テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年6月29日(土)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
64歳女性から、夫との離婚を考えている。気持ちは9分9厘離婚に傾いており、年金分割、自分が対象になるかどうか教えて欲しい。4年前から別居状態、10年前にリタイアした夫の退職金で家を建てる。生活費は夫から渡されていたので、いくら残っているのかわからなかったが、ある事でゼロ、残っていないことがわかる。パチンコ、ギャンブル好きの夫が使ってしまった。
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

相談者:64歳女性 夫69歳(10年前に退職・15年単身赴任) 子供2人は独立 4年前から別居 長男39歳(離婚・親権取る) 次男37歳

もしもし?(加藤諦)

もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

お願い致します。(相談者)
はぁい、最初に年齢教えて下さい。(加藤諦)

はぁい、えーっと、わたし、64歳です。(相談者)
64歳・・結婚してます?(加藤諦)

はぁい。(相談者)

え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦)
ぇ、69歳です。(相談者)
69歳・・お子さんは?(加藤諦)
えっと・・男の子、おふ・・二人でぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

長男が・・39歳。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
次男が・・37歳です。(相談者)

っと、二人共もう家・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
出てるわけですねぇ?(加藤諦)
はぁい・・(相談者)
はぁい、分かりました。それでどんな相談ですか?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

もう、結婚生活も・・(相談者)

長いんですが。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
えっと・・(相談者)

そうですよねぇ・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
息子さん39歳ってことはもう・・(加藤諦)

そうですねぇ。(相談者)
長いですねぇ。(加藤諦)
はぁい・・それでぇ・・主人・・と・・(相談者)
はい。(加藤諦)

別れるにあたってぇ。(相談者)

あのっ・・(相談者)
あっ、別れるにあたってってもう、別れると、気持ちの上で・・(加藤諦)
あはっ・・(相談者)
決め・・ているんですか?(加藤諦)
は(わ)、九分九厘。(相談者)
・・
いう感じです。(相談者)

スゥ・・(相談者)

ああ・・(加藤諦)
それにあたってぇ・・(相談者)
はぁい・・はぁい。(加藤諦)

ギャンブルが・・好きでぇ。(相談者)

あっ・・(加藤諦)

・・

ご主人ギャンブルが好き。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

あっ・・これはギャンブルが好きという程度ですか?(加藤諦)
ん・・(相談者)
そ、それとも好きをちょっと通り越してぇ・・ギャンブル依存症・・とかって・・(加藤諦)
依存し・・依存症というのかも、そこら辺は・・もうちょっとよく・・あのぅ・・(相談者)

お金のことに関しては・・主人が・・全部握ってましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

生活費・・といってもらってる感じ・・なんですね。(相談者)
あっ・・なるほど。(加藤諦)

生活費としてもらっていて。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

それ以外をギャンブルに使ってるということですねぇ。(加藤諦)
そうです。(相談者)
あっ・・(加藤諦)

それは・・ギャンブル依存症ではないですねぇ。(加藤諦)
あっ、そうなんですか?(相談者)
うん、たん・・単純にギャンブルが好きということ・・(加藤諦)
あはっ、ああ、ああ・・(加藤諦)
でしょうね、はぁい、はぁい。(加藤諦)
それでぇ・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
もう一応、10年前に退職してるんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
それで・・(相談者)

まっ・・(相談者)

あのぅ・・新しく、住むお家も買ったりしてぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)

まっ・・退職金で、買いました。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
でも、残りのお金・・わたしは・・ちょっと・・いくらぐらい、あるのかが全く分からずですけども。(相談者)
ぁ、はぁい。(加藤諦)

ある・・(相談者)

ことから・・(相談者)

ゼロ・・っていうふうに・・(相談者)

分かったんです。(相談者)

ということは新しい家(うち)を買ったことでぇ・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
退職金は全部、もう無くなったということですね、はぁい。(加藤諦)
はぁい、退職金と、あと・・自分で、ギャンブルです、あのぅ、パチンコですねぇ。(相談者)
ウン・・(加藤諦)

パチンコですねぇ・・はぁい。(加藤諦)
はい・・(相談者)

それでぇ、無いんですもう。(相談者)

はぁい。(加藤諦)

でぇ、今も、年金生活っていう形なんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇその年金生活も・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

もう・・だんだん、ちょっとこう・・今のこの世の中でぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)

引かれる物がい・・ありましてぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
少なくなって来てます。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

それでぇ・・(相談者)

やって行けない・・(相談者)
・・
ぃ・・行けなくなって来たぁ・・っていう・・(相談者)
やって行けなくな(ろれつが回ってない)・・(加藤諦)

なって来たというのは、二人で今まで生活、もう息子さん達出て行くわけですよねぇ。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

二人の生活が、もう・・(加藤諦)

うん・・(相談者)
今までは出来たけど、今・・(加藤諦)

