テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

よろしくお願いします。(坂井)
あ、よろしくお願いします。(相談者)

はい。(相談者)
財産分与っていうのは、どういうものかっていうのは・・(坂井)

はい・・はい。(相談者)
一応・・おわかりなのかな?(坂井)

一応、あのぅ・・結婚してから、夫婦で・・(相談者)

作った財産は・・(相談者)

半分ずつにしてるっていう・・(相談者)
基本、半分ずつですねと。(坂井)

はい。(相談者)
特別な事情がない限りね。(坂井)
はい。(相談者)
そういう扱いですよね。(坂井)
はい。(相談者)

浪費すればない

なので・・(坂井)

基本はそこなのでそこから・・出てくる答えがいくつかあるんですね。(坂井)

はい。(相談者)

年収の問題は・・(坂井)
はい。(相談者)
900万って、小さくない金額なので。(坂井)

はい。(相談者)
少なくとも統計的に言ったら、収入は決して低くない、むしろ高い方なのでぇ・・(坂井)
そう・・思う・・(相談者)

もので・・はい。(相談者)
だって、あなたの・・収入入れたら、1千1百万ぐらいになるわけじゃないですか、おそらく年収。(坂井)
そうなんです、そう・・(相談者)

でぇ、ご家族4人で・・(坂井)

はい。(相談者)
で、暮らしていて。(坂井)

あなたに・・あたるのが、14万円っておっしゃって、あ、13万・・(坂井)

いくらでしたっけ?(坂井)
13万5千円です。(相談者)
5千円でしたよねぇ?(坂井)
はぁい。(相談者)

で、13万5千円って、年に、100・・70万ぐらい?(坂井)

えっと・・(相談者)
160万ぐらい?(坂井)

というと・・(坂井)
はい・・そうですね、13万・・はぁい、100・・100・・5、60・・(相談者)
でしょう?(坂井)
はい。(相談者)

でぇ、900万って、これもちろん税金込みの金額だから、900万が手取りじゃないけれども・・(坂井)
はい。(相談者)

でぇ、600万、手取りがあるとしたらですよ、仮に。(坂井)

はい。(相談者)

あなたに・・(坂井)

100・・5~60万渡して・・(相談者)

はい。(相談者)
もちろんご自分で使う必要があるものもあるし、ローンも返すし・・(坂井)
はい。(相談者)
全部自分で使ってるわけじゃないけれども。(坂井)
・・
はい。(相談者)

え・・貯金がゼロ 、預金がゼロっていうこと・・は、なさそうだし。(坂井)

はぁい。(相談者)

何かありそうな気はしますでしょう?(坂井)

そう、うん、あるはずと思って言うと、「いや、お金がない」って言われて・・(相談者)
うん、だからそれをわかりました。(坂井)
はい。(相談者)
だから、ご主人がそう言ってるんだけど、信じられないからどうしましょう?って話でしょう?(坂井)

はぁい、どうやって調べたら・・いいのかが、わからなくてぇ・・(相談者)
だからそれを今、ご説明しているの。(坂井)

なるほど、はい。(相談者)
でぇ、あってもおかしくない金額だっていうのは、その通りだし。(坂井)

はい。(相談者)
だけど、浪費する人はいますから、本当にないかもしれないですよ。(坂井)

そう、使ってる感じもでも、あるんですよやっぱり。(相談者)
うん、賭け事に使ってるかもしれないし・・(坂井)

趣味に、結構・・はい。(相談者)
おんなの人と遊ぶかもしれないし・・(坂井)

はぁい。(相談者)
趣味にお金使ってるかもしれないし。(坂井)

ん、つぎ込もうと思うと思ったら、いくらでもつぎ込める趣味ってありますからねぇ。(坂井)
はい。(相談者)

なければ分けられない

はい、結構使って・・(相談者)
なんか趣味持ってらっしゃるんですか?(坂井)

やってますねぇ。(相談者)
何やってますか?(坂井)

うん、バイク・・に・・(相談者)
ああ・・(坂井)
乗ってるのでぇ・・(相談者)
うん。(坂井)
お金は多分、結構使ってるんじゃないかと・・(相談者)
うん・・(坂井)
思うんですけど。(相談者)
バイクを何台か持ってるんですか?(坂井)

