたえるだろう・・(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)
と思って、言ってると思いますけど。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)

まぁ・・親子ですからね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ぇ、時間が経てば・・(大迫恵美子)

ま、そういう・・そんなことも・・あってもまた・・元へ戻ってまた・・話をするっていう風に・・なるのが普通だと思いますよ。(大迫恵美子)
あ、はぁい・・(相談者)

だからそこでまたね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの話かけてきたことをいいことに、前と同じことを言えばね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
またケンカになるに決まってますよね。(大迫恵美子)
はい、はい、はい。(相談者)

だからまぁそれは・・(大迫恵美子)

あのぅ・・怒られたんだから・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
その事そんなに・・あのぅ・・主張してもしょうがないのでね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

まぁ、黙ってたらどうですか?(大迫恵美子)

あっ、わかりました。(相談者)
でぇそのぅ・・お家・・ですよね。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)
こりゃもうホントにねぇ、難しい・・話なので。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あのぅ・・お母さんは、そのぅ・・自分が援助してあげて、早く返してね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あの、借金は無い方が・・どれだけありがたいかって思ってるかもしれませんけど。(大迫恵美子)
はい・・はい。(相談者)

結局その援助はね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あの、あげるってことなんですか?(大迫恵美子)

そうです。(相談者)
あの返して・・ってことじゃないんですね?(大迫恵美子)
そうです。(相談者)
うーん・・(大迫恵美子)

だけどまぁこのお金はね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

今お母さんの手元にあるわけだけど。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

うん、まぁ、大切なお金ですからね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
一番、あのぅ・・ま、な、どういうふうに使っていくのが・・(大迫恵美子)

あのぅ、なにかといい事なのかね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
例えば今回この、住宅のことでは・・あのたくさんの借金が息子さんにあって・・(相談者)
はい。(大迫恵美子)

今一番、お母さんにとって、心配なのかもしれませんけど。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ま、これから先々ね、何があって。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
どんなときにどういう援助が必要かなんてわからないじゃないですか。(大迫恵美子)
はぁい、はい。(相談者)

それからまた、逆にあなたの方がね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
お金が必要になって。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
今このお金を全部・・の・・っていうか、全部ね、その、大半を息子さんに使った後で。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

今度は逆に息子さんに、あのぅ・・助けてもらきゃ、いけなくなっちゃうとかね。(相談者)
ああ・・はぁい。(相談者)

そういうこともあり得るわけですから。(大迫恵美子)
はい、はぁい。(相談者)

そうすると、あの時、そんな・・無理して繰り上げ返済なんかしたけど。(大迫恵美子)
うん・・(相談者)
今、ここで自分から持ち出して、お母さんを助けなきゃいけないんだったら・・どっちがよかったかなんてね。(大迫恵美子)
ああ・・はぁい。(相談者)
そんな将来のことわからないじゃないですか。(大迫恵美子)
はいはい。(相談者)

だから、それあのぅ・・(大迫恵美子)

ね、例えば・・あなたの判断の方が、後から良かったというふうになるのかもしれないし。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

やっぱり息子の言う通りにした方が良かったというふうに・・(大迫恵美子)
あ・・はぁい。(相談者)
なるのかもしれないし。(大迫恵美子)
はい・・はい。(相談者)

そればっかりはもう、今の段階では誰にも判りませんのでね。(大迫恵美子)
はい、はい。(相談者)

もう、今・・あの息子さんがこう決めるって言うんだったら・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
それに従うしかないし。(大迫恵美子)
あっ、はぁい、わかりました。(相談者)
うーんでぇ、それでぇ、あのぅ・・いつまでもね、ほらぁ・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
わたしの言う通りにしないから・・とかね。(大迫恵美子)
あ、はぁい。(相談者)
大丈夫なの?とか、ずっと言い続けるっていうのが、最悪のやり方で(笑)・ふふふ・・(大迫恵美子)
わかりました、はぁい、はい。(相談者)

もう・・(大迫恵美子)
気をつけます。(相談者)
それぇ・・あの、もうとにかくねぇ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
息子さんが自分で決めるんだということを・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
もう、決めてぇ。(大迫恵美子)
わかりました。(相談者)

そりゃもう、心配するのは心配すると思いますけど。(大迫恵美子)
はぁい。(相談者)
心配してもね。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
言っても、しょうがないと。(大迫恵美子)
はい。(相談者)
そういうふうに・・もう、あのぅ・・心の中ではもう、そりゃあ不安が、湧いてくるのはわかりますけど。(大迫恵美子)
ふふふ・・はぁい。(相談者)

湧いたものを、全部言わなくてもいいと。(大迫恵美子)
あ、はぁい、わかりました。(相談者)
そういうことで、行くしかないんじゃないですか?(大迫恵美子)
はぁい、ありがとうございます。(相談者)
ふふふ・・(大迫恵美子)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 今井先生が言うように、こういう母親がオレオレ詐欺に引っ掛かるんでしょうねえ。

  2.  またまた ご自身の頭の上を舞う 蠅 を 追い払う事をお考えになった方が良いご相談者でしたね、老婆心を全面発揮され ご子息の事を あれこれと ご心配なららず ご自身の これからの 事を お考えなさい。
     揚げ足鶏さん の おっしゃるとおり  そのような電話でも かかってきたら より 視野が狭くなり それしか考えられる 一心に 「お金を準備しなければ」 と いう気持ちになり 詐欺師に巻き上げられえて しまいます。

  3. 管理人さんの言う通り人の話を聞かない母親には出来るだけ頼りたく無いんだろうなぁと思いました。
    こういう人、人の話を聞かないのになんで人に相談するのかが良くわかりません。
    恐らく息子さんの話も良く理解してないんじゃ無いかな。

  4. 36歳にもなって親から200万借りようとしたのはまぁ良いとして、それに対し小言を言われたからって『死ぬ覚悟ができた!』っていうのはどうなんだろうか…って思ってしまったよ。
    まぁ、この報告者の言うことだから、たまたま息子さんも売り言葉に買い言葉で言っただけなのかもしれないけど。

    例え親とはいえ、人にお金を借りる態度では無いよなぁ。親がトータルで1500万を用立ててくれるって言ってる中で、いやいや200万で良いんで貸してくださいっていうのをうまーく伝えれば良いだけなのに、なんだかもどかしいわ。

    関係性において、どちらかが感情的な思考の持ち主である場合、片一方は冷静であらなければならないと思う。親子感なら特に。
    36にもなって、お母さんの性格なんてよくよく知ってるでしょうに…。

  5. 親に200万ねだるとは、低所得・低モラルも甚だしい。
    自分のお金の範囲で生きていこうよ。