テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月3日(土)は、加藤諦三&中川潤。54歳男性から、子供もなく、弟は癌で余命宣告を受けている状況。妻は統合失調症で義務教育レベルの判断能力。家屋敷やお墓、不動産の跡を継ぐ人がいない。妻の病気のこともあるし、この先、どのようにすればいいのだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『援助の為の様々な社会的制度を出来るだけ利用してみましょう』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:54歳男性 妻51歳(統合失調症) 子供なし 遠くに住む弟は癌で余命3ヶ月、長くて半年

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしくお願いします。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

50・・4歳です。(相談者)
50・・4歳、結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

えーっと、奥さん何歳ですか?(加藤諦三)

50・・1です。(相談者)
51歳・・お子さんは?(加藤諦三)

おりません。(相談者)

はいわかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっと・・(相談者)

自分・・の、家なんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

子供も・・居ませんし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
それから自分、弟が居るんですけども、遠いところに住んでおりまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でもう、こちらには帰って来ない・・(相談者)

はぁい・・(加藤諦三)
っていうことになってますんでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あと、この家とか、不動産・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ま、相続は、どうしたらいいか?・・っていう相談なんですけども。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

でぇ・・その相談は、あのぅ・・(相談者)

奥さんとはもう相談・・してるんですか?(加藤諦三)

嫁さんとはまだ相談してません。(相談者)

そ、それはあな・・た・・が・・ど、どうしたらいいかなぁ・・っていうふうに考えているっていうことですね?(加藤諦三)
そうですね。(相談者)

はぁい・・んでぇ、なんか今まで・・こう調べた・・(加藤諦三)

みたとか、そういうことでもないんですか?(加藤諦三)

うん、調べてみたっていうか、具体的には、したことはないんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

弟がもう、遠いところに住んでまして、もう・・(相談者)

癌で余命が3ヶ月、長くて半年っていう・・宣告を受けてるんですわ。(相談者)
ああ・・そうですか。(加藤諦三)

だから相続する人間が・・法律的にはいないことになってしまいまして。(相談者)
はぁいはぁい。(加藤諦三)

・・

わかりました・・では、それでぇ・・弟さんがそういう状態で・・(加藤諦三)

奥さんとは・・今のところ相談してないけど、どうしたら・・みたらいいかということですね?
・・
ええ・・(相談者)

はいわかりました・・今日はスタジオに、弁護士の中川潤先生が・・いらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい、お願いします。(相談者)




目次に戻る

中川潤アドバイス

こんにちは・・中川でーす。(中川潤)
あ、どうもよろしくお願いします。(相談者)

あのぅ・・(中川潤)

ちょっと質問のご趣旨が、い、いまいち、わ・た・く・しには理解できないのは・・(中川潤)

ええ。(相談者)
あの、あなたが全くの独り身・・だったら・・ぁ、まぁ・・今のシチュエーションって、わかるんだけど奥さんがいらして・・(中川潤)

ええ。(相談者)
ほいでぇ・・今のご相談っていうのは、そのぅ・・(中川潤)

ぉ、おそらく親の代から・・なんでしょうかね?(中川潤)
あ、そうです。(相談者)
ご自身の・・そのぅ・・生家・・(中川潤)

が・・(中川潤)
はい。(相談者)
自分・・が・・いなくなった後・・(中川潤)

どうしたらいいか?っていう、そういうね・・質問のされようだったのよね。(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
でもねぇ・・(中川潤)

まぁ、歳の順・・だというふうに考えれば。(中川潤)

はい。(相談者)
あなた・・が・・先に・・逝って、奥様が残られるわねぇ?(中川潤)

ええ・・(相談者)
そうすると・・(中川潤)

先程のお話で・・ま、弟さんが・・(中川潤)

あの不幸にして、余命数ヶ月の宣告を受けていると。(中川潤)

ええ。(相談者)
そういう状態で、他にご兄弟がいらっしゃらないということなんでしょうね?(中川潤)
あ、はぁい。(相談者)
ええ・・(中川潤)
はぁい。(相談者)

そうすると・・(中川潤)

相続人としては奥様・・(中川潤)

になるわけですけども。(相談者)
ですよねぇ?(中川潤)
妻が死んだ後・・っていうのは、どうなります?(相談者)

・・

奥様が亡くなった後?(中川潤)
・・
ええ・(相談者)

うん・・(中川潤)

それは・・奥様が、ん・・すべきかを・・その・・後、お考えになることではないんですか?(中川潤)

・・

うーん、果たして・・(相談者)

妻に考えられるかどうかって、もっと不安なんですけれどもね。(相談者)
というのはどうして?(中川潤)

