テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年2月18日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。54歳男性から、数か月前に父が他界したようだが、実家から連絡がない。教員だった父が、自分同様に息子にも干渉して来るので、言い争いに。お金の無心に行くが仲違い。そんな折に父の訃報。なんとか相続できないものだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『敵意の中で生きている人と、味方の中で生きている人では、まったく世界が違います』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル・愛(エッセイスト)
相談者:54歳男性(自営・ほぼ無収入) 妻50歳 息子23歳 実家の父(元教員・おそらく他界した)

もしもし?(加藤)

あ、もしもし?(相談者)
はいテレフォン人生相談です。(加藤)

あ、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤)

え・・ 54歳です。(相談者)
54歳・・(加藤)
はい。(相談者)
え・・結婚してます?(加藤)

してます。(相談者)

え・・奥さん何歳ですか?(加藤)

え、50歳です。(相談者)
50歳・・お子さんは?(加藤)

23歳です。(相談者)
23歳・・今3人で暮らしてるんですね?(加藤)

そうです。(相談者)
はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤)

えーっとですねぇ、あの、わたくし・・の、え・・父親が・・(相談者)
はい。(加藤)
え・・数か月前に。(相談者)
はい。(加藤)
どうやら、亡くなったようなんですけど。(相談者)

あのぅ・・(相談者)
「どうやら亡くなったようだ」・・っていうのは・・どういう意味ですか?(加藤)

えーっとですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤)
亡くなってるのは間違いないと思うんですが。(相談者)
はい。(加藤)
確証のあるような・・(相談者)

連絡を・・(相談者)

わたくしの、実家の家族から、僕がもらっていない・・っていうことです。(相談者)

という事は・・(加藤)

はい。(相談者)
実家とあなたとの連絡は、完全に、あの・・(加藤)

そうです、ここ・・3年・・2、3年ほど・・(相談者)

途絶えてます。(相談者)
2、3年ほど、完全に連絡は取れてないということですね?(加藤)
というか、僕が、拒否してる・・た・・ってほうが、正確な話です。親父と関係が悪かったです。(相談者)
あ、おと・・お父さんと関係が悪かったの?どういう・・(加藤)
あの・・(相談者)

僕の、まぁ・・あの、育ち・・と、それから・・(相談者)

僕の、子供が生まれてから・・(相談者)

しばらく経って、人生を選択する・・っていう局面になった時の・・(相談者)

「ああしろ、こうしろ」っていうものが・・(相談者)
はい。(加藤)

僕の子供の代になったときに。(相談者)
はい。(加藤)
同じことを・・言いだしたものですから・・(相談者)

まぁ、僕、長男だったものですから。(相談者)
はい。(加藤)
おふくろが少し、あの心臓とかが悪かったものですから・・(相談者)
はい。(加藤)

家の手伝いをしながら・・(相談者)

学校の勉強をして・・(相談者)

部活もやったりとかしてきてたんですけど。(相談者)
はい。(加藤)

それを・・(相談者)

まぁ、受験が控えて・・(相談者)
はい。(加藤)
オヤジが・・(相談者)

ちょうど、その、僕が、中学3年生になった頃に、オヤジは教員だったものですから。(相談者)
はい。(加藤)

みんながまだ一緒にやってる部活を辞めて勉強しろとか言い出して。(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤)
僕・・それによって・・(相談者)

自信をすごくつけてもらったものを・・(相談者)

断たれることになったんですね。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい、はぁい。(加藤)
それで僕・・(相談者)

辞めて、高校いっても、やっぱり、やってはいけないっていうふうで言われて。(相談者)
はい。(加藤)

うん、どうしても納得できなくって。(相談者)
うん。(加藤)
それで僕、悩んでしまって・・(相談者)

うん。(加藤)
うん・・すごい脱毛症になっちゃったりとか。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい、うん・・(加藤)
それですごい、お腹壊しちゃって、ずっと長いこと・・(相談者)
ふぅーん・・(加藤)
すごい不調な時期をおくって、3浪しちゃったんです。(相談者)

勉強するにしても、授業を・・(相談者)
うん。(加藤)
お腹、調子悪くって、集中して聞いてられなくって。(相談者)

うん・・(加藤)
予備校行ってても・・(相談者)
うん・・(加藤)
全然もう、身に入らなかったんですよ、髪の毛抜けちゃうし・・(相談者)
うん・・(加藤)
下痢になっちゃうし。(相談者)

うん・・(加藤)
それでぇ・・(相談者)

もう・・(相談者)

3浪目でもう・・「俺、無理だから」って親に・・言って・・(相談者)
うん。(加藤)
専門学校行かしてもらって。(相談者)
うん。(加藤)
でぇ、仕事に就いてぇ・・(相談者)
うん。(加藤)
結婚できて。(相談者)

はい。(加藤)
でぇ、子供ができて。(相談者)
・・
経済的には、裕福にはなか・・ならなかったんですけど。(相談者)
はい。(加藤)
でも、やっぱり幸せで。(相談者)

ええ。(加藤)
でぇ、子供が・・育ってきて。(相談者)
ええ。(加藤)
中学、高校来た時に・・(相談者)
ええ。(加藤)
オヤジが。(相談者)
うん。(加藤)
うん。(相談者)

子供、野球をやってたんですけど。(相談者)
ええ。(加藤)