出来なくなって来たということですか?(加藤諦)
そうなんです。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
というのも・・(相談者)

またちょっとそこで一つ問題が起きてるのんでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

長男の方が・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

あのぅ・・別れまし・・離婚しましてぇ。(相談者)

はぁい。(加藤諦)

孫・・(相談者)

子供は・・(相談者)

はぁい。(加藤諦)
長男が・・(相談者)

親権取ってみているんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
・・
でぇ・・(相談者)

・・

それで・・(相談者)

孫の世話をしに・・(相談者)
あなたが?(加藤諦)

えっと夫婦で。(相談者)

・・

夫婦でってことはその・・あなたのご主人と一緒にということ?(加藤諦)
そうです。(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦)

そして、行って・・世話を、してたんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

まっ・・わたしが・・ちょっと体調崩しまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
はい。(相談者)

ちょっと別居・・っていう形になったんです。(相談者)

あっ、別居は・・してからどのぐらい経つんですか?(加藤諦)
別居して4年ですね。(相談者)

あっ、もう、かなり前ですねぇ。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
でぇ・・(相談者)

その前からずっと単身赴任だったんです。(相談者)

はぁい・・(加藤諦)

で、単身赴任ももう15年ほど・・(相談者)

はぁい。(加藤諦)

に、なるんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

それでぇ・・(相談者)

お金がないっていうことでぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

それ以前から・・(相談者)

いろいろ・・(相談者)

葛藤がありまして。(相談者)

うん。(加藤諦)
別れ・・(相談者)
・・
・・
たいな・・っていう気持ちは、もう徐々に、徐々に・・っていう感じだったんです。(相談者)
強くなって来た・・それで今も、別れて話は出ているんですか?出ていないんですか?(加藤諦)

・・

ちょっと出かけました。(相談者)

ちょ・・っと出かけた。(加藤諦)
・・
ぁ、要するにあなたの方から・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)

もう・・別れましょうというのは・・(加藤諦)

・・

あのぅ、それも・・(相談者)

主人の方からは。(相談者)
ええ。(加藤諦)
・・
今までから・・(相談者)
・・
ええ。(加藤諦)

そのぅ・・気持ちはあったけども、直接的な言葉としては・・(相談者)
・・
ええ。(加藤諦)

・・

発してないんです。(相談者)

・・

・・

「直接的な言葉、発してない」・・って、どういう言葉を直接・・(加藤諦)
あっ・・(相談者)
発して・・(加藤諦)
「別れよう」っていう言葉を。(相談者)

ご主人が?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

で、あなたの方は「別れよう」という言葉をもう言ってるわけですね?(加藤諦)
今回・・今回初めて言いました。(相談者)
はぁい・・(加藤諦)

・・

はぁい。(加藤諦)
だら・・(相談者)

その言葉に対して・・(相談者)

「俺は・・」(相談者)

「そう、思ってた」(相談者)

「そういう気持ちがあった」(相談者)

あぁ・・はぁい。(加藤諦)
って、初めて・・(相談者)

向こうの気持ちが・・(相談者)

分かったようなことなんです。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい。(加藤諦)

ということは、別れる別れないの話ではなくてぇ。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

お互いに別れましょうというふうにもう、なってるわけですね、あっ、なってるっていうか気持ちはもうお互いに別れることになってるわけですよね。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

はぁい・・(加藤諦)

それ・・(加藤諦)
それでぇ・・(相談者)
はぁい。(相談者)

わたしもこれから・・(相談者)

一人での生活になると。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

年金だけでは・・(相談者)

心もといのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
持てないので。(相談者)

今・・(相談者)

言われてます・・年金分割。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
に関してぇ・・(相談者)
はぁい。(相談者)

こういう状態、貯金もなく・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

主人の生活もある中でぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

年金分割が・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

通るのかどうか・・って・・(相談者)
っていうのが今日の相談ということですね?(加藤諦)
はい、そうです。(相談者)

はぁい、分かりました。(加藤諦)
はい。(相談者)
今日はスタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてんのでぇ・・(加藤諦)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦)

はぁい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.   この手(ご年配女性)の ご相談  結局何をご相談になりたのか 聞き取りに苦労しますねぇ!
     余計なことなしに端的に(単刀直入に) 状況とご質問を なさってくだされば 聞く方も苦労しなくてすむのですが。

  2. この相談者が言っていることがどこまで本当なのか、疑問を感じながら聴いていました。
    そもそも家計を旦那が握っているのは、この相談者に家計のマネジメント能力が無いからでは?
    離婚して自立してゆく能力があるんでしょうかねえ?
    離婚を考えるのなら、年金分割や財産分与など当然自分で調べて将来の見通しをたてるのは常識です。
    単純に年金を半分もらって生活できると考えているのなら甘すぎます。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.