うん、実は・・(相談者)

統合失調症になっておりまして。(相談者)

ああ・・そうなんですか?(中川潤)
ええ。(相談者)
はぁい、はぁい。(中川潤)

でぇまぁ・・(相談者)

実際のところ・・(相談者)

自分が看病している状態なんですよ。(相談者)

ああ、ぁぁ・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
はぁい・・(中川潤)

でぇ・・果たし・・て、自分・・が、亡くな・・ってしまった後でぇ・・(相談者)
はぁい。(中川潤)
妻が、それだけのことが出来るかどうか・・例えば弁護士の先生に頼むなり。(相談者)
はぁーい。(中川潤)

そういう事は・・(相談者)

ちゃんと出来て行くんだろうか?インターネットで調べたり、文献を読んだり・・っていう事が、果たして出来るかな・・っていう心配があるんですが。(相談者)

なるほど、そうするとね。(中川潤)

ええ。(相談者)
あなたにとってみれば、その家の問題だけではなくて・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
自分が万一・・先に逝ってしまった時に・・(中川潤)

そうですね。(相談者)
残された奥さん・・(中川潤)

ええ。(相談者)
家だけじゃないよねぇ・・これぇ。(中川潤)
そうですねぇ・・(相談者)
奥さんの事をどう・・(中川潤)
もう・・(相談者)
ねぇ。(中川潤)
うん・・(相談者)

その事が心配で・・(中川潤)

ええ。(相談者)
・・
っていう・・ことの方が・・(中川潤)

むしろ中心・・(中川潤)
まぁ、それの方が大きいですしね。(相談者)
なんでしょうねぇ。(中川潤)

で、まっ、当然妻にも、兄弟はおりますけれども。(相談者)
はい。(中川潤)

結局そのぅ・・まぁ・・(相談者)

家の・・不動産の問題にしても、墓の問題にしても・・(相談者)
はぁい・・(中川潤)
その、妻の弟・・(相談者)

とかに、迷惑掛けてしまう結果になるんじゃないかなぁ・・っていうのも心配なんですよ。(相談者)

その奥様のご兄弟っていうのは弟さん・・の他にも何人もいらっしゃる?弟さんだけ?(中川潤)

弟が二人です。(相談者)
・・
二人いらっしゃるの?(中川潤)
はい。(相談者)

でぇ、そちらとの・・行き来というか、関係・・仲・・は・・(中川潤)

ぁ、あのぅ・・(中川潤)
あ、頻繁にしておりますが。(相談者)

あっ、それは頻繁なんですか?(中川潤)
ええ・・(相談者)

結構・・(相談者)

うん。(中川潤)
両親が、まぁ・・近いところにおりますので。(相談者)
ふぅーん・・(中川潤)

ほんでぇ・・兄弟仲・・あなたも含めてなんだけれども。(中川潤)

あ、悪くないですね。(相談者)
悪くないのねぇ?(中川潤)
はぁい。(相談者)

ふぅーん・・(中川潤)

・・

そうすると・・(中川潤)

弟さん達も・・(中川潤)

お姉さんの事・・(中川潤)

については、相応に心配はしてくれてるわけですか?(中川潤)

まぁ・・(相談者)

ん、それはぁ・・心配はしていただいてますけれども・・(相談者)
うーん・・(中川潤)
あのぅ・・実際弟も、もう結婚されてぇ・・(相談者)
うん、所帯持ってるしねぇ。(中川潤)
うん、所帯持って・・(相談者)
うん・・(中川潤)
娘も三人おりますしねぇ。(相談者)
うーん、その面倒看て行けるとか・・(中川潤)
ええ・・(相談者)
そういう事ではないよねと。(中川潤)
そうです、そうです、ええ・・(相談者)
そういう事ですよねぇ?(中川潤)
ええ・・(相談者)

ただ翻って(ひるがえって)考えた時に・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
よく、こうかんある話でぇそのぅ・・(中川潤)

お・・(中川潤)

今みたいな状況の中で、そのぅ・・(中川潤)

精神的な病を抱えてて。(中川潤)

ええ。(相談者)

兄弟はいるけども、その兄弟の方が全く疎遠でね。(中川潤)

ええ・・(相談者)
でぇ、なん・・何を言って来るかわからない・・ねぇ・・(中川潤)
う、うん・・(相談者)

というふうな状況ではない・・(中川潤)

幸いにね。(中川潤)
ん・・まっ・・そうですね、ま、それほどの状況ではないです。(相談者)
うん・・(中川潤)

あのぅ、奥様はあれですか?わたしはその・・(中川潤)

