テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年6月17日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル・愛(エッセイスト)
41歳女性からの相談、4年前に離婚、2年前から付き合っている彼からプロポーズを受ける。7歳の息子は賛成してくれたが、9歳の娘は再婚に抵抗感がある。娘は彼を嫌っているわけではないが、「パパ(元夫)とやり直して」みたいな事を言っている。再婚すべきか見直すべきか?
加藤諦三氏の〆の言葉『愛とは、自分の愛する能力を実現する事、愛される事ではありません。』

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

もしもし?(加藤諦)
あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

お世話になります。(相談者)
はい。(加藤諦)
お願いします。(相談者)
最初に、年齢教えて下さい。(加藤諦)

はい・・41歳です。(相談者)
41歳ね?(加藤諦)
はい。(相談者)
はぁい、結婚してます?(加藤諦)

っと、離婚して、一人・・(相談者)
離婚して一人・・(加藤諦)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦)

何年前ですか?離婚したの?(加藤諦)

うんっと4年前です。(相談者)
4年前・・お子さんは?(加藤諦)

えーっと、子供もは二人です。(相談者)
・・
上が・・(相談者)

9歳・・で。(相談者)
はい。(加藤諦)
女の子でぇ。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
下が、7歳で男の子です。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ、この二人は今、あなたと一緒に暮らしてんの?(加藤諦)

はい。(相談者)

はぁい、わかりました。それでどんな相談ですか?(加藤諦)

えっとですねぇ・・2年・・ちょっと前から・・(相談者)

はい。(加藤諦)
交際してる方が・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

いらっしゃるんですけれど。(相談者)
ええ・・(加藤諦)

その方から・・プロポーズを受けましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
さい・・こん(再婚)を・・考えてるんですけれど。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
その方・・から、あの、子供達に・・その旨を・・伝え、たんですけれど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

下の、息子の方は・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
「いいよ」っていうことだったんですけれど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

上の娘の方が・・(相談者)
ええ。(加藤諦)
抵抗感を示しておりましてぇ。(相談者)
ああ・・はぁい、はぁい。(加藤諦)

えーっと、別に・・娘も、彼のこと、嫌ってるわけではないんですけれど。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

「パパは?」・・みたいな・・「出来れば、パパとやり直して」みたいなことを言っててぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦)
ハァァ(ため息)・・(相談者)

むう・・娘のために、あまり再婚を急がない方がいいのか?・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
っとかぁ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

それとも・・あまり考えてないんですけど、結婚自体は、見直した方がいいのか?とか、そういうことが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
悩んでるんですけど。(相談者)
はぁい・・でぇ・・(加藤諦)

この子たちとの父親との付き合いは今・・あるんですか?m
月に1回ぐらい・・(相談者)
ええ。(加藤諦)

会・・ってるんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
子供達とは。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
子供達が、父親のところへ行く形なんですけど。(相談者)
うん・・父親は・・(加藤諦)
それも・・(相談者)
今、今一人?・・それとももう結婚してんの?(加藤諦)

いえ、一人のようです。(相談者)
ああ・・そうですか・・はぁい。(加藤諦)

・・

ほんで、あなたが今・・にプロポーズしたという・・(加藤諦)

人は何歳ですか?(加藤諦)

同い歳です・・(相談者)
あっ・・(加藤諦)
わたしと。(相談者)
41歳?(加藤諦)

はぁい。(相談者)

そいでぇ・・(加藤諦)

ぇ、まず・・(加藤諦)

お子さん・・云々よりも・・(加藤諦)

まずあなた自身がこの男性を・・(加藤諦)

好きなのかどうか・・ってことですよね?(加藤諦)
もちろんあの・・好きですし愛しております。(相談者)

そうですか。(加藤諦)
男性が必要だ・・っと思う部分は・・(相談者)

ええ。(加藤諦)
あると思います。わたしちょっと・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
あの・・(相談者)

おっきい病気を去年しましてぇ・・(相談者)、

はぁい。(加藤諦)
その時も・・支えて、くれてぇ・・(相談者)

ああ・・(加藤諦)
どちらかというと、子供は・・(相談者)

そだ・・(相談者)

って(育って)行きますから・・(相談者)
そうですよね、それは。(加藤諦)
このぅ・・なんて言うか・・育ったあと・・も、だって、なんて言うか早いんですけど、ちょっと老後を・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
二人でぇ、穏やかに過ごせて行けるんじゃないかな・・っと思うような男性なんですけど。(相談者)

大きい病気っていうのはどのぐらいの病気ですか?(加藤諦)

癌です。(相談者)
あっ、癌ですか、それでぇ、もうその何?・・癌は今・・あのぅ、手術かなんか・・してもう・・(加藤諦)

・・

ええ、あの、かん・・ち(完治)と言えるかどうかわからないんですけれど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

とりあえず・・(相談者)

今現在・・心配っていう状態では・・(相談者)
いや・・(加藤諦)
ないです。(相談者)

前の・・夫が・・(相談者)

ちょっと近くに、あのぅ、自分の実の・・(相談者)

実家があったんですけれど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

妻子よりも・・(相談者)

実家の人たちを心配してる・・(相談者)
ああ・・(加藤諦)
っていうか。(相談者)
・・
彼にとっては・・(相談者)
うん。(加藤諦)
わたし・・(相談者)

たち妻子よりも。(相談者)
うん・・(加藤諦)

実家の方が大切なんだなって・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
思うような・・(相談者)
要するにアレねぇ・・(加藤諦)

あの非常に単純に言えば、マザコンということねぇ。(加藤諦)

そうだと思います・・はぁい。(相談者)
ですよねぇ。(加藤諦)
わたしなりに・・(相談者)

わたしはとっても愛してたんです。(相談者)
うん。(加藤諦)
でも・・彼は・・ずっと10年間・・(相談者)

わたし達を、愛してなかったっていうか・・(相談者)
うん。(加藤諦)

大切にして・・くれてるっていう・・(相談者)

こと・・ではなかったように思うし。(相談者)
うん・・(加藤諦)
元夫に対する・・(相談者)

この、憎しみのような感情っていうか。(相談者)
うん。(加藤諦)

そういのは・・娘は理解出来ませんのでぇ・・ま、***・・(相談者)
まっ、9歳だからねぇ。(加藤諦)
はぁーい・・そうなんです、だから・・(相談者)

さい・・こん(再婚)を考えてる・・彼との間・・(相談者)

と、こう、抵抗感・・が・・(相談者)

いつもはそんなことないですけど。(相談者)
ま、それは・・それはあるでしょうねぇ。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
まだパパは好きでしょうからね。(加藤諦)

はぁい・・(相談者)

はぁい。(加藤諦)

はい、わかりました、大変難しい・・相談だと思いますけれども。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
今日は、スタジオに・・心についての、エッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。(加藤諦)

≪ 前へ1234
1 / 6 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.