5台か、4台・・結構・・(相談者)
ああ、それは本当に趣味ですねぇ。(坂井)

ものすごくあの、自分でいじったりもするのでぇ・・(相談者)
うん・・(坂井)
あのパーツも買って・・(相談者)
うん。(坂井)
って、やってるのでぇ。(相談者)

相当・・たぶん、かかってるんじゃないかと思うんですけど。(相談者)
バイクもよく買い換えるんですか?(坂井)

よくでは無い、でも何年かに一回は、やっぱり・・(相談者)
うん・・でぇ、自分で部品買って、手を入れるんだよねぇ。(坂井)

そうですねぇ。(相談者)
そうするとそれなりにお金かかってるかもしれないし・・(坂井)
はい。(相談者)
でぇ、そうすると900万・・もらってても、全然なくなっちゃうかもしんないですよね。(坂井)
そうですねぇ、それは・・(相談者)
でぇ、なくなっちゃったら、しょうがないんだよ。(坂井)

なるほど、どうしようもない・・っていうことですよね?(相談者)
でぇ、そこは最初にご説明をした、財産分与って何ですか?(坂井)

って、結婚して。(坂井)
はい。(相談者)

別れるまでの間に・・(坂井)

作り上げた・・財産を・・は(わ)、半分で分けましょうと・・(坂井)
はい。(相談者)
半分に割りましょう・・という話なんで。(坂井)

はい。(相談者)
作り上げないで浪費しちゃった夫婦だったら・・(坂井)

はい。(相談者)

その結果は・・ないんだから、分けようがないじゃないですか。(坂井)
はい。(相談者)

親は親

でぇ、今、今後のことを考えると、わたしとしてはちょっとでも貯めて行きたいんですけど。(相談者)

自分・・主人の方は生活に困るわけではないので、わたしがいなくなったところで。(相談者)
うん。(坂井)

たぶん、変わらずお金は使って行って、結局それで塾のお金がないからって、わたしの・・(相談者)

方から出すとなると。(相談者)

ますますそのぅ・・今後のためのお金が、減ってしまうと思いながら・・(相談者)
それは、今は何の話だろう?財産分与の話じゃないよね?(坂井)

あっ・・(相談者)

そうです(笑)・・(相談者)
ふふふ・・(坂井)
違いますけど・・あはっ・・そうですねぇ、いろいろ・・そうですね、ちょっと、とっちらかりました(笑)。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、そこが問題だったらそう言わなきゃ。(坂井)

はい。(相談者)

受験さえ終われば、それこそ大学生になれば、ほんとに親の手は必要なくなると思うので。(相談者)

・・

そうですね、大学生になれれば・・(相談者)

もうそれで、そこで・・(相談者)
それぇ・・ねぇ・・(坂井)

受験の時、いろ・・いろんな事考えないで、いい方がいいのはいいんだけど。(坂井)

大学生なったら、もういいんですよとか、そういう話ではないと思いますけどね、わたしは。(坂井)

そうですかねぇ。(相談者)
だって、親は親でしょう?(坂井)

ぅ、そうですね、だから、会えばいいし・・(相談者)
あなた、高校卒業したら急に一人前になりました?(坂井)

ならないです。(相談者)
でしょう?(坂井)

ない(泣?)・・親の手は、やっぱり必要だとは・・(相談者)
うん・・(坂井)
思うので、できればそばにいてあげたいんですけど(涙声)・・(相談者)

現実的にやっぱり、お金って大事で・・お金がないから・・何もしてあげられないっていったら、そんなことはないって、主人は言うんですけど(涙声)。(相談者)

はい。(相談者)
子供の為に、子供の為にって言ってるんだけれど、ちゃんと具体的な話をするように心がけた方がいいと思いますよ。(坂井)

話を混ぜない

わかりました。(相談者)
お嬢さんの塾代、いくらなんで・・お金がないから出せないって言うんだけど。(坂井)

月に10万とかじゃないんですよね?(坂井)

塾代は?(坂井)
月、5万・・(相談者)

