テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年7月5日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
51歳女性から、人見知りが激しく、どんどん恥ずかしがり屋が酷くなってきて、今では外に出るのもつらくなってきた。人に会うのが億劫。父、兄、従兄からはイタズラされ、通学電車では毎日のように痴漢に遭っていた。母に相談しても何も返って来ない。信じられる人はいなあかった、人と会うのが辛くなってきて(対人恐怖症の兆候)、どうしたらいいでしょう?
加藤諦三氏の〆の言葉『コントロール感覚の無い人、それが逆境に弱い人です。』

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

相談者:51歳女性(主婦) 夫56歳 長男15歳 3人暮らし 他登場人物 父、母、兄、従兄(かなり年上)

もしもし?(加藤諦)
はぁい、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)
よろしくお願いします。(相談者)
はぁい、最初に年齢教えて下さい。(加藤諦)
はい・・51歳なんです。(相談者)
51歳・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

でぇ、ご主人何歳ですか?(加藤諦)
56歳です。(相談者)
56歳・・お子さんは?(加藤諦)

え・・息子で15歳です。(相談者)

15歳・・(加藤諦)

3人で暮らしてんですね。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
はぁい、分かりました。でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

えーっと・・子供の頃から・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あ、わたし自身なんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
・・
えーっと、子供の頃から・・(相談者)

人見知りが激しくってぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
でぇ・・すごく、恥ずかしがり屋だ・・だったんですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ、あのぅ、子供の頃は、あのぅ・・明るくて、あの、元気でぇ・・良かったんですけども。(相談者)
・・
恥ずかしがり屋が・・どんどん酷くなって来ましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
でぇ・・もう今は、外に出るのも、すごく辛くなって来ましてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)
人と会うのが・・(相談者)

すごく億劫になって来ました。(相談者)
・・
小学生・・ぐらいまでは。(相談者)
うん。(加藤諦)

スポーツも良く出来て。(相談者)
うん。(加藤諦)
友達も・・あの、たくさんに囲まれて、という感じでぇ。(相談者)
うん、うん。(加藤諦)
だったんですがぁ。(相談者)
うん。(加藤諦)
・・
それを妬む友達が・・(相談者)

いてぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)

そこからなんかこう・・人・・を、信じられないというかぁ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

人間不信というか・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
そういう・・ところが始まりだったと思うんですがぁ。(相談者)
うん・・うん、うん。(加藤諦)

っと・・あの、年齢でいうと、どのぐらいの、あれですか?その人を信じられなくなったっていうのは。(加藤諦)
はぁい、えっと、小学生までは・・(相談者)
ええ・・(加藤諦)
あのぅ、すごく楽しかったんですが。(相談者)
うん・・(加藤諦)
中学に入ってからぁ・・(相談者)
ええ。(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)

えん、一人じゃないんですが・・あのぅ・・友達に、裏切られたりとか・・(相談者)
うん。(加藤諦)

受験の時に、あのぅ・・入試の時に、あの、友達と・・一緒に、あのぅ、受けに行ったんですが・・(相談者)
・・
うん・・(加藤諦)
その時に、「一緒に行こう」って言ったんですが。(相談者)
うん・・(加藤諦)
あのぅ、友達が「一人で行くから」っていうことでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
別々に行ったんですが・・(相談者)
うん。(加藤諦)

友達が、遅れて来たんですね。(相談者)
うん。(加藤諦)
・・
まぁ、遅刻という形だったんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦)
中学に戻りましてぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
でぇ・・その時に先生から、あのぅ、「一緒に行ってあげれば良かったのに」って、わたしが責められたんですね。(相談者)
・・
うん。(加藤諦)
でぇ・・(相談者)

そういう、あのぅ、経験を一つ一つ、あのぅ、一人じゃないんですが、たくさんの・・人から・・(相談者)
うん。(加藤諦)
いろいろ・・辛い経験が重なってぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
今に至ったんですが。(相談者)
うん。(加藤諦)

それ以外にも・・(相談者)
うん。(加藤諦)
例えば、あのぅ・・(相談者)

学生時代・・(相談者)

