テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2015年01月21日 水曜日
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
10年間の同棲を経て籍を入れ3年、半年ぐらい前から離婚を考えるようになった。お互いに何度か浮気をしており籍を入れる前からセックスレスの状態。別れた後の夫のことを考えると離婚に踏み切れないという相談者
加藤諦三氏の〆の言葉『不幸を受け入れる、そこから出発します』

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

こんにちは。(相談者)
はい。(加藤諦三)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい、えっと・・34です。
34歳、独身ですか?(加藤諦三)

いや、結婚してます・・はい。(相談者)
はい、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

えっと、42です。(相談者)
42歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

は(わ)、いないです。(相談者)
はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

ちょっと最近、離婚を考えてるんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
いつ・・いつ頃からですか?(加藤諦三)

えっと・・半年ぐらい前からです。(相談者)
あ・・そうですか、でぇ、これ恋愛結婚ですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・結婚してからどのくらい経つの?(加藤諦三)

ぇ、えっと、3年・・なんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっと、その前に・・同棲を・・10年ぐらい。(相談者)

ああ・・ん・・(加藤諦三)
してます。(相談者)

そいでぇ・・(加藤諦三)

3年経ち、その間、子供は産まれなかったわけですねぇ?(加藤諦三)

はい。(相談者)
子供は作りたいと思わなかった?(加藤諦三)

えっと今、セックレス・・ですね。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
籍に入れる前から。(相談者)

ふぅーん・・(加藤諦三)

だけど、籍を入れたけれども、先ほどの話だと、半年前ぐらいから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

離婚したくなったと。(加藤諦三)

を考えるように・・なって。(相談者)
あっ、考えるようになったった?(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

でぇ、その半年間と、その前とは、どこが違ったんですかねぇ?(加藤諦三)

ぇ・・(相談者)

ぇ・・(相談者)

っと、正直・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

もう体の関係は無かったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしに好きな人が出来ましてぇ。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

要するに、離婚・・(加藤諦三)

したいっていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

この人と離婚したいっていうんじゃなくて、好きな人が出来たということですね?(加藤諦三)

えっと、好きな人が出来・・(相談者)

たんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
えっと、そのときは、一時(いちじ)・・で、結局、もう、終わってるんですよ。(相談者)

・・

ああ、新しい彼が一旦出来たんだけれども?(加藤諦三)
はい。(相談者)
・・
別れて・・(相談者)
別れて。(加藤諦三)

はい、今は・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

誰も、誰もいないというか、一人ですね。(相談者)

ああ、そっか・・そうすると、好きな人が出来たんで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
初めて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
2人の生活の虚しさに気が付いたということ?(加藤諦三)

なのかもしれない・・(相談者)

よく分んないですけど。(相談者)

たぶん、まだ若かったっていうのもあるんだと思うんですけど。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
そのぅ・・もう、何回か、浮気はしてるんです、わたし・・も、彼も・・旦那も。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

お互いに浮気してるわけ?(加藤諦三)
はい。(相談者)
それがお互いに分っているわけ?ああ・・(加藤諦三)

えっと・・わたしは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
分ってるんですけど、むこうは・・(相談者)

旦那の方は・・気付いてないと思います。(相談者)
あなた、何回ぐらい、そのぅ・・(加藤諦三)

浮気してるんですか?

・・

3回・・4回・・ぐらい。(相談者)

その・・体の付き合い・・(相談者)

だったんです。(相談者)

心・・は・・触れてないっていうか、そ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
好きでは無かったの?(加藤諦三)
好き・・(相談者)

好き・・うん、好きっていう・・(相談者)

ことでもなかったんだと思います。(相談者)

そいで、3回、4回って言いましたよねぇ?(加藤諦三)
はい。(相談者)

って、これは、あなたにとってぇ・・(加藤諦三)
はい。

かなり、激しい衝動ですね?(加藤諦三)

・・

やめられないっていうか。(加藤諦三)

・・

・・

誰か・・誰かなんか、側に居て欲しいっていうか。(相談者)
うん、そういうこと、そういうこと。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

っていう気持ちは常にあります。(加藤諦三)

