テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年6月3日(月)
加藤諦三&中川潤
64歳女性から、半年前に再婚同士で入籍した夫、一昨年に癌の手術をし通院中。夫亡き後が不安で父との養子縁組を提案、義父義妹義弟には夫が話すと言っておきながら無断で養子縁組の届け出を提出。「財産目当て」と無効の訴えを起こされそうなのだが。
加藤諦三氏の〆の言葉『修羅場は早く作れ』デヴィッド・シーベリー

目次

スポンサーリンク

養子縁組無効の裁判

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:64歳女性 夫67歳 再婚同士で半年前に結婚(付き合いは18年) 夫は義父92歳と同居中で今は別居中(持ち家) 義妹64歳 義弟61歳

もしもし?(加藤諦)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)
あっ・・すいません、よろしくお願いします。(相談者)
はい・・(加藤諦)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦)

はい、わたくし・・64歳。(相談者)
60・・4歳・・結婚してます?(加藤諦)

はい結婚してます。(相談者)
えっと、ご主人何歳ですか?(加藤諦)
はい、夫は67歳。(相談者)
67歳・・お子さんは?(加藤諦)

あっ、お互い再婚どうしで。(相談者)
はい。(加藤諦)

半年前に再婚して、あのぅ・・夫・・は・・(相談者)

子供二人います。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦)
はい。(相談者)
はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦)
夫が・・(相談者)

一昨年(おととし)、癌で・・(相談者)

結局・・あの、手術をしたんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦)
あの、ま、手術は成功して、ま、今、定期的に、あのぅ・・(相談者)

転移がないか、病院に通ってる・・状況です。(相談者)
はい。(加藤諦)

あの、夫の・・父親が。(相談者)

はい。(加藤諦)

あの92歳です。(相談者)
はい。(加藤諦)

はい、あのぅ、夫と同居です。(相談者)
はい。(加藤諦)

でぇ・・まぁ、わたし・・夫と、籍を入れて・・(相談者)

やっぱり凄く不安で。(相談者)

うん。(加藤諦)
あのぅ・・夫の・・住んでる・・(相談者)

土地とかは、あのみんな・・(相談者)

父の、夫の父の・・名義になってまして。(相談者)
はい。(加藤諦)

建物は夫の名義なんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦)

もしも・・(相談者)

夫の方が先に逝って・・しまった場合ですね。(相談者)
はい。(加藤諦)
わたしが、そこに住み続けることができるかどうかっていう相談なんですけども。(相談者)
ああ、なるほどね。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
でぇ・・(加藤諦)

あなたの今のご主人は・・(加藤諦)

はい。(相談者)
あのぅ・・兄弟はどうなんですか?(加藤諦)
あっ・・(相談者)

兄弟は、妹が・・(相談者)

64歳。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ、弟が・・(相談者)

61歳です。(相談者)
61歳、そうすると三人兄弟ですね?(加藤諦)
はい、あのそれでわたし、ちょっと知り合いに勧め・・あのぅ・・(相談者)

いざ、あの、養子縁組を・・(相談者)
うん。(加藤諦)

あの、お義父さんと養子縁組をしておくといいよ・・って。(相談者)
・・
「そうすると、安心よ」・・ってことを・・(相談者)

聞きましてぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
それでぇ・・(相談者)

あの、それ夫にお願いして。(相談者)
うん。(加藤諦)
それで・・(相談者)

あの、お義父さん、兄弟にも・・(相談者)

あの、「ちゃんとその事伝えてくださいね」っていうことで。(相談者)
うん。(加藤諦)
あの、夫は「うん大丈夫、伝えた」ってことで・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あの、養子縁組の届けを出させてもらいました。(相談者)

あっ、そうすると・・(加藤諦)
えっ?(中川潤)
はい。(相談者)
養子縁組してるんですね?(加藤諦)
はぁい、はい、そうなんです。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)

ところが・・(相談者)
はい。(加藤諦)
結局、夫が(苦笑)・・(相談者)
うん。(加藤諦)
兄弟にも・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あの、話さないでぇ。(相談者)

うん。(加藤諦)
出してしまったってことなんです。(相談者)
うん?兄弟に話さないで。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

養子縁組をしたっていう事ですか?(加藤諦)
はぁい、はい、そうです。(相談者)

でぇ・・それでぇ・・(相談者)

父親は・・ちょっと、字が書けない人でぇ。(相談者)

その、父親のサインも、夫が・・(相談者)

サインして、あの出してしまったんですけども。(相談者)
うん・・(加藤諦)
あのその事でぇ・・裁判・・にするって、訴えるってことで。(相談者)

あっ・・(加藤諦)

あのぅ・・(相談者)
この養子縁組が・・(加藤諦)
はい。(相談者)
無効だということを・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
弟、妹さんが・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)

無効だということ、裁判を起こしているんですか?それとも、「起こす」と言ってるの?(加藤諦)
「起こす」と・・言われてるんです。(相談者)
「起こす」と言ってるわけですね?(加藤諦)
はい、はい。(相談者)
まだ、起こしていないんですね。(加藤諦)

はい・・(相談者)
はい。(加藤諦)
そうです。(相談者)

はい。(相談者)
それでぇ・・夫が、癌・・(加藤諦)

転移、その他ということが、今、心配でぇ。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

あなたから見ると、そのぅ・・お・・(加藤諦)

っと(夫)に・・万一なことがあるっていうのは・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)

現実的な問題として考えているということですね。(加藤諦)

ええ、もし何かあった場合、わたしが・・(相談者)

義父も・・実の親のようにわたしは・・お世話してぇ。(相談者)

させてもらいたいという・・気持ちでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
あの、養子縁組、お願いして。(相談者)
・・
させてもらって・・(相談者)

兄弟達は、それ・・(相談者)

ちょっとすごく揉めてしまって。(相談者)
・・
あの、「財産目当てか?」っていう感じになってしまってぇ。(相談者)

あの、**・・(相談者)
ということは、「財産目当てか」というと・・かなりそのもう・・(加藤諦)

面と向かって話をしてる・・んですね?この・・(加藤諦)
はい、はい。(相談者)
ああ、ああ・・(加藤諦)
・・
はい。(相談者)

かなり険悪と言っちゃあ・・(加藤諦)
ややこしいですねぇ・・ええ・・(相談者)
言い過ぎでしょうけども。(加藤諦)
そうです、そうなんですよね。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

ええ・・(相談者)
でぇ・・今日の相談というのはそういう・・こう、関係の中で・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

穏便に・・(加藤諦)

はい。(相談者)
かつ・・その心配のないようにするには・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
どうしたらいいか?・・ってことですか?(加藤諦)
はい、はい・・そうです。(相談者)
はいわかりました。(加藤諦)
はい。(相談者)
今日はあのスタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦)
あっ・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦)
はい、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. これは揉めるだろうなあ。
    そもそも義父が同意してないのに勝手に養子縁組の届を出したこと自体が間違ってます。
    裁判になれば負けるのは目に見えてますね。
    狡いやり方をした結果です。
    話がこじれてしまった以上いったん養子縁組は解消して、あとは別途方策を講ずる(たとえば夫に全財産を妻に相続させるという遺言書を書かせるとか)しかないでしょう。
    夫が死んだ場合、義父には遺留分がありますが兄弟には遺留分がありませんから、そのあたりが落しどころじゃないでしょうか。

この記事にはコメントできません。