テレフォン人生相談

浮気を疑う
テレフォン人生相談2019年3月13日(水)は、ドリアン助川&高橋龍太郎。40歳女性から、夫が嫉妬深く、娘の友達の父親と妻が浮気していると妄想中。イベントのペアなので送迎は妻、疑いが酷くなり監視でついて来る。毎晩のように話し合いを持つも、聞く耳をもってくれない。専業主婦なので離婚はと、お悩み中。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:40歳女性(専業主婦) 夫46歳 長女13歳 長男8歳

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリ助)

あっ・・はい、よろしくお願いします。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリ助)

え・・今日、どんなご相談でしょうか?(ドリ助)

ちょっと主人のことで・・(相談者)
はい。(ドリ助)
相談したくてお電話しました。(相談者)

はぁ・・い、何が起きてますか?(ドリ助)

娘・・と、息子がいるんですけれど。(相談者)
はい。(ドリ助)

えっと、娘が5年生の時にですね。(相談者)
はい。(ドリ助)

あのぅ・・新聞社主催の・・(相談者)
はい。(ドリ助)
えっと、子供イベントがありましてぇ。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

えっと・・その際に・・(相談者)
はい。(ドリ助)
えっと・・(相談者)

ペアの・・子と一緒に・・あのぅ・・報告・・とか、発表があったんですね。(相談者)
ええ・・(ドリ助)

でぇ、そのぅ・・時に、一緒に発表を行った・・あの女の子のお父さんと・・わたし・・が・・(相談者)

ちょっと・・(相談者)

なんて言うの?男女の仲にあるんじゃないか・・っていう疑いを。(相談者)
はい。(ドリ助)
あのぅ、主人の方・・(相談者)

が・・(相談者)

していまして。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

その時・・(相談者)

に、ペアになった子と娘、とても仲良くなって、意気投合してたんですけど、わたしの方としては、あの送り迎えでしか・・(相談者)

関りがなかったんですけれど。(相談者)
ええ、ええ。(ドリ助)

主人のほうは、その時からちょっと疑ってたらしくて。(相談者)
はい。(ドリ助)

えっと、娘が・・(相談者)

6年生になってですね。(相談者)
はい。(ドリ助)
また・・このイベントの・・OBとして?(相談者)
はい。(ドリ助)

あのぅ・・(相談者)

参加しないか・・っていう・・(相談者)

お誘いがあったときに・・(相談者)
ええ。(ドリ助)
あのぅ・・わたしと娘としては・・(相談者)

「あっ、今年も・・そうだね、どんな発表するか楽しみだね」ってことで。(相談者)

行く予定だったんですけど。(相談者)
はい。(ドリ助)

あのぅ・・主人の方が・・(相談者)

あの、すごい剣幕で・・あの、親がついていく必要はないってことでぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(ドリ助)

あのぅ、おこ・・り(怒り)ましてぇ・・(相談者)
ええ。(ドリ助)
あのぅ・・その時に、あの・・なんか怒り方がおかしいし・・言ってることもよくわからないなと思ってぇ・・(相談者)
ええ・・(ドリ助)

あの問い質したら・・(相談者)

あのぅ・・「お父さんに会いに行くんでしょ」っていうような。(相談者)
ああ・・(ドリ助)
あのぅ、変な想像をしているっていうことが・・その時、初めてわかりましてぇ。(相談者)
ええ・・(ドリ助)

もうとっても・・ビックリしたんですけれど。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

その後・・また、落ち着いていて・・(相談者)

でぇ、またですね、今度、娘が中学1年生の時に・・(相談者)
はぁい。(ドリ助)

今度は理科のイベントがあるよ・・っていうことを、先生の方からちょっと・・(相談者)

誘われてぇ。(相談者)
ええ。(ドリ助)

でぇ、本人もやる気・・になって。(相談者)

やってみよう・・っていうことで、でも、ふた・・2名以上のチームっていうのが・・(相談者)

あったのでぇ。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

娘は・・(相談者)

あの、このぅ・・(相談者)

ね、イベントの参加にあたって。(相談者)
ええ。(ドリ助)
この前に一緒に発表した女の子・・を・・(相談者)
はい。(ドリ助)
でぇ、あのぅ・・(相談者)

子に・・選んだんですね。(相談者)
ええ、ええ。(ドリ助)

