テレフォン人生相談

浮気を疑う

目次

スポンサーリンク

高橋龍太郎アドバイス

あっ、はじめまして、高橋です。(高橋)
はじめまして。(相談者)

でぇ・・(高橋)

・・

まぁ、世間の常識からあまりにもかけ離れた・・(高橋)

はぁい。(相談者)
こんな男性と、この先、例えばこの問題が解決したとしても。(高橋)

はぁい。(相談者)
またおんなじことが起きますよ、必ずね。(高橋)
あ・・(相談者)

はぁい・・本人も言ってます。(相談者)
し・・ねぇ・・(高橋)
はぁい。(相談者)
でぇ、そんな・・(高橋)

もう・・ケツの穴の小っちゃいやつに、わたしはついて行くつもりはないのでぇ・・(高橋)

はぁい。(相談者)
もう・・(高橋)

まだまだ・・(高橋)

自分は・・若い・・若いって言うと(笑)、ごめんね。(高橋)
はぁい(笑)。(相談者)
まだ、まだ・・まだ十分(笑)・・(高橋)

あの、花の咲いている年齢だし。(高橋)

はい。(相談者)
「もう、子供達を連れて、出て行くわよ」ぐらいの剣幕でぇ・・(高橋)

はぁい。(相談者)
え・・向かって行きたいっていうふうに、本音では思っているのかぁ?(高橋)

はぁい・・(相談者)

どうなんですか?あなたのお気持ちは?(高橋)

そうですね、もう・・(相談者)

あの、正直もう・・(相談者)

「もう、ダメだね」・・っていう話を・・(相談者)
うん。(高橋)

あの、先日からして。(相談者)
うん。(高橋)

でぇ・・(相談者)

主人のほうも、今・・結婚指輪も外して・・(相談者)

ああ、そうなの?(高橋)
あのぅ・・(相談者)

「じゃあ、そのつもりでいるの?」って聞いたら・・(相談者)
うん。(高橋)

でも・・「お前の事は、嫌いじゃない」とかなんか、ちょっと・・(相談者)

わけがわからないんですね。(相談者)
うん。(高橋)

でも、もうわたしとしては・・(相談者)
うん。(高橋)
あのいつまでも・・子供達も巻き込んでしまってるのでぇ。(相談者)
そうですねぇ・・(高橋)

うん、子供の為に・・(相談者)
うん。(高橋)
もう、出てもいいかな・・っては思ってるんですけど。(相談者)
うん。(高橋)

でも・・(相談者)
うん。(高橋)

あの、正直・・もうずっと専業主婦で・・(相談者)

うん。(高橋)
いるのでぇ・・(相談者)
うん。(高橋)
あの、娘と息子の将来のことを考えると。(相談者)
うん。(高橋)

今すぐ出て行くっていうのは、ちょっと難しいかな・・っていうのも・・(相談者)
うん。(高橋)
あの、現実問題ありましてぇ。(相談者)
うん。(高橋)

はぁい。(相談者)

でも、この・・(相談者)

主人の妄想が・・(相談者)
うん。(高橋)
一番、直ってくれたら・・(相談者)
うん。(高橋)

どんなにいいんだろう・・(相談者)

っていうの?(相談者)
うん。(高橋)
思いましてぇ。(相談者)
うん。(高橋)
でぇ・・(相談者)

ちょっと、主人は、「親、兄弟に相談して」って言っても・・(相談者)
うん。(高橋)
相談してくれないのでぇ・・(相談者)
うん。(高橋)

あのぅ・・主人の・・お姉さんの方に・・(相談者)
うん。(高橋)
あのぅ・・相談してぇ・・(相談者)
うん。(高橋)

でぇ・・そのぅ・・あの、義理にお兄さんの方から・・(相談者)
うん。(高橋)
この、「電話相談があるよ」っていうことを・・(相談者)
うん。(高橋)
聞いてぇ・・(相談者)
そ、そ、そっか、そっか(笑)・・(高橋)
あのぅ・・(相談者)

そう(笑)・・(相談者)
ふふふふ・・うん。(高橋)
電話したっていう経緯がありましてぇ。(相談者)
うん。(高橋)

あっ、そうなのね。(高橋)
はぁい。(相談者)
あのね、ま、一番まっとうな・・(高橋)

やっぱり解決法って言うのは・・(高橋)

夫婦カウンセリングって言って。(高橋)

はぁい。(相談者)
夫婦が揃って・・(高橋)

カウンセラーのところへ行って・・(高橋)
はい。(相談者)
この間の話・・両方のギャップみたいなことを・・(高橋)
はい。(相談者)
きっちり埋めてもらって。(高橋)

はぁい。(相談者)
夫婦・・っていうのは、一番大事なものは・・(高橋)

はぁい。(相談者)
信じ合うことだっていう・・ことを、もう一度、叩き込んでもらうっていうことが一番大事なことだね。(高橋)

はぁい。(相談者)

だから、それについて・・(高橋)

例えば、え・・お姉さまや・・それから向こう、先方の家族・・を、少し巻き込んでぇ・・(相談者)