・・

っと、その当時の7年間・・(加藤諦三)

とにかく、そういう・・(加藤諦三)
・・
その性的な、衝動・・(加藤諦三)

ばっかりが頭の中にあったんじゃないの?(加藤諦三)

・・

でも・・(相談者)

この前別れた・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

人とは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういう・・体の関係は、一切なかったです。(相談者)
うん、うん。(加藤諦三)

はい。(相談者)
ですから、そこで初めて自分、さっきも言ったように・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
自分の・・(加藤諦三)

生活の虚しさっていうものに気が付いたんだろうね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)

今のご主人、42歳って言いましたっけ?(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

その42歳の彼との生活は・・(加藤諦三)

前とは変わってないけど、嫌んなるねぇ。(加藤諦三)
嫌なんです、はい。

この嫌ってのは・・(加藤諦三)
・・
ど、どの程度・・あのぅ・・一緒に居て意味が・・(加藤諦三)
・・
感じられないっていう、あるいはその、生活、生き甲斐が無いっていうかねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
張りが無いっていう・・程度なのか・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
それとも、もう、一緒に居ることに嫌悪感を感じるっていうか。(加藤諦三)

・・

ん、しょ・・今、職場が、一緒なんですけど、旦那と。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

まぁ、向こうの方が先に終わることがあってぇ、(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、もう先に家に、居るんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ただなんか、帰りたくないなとか。(相談者)
あぁ、帰るのが嫌ねぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

でも、ねぇ、どこも行くとこ無いんで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう仕方なく帰るというか。(相談者)

すると、帰って・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

玄関入るっていうか・・ドア開けるっていうか・・(加藤諦三)

はい・・(相談者)

もう、なんか、すっごい重苦しい感じだね。(加藤諦三)
重いです、はい。(相談者)

でも・・嫌いではないんですよ。(相談者)
あっ、嫌いじゃないの?(加藤諦三)

嫌いじゃないんです。(相談者)

ん、もう優しい・・(相談者)

んでぇ。(相談者)
・・
でも、離婚はしたいっていうことですよね?(加藤諦三)

離婚は・・(相談者)

したい・・(相談者)

したいんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)
やっぱ、ホント、嫌いではないのでぇ。(相談者)

どうなのかな・・っていうのと。(相談者)

うん。(加藤諦三)
あと別れた後に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
たぶん・・(相談者)

旦那が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

どうなっちゃうのかな・・とか。(相談者)

ん?(加藤諦三)
・・
旦那がどうなっちゃうのかなってのはどういうこと?(加藤諦三)

一人になってぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
大丈夫かな・・とか。(相談者)
はい、はい、そういうことね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

を考えると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なかなか・・(相談者)

別れられないねぇ。(加藤諦三)
別れられない。(相談者)

うん。(加藤諦三)

離婚はしたいけれども、離婚は出来ない。(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、今、立ち往生してるということですねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、分りました、大変難しい・・質問だろうと思いますけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

法律論だけでなく・・大変豊かな、人生経験を語ってくれる、弁護士の中川潤先生です。(加藤諦三)
はい。(相談者)




目次に戻る

中川潤・アドバイス

こんにちは、中川です。(中川潤)
あ、もしもし?(相談者)
うん、あなた・・ねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
ぁ、今、お話伺ってて思ったんですけれども。(中川潤)
はい。(相談者)

ホントの事の実体としてはね。(中川潤)
はい。(相談者)
お2人の関係ってぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
ホントのパートナー・・人生のパートナーじゃないよねぇ、全然。(中川潤)

はい。(相談者)
今までの・・(中川潤)
はい。(相談者)
これまで振り返ってみるとね。(中川潤)

はい。(相談者)

でぇ、偉そうな言い方になって、恐縮なんだけども。(中川潤)
うん・・(相談者)
例えばご主人がね。(中川潤)
はい。(相談者)
浮気をしてても・・(中川潤)
・・
はい。(相談者)
あなたは・・別にそれは平気で。(中川潤)

ねぇ。(中川潤)

