テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月28日(水)は、ドリアン助川&塩谷崇之。61歳男性から、タクシー運転手だという相談者。人との関りが苦手で、客からの無謀な要求に対し、つい余計な一言を言ってしまいトラブルに。父母は他界し、お金がらみで兄弟からは縁を切られて天涯孤独。生きるのが辛く、人と関わらない仕事をしたいが・・

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:61歳男性(独身・タクシードライバー) 10年前に母他界 2年前に父他界 兄4人からは縁を切られる

もしもし?テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)
あ、もしもし、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
ズッ・・(相談者)
え・・今日どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

え・・っと・・(相談者)

毎日が辛くてですねぇ・・(相談者)

あの・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
自分・・が、わからないんですね。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
自分が怖くなるんです、時々。(相談者)

はぁい・・(ドリアン助川)

わたし今あの、タクシー業務員をしているんですけども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・お客の言葉に・・対してですね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

言っちゃいけない事を・・(相談者)

平気で言っちゃったりですね、会社に・・苦情が入ったりする・・こともあるんですけども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

同僚か、友人に話しすっと・・(相談者)
・・
「そういう事は・・抑えた方がいいんじゃないか」とか、よく言われるんですけど・・(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)
自分でもそれはわかっているんですけど・・ズッ・・(相談者)

なんか・・言っちゃうんですよね。(相談者)
うーん・・はい。(ドリアン助川)
なんか人と・・(相談者)

接したくなくてですねぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

タクシー業務員をしてて、矛盾しているんですけども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
ズッ・・(相談者)

毎日が辛くてですねぇ。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
うん、はい。(相談者)
あ・・っと、失礼ですけど今おいくつですか?(ドリアン助川)
先月で61になりました。(相談者)
60・・1歳・・ご家庭は・・ありますか?(ドリアン助川)
は(わ)・・一人です。(相談者)
結婚の経験は?(ドリアン助川)
は(わ)、ありません。(相談者)

お付き合いしてる彼女とか・・は・・(ドリアン助川)

は(わ)、いません。(相談者)
いない?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

じゃあ今、お一人で、暮らされてるわけですね?(ドリアン助川)
ぁ、はい。(相談者)

ご両親は?(ドリアン助川)

母親が・・10・・何年か前に亡くなりまして、父親が2年前に亡くなりました、でぇ・・(相談者)
ご兄弟は?(ドリアン助川)

兄が・・4人いるんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

10・・数年前に、母親が亡くなる・・ちょっと前にあのぅ・・(相談者)

お金の・・面で・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

悪い事をしまして・・ズッ・・(相談者)
あなたが?(ドリアン助川)
あのぅ・・はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
で、兄弟の縁を切られまして、それ・・っきりですねぇ。(相談者)
うーん・・じゃあ・・(ドリアン助川)

まぁ、言い方悪いですけど、天涯孤独という感じですかね、今?(ドリアン助川)

はい、そうですね・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
まぁ・・本音で話・・出来る・・友人は一人・・いるん・・いる事はいるんですけども。(相談者)
ええ、ええ。(ドリアン助川)

まぁ、あのぅ・・「毎日の仕事でストレスが溜まってるんじゃないか」「鬱憤が溜まってるんじゃない・・か」・・(相談者)

って言われるんですけど、その通りなんじゃないかなとは思うんですけど。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
ズッ・・なんか毎日が辛くてぇ・・(相談者)
なるほど。(ドリアン助川)
あの、同僚と・・(相談者)

いろいろ話をしたり、笑ったりはするんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
その笑いの中でもなんか自分が・・ホントの・・(相談者)

笑いっていうか・・そ、笑えないんですね。(相談者)
う、うーん・・(ドリアン助川)

タクシー乗務員の・・お仕事はどれぐらいされてるんですか?(ドリアン助川)

13、4年・・(相談者)
13、4年・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
やって・・(ドリアン助川)
それまではあのぅ・・お抱え・・運転手の方をしてました。(相談者)
あっ、やっぱり、車を運転されてた?(ドリアン助川)
ですね、はい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

何か客に言っちゃいけない事を言うってのは、例えばどういう事ですか?(ドリアン助川)

あのぅ、「右へ曲がれ」「左へ曲がれ」「止まれ」・・っていうのをですね。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あの急に言われる・・ことがあるんですね。(相談者)
ええ、ええ。(ドリアン助川)

それを「もう少しお客様ちょっと、あの早めに言っていただけますか?」って言うと、その・・その言葉に対してなんかお客が・・なんか腹が立ったような・・言い方されるんですね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

他にもいろいろありますけども。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あのぅ、停めちゃいけないようなところ・・ま、お客さん・・が言うには、まぁ、勝手な事を言いますけど・・停めちゃいけないところを、ま「そこへ停めてくれ」・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
「ま、ちょっとここは停められないんで」・・つったら・・「いいから停めろ」・・まぁ、そういう、い・・言い方ですよね、お客・・さんに・・してはですね。(相談者)
まぁね、お客さんとはいっても、いろんなお客さんがいまして・・(相談者)
そうですね。(相談者)
え・・よくそういう事をそのぅ・・運転手さんとかね・・お店の人に言うよな・・っていう人もいますので。(ドリアン助川)

