テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年6月24日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
56歳女性から、20歳の息子、自閉症、発達障害で職業訓練校に通っているが、先生からコミュニケーションが取れないので就職が難しいと指摘を受けてきた。話の辻褄が合わなかったり、一人の世界に入り込むような子。元々コミュニケーションがなかったが、就職が難しい状況をどうしたらいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『この子を自分が上手く成長させようというコントロール感覚がある場合には、難局は切り抜けられます。』

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

相談者:56歳女性 夫65歳 長男20歳(発達障害・職業訓練校に通う) 下の子17歳 姑(年齢不明) 5人暮らし

もしもし?(加藤諦)

あっ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)
はぁい、よろしくお願いします。(相談者)

最初に、年齢教えて下さい。(加藤諦)
はぁい、56歳です。(相談者)
56歳・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦)

はぁい。(相談者)
ご主人何歳ですか?(加藤諦)
え・・65です。(相談者)
65歳・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

お子さんは?(加藤諦)

え、子供2人おりましてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
え・・上が、20・・20歳(はたち)。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

はぁい、下が、え・・10・・7歳。(相談者)

はぁい。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
それで今・・は・・(加藤諦)

4人で暮らしてんですか?それとも・・(加藤諦)
いえ、え・・(相談者)
ご主人と2人?(加藤諦)

はぁい、えっと、主人の方の母と。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦)
はぁい、えーっと、あの、子供・・上の子なんですが、この子が今・・(相談者)
上の子って・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
20歳(はたち)の子ね?(加藤諦)
20歳(はたち)の子です。
はぁい。(加藤諦)
はぁい、その子が・・(相談者)
男の子?女の子?(加藤諦)

えっと、男の子です。(相談者)
男の子、はぁい。(加藤諦)

はぁい・・(相談者)
・・
でぇ、その子が、あのぅ・・来年就職・・するのに。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
学校の先生から・・学校っていうのは、職業訓練校なんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

それのあのぅ・・就職が、あの難しいんではないか・・っていうことで先生から指摘を受けましてぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦)

あのぅ・・(相談者)

コミュニケーションが取れないっていうのと。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
あと、発達障害がありましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

はぁい・・(相談者)

でぇあの、アルバイトなんかも・・見つけたんですが、すべて断られましてぇ・・何が原因だかわからないんですがぁ・・そういうのもありましてぇ。(相談者)
断られた・・っていうことは・・(加藤諦)

あの、一旦、アルバイトを始めてぇ、それで断られたっていうんじゃなくて・・(加藤諦)
いえ、えっと最初から・・(相談者)
もう・・(加藤諦)
面接の方から・・
そ、さ・・(加藤諦)
面接、はぁい。(相談者)
面接の段階で断られた?(加藤諦)
面接の段階で断られましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
でぇ、それであの本人は、あのぅ・・ショックだったみたいでぇ、アルバイトは、あの、募集はやめたみたいでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
でぇ、なおかつ先生の方から、あのぅ、就職の方が難しいんではないか・・っていう指摘を受けたっていうことで、昨日(さくじつ)・・(相談者)

うん。(加藤諦)
話を聞きました。本人から、はぁい。(相談者)

就職・・(加藤諦)

するための学校ですよね?訓練・・(加藤諦)
はぁい、そうです、はぁい。(相談者)
でぇ、そこの先生が・・(加藤諦)
・・
はぁい。(相談者)

「就職は難しい」と言う・・という・・(加藤諦)

あなた・・から見て納得いくようなことなんですか?(加藤諦)

どしても、コミュニケーションが取れないっていうのが、彼の特性の一つがありましてぇ。(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦)

はぁい・・なの・・(相談者)
あの、コミュニケーションが取れない・・っていうのは・・(加藤諦)

ま、ちょっと具体的に言うと、ど、どんなようなことですか?(加藤諦)
え・・自閉症・・っていうか、あのぅ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦)
え・・発達障害を持ってましてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