高校、2年生になったぐらいの時から・・(相談者)
はぁい。(加藤)
オヤジが・・「もう野球辞めさせろ」って・・(相談者)

・・

言い出したんです。(相談者)

はぁぁぁ・・(加藤)

僕・・(相談者)

オヤジにちょっと、こう・・文句言って。(相談者)

文句というよりも、あなたの・・一番心の傷に触れたから・・(相談者)

そうですねぇ。(相談者)
それなりに怒ったりはしたわけ?(加藤)

怒りましたね。(相談者)
はい、そうですね・・(加藤)
かなり怒りました、「もうそれは・・ダメだって、ちゃんと生きてきた子供なんだから、もうちょっと信用してやれ」と。(相談者)

はい。(加藤)
でぇ、浪人しちゃったんですよ。(相談者)

子供が。(相談者)

・・

はい。(加藤)
でぇ、うち、経済的に・・(相談者)

まぁ、その子供の為に・・数百万、貯めてあったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤)

浪人が、続いちゃったもんですから。(相談者)
うん。(加藤)
消費しちゃったんです、全部。(相談者)

はい。(加藤)

うん、だから経済的に大変になってきて、オヤジんとこ行って・・(相談者)

「申し訳ないけど、お金貸してくれ」って、「ダメだ」って言われて。(相談者)
うん。(加藤)
だけど、おふくろが、融通してくれたんです。(相談者)
うん。(加藤)

でぇ、「あんた、中学校の・・先生、小学校の先生やってきたけど・・」(相談者)
ええ。(加藤)
「必要なことって・・」(相談者)

「ちょっと違うんじゃないか?」って。(相談者)

はぁい。(加藤)

でぇ・・まぁ・・(相談者)

大きい喧嘩になっちゃって、「あなた、教育者だったけど・・」(相談者)
ええ。(加藤)
「人をたくさん育てたと思うんだけど、それって・・ほんとにそうなのか?」っていうことを・・(相談者)

言ったんです。(相談者)
うん。(加藤)

それでもオヤジは・・(相談者)

「いいわ」っつって・・(相談者)
うん。(加藤)
「帰んな」って言われて。(相談者)
うん。(加藤)

はい。(加藤)
うん・・(相談者)

でぇ・・(相談者)

それ以来・・でぇ・・僕、思うには・・(相談者)
はぁい。(加藤)

こんなふうなオヤジと・・(相談者)

別れ方しちゃったんですけど。(相談者)
はい。(加藤)

僕も・・(相談者)

僕の家族も・・間違いなく一生懸命・・生きて来たと思うんです。(相談者)

でぇ、うちの子供、すごく一生懸命な・・(相談者)

子供で。(相談者)

学校は、奨学金を・・勉強頑張って、無利息の借りながら・・(相談者)
はぁい。(加藤)
でぇ、アルバイトをしながら・・その子供の・・(相談者)

借りたお金分とか・・(相談者)

その、本当は親が払ってやらなきゃいけないような・・年金とか、払ってやって、社会に・・(相談者)

軽くして、出してやりたいんで、それだけの努力は、こいつ、十分したと思うんですよ。(相談者)

だから・・(相談者)

相続で、少しでも、もらえないかな・・っていう・・ただ、おふくろは・・自分の事を心配してくれて・・孫の事、心配してくれて・・(相談者)

お金を融通してくれた時期もあったもんで。(相談者)
はい。(加藤)
そのおふくろが・・(相談者)

傷つくんだったら、やめた方がいいのか・・そこがわからなくって・・(相談者)

僕、自営業だったんですけど。(相談者)

少し仕事を控えちゃって・・(相談者)

収入、ほぼないですけれど・・(相談者)

その代わり・・(相談者)

奥さんが・・スキルアップできるようにバックアップして・・(相談者)
・・
でぇ・・(相談者)

子供が・・(相談者)

あの、アルバイトで今、100万ぐらい・・(相談者)

稼いで来てるんです。(相談者)
ウン・・(加藤)
だから、その、授業とかの支障にならないように・・家の管理と・・(相談者)

要するに、もう、雑用全部です、まったくもう、主夫業プラス・・いろんなこと・・(相談者)
あ・・(加藤)
例えば、お金の・・その、移動とか全部、自分がやってるような状況で。(相談者)

相談の内容がそのぅ・・焦点が絞られてないようですけれど・・(加藤)
はい。(相談者)
きょうはあの、スタジオに、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤)
はい。(相談者)
伺って・・みたいと思います。(加藤)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. >(加藤)周りが自分に敵意を持ってると錯覚したんです。

    いやいや、錯覚じゃないでしょう。
    だって父親が死んだのに実家からは何の連絡もないんですよ。
    母親や兄弟からは「あんな奴、身内じゃないよ」と思われてることは明白です。
    今日の回答者は、ちょっと理不尽なまでに相談者に厳しすぎやしませんか?
    諸悪の根源は死んだ父親にあったと思いますよ。
    遺産相続の件は、仮にもし遺言があって相談者には一銭もやらないと書かれていたとしても、遺留分は請求できます。せめてそれくらいはアドバイスしてやってもいいんじゃないですか?

  2. ディアハンター

    なんでも父親のせいにしてる割に
    困ったらカネの無心
    亡くなったたら、なおたかるきで居る
    父親に対する反骨心もない相談者に
    厳しすぎるどころか
    まだ甘いと思う

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.