うんそうですね・・(相談者)
ねぇ・・(ドリアン助川)
そういう事もあのぅ、仕事が終わってから同僚と話しをしたりする事はあるんですけど。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

まぁそれは、他の人の話を聞くと・・ま、そういう事もあるよなって、ぐっと堪えてるらしいんですけど、わたしの場合・・(相談者)

どうしてもそれが・・(相談者)

抑えられなくて・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

言葉・・一言、二言、三言、返しちゃうんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
そうすっと・・まぁ・・(相談者)

売り言葉に買い言葉じゃないですけど、ちょっと・・(相談者)

トラブルになりかけ・・(相談者)

るような事もありまして。(相談者)
だってそれは人間ですもん。(ドリアン助川)

そんで、あのぅ・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
まぁ、会社の方に苦情が入ったりするんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、「頭に来る事があっても」・・その「ぐっと堪えてくれ」・・(相談者)

そういう事は言われるんですけど・・(相談者)

それが・・(相談者)

腑に落ちなくてですねぇ・・(相談者)

ま、毎日が辛いんですね。(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)

じゃあこのタクシー・・(ドリアン助川)

運転手辞めよう・・っていう気持ちはないんですか?(ドリアン助川)
もう、今も・・嫌々・・してるような感じなんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

もう、歳も歳なんで・・他に仕事が・・ないもんですから・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
やってるようなもんなんですけど。(相談者)

朝・・目が覚めると・・(相談者)

今日も生きてる。(相談者)

あ、もう・・ゥッ、ズズッ(泣)・・(相談者)

ゥッ・・も・・それが・・(相談者)

辛いんですね(泣)。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

こういうふうになりかけたのもあのぅ・・(相談者)

何ですかね、母親が・・亡くなってからだとは思うんですけども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

甘やかされて育って来たって・・それもわかって自分では、わかっているんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なんかもう、母親が亡くなってから・・(相談者)

もう、死んでもいいかな・・みたいな・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
簡単な気持ちでいて。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

な、事ある・・たびになんか・・(相談者)

タヒんじゃおうかな・・なんて、簡単に思う・・考えちゃうんですね。(相談者)
ザザザザザ・・(雑音)
うーん・・でもそれはね・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あなたの最愛のお母さんが望む・・あなたの人生ではないですよね?(ドリアン助川)
(タクシー無線の音)

・・

うん・・(相談者)

あなたを産んだお母さんの気持ち・・(ドリアン助川)

なってみれば、タヒんでもらっちゃやっぱ困ると思うんですよ。(ドリアン助川)

あ、そう・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
なんだとは思いますけど。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)

ですので・・そうじゃない方向・・の話をしたいと思うんですけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

例えば・・「もう、どうせこの・・年齢だから」とおっしゃいますけど。(ドリアン助川)

今から・・(ドリアン助川)

別の仕事っていうのはそんなに難しいですか?(ドリアン助川)

ズズッ・・(相談者)

黙って・・やれる仕事がないかな・・(相談者)

っていうな・・感じではいるんですけど。(相談者)
ええ、ええ、そのかの(可能)・・(ドリアン助川)
仕事は・・やりたいんです・・やりたいんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

お客さんを乗せてどうのこうのっていうのはちょっと・・難しいかなと・・ズズッ・・(相談者)

もう十分やり切られたんじゃないですか、長い間。(ドリアン助川)

・・

そう・・なんだと思います。(相談者)

ねぇ。(ドリアン助川)

失礼なんですけど、貯蓄はありますか?(ドリアン助川)

貯蓄は・・ないです。(相談者)

全然ない?(ドリアン助川)

ないですねぇ。(相談者)

10何年か前にあのぅ・・お金で・・(相談者)

お人好しなもんですから・・人に騙されて、何百万もの借金を作って自己破産してみたりですね。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

それであのぅ・・それが祟って母親が・・悩んで・・病気になって、亡くなっちゃったようなもんですから。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

それであのぅ、兄弟の縁を切られたようなもんなんですね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

今・・タクシーの運転手さんの平均給与ってどれぐらいなんでしょう?(ドリアン助川)

稼ぐ人は稼ぐんですけど・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

自分の場合は・・もう、20万・・そこそこ・・だとは思うんですけどね。(相談者)
20万そこそこですか?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

で、まだ年金もらうには・・何年かありますし。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

未だに、この歳になって、自分がホントは何がしたいのかっていうのがわからないんです。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
ズッ・・***なんか・・(相談者)
でぇ・・ええ・・(ドリアン助川)
自分の気持ちが・・(相談者)

どういうふうに・・(相談者)

気持ちを持って、どういうふうに生きて行ったらいいのかっていうのがわからないんですね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

これねぇ・・短い時間の中で話して、どこまで、アドバイスできるかわかりませんけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

何か一つでも・・(ドリアン助川)

ぉ・・前を向く材料が見つかると・・いいですね。(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
なんか・・欲しいです。(相談者)

では、え・・今日の回答者の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
弁護士の、塩谷崇之先生です。(ドリアン助川)
・・
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。