はぁい。(相談者)
え・・あなただけ、説得しても・・(高橋)

「どうせ言い逃れだろう」とか、なんか変なこと考えて、邪な(よこしまな)考えを抱いちゃうだろうから・・(高橋)

はぁい。(相談者)
向こうの家族を巻き込んで、夫婦カウンセリングの場所まで・・(高橋)

はぁい。(相談者)
とにかく持ち込むってことが大事じゃないの?(高橋)

ああ・・(相談者)
そうじゃないと。(高橋)

はぁい。(相談者)
この先・・(高橋)

・・

あなたが別居・・っていう選択を、通常であれば僕もアドバイスしたいけど。(高橋)

はぁい。(相談者)
これだけ・・嫉妬心が強いご主人だと・・(高橋)

はぁい。(相談者)
もう別居しただけで浮気をするために別居したんだっていうふうになってぇ・・(高橋)
うーーん・・(相談者)
どんどん加速する一方だから。(高橋)

はぁい。(相談者)
今・・みたいな・・(高橋)

状態・・で、とにかくご主人が・・鉾を収めてくれる・・っていう・・(高橋)

ことになかなかなりそうにないのでぇ。(高橋)

うん・・(相談者)
やっぱり、夫婦カウンセリングを是非・・(高橋)

選ばれるってことがまず第一と。(高橋)

はぁい。(相談者)
それがうまくいかなかったらば・・(高橋)

はぁい。(相談者)
やっぱり・・(高橋)

専業主婦っていざとなると・・すごく弱いのでぇ。(高橋)

はぁい。(相談者)
えーっと、下のお子さん男の子はおいくつ?(高橋)

8歳です。(相談者)
あ、まだ8歳か・・(高橋)
・・
はぁい。(相談者)

じゃあ・・ぁ・・そうだねぇ・・(高橋)

え・・下のお子さんが中学生ぐらいになったらば・・(高橋)

はぁい。(相談者)
少し働きに出始めてぇ・・(高橋)

はぁい。(相談者)
自分の経済的な・・力を少し、蓄えて・・(高橋)

はい。(相談者)
あと・・対等な関係でぇ・・(高橋)
うん・・(相談者)
その夫婦関係についてぇ・・(高橋)

話し合うっていうような、第二ステップかな。(高橋)

はぁい。(相談者)
だから第一ステップは・・(高橋)

ま、少なくとも今この時点でぇ・・(高橋)

はぁい。(相談者)
ご実家に力があって・・(高橋)

はぁい。(相談者)
その経済面でね。(高橋)

はぁい。(相談者)
あなた方とお子さんを迎えて、別に・・(高橋)

心配なく、いう・・家(うち)でぇ、ゆっくり・・(高橋)

生活していきなさい・・ってお家(うち)だったら・・(高橋)

別に今すぐ別居でも・・全然構わないけど。(高橋)

はぁい。(相談者)
そういう余裕がない・・(高橋)
はぁい。(相談者)
実家だったらば・・(高橋)

はぁい。(相談者)
あと4年・・第二ステップだよ。(高橋)
はい。(相談者)
あくまで第二ステップは・・(高橋)

え・・お子さんが、少し、中学生上がるのを待って。(高橋)

働きはじめるっていう・・(高橋)

そん時はもう不退転の決意で、何言われようと・・(高橋)

はぁい。(相談者)
もう、自分・・の・・覚悟として・・(高橋)
うん・・(相談者)
もう、働き始めます・・っていふうに伝えて。(高橋)

はぁい。(相談者)
それでぇ・・(高橋)
はぁい。(相談者)
別居、第一段階、第二段階・・(高橋)

はい。(相談者)
離婚・・っていうようなステップになってくんじゃないかなぁ。(高橋)

はぁい。(相談者)
ただ、今は・・(高橋)

とりあえず可能性をし・・ある程度、信じて・・(高橋)
うふふ・・(相談者)
あなたのことを信じてくれるような人間に・・(高橋)

はぁい。(相談者)
生まれ変わるように・・(高橋)

はぁい。(相談者)
彼が自分の男性力・・うん、男性って言うか、自分の・・(高橋)

男としての力をもう少し・・見直して、自分自身を信じるようになるまで・・夫婦カウンセリング続けるっていうのは・・(高橋)

はぁい。(相談者)
第一段階だと思うけど。(高橋)

はぁい。(相談者)
はぁい。(高橋)
わかりました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. なにか旦那が疑惑を感じてしまうような行動が相談者にあったんじゃないのかなあ?
    「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」という言葉があります。
    疑われても仕方がないようなことをしてしまった結果ではないでしょうか。
    そうじゃないと、こうまで旦那が嫉妬深い理由がわかりません。
    旦那が嫌がってるのがわかっているような行動は慎むべきでしょう。

    そうした理由もなく旦那が病的に嫉妬深いのなら、それはもう回答者のアドバイスのように離婚に向けた準備を進めるしかないでしょうね。

    はたして真相は如何に?

この記事にはコメントできません。