でぇ・・(相談者)

・・

それでぇ、またぁ・・(相談者)

あのぅ・・ちょっと・・(相談者)

主人の方の・・(相談者)

あの妄想がぁ・・(相談者)

ちょっと膨らんで来てしまってぇ。(相談者)
ええ・・(ドリ助)

送迎とか、あのちょっと遠出とかがあったのでぇ・・(相談者)

そう、一緒に付き添って、一日・・(相談者)

あの、二人・・の子、女の子連れて。(相談者)
はぁい。(ドリ助)
出歩いたりとか、そういうのが・・(相談者)

ありましてぇ。(相談者)
ええ。(ドリ助)

でぇ、そういう、その際にも・・あの主人が・・ついてきたり・・(相談者)
はぁい。(ドリ助)

あの、監視するような感じで、ずっとそばにいたり。(相談者)
うん・・(ドリ助)
あとですねぇ・・(相談者)

あたしが・・(相談者)

主として、あの二人を、送迎したりしてたんですけど。(相談者)

迎えに行く・・相手の子のお家に・・(相談者)

あのぅ・・お迎えに行く際も・・(相談者)

向こうのお父さんに会うからって言って・・(相談者)

あの、行ったらダメ、自分が迎える・・っていうような状況でぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリ助)

あのぅ・・最近になって、とても酷い・・(相談者)

あのぅ、玄関先までも・・(相談者)

あのぅ、「いらっしゃい」っていう声掛けすらも・・(相談者)

やったらダメ。(相談者)

ああ、ああ・・(ドリ助)
やって欲しくない・・っていうことでぇ。(相談者)
うん・・(ドリ助)

酷い状況なのでぇ・・(相談者)

どうしていいか、わからなくってぇ。(相談者)
ああ・・(ドリ助)

非常に束縛されてるということですねぇ?(ドリ助)

そうですねぇ・・(相談者)
はい、ええっと、ちょっと前の話から始まったのでぇ・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
ええっと今・・あなた様、おいくつですか?(ドリ助)

わたしは40歳です。(相談者)
40歳・・(ドリ助)
はい。(相談者)
旦那さんは?(ドリ助)

40・・6歳です。(相談者)
40・・6歳・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
え・・そしてこのぅ・・ねぇ、知らず知らずのうちに・・ちょっと巻き込まれてしまってるお嬢ちゃん、お嬢ちゃん今おいくつですか?(ドリ助)

えっと、娘は13歳です。(相談者)
13歳・・(ドリ助)

でぇ、下に弟さんが、いらっしゃるのかな?(ドリ助)

はぁい、そうです。(相談者)
はい・・(ドリ助)

あのぅ・・まぁ、お話・・伺ってるだけ、だけで、これほんとに、子供が親しいから単に・・(ドリ助)

もう、親として会ってるっていうだけのことですよねぇ?(ドリ助)

はぁい、そうです。(相談者)
それ以上のことじゃないんですよね?(ドリ助)

じゃないです、はぁい。(相談者)
うん・・それなのに・・旦那さんは・・(ドリ助)

まぁ、非常にこう・・疑ってかかって。(相談者)

はぁい。(相談者)
え・・そして今、どんどん束縛がきつくなってきて。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
え・・子供同士の付き合いにも、ま影響を与える程度になってるんでしょうか、今?(ドリ助)

あ、もう・・そうですね・・(相談者)
ええ・・(ドリ助)
あの、娘の方も・・(相談者)

はぁい。(相談者)
うん・・ま、13歳って年齢なのでぇ・・(ドリ助)

ぅ・・まぁ、お母さんがイチイチ、出て行かなくてもいい年齢になってると思いますけども。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
ん、ん、た、ただ学校としては、いやこれ親も、参加してくださいっていうようなこと言ってるわけですか? (ドリ助)

そうですねぇ・・(相談者)
うーん・・(ドリ助)
えっと、指導者が・・必要なのでぇ。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
うん・・(ドリ助)

でぇ、じゃあそれもう・・お父さんに代わってもらったらどうですか?(ドリ助)

そうですねぇ・・(相談者)
うん。(ドリ助)
あの、主人の方にも・・(相談者)
はぁい。(ドリ助)

あのぅ・・そぉのように、言うんですけれど。(相談者)
はぁい・・(ドリ助)