病気のことは・・あのぅ・・(中川潤)
ええ。(相談者)
全く・・門外漢なんですが・・(中川潤)

通院治療をしておられるわけ?(中川潤)
・・
通院治療しておりますね。(相談者)
んでぇ・・投薬でねぇ・・(中川潤)
ええ、そうです。(相談者)

くす・・薬はきちんと飲んでおられるわけね?(中川潤)

まぁあのぅ・・自分が気を付けていれば・・(相談者)
うん・・(中川潤)
の話ですが。(相談者)
周りでね。(中川潤)
・・
はい。(相談者)
うーん・・(中川潤)

・・

さてねぇ・・(中川潤)

あのぅ・・そうするとねぇ、その家をどうするというよりも・・(中川潤)

ええ。(相談者)

そのぅ・・あなたに万一の事態があった後・・それは、でも逆に言うと、あなたの弟さんが居たとしてもね。(中川潤)

ええ・・(相談者)
余命云々って・・お話が・・あったんだけれども。(中川潤)
はい。(相談者)

逆に言うと・・(中川潤)

まだ、あのぅ・・奥さんの・・(中川潤)

方の・・(中川潤)
ええ。(相談者)

あのぅ・・血の繋がった弟さん、それも・・(中川潤)

別に仲の悪くない・・(中川潤)

はい。(相談者)
弟さんがいらっしゃる・・(中川潤)

だけまだ・・(中川潤)

ラッキーだと・・(中川潤)

うーん、まぁ、そうですね。
いうふうにね。(中川潤)

ええ。(相談者)
状況的にはねぇ・・(中川潤)

全くのそのぅ・・(中川潤)

天涯孤独になってしまうと・・(中川潤)

奥様が・・(中川潤)
いうわけではないですけれども。(相談者)
ではないですわねぇ・・(中川潤)
ええ・・(相談者)

・・

ただし、そのぅ・・(相談者)
うん・・(中川潤)
妻の弟も、長男の方は・・結婚しておるんですけど・・(相談者)
はぁい。(中川潤)
弟の方はまだ独身なんですよ。(相談者)
・・
はぁい、はぁい。(中川潤)

でぇ、所帯をも・・(相談者)

ってなくて、実家住まい・・っていう状態ですね。(相談者)

っていう事は、奥様の方の、あのぅ、ご両親・・ないし・・は、お父様ないし、お母様・・は・・ご健在なんですか?(中川潤)

今んところ健在ですが・・あのぅ、お父さんの方にちょっと認知が入って・・おりますが。(相談者)
ああ、おいくつとおいくつぐらいなの?(中川潤)

70・・中盤か、7・・(相談者)

70超え・・た、ぐらいですけれども。(相談者)
はぁぁ・・ご両者共ね?(中川潤)
そうです、はぁい。(相談者)

ふぅーん・・(中川潤)

その辺のところっていうのは奥様とは、あのぅ・・(中川潤)

お話ってのは・・どうなんですか?ちょっとわたしは・・あのぅ・・(中川潤)

率直なところ状況・・って・・(中川潤)
うーん・・(相談者)
そういう状態っていうのは、よく読めないし・・あのぅ、わからないから・・むしろ教えていただくんだけれども。(中川潤)

うん、実際のところ・・(相談者)
うん・・(中川潤)
果たして話をして、わかってくれるかどうかっていうか・・自分の話の内容がわかるかどうかの、レベルですね。(相談者)

ふぅーん・・(中川潤)

なんていうんだろ?・・物事を考える・・っていう力・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
の事についてなんですけれども。(中川潤)

はぁい。(相談者)
その、体調の変調によってね。(中川潤)

ええ・・(相談者)
歯止めが効かなくなる・・って要するに薬できちんとコントロールが出来なくなる。(中川潤)

ええ・・(相談者)
アクセル踏み・・っぱなしの状態になってみたり、あるいは極めて、あのぅ・・感情が・・(中川潤)

必要以上に押さえられた状態になる・・とかっていう、そう・・そういうことはあるのかもしれないけども・・(中川潤)
・・
ええ。(相談者)

物事を考える、力そのものは・・(中川潤)

どうなんですか?(中川潤)

そうですね、もう・・子供のレベル・・じゃないでしょうかねぇ?(相談者)

・・

ふぅーん・・(中川潤)

子供のレベル?(中川潤)

ええ、恐らく義務教育・・ぐらいの、子供のレベル・・なんじゃないかと、自分は思いますわぁ。(相談者)

ああ・・(中川潤)

・・

そうすると、今・・(中川潤)

あなたの方は・・その・・奥様・・(中川潤)