はい。(相談者)
でぇ、あなたは、あなたでぇ、まぁ、知られてないと思ってらっしゃるようだけども。(中川潤)

はい。(相談者)

ね、適当に・・ね、他が・・で・・お付き合いをして。(中川潤)

はい。(相談者)
でぇ、そういう・・(中川潤)
・・
お2人・・でぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
この先、あなた、一緒に歩んでったってしょうがないわな。(中川潤)

まぁ、人それぞれですから・・自分のことは自分で決めることだからね。(中川潤)
はい。(相談者)
人が口を出すことではないですけども。(中川潤)
はい。(相談者)

あなたねぇ、「離婚したいけど、嫌いじゃない」とおっしゃったでしょう?(中川潤)
はい。(相談者)

でぇ、「嫌いじゃない」それは、ご主人が優しいからっておっしゃったでしょう?(中川潤)

はい。(相談者)
でもね、それって、嘘だよ・・あなた都合がいいからなんだよ。(中川潤)

・・

2人してね、今の状態でぇ。(中川潤)

いいですかぁ?(中川潤)
はい。(相談者)
あの、30・・まだ4歳でいらっしゃるわけでしょう?(中川潤)
はい。(相談者)
あなた・・の、ためでもあるし。(中川潤)

はい。(相談者)
ご主人のため・・でも、僕はあると思うんだけども。(中川潤)
はい。(相談者)

さっさとやっぱり、2人でやり直した方がいいです、それぞれの道を。(中川潤)

・・

・・

でぇ、あなた自身が・・日常的な、その寂しさ?(中川潤)
はい。(相談者)

とか・・そのこと・・に・・だけで、歩いていってらっしゃるような・・感じが、わたしは聞いててしましてね。(中川潤)
はい。(相談者)

パートナーとしてのセックスってのは、とっても大事なことです、特に・・あなた方の年代。(中川潤)
はい。(相談者)

でぇ、さりとて、パートナーとの関係ってのは、セックスだけじゃないですよ。(中川潤)
はい。(相談者)
やっぱり、相手のことを考えてあげる。(中川潤)

はい。(相談者)
ねぇ、お互いに、労わるというか。(中川潤)
はい。(相談者)
大事にするというか、理解しようとする。(中川潤)

ねぇ、そん中で、いろんなことも起こるけども。(中川潤)

あなたち2人は・・(中川潤)
はい。(相談者)
ただ寂しくて寄り添ってるだけなんだよ。(中川潤)

はい。(相談者)

だとしたら、少なくとも、まず断ち切ることです、今の・・(中川潤)
・・
生活を。(中川潤)

日常的な寂しさ・・だけに負けないことですよ。(中川潤)

うん・・(相談者)

どう?(中川潤)

その・・(相談者)
・・
旦那の方は・・(相談者)
はい。(中川潤)

大丈夫ですかね(笑)。(相談者)

なんであんたがそんなことまで心配するの?(中川潤)
ズズッ・・(相談者)

そのぅ・・前、同棲してたときに。(相談者)
はい。(中川潤)

えっと、ま、浮気・・してた・・(相談者)

女の人がいたんですけど。(相談者)
はい。(中川潤)

その人と・・別れたときに。(相談者)
はい。(中川潤)

結構なんか、落ち込んでたというか・・(相談者)

そういうのを見てるんでぇ・・(相談者)

なんか、よけい、別れた後に、どうなっちゃうのかな・・っていうのが・・(相談者)

そら、落ち込むかもしれませんよ、そんなもん。(中川潤)
・・
あなたねぇ、保母さんやってんじゃないだよ!(中川潤)
はい。(相談者)

んでぇ、いくら落ち込んだってぇ・・そのぅ、今、42になる旦那だから・・まだリスタートいくらでもきれるんですよ、人生の。(中川潤)

はい。(相談者)
あの、家に亭主が居る・・ところへ帰るのが嫌だっていう、そんな状態のあなたがね。(中川潤)
はい。(相談者)
わたしが、離婚したら、「可哀そう」なんて、そんなこと言うのとっても不遜だよ。(中川潤)

はい。(相談者)

彼にとっても、失礼だよ。(中川潤)