うん。(坂井)
プラス・・え、6万ぐらいですかねぇ。(相談者)
うん、でぇ、それをどうやって捻出するか。(坂井)

はい。(相談者)
本当に出せないんだったら、5万の塾代・・は、かからないとこ行くしかないですよね。(坂井)

なるほど・・(相談者)
なければ。(坂井)
主人の考えは・・(相談者)

そういう考えで、塾は必要ないだろう・・って、自分がやる気になれば・・(相談者)

勉強なんて出来るから・・(相談者)
だからさぁ・・(坂井)
塾なんか必要・・はい。(相談者)
そこに極端に行くの、やめ・・た方がいいと思うんだね。(坂井)

はい。(相談者)
5万かゼロかって話じゃないんだから。(坂井)

はい。(相談者)

いくらなら出せるか・・(相談者)

だって、ほんとお金なかったら、行けないじゃないですか。(坂井)

そうですねぇ・・今・・(相談者)
ある範囲で行くしかないじゃないですか。(坂井)

はい。(相談者)

・・

そっか・・(相談者)
ないのに5万のところへ行こうっていうのが間違ってるでしょう?(坂井)

はい・・そうですねぇ・・(相談者)
だけど、だからゼロだっていう話には、ならないでしょう?(坂井)

はい。(相談者)

そこを、親がちゃんと、具体的に話しなくちゃ駄目ですよ。(坂井)

はい。(相談者)
「あるはずでしょう」・・「ない、ゼロだ」っていう親が言い合っていても、お嬢さんの為にならないから。(坂井)

はい。(相談者)

・・

わかりました。(相談者)
でぇ、この話をしていると、最初は離婚の話だったのに・・(坂井)

子供の・・(坂井)

教育の話・・に、なっちゃってるんですよ。(坂井)

あはっ(苦笑)・・はい、すいません。(相談者)
だから、ほんとにそういう離婚の話は、詰めて話てるんですか?(坂井)

っていうことを聞きたくなっちゃうんですよ。(坂井)

お子さん育てる、ちゃんと責任持って育てるって話と。(坂井)

はい。(相談者)
そのぅ・・15年前だか・・に、やってしまった不貞・・(坂井)
はい。(相談者)
不倫ですね。(坂井)
はい。(相談者)

それで今、夫婦関係がどうなるか・・ってことを・・(坂井)

あまりあのぅ・・こんからかって・・同じ土俵で、話をしないように。(坂井)

なるほど。(相談者)

はい。(相談者)

どこまでいってもあなたはお母さんだし。(坂井)

はい。(相談者)
お父さんなんだから、向こうは。(坂井)

そうですねぇ。(相談者)
離婚するとかしないとか、関係ないんだよ、そこは。(坂井)

なんかその、それまで・・の、あれぇ・・手をかけられなくな・・自分が、いっぱいいっぱいになっちゃいそうで・・(相談者)
うん。(坂井)
離婚をして・・(相談者)

だぶん、そう、主人の意思は、もう絶対、変わらなそうなのでぇ(涙声)・・(相談者)

はい。(坂井)

それを、いろいろ調べながら・・(相談者)

やっていきたいと思います。(相談者)
はい。(今井)

はい。(相談者)

おわかりいただけましたか?(今井)
ぁ、はぁい。(相談者)
はい。(今井)
ありがとうございます(涙声)。(相談者)
はい、じゃあ、あとは・・(今井)

ご自身で・・(今井)

はい。(相談者)
いろいろやって下さい。(今井)

はぁい、わかりました。(相談者)
はぁーい。(今井)
調べてみます。(相談者)
はぁい、失礼しまーす。(今井)
ありがとうございました・・はぁい、失礼しまーす。(相談者)




YouTube

放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

夫の所得証明がいる云々って話からすれば
奨学金を借りてるんじゃないの?
とすれば、本当に貯めてるお金、ないかもよ

バイクを2台ほど、もらったら?

【追記】
結局、どうすればいいのか、坂井先生からの回答はない。
そして先生、怒っていますよね。
想像するに、子供達が親の離婚騒動の被害者だからじゃないのか?