あの・・娘の方がですねぇ。(相談者)

あのぅ・・ちょっと、今、ちょ・・(相談者)

なんて言うんでしょ?思春期っていう時期もありましてぇ。(相談者)
ええ・・(ドリ助)

でぇ・・(相談者)

あのぅ・・突然・・このぅ・・監視をするように、ついて来るようになってぇ。(相談者)
ええ。(ドリ助)

娘としては・・(相談者)

とても・・嫌がっていて。(相談者)
ああ、ああ・・(ドリ助)
なんでぇ?・・っていう感じなんですよ。(相談者)
うーーん・・(ドリ助)

あの・・(ドリ助)
正直・・(相談者)
ちょっと失礼ですけど。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
ええ・・っと、恋愛結婚ですか?(ドリ助)

はい、そうです。(相談者)

旦那さん昔から・・あのぅ・・ジェラシーの塊になるタイプ?(ドリ助)

その・・気はありました。(相談者)
その気はあった?(ドリ助)
はぁい。(相談者)
うーーん・・(ドリ助)

キツイですねぇ。(相談者)

そうですね、なんか・・(相談者)
ええ・・(ドリ助)
疑われる・・(相談者)

でぇ、なければ・・(相談者)
うん・・(ドリ助)

ねぇ、そんなことはないんですけれど。(相談者)
うーーん・・(ドリ助)
この疑いを、どうやったら晴らし・・せるのかな?・・っていうことでぇ。(相談者)

あの、ちょっとね、心の、病院の方も、誘ってみたんですけれど。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

本人は、あのぅ・・「原因はわかっているから・・」(相談者)

「俺は、行か・・行く必要はない」っていうことでぇ・・(相談者)

うーーん・・(ドリ助)
あの・・(相談者)

全然、聞く耳を持ってないのでぇ・・(相談者)
つまりこの件に関して、二人で話し合いの時間、もたれたわけですね?(ドリ助)

はぁい、もう・・毎晩のように・・(相談者)
はぁい。(ドリ助)
ずっと、お話してるんですけれど、もうずっとおんなじやり取りの平行線で、もうどうしていいかわからなくて。(相談者)
わからない・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
そ、そしてぇ、まぁ、このお話はつまり相手・・ま、妄想の中ではもう、つまり・・あ、あのぅ・・あそこの父親とできてるんじゃないか・・っていうのは・・お父さんの中に、あ、あるわけでぇ・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
でぇ、その、相手の家族は知ってるんでしょうか?(ドリ助)

わたし・・(相談者)

が・・(相談者)
はい。(ドリ助)
伝えました。(相談者)
はぁい。(ドリ助)
もう・・(相談者)

あまりにも、主人の対応が・・(相談者)
ええ。(ドリ助)
あの、あちらの・・ねぇ、家族に対しても、ちょっと・・(相談者)

酷い・・冷たい対応なので。(相談者)
ええ。(ドリ助)

でぇ・・(ドリ助)
でも・・(相談者)

はぁい・・(ドリ助)
あちらも、こんなにひどいとは・・思ってないと思います。(相談者)
うん・・(ドリ助)

まぁ、全て、しかし、そのぅ・・旦那さん・・が、疑いの塊である間は・・(ドリ助)

はぁい。(相談者)
すべての行為が、それに関連して見えてくるんでしょうから。(相談者)

はぁい。(相談者)
その人間の、その、一回、凝り固まってしまった疑いというもの、解けるのか解けないのか・・(ドリ助)

うん・・(相談者)
今日の先生に相談してみましょう。(ドリ助)

あっ、よろしくお願いしますぅ。(相談者)
はぁい、精神科医の高橋龍太郎先生です。よろしくお願いします。(ドリ助)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. なにか旦那が疑惑を感じてしまうような行動が相談者にあったんじゃないのかなあ?
    「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」という言葉があります。
    疑われても仕方がないようなことをしてしまった結果ではないでしょうか。
    そうじゃないと、こうまで旦那が嫉妬深い理由がわかりません。
    旦那が嫌がってるのがわかっているような行動は慎むべきでしょう。

    そうした理由もなく旦那が病的に嫉妬深いのなら、それはもう回答者のアドバイスのように離婚に向けた準備を進めるしかないでしょうね。

    はたして真相は如何に?

この記事にはコメントできません。