テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年7月8日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
65歳男性から、離婚した娘(バツ2)に3人の子供が居るが、育てられず娘自ら児童相談所に相談へ行き、相談者夫婦が預かることに。一番上の中3の女の子、祭りで知り合った高校中退した先輩と仲良くなり泊まってきたり、学校へも行かなかったり抜け出しりするようになる。自分にも反抗的で、どうしたらいいものか?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

相談者:65歳男性 妻66歳 孫3人(中3の女の子・小6・5歳) 5人暮らし 長男42歳 長女38歳(バツ2・孫3人の母親・福祉関係の仕事)

もしもし?(加藤諦)

あっ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

あっ・・どうぞよろしくお願いします。(相談者)

最初に、年齢教えて下さい。(加藤諦)
えーっと、65歳。(相談者)
65歳・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
えーっと、結婚してます?(加藤諦)

はぁい。(相談者)

え・・奥さん何歳ですか?(加藤諦)
66歳です。(相談者)
66歳・・お子さんは?(加藤諦)

長男が42歳・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

そいで長女が38歳です。(相談者)

はぁい。でぇ、今お二人で暮らしてるんですか?(加藤諦)

ええ、そうです。(相談者)
はぁい、分かりました。でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦)
あの、長女の・・(相談者)

1年ほど前に離婚しましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

アパート・・でぇ・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦)

子供三人を看ていたんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

ちょっと・・(相談者)

仕事の疲れと、ちょっと育児的なノイローゼに掛かりましてぇ。(相談者)

いやぁ・・一人で三人の子育ては・・(加藤諦)
ええ。(相談者)
大変だよねぇ。(加藤諦)
・・
そいでぇ、あのぅ・・ちょっと子供に手を出したりするものでぇ。(相談者)

あっ、子供に手を出すっていうのは暴力ですね?(加藤諦)
はい・・ええ・・一番下の子が5歳ですのでぇ・・(相談者)

でぇ、あのぅ、どの程度の暴力ですか?(加藤諦)

え、頭を叩いたり・・(相談者)
頭を叩くって・・別に、傷が・・(加藤諦)
ま、言うこと聞かなかったら、ま、つい手をで・・出てしまうっていう、状況・・(相談者)
うん、でぇ、あのぅ、アレですねぇ・・傷が出来るとかそういうことじゃないんですよねぇ?(加藤諦)
ああ・・そんなことはないです、はぁい。(相談者)
はぁい、はぁい、分かりま・・はぁい。(加藤諦)

でぇ、そ・・(加藤諦)
それで、まっ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
児童相談所にも、預ける・・い、っというような話になって来ましたのでぇ・・(相談者)

・・

「相談所に預ける」ってのはどういうことですか?(加藤諦)

いや、一時保護してもらうっていう形を・・(相談者)
あっ、そういうことでしたねぇ。(加藤諦)

ええ、それ母親が・・自分で言ったんですけども。(相談者)
ん、はぁい。(加藤諦)

ほいでぇ、わたしも・・児童相談所へ・・あのぅ、相談しましたらぁ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

あの、おじいさんの方でぇ・・まあぁ・・看られるんなら・・出来るだけ、まぁ、看たって欲しいっていうことでぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

三人を、ま、40分ぐらい離れたところに・・(相談者)

うん。(加藤諦)
わたしら夫婦のとこに今・・(相談者)

預かったんですけども。(相談者)
あっ、今、預かってんですか?(加藤諦)
はぁい、今預かってます。(相談者)
あっ・・っていうことは今・・(加藤諦)

二人で暮らしてんじゃなくってぇ・・(加藤諦)
いや・・・(相談者)
5人で暮らしてるわけですね?(加藤諦)
ええ、5人なんです。(相談者)
ああ、そうですか、はぁい。(相談者)

そいでぇ、その一番上の中3の長女がですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

1ヶ月ほど前からちょっと・・祭りに行った時に、まぁ、高校中退した先輩の・・男の子と、まぁ、仲良くなってぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

それでぇまぁ・・あのぅ、そこの家に泊まりに行ったり、ま、家にも連れて来たこともあるんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

そいでぇ、ここ1週間・・そのぅ・・男の、友達のとこに・・行って・・(相談者)

まぁ、学校行かない状態なんですわぁ。(相談者)

ん・・はぁい、はぁい、はぁい。(加藤諦)

わたしらが・・「学校行け」・・なんかって言うと、「もう帰らん」と言う、もう・・(相談者)

反抗的な態度を取りますもんでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

それでぇ、昨日は一旦帰って来たんですけども。(相談者)
うん。(加藤諦)

また夜、母親に・・あのぅ・・(相談者)

その男の友達の近くまで送れっていうことでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)

学校に行ったんですけど、またすぐ・・(相談者)

早退でその男の子と・・(相談者)

・・

ん・・(加藤諦)
あのバイク乗って出て行ったっていうこと、先生から・・ちょっと聞かされたんですけども。(相談者)
う、ん・・ん・・(加藤諦)
そいでぇ、わたし共、このまま預かって、そういう状態でいいんか・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
んん・・どうしたらいいか、もうちょっと分かりませんもんでぇ、ちょっとご相談をさせていただいたんですけども・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

