テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年6月22日(金)は、加藤諦三&坂井眞。他人から「優しい」と言われるが、それはうわべだけで妻には見透かされていると思う。夫婦の会話はなく、独立した娘からは「お父さんは昔は冷たかった」と言われる。親の面倒も看たくないと言われ、自営を仕事はうまくいかず、親から援助してもらっている。どの人間関係も全部、上手くいかず、いい関係になっていない。それで嫌気がさしてしまった。
加藤諦三氏の〆の言葉『誰とも上手くいっていない人、それは自分と上手くいっていない人です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:59歳男性(自営業) 妻56歳(パート) 二人暮らし 娘二人 長女36歳(結婚し独立) 次女33歳(バツイチ一人暮らし)

もしもし?(加藤諦三)

はい。(相談者)
もしもし?はい・・テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ、ぉ、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に・・年齢を教えてください。(加藤諦三)
え・・59です。(相談者)

59歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)
奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)
え・・50・・6。(相談者)
56歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

男の子?(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
え・・娘が二人。(相談者)

はい。(加藤諦三)

え・・36、33です。(相談者)

でぇ、今・・一緒に住んでるんですか?独立して・・(加藤諦三)
いえ・・二人とも、居ません。(相談者)
どくり・・はい。(加藤諦三)
え・・上は、あの、嫁に行ってます。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そうすっと、今は・・(加藤諦三)
え・・下は・・(相談者)
下?(加藤諦三)
一回、失敗してます。(相談者)

あ、そうですか・・じゃあ、今とにかく・・(加藤諦三)
はい、で、一人で住んでます。(相談者)

え?でぇ、一緒に住んでるのね?(加藤諦三)
いや、あのぅ、一人暮らしです。(相談者)
一人暮らし・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、分かりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

妻には見透かされている

え・・自分の性格の事なんです。(相談者)

はぁい、はい。(加藤諦三)

自分・・の、生活(言い間違え)という・・と、どういう?(加藤諦三)

いい・・(相談者)

所はないと思います、性格は。(相談者)

人は・・優しい・・って・・言う・・ってくれますが・・(相談者)

あっ、自分で・・(加藤諦三)
その・・程度と、思います。(相談者)
・・
その、ほ・・(相談者)
自分で見ると・・自分のせいか・・(加藤諦三)

く(性格)は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)

あのぅ・・あんまりいいとは、思わないけれども、人は・・(加藤諦三)

いい性格と、言ってくれるということ?(加藤諦三)
いや、あの、優しいって言うだけです。(相談者)
優しいということですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
でもそれは・・わたしは、うわべだけです。(相談者)
・・
だと思います、自分で。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
そういう性格・・なんですよね。(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

え・・今・・はもう・・どうしていいか、その・・(相談者)

家庭も上手くいかない・・で。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・特に妻ですね。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

ええ、え・・(相談者)

見透かされてると思ってるんです、もう。(相談者)

当然。(相談者)

あのぅ・・(加藤諦三)

そ・・心の中を・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
奥さんからは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
見透かされていると?(加藤諦三)

はい。(相談者)
いう事ですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
だけど、周りの・・(加藤諦三)

別に、そういう、近い人でない人から見ると、とにかく、優しい人に・・(加藤諦三)

だという事ですね。(加藤諦三)
ええ・・でぇ、普通だ・・普通に見られる・・てると思います。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、それは・・(加藤諦三)

別にそれほど・・そのぅ・・珍しい事ではないと思うんですけれども。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

近い人から・・(加藤諦三)

見る、その人と・・(加藤諦三)

近くない人から見る、その人っていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
まぁ、あのぅ・・違うことは別に珍しいことではないと思うんですが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あのぅ、ごしゅ・・奥さんと、上手くいかなくなったっていうのは、いつ頃からですか?(加藤諦三)

・・

後悔している

そうですねぇ・・(相談者)
つまり、結婚してから・・ぁぁ・・ぁ、今・・ま・・はい。(加藤諦三)
結婚して・・は、普通だと思います。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
それでぇ・・(相談者)

え・・仕事にかまをかけて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
え・・20・・代前半で結婚したんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

20代は、ほとんど・・(相談者)

休みの時以外・・(相談者)

は(わ)、月に2~3回の、休みの時以外は・・(相談者)

もう・・(相談者)

仕事人間でしたんで。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

え・・家の事は、ぁ・・顧みないで・・(相談者)

え・・休みの時は、たまに・・(相談者)

自分の都合で・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)
・・
家庭の事、みてたんですが。(相談者)

はい。(加藤諦三)

そんな、感じです。(相談者)
そして、あのぅ・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)
・・
仕事が忙しい・・しくて、今のあなたの、話だと、月に2~3回は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
休むけれども・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まぁ、そういう仕事人間だったって言うんですけれども。(加藤諦三)
ええ、ええ。(相談者)
これはあのぅ、仕事は本当に・・忙しくて、本当に好きで、そうだったのか、それとも・・(加藤諦三)
いえ、え・・(相談者)
奥さんと居るのが、嫌だから・・(加藤諦三)
しご・・(相談者)