と、思ってるんですけどね。
だから、話し合えと言ってるかと。

原因は、相談者であることに間違いはない。
それさえなければ、こんな問題は生じなかったかもしれない。
旦那の性格的には、破綻していた可能性もあったとは思うけど。

まず、旦那が執拗に財産がないと言い続けられると。
これはもう、ググってもらえばわかると思うけど、どこに隠してあるのか、突き止めねばならないのは嫁さん側。
抜け目ない旦那だと、探すのは容易でない。

あと、なんとかなるとすれば、旦那の退職金と年金、そして上に書いたバイク。
案外、会社で財形とかやってたりするので、その辺りか。
50歳で900万の年収なら、そこそこの企業、やり方を間違えなければ、話はつくと思う。

さて、どうして子供が被害者なのか?
これに似たことをする男、案外多いのよね。
嫁さん憎しで、子供を人質に兵糧攻め。

いや、実は、似たようなケースがあったからね、それがすぐに頭に浮かんだ。

結局、嫁憎しの旦那は、必要以上のお金を出さない。
塾代とか、そういったことね。
結局、奨学金を借りて、子供達は大学とかに進学するしかない。

お金があってもね。

その工面に、嫁さんが四苦八苦することになる。
おそらく、これも同様だと思うよ。
だから、奨学金の手続きで所得証明は必要だし、進学さえすれば、奨学金でなんとかなる。

嫁さんの説明は、実はこの事を言ってるんじゃないかと思う。
息子の場合も、そういうことだったんじゃないかな?
その時は、自分のパート代?かなにかで補填できてたけど、今回は違う。

離婚してしまったら、自分の稼ぎは自分の生活費に充てなきゃならない。
だから財産分与でも何でも、お金が必要なのよね。

だから、相談も、財産分与云々じゃなくって、そう持っていけば良かったんじゃないかな?
と思うんだけど、結果、回答は難しいってことに変わりはない。
だから、自分からアドバイスを送るとすると。

この一年は、何がなんでも離婚に応じないこと。
自分は家を出て行かない・・旦那が出て行けば、婚姻費用を要求してやれ!
ただ、家の中は、ぐちゃぐちゃになるから、娘さんのメンタルが心配は心配だな。

嫁も嫁で最低だと思うけど、旦那も旦那。
結局、誰も得しないって話だね。

テレフォン人生相談2019年2月8日(金)予告

今週は「やらかし妻、私、夫を裏切りました。」
不倫相手と別れられない奥様からのご相談。

パーソナリティが今井通子さん、弁護士の塩谷崇之さんが回答者です。

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. えっ?具体的なアドバイスが無いままで終わっちゃったね。
    銀行預金がどこにいくらあるか調べる方法を質問されてるのに・・・。
    弁護士なら調べることができたはずなんだけどな。

    坂井先生、なんか怒ってるような口調だった。
    たしかに相談者の話しぶりは取り留めなく論点ズレまくりだけどね。
    まあ、相談者さんの自業自得な面があるから仕方ないのかな。

  2. 相談者は最後の方は涙声でしたが、自業自得ですね。今になって住み慣れた家の思い出、子供達との別れ、色々な思い出が走馬灯の様に流れて今後の生活不安等、後悔先に立たずですね。
    不倫の証拠は全て塵一つ無く処分して墓場まで持って行かないと〜。
    唯一の救いは今迄の相談者と違って相談者が葛藤か罪悪感を感じながら関係を終わらせたことですね。しかし不倫発覚後の5年間、子供達は両親の違和感を感じなかったんですかね?離婚の話しを聞いて[やっぱり]か〜。
    やはり不倫はハイリスクローリターンです。

  3. この相談者は不倫発覚して5年の猶予期間、
    再構築の努力をしたのですかね?
    普段通り何事も無かった様に生活したのですかね?
    だから、旦那さんから(我慢が出来なくなったから離婚してくれ)と宣告されたのですかね?
    5年間仮面夫婦では無いけど、最悪な夫婦関係だけど何とか過ごして来たからこのままやり過ごせると楽観的に考えていたのでは?
    子供達が一番不憫ですね…。
    ダメ元でも、粘って粘って再構築の努力を
    最大限実施してみれば?

この記事にはコメントできません。