はい、でぇ、コミュニ・・ケーションが取れないっていうのが、大きな一つの、あのぅ・・特色なんですが。(相談者)

で、コミュニケーション取れない・・っていうのは・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
この、5人で暮らしていてですねぇ・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

日常生活に・・なんか、問題があるんですか?(加藤諦)

問題はないんですが、ただあのぅ・・しゃべってることが、あのぅ・・幼いっていうのと・・(相談者)

それから、話が全然辻褄が合わないことが多いんでぇ。(相談者)

自分だけでしゃべって終わってしまうっていうところが、あるんですね。(相談者)

・・

要するにあなたの方からすると・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
会話でなくて、そ・・この子は・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
この20歳(はたち)の子は・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

自分一人の世界・・に入ってしまってると。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
でぇ、あなたと感情は・・(加藤諦)

共有出来ないという。(加藤諦)

そうです、はぁい。(相談者)
そういうことね?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

昔・・そういう診断を受けましてぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
あの、小学校の時に、そういうあのぅ・・個別のそういうところに、入れてぇ・・たんですね、学校・・同じ学校の中でそういう子を集めて、要するに・・(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦)
指導してるような・・ところに・・一応入れたんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
3年生からずっと。(相談者)

・・

その・・(加藤諦)

子が今・・(加藤諦)

コミュニケーション・・(加藤諦)

もともと・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
コミュニケーションでき・・(加藤諦)

る(出来る)、あなたから見るとコミュニケーション出来る能力が、そもそもないというふうに、思ってるわけ?今?(加藤諦)

・・

んっと、思ってます・・低いと、思ってます、はぁい。(相談者)
んん、なんか、低いというのはそのぅ・・あなたから・・(加藤諦)

話を聞くと事実低いんでしょうけれどもね。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
その発達の・・(加藤諦)

過程で問題があって・・(加藤諦)

うん・・はぁい。(相談者)
コミュニケーション出来なくなってんのかぁ・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
それとも、もともとコミュニケーションの能力がなかったのか・・っていうことをちょっと伺ってみたいと思ったんです。(加藤諦)
あっ・・もともとはないんだと思います。(相談者)

もともとコミュニケーションの能力がなかった?(加藤諦)
はぁい、えっと一人・・でぇ、小さい時から一人で遊ぶのが好きで、一人の世界に入るこが好き・・好きな子でした。(相談者)

うーーん・・(加藤諦)

・・

一人の・・世界には入るんですけれども。(加藤諦)
はぁい、ええ。(相談者)

・・

この子からすると、周りの大人が自分のこの気持ちを・・(加藤諦)

汲み取ってくれないから。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
一人の世界に入る以外に・・(加藤諦)
ああ、ああ・・はぁぁぁ・・はぁい!(相談者)

生きる・・道はなかったという・・(加藤諦)
ふぅーーーーん・・すぅ・・ああ・・そうです・・ねぇ、はぁい。(相談者)
そういうことは・・ない・・で・・す・・かねぇ?(加藤諦)

・・

そうですね、はぁい。(相談者)
いうことですか?ほいでぇ・・(加藤諦)
あのぅ・・**、*す・・(相談者)
今日の、そ、そ、そう・・だん(相談)というのは・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
問題はないのに、一人の世界に入り込むような子でぇ。(加藤諦)
・・
はぁい。(相談者)

20歳(はたち)にな・・ってみると、今、就職が・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
非常に難しいという状況だ。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
どうしたらいいんでしょうか?っていう相談ですね。(加藤諦)
はぁい、そうです、はぁい。(相談者)
わかりました、今日はあのぅ、スタジオに・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
幼児教育研究の大原敬子先生がいらしてんのでぇ・・(加藤諦)
はぁい・・はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 5 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. こういう話って子供の頃から療育すればかなり改善されると
    聞くけど、先生が言うレベルで有れば「手帳持ち」レベルじゃ
    ないですかねぇ・・・職訓行く前段階だと思うんだけど。
    その辺の過程がズボっと抜けてるので何とも言えない。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.