いえ、実際、仕事は好きでした。(相談者)

仕事はす・・(加藤諦三)
やりがいもありました。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、え・・っと・・手に職持つ、職人の・・仕事だったんで。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ええ、でぇ・・(相談者)

仕事は普通、まぁ、10時間ぐらいで・・(相談者)

まぁ、朝から・・10時間ぐらい、夜・・終わるんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その後、飲みに行ったり、遊びに行ったり。(相談者)

え・・女性関係も、ありました。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)
要するにそのぅ・・飲みに行ったり・・(加藤諦三)

女性関係云々っていうのはね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
要するに、その、家に・・帰りたくないということですよね?(加藤諦三)

・・

その辺がちょっと自分では、分からないんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

今・・あ、そう、いっつか・・当時は、そうだったのかもしれないけれど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
後悔してるんです、もの凄く。(相談者)

今、後悔してるの?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
・・
もう・・(相談者)
その、若い頃、そのぅ・・(加藤諦三)

そうです。(相談者)
仕事人間だったっていうことを・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
後悔してるということ?(加藤諦三)

そう・・(相談者)
ただ、仕事人間・・(加藤諦三)
40代・・40になる頃から、かなり・・(相談者)

いろいろ考えて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

え・・後悔してます。(相談者)

あらゆる人間関係が上手くいってない

その後の・・生活、その後の生活も・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
後悔っていっても、後悔の内容っていうのは・・(加藤諦三)

仕事人間だったことを後悔しているんではなくて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ・・の・・(加藤諦三)
家の事ですね・・特に。(相談者)
飲んで、あるって(歩いて)・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
女性関係があったという、そっちの方を、後悔してるということ?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

もっと・・(相談者)
要するに・・はい?(加藤諦三)
子供をみてやれば・・(相談者)

良かったと。(相談者)

・・

実際・・冷たい・・(相談者)

親だ・・って、言われた事もあります。(相談者)

あ、奥さんから、冷たい親とねぇ。(加藤諦三)
いや、あの、子供にも。(相談者)

あっ、子供からも?(加藤諦三)
ええ、子供が大人になってからですね。(相談者)

あっ、ぁ、子供が、大人になってからね。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

「お父さんは・・昔は、冷たかった」って。(相談者)

そういうような・・(相談者)

事を、ち、ちっち、あのぅ・・(相談者)
・・
実際、聞きました。(相談者)

うん。(加藤諦三)

それでぇ・・いろいろ・・(相談者)

実際、「親の面倒も看たくない」・・とか。(相談者)

あっ・・親の面倒、今、看たくない?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

でぇ、親とは、だから・・本当に、あのぅ・・(加藤諦三)

心のふれ合う親子関係ではなかったんですよねぇ。(加藤諦三)

自分はそう・・思ってます。(相談者)
はあ・・はあ・・(加藤諦三)
いろいろ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
考えたら。(相談者)

でぇ、自分はそう思ってるって・・言うけれども。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
親の方は・・(加藤諦三)

違ったふうに、思ってるってこと?(加藤諦三)

なんか・・(相談者)

共働きだったんですね。(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦三)

え・・姉がいたんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

多少、大きくなると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう、自分一人・・(相談者)

なってましてぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

いつも・・(相談者)

一人遊び、想像の世界?(相談者)

うん。(加藤諦三)

そういう・・(相談者)

とこに居たんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

なんか、親に言われても・・(相談者)

なんか、いい子ぶって、言われたことは・・(相談者)

聞くんです。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
その当時は。(相談者)
気に入られる・・気に入られるためにね。(加藤諦三)
はぁい、そうなんです、ええ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

ひと口に言うとですねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

どの関係も、この関係も全部・・今・・(加藤諦三)

あまり、いい関係にないっていうことですよねぇ?(加藤諦三)
そうなんです・・ええ、それでもう・・(相談者)
そうなんですねぇ・・うん。(加藤諦三)
ホントに・・(相談者)

嫌気がさしちゃってぇ・・(相談者)
・・
いやぁ・・まぁ、それは・・あのぅ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
だ、大丈夫です。(加藤諦三)

もう、こんだけあなたね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
まぁ、正直に全部、言ってるから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あのぅ、これ、正直に言わないともう、手のつけようがないんですけれどもね。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

まぁ、今はもう・・(加藤諦三)

人間関係、あらゆるところで上手く・・上手くいっていませんと。(加藤諦三)

いう事を、認めていればね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

これはあのぅ・・上手く行き始めます・・必ず。(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)

今日はそういうことであなたのね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
ご相談、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、純粋に法律の・・(加藤諦三)

相談では・・ないんですけれども。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

はい。(相談者)
あのぅ・・弁護士の坂井眞先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦三)
あ、はぁい・・はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。