はい。(相談者)

あのねぇ。(中川潤)
はい。(相談者)
どっちを優先したいの?(中川潤)
・・
あのねぇ、それがホントに心配で、アレだったら、一生、その、あなた、その旦那・・の面倒看て、ねぇ。(中川潤)
はい。(相談者)
お母さん役やって。(中川潤)

はい。(相談者)
やってけますか?(中川潤)

・・

50なっても、60なっても。(中川潤)

・・

・・

でぇ、適当に他の男と・・ねぇ。(中川潤)
はい・・はい。(相談者)
チャラチャラやって。(中川潤)
はい。(相談者)

虚しいと思いませんか?(中川潤)

・・

・・

ズッ・・(相談者)

泣いてるの?(中川潤)

ズッ・・はい・・ウッ・・(相談者)
何で泣くの?(中川潤)

ズッ・・(相談者)

ズッ・・いや・・(相談者)

ズッ・・や、やってること・・(相談者)

はい。

いや、嫌になってるっていうか・・(相談者)

はい。(中川潤)

ズッ・・そのぅ、浮気したこともそうだし・・(相談者)
はい。(中川潤)

そのぅ、旦那と・・はっきり別れられない自分も嫌だし。(相談者)
はい。(中川潤)

言われてることは・・(相談者)
うん。(中川潤)

よく分るんでぇ・・(相談者)
うん・・(中川潤)

はい・・(相談者)

でもねぇ、そろそろ潮時だよ。(中川潤)

ズッ・・はい。(相談者)

ねぇ、せっかくこうやって電話かけてきてくれたんだから。(中川潤)
はい。(相談者)

ズルズル、ズルズル、今の状態・・でいくことは、お互いにとって、僕はためにならないと思う。(中川潤)
はい。(相談者)

ねぇ。(中川潤)

はい。(相談者)




目次に戻る

加藤諦三まとめ

あのねぇ、「自分の人生ってのは一回なんだよ」って中川先生がおっしゃったでしょう。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そいでねぇ、あなたみたいな・・人って、別に珍しいんじゃないんですよ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結構いるんですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

英語で、ラブアディクト(love addict)って言ってね、日本語で言うと、「愛依存症」って言うんですけどねぇ。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

あなたと、同じような心理なのよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

あなた、小さい頃から・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

人と親しいっていう体験、何にもしてないんじゃない?(加藤諦三)

ああ・・(相談者)

自然な、本当の親しさの体験は無いですよねぇ?(加藤諦三)

・・

そうだと思います。(相談者)

あのねぇ、やっぱり人間は、どうしても親しさが欲しいんですよ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

だけど、このラブアディクト(love addict)って、「恋愛依存症」になっちゃう人ってのはねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今言ったように、小さい頃から親しいっていう体験が、みんな無いんです。(加藤諦三)

はい。(相談者)
そうするとね、この親しさのねぇ・・(加藤諦三)

代わり、ニセモノを求めるんですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

だから、これもう、あなたとご主人ってのは、10年間も、まったく・・(加藤諦三)

本当にあなたが求めるものと違ったもの、幻想の・・の中で生きてきたのねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それって、治りますか(涙声)?(相談者)

根は深いんだけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

解決は出来ますよ。(加藤諦三)

・・

今日明日、解決出来るってことじゃなくてね。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

まず・・本とか、動物ですね。(加藤諦三)

はい。(相談者)

猫でもいいし・・(加藤諦三)
・・
犬でもいいし・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

あるいは本屋さん行って、いろんな・・心を打たれることを書いてある本を見つけて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そうすると、そこで・・(加藤諦三)

小さい頃に体験してこなければいけなかった、親しいっていうことの体験が出来るから。(加藤諦三)
はい。(相談者)

そういうところで、ホントの親しさっていうの体験してぇ・・(加藤諦三)

それで、今度は人間にいって。(加藤諦三)

はい。(相談者)

そういう・・自分の建て直しの計画ですねぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

是非・・(加藤諦三)

やってください。(加藤諦三)

はい、ありがとうございます。(相談者)
はい、失礼します。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

目次に戻る

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。