との関係っていうのは・・(中川潤)

ある意味、そのぅ・・もっぱら・・(中川潤)

ん、ん・・介護っていう言葉が・・こういう場合適切なのかどうか・・(中川潤)
うん・・(相談者)
ちょっと他に言葉は、わたし見当たらないのでぇ・・(中川潤)
まぁ・・(相談者)

小っちゃい事いうとそうなりますね。(中川潤)
うーん・・それに近い状態?(中川潤)
うん・・(相談者)

そうです。(相談者)

うーん・・(中川潤)

その、判断能力・・のレベル・・(中川潤)
ええ、ええ。(相談者)
そのものがね。(中川潤)

うん。(相談者)
かなり・・あのぅ・・低いと。(中川潤)

ええ。(相談者)
・・
いう事であれば・・(中川潤)

奥様について・・(中川潤)

ええ。(相談者)
成年後見の制度・・(中川潤)

・・

成年後見?(相談者)
成年、成年後見制度って耳にされた事ありますか?(中川潤)

あります。(相談者)
はぁい、成年後見の中で・・(中川潤)

ええ。(相談者)
バージョンが・・あのぅ、まぁ・・正確に言って3つあるんだけど。(中川潤)
・・
ええ。(相談者)
あの、後見・・(中川潤)

という場合と・・(中川潤)
ええ。(相談者)

保佐・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
という場合と、補助・・(中川潤)

はい。(相談者)
って、3つあるんですよね。(中川潤)
・・
はぁい。(相談者)
でぇ・・(中川潤)

判断能力について・・甚だしく・・(中川潤)
はい。(相談者)
そのぅ・・法律的に・・要するに・・(中川潤)

あのぅ・・意思表示が、きちんと出来るっていう・・あのぅ・・(中川潤)

ん、ん・・こん、も、も・・物事の、あのぅ・・(中川潤)

適意の判断がねぇ・・(中川潤)

うん。(相談者)
大人のレベルできちんと付けられる・・レベルではないと。(中川潤)

うん。(相談者)
いうところにまで至っているんであれば・・(中川潤)

はい。(相談者)
あなたが・・申し立てて成年後見人・・(中川潤)

はい。(相談者)

・・

を付ける。(中川潤)

はい。(相談者)
でぇ、ある程度・・(中川潤)

はい。(相談者)
ある程度そのぅ・・奥様が・・判断が出来る状態で、だけどサポートを要すると。(中川潤)
・・
はい。(相談者)

財産管理の問題・・(中川潤)
はい。(相談者)
の場面にまず・・あのぅ・・主としては限られてしまうんだけれども。(中川潤)
・・
はい。(相談者)

それについては・・保佐・・(中川潤)

保佐?はい。(相談者)
保佐人・・(中川潤)

はい。(相談者)
を選任すると。(中川潤)

うん・・(相談者)
いう事は可能です。(中川潤)

でぇ、これは・・身内の・・(中川潤)

ええ。(相談者)
そのぅ、弟さん・・達・・(中川潤)

うん。(相談者)
を候補者にする事もあり得るんだけど、まぁ・・現実問題としては弁護士ですわ。(中川潤)

あ、はぁい。(相談者)

ただあなたの不安は、もし自分が突然居なくなったりとかね。(中川潤)

ええ・・(相談者)
でぇ・・ぶっ倒れてしまったりとか・・(中川潤)

そうですねぇ・・(相談者)
そこの問題があるん・・だろうから・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
ちょっとそのぅ・・成年後見のことについてぇ・・(中川潤)

ええ。(相談者)
あのぅ・・お調べになるっていうか、ぁ、あなた自身も、不安を抱えたまま・・(中川潤)

ええ。(相談者)
このままねぇ・・(中川潤)

万が、自分に万が一のことがあったらどないしようと。(中川潤)

ええ。(相談者)
いうことを、悩んでおられるんだ・・ろうから。(中川潤)

はい。(相談者)
どなたかねぇ・・(中川潤)

あのぅ、お知り合いにね。(中川潤)

ええ。(相談者)
弁護士を紹介してもらって。(中川潤)

はぁい。(相談者)
自分が万が一の事があった場合の・・(中川潤)

ええ。(相談者)
今度は、奥様が相続しますから。(中川潤)

え、はぁい。(相談者)
そのぅ、家屋敷をきちんと守ってぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
フォローしていくと。(中川潤)

はい。(相談者)
いうことを考えた場合のスキームとしての・・(中川潤)

はい。(相談者)
成年後見の利用の仕方、あるいはそのタイミング。(中川潤)

うん・・(相談者)
その辺のところをねぇ・・(中川潤)

