テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018月6月16日(土)は、加藤諦三&坂井眞。53歳の女性から、4、5年前に些細な事で夫に口答えをし夫の逆鱗に触れ、年に一度だけ月5万円の生活費を入れるのみ。家賃と光熱費は払ってくれているが、娘二人も20歳を過ぎ、払ってくれなくなったらどうなるのか不安。周りからは離婚しても得な事はないと言われる。この先、夫と暮らしていくのも不安だし、離婚してもその後の生活が不安。
加藤諦三氏の〆の言葉『人と親しくなるのが怖い。回避依存症と言います』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:53歳女性 夫56歳(単身赴任) 長女22歳 次女20歳

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(相談者)

あっ・・よろしくお願い致します。(相談者)
はぁい・・最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、53歳です。(相談者)
53歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ぇ、ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

56歳です。(相談者)
56歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えっと、女・・の子が二人で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
22歳と20歳です。(相談者)

はぁい、わかりました。(加藤諦三)
ハイ。(相談者)
それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっと、夫に・・あの少し、モラハラ傾向がありまして・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
あの・・離婚・・すべきか、このまま・・の方がいいのか・・あの、ご相談させていただきたいと思って、お電話致しました。(相談者)
・・
はぁい、わかりました。(加藤諦三)

あのぅ・・夫の、モラルハラスメントっていうのは、具体的にはどういう・・(加藤諦三)

ことですか?(加藤諦三)

はぁい、あのぅ・・身体的暴力はないんですけれども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
言葉の暴力はちょっと・・酷くて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あと・・(相談者)

あの、住居と、あのぅ・・光熱費は、主人が・・直接払ってるんですが・・それ以外の生活費は、月5万円・・(相談者)

を・・あの、一年に一度、あの、わたしとはもう、ぁ、あんまり、口を利いてない状態なので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ん、あのぅ・・22歳の娘の・・(相談者)

銀行口座に・・あの、主人が一度、ふ・・あの、一年に一度、振込むという形になっておりまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

ま、娘も、あの、下の子も・・20歳を超えまして・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

このまま、あのぅ・・月5万・・は(わ)、もう、払って・・(相談者)

・・

もらえるのかも、わからなくて。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
あのぅ、でぇ・・(相談者)

今、住んでる所が賃貸・・でぇ、あの、持ち家ではないので。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

このまま、もし、「払わない」・・って、言い出したら・・(相談者)

ぁ、どうしようかな?・・と思って・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ご相談させて・・いただきたく・・(相談者)
なるほどねぇ・・(加藤諦三)

なんか今、すごい、心配な・・状況のようですねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
あの、言葉の暴力・・って、言われましたけども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ん、ん、具体的には、例えば、ど、どんな言葉で・・を、よく言うんですか?(加藤諦三)

・・

そう・・ですねぇ・・例えば・・(相談者)

今・・やっぱり、生活費が足りないので、パートに・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
出るって言った時は・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あの、パートに出るのは結構だけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あの、「俺の今まで・・あの築いてきたキャリアを、邪魔するなよ」とか。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
あの・・(相談者)

「俺の築いてきたキャリアを邪魔するな」・・っていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

要するに、自分の奥さんが・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
あ・・(加藤諦三)

働くっていうことは・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
そのぅ・・(加藤諦三)

そのぅ・・ご主人の・・(加藤諦三)

人間関係の中で・・(加藤諦三)

まぁ・・あいつは・・(加藤諦三)

男の甲斐性がない・・っていうような・・なんか・・(加藤諦三)

あっ・・(相談者)
評判が悪くなるってこと?(加藤諦三)

そういう意味ではなくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あん、例えば、あのぅ・・(相談者)

お金の・・ことで、問題を、起こして・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
俺の、あのぅ・・会社に、あのぅ・・連絡が来るような、事はするな・・とか。(相談者)
ああ、そういう・・意味ですか?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でも・・それはなに?かなり、ひ、頻繁なんですか?(加藤諦三)

・・

そう・・ですねぇ、割と、あのぅ・・(相談者)

人には割と、あのぅ、わぁー、わぁー、言うんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

自分がちょっと、言われると、すごく、傷つきやすいというか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

それも、4~5年前に、ちょっとした、些細な・・(相談者)

ことでぇ、わたしも、ちょっと口答えをしたら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そっから・・あの、もう、逆鱗に触れてしまって・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

もう、いきなり・・あのぅ、家を出てってしまって、あのぅ・・(相談者)

まぁ、単身赴任先・・から・・こっちに帰って来てたんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう、いきなり・・(相談者)

あの、本当は、泊まって・・こっちでぇ・・(相談者)

過ごすはずだったのが、帰ってしまって・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
なんかちょっと・・あのぅ、どこに、地雷があるのか、わからない人・・っていうか・・(相談者)

