テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年6月21日(木)は、柴田理恵&大原敬子。49歳の母親からの相談。中学2年生になる息子がネット依存。夜中中ずっとインターネットでYouTubeやゲームで朝起きられず、週に1回か2回は学校へ行かない。学校の先生に相談したところ、ルールを作れとこのことだが、そのルールも守ったのは初めのうちだけで、どうしていいかがわからない。夫婦でネット関連の仕事を家でやっており、インターネットは身近。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:49歳女性 夫56歳 夫婦でネット関連の仕事を家でやっている 長男(中学2年生) 長女(小学6年生)

もしもし?(柴田理恵)
あっ・・(相談者)
テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

あっ、こんにちは。(相談者)
こんにちは、今日は、どんなご相談ですか?(柴田理恵)

えーっと、中学2年生の男の子の・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
ネット依存・・の、相談です。(相談者)

あぁ・・お母さんはおいくつですか? (柴田理恵)

わたしは49歳です。(相談者)
49歳・・旦那さんは?(柴田理恵)
は(わ)、56歳です。(相談者)
56歳・・(柴田理恵)

男のお子さん、中二のお子さんは・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
えっと、長男さんですか?(柴田理恵)
はい。(相談者)

他に、ご兄弟は?(柴田理恵)

えっと、小学校6年生の、女の子が、妹がいます。(相談者)
ふぅーん・・(柴田理恵)

ネット依存って・・(柴田理恵)

あのぅ、夜中じゅうずっと・・(相談者)

あの、YouTubeを見たり・・ゲームをしたり・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

何か、楽しそうなことが結局、インターネットの世界にいっぱいあるので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

お金がかかんないようには今やってるんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

朝、起きられない・・んですよね、寝てないので。(相談者)
ああぁぁ・・(柴田理恵)

でぇ、学校に、行かないのは・・(相談者)

英語が嫌いだから行かないのかと(笑)・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
で、ちょっと心配をしてたんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
なん・・(相談者)
学校に行かないんですか?(柴田理恵)

えっと、行けなくなっちゃうんですよ、朝、起きれないので。(相談者)
起きれないから、行けない?(柴田理恵)

それも、ま、週に、1回か2回、水曜日とか木曜日・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
月曜日とか火曜日とかはまだ・・行ける・・エネルギーがあるんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

えっと・・お兄ちゃんのお部屋は・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
あの・・(柴田理恵)

ひと・・(柴田理恵)
個室です。(相談者)
個室、自分の個室を持っている。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

ふーん・・(柴田理恵)
えっと、2年生になって、無理やり自分で・・部屋を改造して作りましたね。(相談者)

はああ・・部屋を改造して作った、はぁぁ・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

でぇ、二段ベッドも、一個、解体して・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
でぇ、自分の・・(相談者)

部屋っていうふうに。(相談者)
に。(柴田理恵)

主人の方も・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
自分の部屋で・・インターネット・・見たり、テ・・昔はテレビを見ながらくつろぐ・・っていうのが・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
一般的だったんですけど。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
今、なんか、YouTube見ながらくつろぐ感じでぇ。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
だから、ま・・(相談者)

息子にしてみれば・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
お父さんと同じことをしてる・・(相談者)

っていう・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
主張もあるんですけど、で、ま、学校の相談とかにも行ったんですけど。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
ちゃんとルールを作らなかったことが原因だって・・やっぱり学校も・・(相談者)
今からルール作ればいいんじゃないですか?(柴田理恵)

うーーん・・(相談者)
学校とかそういうのでは・・(柴田理恵)

あのぅ・・話題にならないんですか?PTAの方達とか?(柴田理恵)

どの、お母さん方も、それは悩んでるみたいで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
でぇ、比較的後から持った・・家庭の・・だと、ちゃんとルール化できるみたいなんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あのぅ、あたしも主人も、ネット・・関係の仕事をしてるので。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
ネットショッピングみたいな・・(相談者)

お母さんもお父さんも、そういうお仕事なんですか?割と、ネット・・(柴田理恵)
ネットショップみたいなことをやっているので、夜な夜なちょっと・・ページを作るとか・・っていう作業を・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