通学で電車に乗ってたりとかすると。(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ、毎日のように痴漢に遭ったりとかぁ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
・・
父とか、兄とか・・(相談者)
うん。(加藤諦)
従兄とかにも、イタズラされたりとかぁ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
・・
あとぅ・・そうですね、男性・・とのお付き合い・・とかでも、やっぱり・・お付き合いしてても、そういうことが・・身体の・・関係が目的なのかな・・っていうふうに言ってしまってぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
だんだんこう・・人が信じられなくなり・・(相談者)

・・

怖くな・・(相談者)

って来ました。(相談者)

うん。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

・・

・・

あのぅ・・(加藤諦)

そのぅ・・ま・・(加藤諦)

男性との関係でも身体の関係が目的かな・・っていうような・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

ふうに考え出したのは何歳ぐらいですか?(加藤諦)
そうですねぇ、えーーっと・・(相談者)

20代後半・・(相談者)
20代後半ですね?(加藤諦)
くらいだと思います、はぁーい。(相談者)

と、20代後半の時には・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

もうあのぅ・・(加藤諦)

・・

大変失礼な言い方だけど。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
自分に、自信がなか・・ったというふうに考えていいですねぇ。(加藤諦)
そうですね、自分にはもう・・はぁい、中学・・ぐらいから・・(相談者)

自信がなかったら・・です。(相談者)
自信が・・(加藤諦)

自信があれば・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

男性をそういうようには解釈しないですからね。(加藤諦)
ああ・・そうですか。(相談者)

ちょっと質問を・・変えますと。(加藤諦)
はぁい。(加藤諦)
お父さん、お母さんとの関係はどうだったの?(加藤諦)
はぁい。(相談者)
まぁ、小学校の時は、もう明るくて元気でぇ・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
楽しくって。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
っていうんですけれども。(加藤諦)
はぁーい。(相談者)
あのぅ・・そうですねぇ。(相談者)

え・・(相談者)

父が・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ、どちらかというと、あのぅ・・ワンマンなタイプでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ・・割とこう、自分の好きなように動くタイプでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
でぇ、母は・・(相談者)

下から支えるというか。(相談者)
うん。(加藤諦)
後ろから支えるという・・(相談者)

タイプの人でぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

でぇ・・そうですね、あのぅ・・は・・やっぱり小学校・・ぐらいまでは・・割と仲良く家族で旅行行ったりとかもしてたんですがぁ。(相談者)
うん・・(加藤諦)
あのぅ・・え、ち、父が、あのぅ・・ギャンブル・・(相談者)

を、しだしてぇ。・(相談者)
うん。(加藤諦)
でぇ、それでぇ、あのぅ・・まぁ、自営業だったんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)

えっと、集金して来た・・お金を。(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ、ギャンブルの方に使ってしまったり。(相談者)
うん。(加藤諦)

して、あのぅ・・まぁ、そのぅ・・自営業の方にもちょっと影響が出るということでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ、毎日のようにこう、喧嘩を・・するように・・(相談者)

なってぇ・・(相談者)
お父さんとお母さんが、喧嘩するという・・はいはい。(加藤諦)
はぁい、はぁい。(相談者)
まぁ、わたしも・・あのぅ、思春期に入って来てぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
割と、あのぅ・・成長が早かったのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
身体の成長が早かったのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
どちらかというと、もう小学生でもう・・大人の人と変わらないぐらいの・・身長もありましたし。(相談者)
うん。(加藤諦)

でぇ、それでぇ、まぁ・・父がからかったりするのでぇ、胸を触って来たりとか。(相談者)
うん。(加藤諦)

ちょっかいを出すっていう感じ・・の、あのぅ・・触り方なんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦)
でぇ・・まぁ、抱きついて来たりとかもありましたし。(相談者)
うん・・(加藤諦)
んでぇ・・あのぅ・・(相談者)

それを母に相談しても・・何も変わらなかったんですね。(相談者)

うん・・(加藤諦)

守ってもらってるっていう・・感覚は・・なかったですね(涙声)。(相談者)

うん・・(加藤諦)
・・
はい。(相談者)

信じられる人は居なかった。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

人と会うのが辛くなって来て・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

それで・・(加藤諦)

・・

さぁ、今はどうしたらいいでしょう・・っていうことですねぇ?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

今日はですね。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
あなたの心の奥底まできっと・・解き明かしてくれると思います。(加藤諦)
あっ、はぁい。(相談者)
幼児教育研究の・・(加藤諦)
あ・・はぁい。(相談者)
大原敬子先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 5 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.