あぁぁ・・なるほどねぇ・・要するに、あなたの意思が・・(加藤諦三)

あって・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
あるいは、あなたの意見があって、あなたの感情があって、それを表現すると・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
非常に、おこ・・(加藤諦三)

逆鱗に触れるというか、怒る・・(加藤諦三)

そうですね、自分の思い通りにならないと・・(相談者)
要するに・・ご主人からすれば・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
あなたが、自分に・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
その、尽くす・・って言うんですかねぇ?(加藤諦三)

ええ、ええ、ええ・・(相談者)

そういうのが、たぶん・・奥さんとして・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
あの、正しい姿だと、思ってるちょっと・・(相談者)
と、思ってるという・・こ・・(加藤諦三)
昭和の、お父さん的な・・(相談者)

ええ・・(加藤諦三)

・・

・・

そうですよねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
自分の・・意見がなくて・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
とにかく・・(加藤諦三)

ご主人に仕えると。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

それが・・妻の、あるべき姿であると。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
いう・・風に、思ってると。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

でぇ・・今、生活費、5万円。(加藤諦三)

その、娘の方の、口座に入れてると。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はぁい・・でぇ・・(相談者)
でぇ、あなたとしては・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
払ってる・・それが・・(加藤諦三)

もう、払ってもらえるかどうかが・・(加藤諦三)

わかんないと、口を利いていない・・(加藤諦三)

あんまり、利いてないって、これは、どのぐらい、続いてるんですか?(加藤諦三)

もう、3、4年・・あの、その、事件・・があって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

そ、その事件っていうのは?(加藤諦三)
あっ、そのぅ・・あのぅ・・(相談者)
パートに出ると・・(加藤諦三)
わたしが、怒らせて・・しまった・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

口答え、した時ね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)
それでぇ、あのぅ・・(加藤諦三)

割と、今までも、こういう事が、頻繁にあったのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
わたしも、なんかもう・・(相談者)

これが、あと・・死ぬまで・・例えば、2、30年続くのかなぁ・・と、思ったらもう、疲れ・・もう、考えただけで、疲れてしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんか・・(相談者)

こう・・(相談者)

ぅ・・少し離婚したみたいなことを、口に出したら、それでまた・・逆鱗に触れてしまって・・(相談者)
でしょうねぇ。(加藤諦三)
・・
ええ・・(相談者)

ですから・・まぁ、あなたとしては・・(加藤諦三)

これで離婚を考えてると、いう・・(加藤諦三)

ことですけれども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

まぁ、こういうような状態の中で、実際に・・(加藤諦三)

離婚・・(加藤諦三)

別にあれですよね、あのぅ・・(加藤諦三)

外に女性がいるとかなんか、そういうことじゃ、ないんですよねぇ?(加藤諦三)

今のところは・・ホント、いるのかもはしれませんが・・あのぅ・・(相談者)

・・

べ、別にその事が、問題になってるのではなくって・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

このまま、あ・・例えば、わたしも・・若くはないですから・・離婚しても、得なことは、なにもないよ・・ってことは、あの、人に言われてるのでぇ・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
このまま続けるのか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
それとも・・(相談者)

も・・(相談者)

まぁ、どういうふうに生きてっていいのか、ちょっと・・(相談者)

自分でも、わからなくなって・・(相談者)
ちょっと、大変難しいですよねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

だいたい、ご主人の・・事も、わかりました、そういう人だということ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
でぇ、あなたも、今・・(加藤諦三)

あの、ま、周りにも、実際、相談してるというわけですねぇ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
だけど・・(加藤諦三)

離婚して、得なこと何にもないよ、と言われていると。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
でぇ、どうしたらいいんでしょう?ということですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はぁい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日はスタジオに、弁護士の坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 今回の回答はまったく希望が見えてこない内容でしたねえ。
    経済的に自立できるメドはたたない。だから現状にしがみついてなくちゃ生活してゆけない。
    夫の性格は治らないから、現状のストレスは続く。

    どうしても現状に我慢できないのなら、自分で生活費を稼いで自立するしかないんですよ。でもこの相談者さんにはその気概は無い。
    唯一の現状脱出策を否定されてしまえば、もう回答者としてもこんな回答しかできないってことでしょう。

    旦那の側から眺めてみると、自分のためには何一つしてもらっていない(単身赴任ですからね)のに、月に20万円ほどのお金だけは取られ続けてる。
    定年になって家に帰っても、食事は作ってくれない、洗濯もしてくれない、でも女房を養ってやらなくちゃいけない、ってなりますよ。
    夫婦どちらの側にとっても面白くないなあ。損な生き方。

    旦那は自業自得だけど、細君は運が悪かったってことなのかな?

この記事にはコメントできません。