家でやってたりとか・・(相談者)
してらっしゃるんですか?(柴田理恵)
そうなんですよね・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
だから、常に、もう・・気がついたときには、ずっとパソコンがそばにあって、子どもが自由に遊べる・・自分たちの使うパソコンが・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
壊されると困るので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
もう、中古のパソコンで、本人達専用のがあったり、とかっていう環境に・・(相談者)
ふぅーーん・・(柴田理恵)

が・・(相談者)

悪いことだと気がつかなかったというか・・(相談者)

うん、まあねぇ・・まぁ・・悪いかどうかは・・わたしも・・アレですけど・・(柴田理恵)
悪いっていうか、子育てには、良くなかったっていうのは、今になって気が付いたというか・・でぇ・・(相談者)
そうですねぇ・・でも、仕事ですもんね?(柴田理恵)

うーん・・仕事なんですよね、わたし達は・・ただ、子供達にしてみれば・・楽しい・・楽しい・・あの、魔法の箱なので・・(相談者)

うーん、そうですねぇ・・(柴田理恵)
でぇ、まぁ学校のその、相談の・・先生・・からは・・ま、ルールを作った方がいい・・って言われて、ルールを作って、一回学校休んだら・・一週間、***禁止っていうふうに、したんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

ほんの・・その、ネ・・ルーターとか、ネットの繋ぐ、棚がないとかで・・でぇ、本人が・・(相談者)

繋げなかった時の、嫌がらせがもう・・(相談者)

人格が豹変してしまって、ネチネチ、ネチネチもう・・ソファーから何から、家中の家具をひっくり返す・・みたいなことがあったりとか。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

で、まぁ、ルールも最初は・・何回かは守ったんですけど。(相談者)
えっと・・(柴田理恵)
やっぱり・・(相談者)

もちろん、このなんて言うか・・お話・・(柴田理恵)

聞いてると・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

そんなに・・(柴田理恵)

わけもわかんない感じがしないのでぇ。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
ゆっくり、こう・・(柴田理恵)

なぜ?・・(柴田理恵)

ふっ(笑)・・(柴田理恵)

学校に行かなきゃダメか、とか。(柴田理恵)

ああ・・(相談者)
なぜ、朝、起きられないか・・っつうこう・・こういうことだから・・っていうことを、きちんと、お話なさいましたか?(柴田理恵)

なぜダメなのか・・(相談者)

うん。(柴田理恵)

でぇ・・(相談者)
だってダメでしょう?(柴田理恵)

学校休むのダメですよね?(柴田理恵)

てか、学校も、今不登校の子が本当にたくさんいるんですよ。(相談者)
えっ?(柴田理恵)
だからクラスで・・(相談者)

5人ぐらいはいるから、「俺だけじゃない」って主張するんです。(相談者)

「俺だけじゃない」?(柴田理恵)

そうなんですよ、「俺はいい方だ」って・・「週に1回ぐらいか、1回、2回しか休んでないじゃないか」って・・(相談者)

ふふふ・・(柴田理恵)

屁理屈。(柴田理恵)

屁理屈ですね。(柴田理恵)
ま、屁理屈というか、まぁ、実際そのクラスの中で何人かは・・(相談者)

えっ?お母さんもその屁理屈、認めてんですね?(柴田理恵)

認めてるっていうか、時代的に・・不登校の子が多いのは確かなんです。(相談者)
あっ、時代・・は、学校行かなくていいんだったら、別にいいじゃないですか。(柴田理恵)

ああぁぁ・・(相談者)

でも、明らかに、授業についていけなくなるので・・(相談者)

でぇ・・(相談者)
だからそれ、だったらそれ叱るべきじゃないですか?(柴田理恵)

ああぁぁ・・(相談者)

あの・・お子さんとまず話をすることが大事じゃないかなと思うんですけど・・じゃあ、ちょっと先生に聞いてみましょう。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

はぁい。(相談者)
はい、幼児教育研究の、大原敬子先生です。(柴田理恵)
はい。(相談者)
お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 初めてコメントします。

    パソコンやスマホに子守りをさせたツケが廻って来たのだと思います。
    たぶん、母親も仕事時間以外でもスマホが手離せないのでしょう。

    かめ

この記事にはコメントできません。