うん。(相談者)
どなたか弁護士を紹介してもらって。(中川潤)

ええ。(相談者)
ご相談なすってみられたらどうですか?(中川潤)

ふぅーん・・(相談者)

あのぅ・・(中川潤)

ん、その方と、今後の・・(中川潤)

万が一の場合の奥さまの生活設計としての・・成年後見・・という利用・・ものの利用の仕方・・(中川潤)

うん・・(相談者)
をちょっと・・一緒に相談相手になってもら・・ったらどうですか?(中川潤)

ふぅーん・・(相談者)
つまり、今日こうやってお電話いただいたのも。(中川潤)

はい。(相談者)
あなた一人、およ・・思い悩んでて・・(中川潤)

はい。(相談者)
ねぇ。(中川潤)

でも・・ぉ、解決の糸口がなぁい。(中川潤)

はい。(相談者)
わたしだって今すぐ、こ、答えられるものではないですよ。(中川潤)

ねぇ。(中川潤)
はい。(相談者)

でぇ・・(中川潤)

んでぇ・・だけど、これは・・この電話1回切りじゃないですか。(中川潤)

あ、はぁい。(相談者)
ですから、ある意味、あなたの相談相手。(中川潤)

ええ、ええ。(相談者)
でぇそれも・・あなた自身の問題・・なんだけども・・(中川潤)

あなたに何かがあった時の、残された奥様の・・生活をどうやって行こうかと。(中川潤)

はい。(相談者)
そのスキームをどう組み立てようかと。(中川潤)

はぁいはいはい。(相談者)
そういう問題だから・・(中川潤)
はい。(相談者)
でぇ、そこに家がくっ付いて来るんですよ。(中川潤)

あなた冒頭言われた・・「家をどうしたらいいか?」って言うのはね。(中川潤)

ええ、そうです・・(相談者)
でぇ、その家ではなくて・・奥様の住まいなんですよ。(中川潤)

問題はね。(中川潤)

うーーん・・(相談者)

だと思うのよね。(中川潤)

うん・・(相談者)

だから、それをねぇ・・(中川潤)

あのぅ・・継続的に・・(中川潤)

うん。(相談者)
ねぇ。(中川潤)

相談して行けるような・・(中川潤)

ある意味でぇ、その・・(中川潤)

毎月毎月・・みたいなそういうことじゃないにしても。(中川潤)

うーん・・(相談者)
ねぇ・・(中川潤)

何も顧問弁護士とかそんなレベルにまで・・あのぅ・・(中川潤)
うーん・・(相談者)
高める必要は、なぁい・・ないんであってぇ・・(中川潤)

うん・・(相談者)
予め相談し・・また、折に触れて相談もし・・(中川潤)

うん・・(相談者)
という、あなたの相談相手・・(中川潤)

ふぅーーん・・(相談者)
としての弁護士を、ちょっと・・(中川潤)

あのぅ、今から探して・・(中川潤)

うん。(相談者)
でぇ、相談相手とされておかれる。(中川潤)

ふぅーん・・(相談者)
これが今、あなたにとって一番現実的な方法じゃないかと思うんだけど。(中川潤)

・・

うん、ふぅーん・・(相談者)
ちょっと当たってご覧なさいな。(中川潤)

そうしましょうか・・じゃぁ・・(相談者)
うん・・(中川潤)
うん・・(相談者)

まぁ、ありがとうございます。(相談者)
相談相手をまず見つけた方がいい。(中川潤)

ああ・・わかりました。(中川潤)
はぁい。(相談者)

はい、ありがとうございました。(中川潤)




目次に戻る

加藤諦三まとめ

よろしいですか?(加藤諦三)

はい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ありがとうございます。(相談者)

・・

失礼いたします。(相談者)

援助の為の様々な社会的制度を出来るだけ利用してみましょう。





放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

たまたまね、自分は知人がいますので
家族には、「困った時は頼るように」って話をしてあります

もちろん、先方にもお願いしてありますし
儲かっちゃいないでしょうが
たまには、お仕事も回たりして

無料相談会なんかもありますが
お医者さんみたいに、もっと身近に居ると
敷居が低くなって、いいんですけどね

この相談者さんのような、いつか成年後見制度
利用するかもってパターンは
今後ますます、増えていきそうな感じ

成年後見の事前予約みたいなの
あるようなので
ちょっと、調べておくのもいいかなぁと思います

テレフォン人生相談2018年11月5日(月)予告

婚約中の男性のご両親から、結婚を反対されている女性からの相談です。

パーソナリティが加藤諦三さん、エッセイストのマドモアゼル愛さんが回答者です。

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。