でぇ、このお母さんは、それでぇ・・(加藤諦)

子供三人を・・(加藤諦)

あなたの方に預けて、どうしてるわけですか?(加藤諦)

そいであのぅ・・福祉関係の仕事ですもんでぇ、夜勤とかありますもんでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

夜勤明けの時には、あのぅ、一番下の子・・だけを・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

あのぅ、交代で看ているんです、今。(相談者)

ふぅーん・・(加藤諦)

離婚したということですけれども、どういうことでぇ、離婚したんですか?(加藤諦)

あのぅ・・性格の不一致でぇ・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
あのぅ、子供等を・・全然看なくて、帰って来て、こう、携帯でゲームをしているような状態が多かったんですねぇ。(相談者)
もう父親がねぇ?(加藤諦)
ええ・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦)
それでまぁ・・そのぅ、中3の娘らも反抗的になりましてぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)

でぇ、お母さんも、まぁ・・一緒に・・(相談者)

アパートに住むか?・・っていうことでぇ、1年ほど前に一旦出たんですけども・・(相談者)
うん。(加藤諦)

でもまぁ・・中3の女の子からすると・・(加藤諦)

お父さんとお母さんは仲が悪いと。(加藤諦)

ええ、まぁ、あの・・(相談者)
もともと・・お父さん・・(加藤諦)
孫の・・中3の孫にしたら・・その、実の父、ではないんです、2回目ですもんでぇ。(相談者)

ん?(加藤諦)

2回目・・っていうのは?(加藤諦)
はぁい、1年前に別れたのが2回目の・・(相談者)

夫・・なんです。(相談者)
・・
中3の長女と小6は、前の・・夫で・・(相談者)

・・

でぇ、1年ほど前に別れたのが5歳の・・子・・なんですけども。(相談者)

・・

はぁい、はぁい。(加藤諦)

この三人の関係はどうなんですか?上手く行ってんですか?(加藤諦)
三人は・・子供同士は上手く行ってるんですけども。(相談者)
うん・・(加藤諦)

・・

でぇ、あなたさっき・・(相談者)

反抗するって言ったけど、あなたに・・は、反抗してるわけですねぇ?(加藤諦)

ええ、そうなんですねぇ・・(相談者)
うーん・・(加藤諦)

でぇ・・(相談者)

この子から見ると、おばあちゃんになる、あなたの奥さん・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
66歳って言っても・・(加藤諦)
・・
はぁい。(相談者)
このおばあちゃんとの関係はどうなんですか?(加藤諦)
あのぅ・・普通なんですけども。(相談者)

これは普通?(加藤諦)

はぁい。(相談者)
うーん・・だけど・・(加藤諦)

あなた・・には反抗する?(加藤諦)

そうですね、わたしわりかしく、口うるさく、注意したりするものでぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)
うん、うん・・(相談者)
まぁ、あ・・あなたと・・接してるし・・あなたと・・は・・なんか、気持ちの上での・・こう触れ合いみたいなのが、ぁ、あるんでしょうねぇ?(加藤諦)
ええ、ええ・・(相談者)

それでぇ、まぁ・・(加藤諦)

こういう状態であなたが・・困り果ててるということですね?(加藤諦)
ええ、このままの状態でいいのか?どうしたらいいか?ちょっと・・分かりませんもんでぇ・・(相談者)
うーん・・(加藤諦)

でぇ・・(加藤諦)

この38歳のあなたのお嬢さんね。(加藤諦)
・・
はぁい。(相談者)

その最初の結婚っていうのはどういうふうに・・だった?(加藤諦)

最初の結婚の方はですねぇ、旦那が鬱・・に関係になったんです。(相談者)
・・
ん、ああ、ご主人が鬱?(加藤諦)
はぁい。(相談者)
はぁい・・(加藤諦)

で・・(相談者)
その時の子がこの中3・・(加藤諦)

と・・(相談者)

小6・・の子ですね。(相談者)
中3と小6の子ですねぇ・・(加藤諦)
は、はぁい、はぁい。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

そいでぇ・・(相談者)

2回目の結婚は?(加藤諦)
5歳の子がでけてぇ・・(相談者)
出来た・・(加藤諦)

そうすっと・・(加藤諦)
ええ、あのぅ・・(相談者)
その中3・・(加藤諦)
ある程度は上手く行ってたんですけども。(相談者)
はぁい・・(加藤諦)

その・・(相談者)

子供を看ないでゲームしたりするもんでぇ・・(相談者)
はぁい・・(加藤諦)

中3の・・孫とか・・母親が、まぁ・・(相談者)

もう嫌になって来たっていうか・・(相談者)

ほいで今このぅ・・(加藤諦)

中3の女の子が・・問題を起こしていると。(加藤諦)
ええ、ええ・・(相談者)
いろいろ大変な難しい・・(加藤諦)

ええ、まぁ・・(相談者)
問題が含んでると・・思います。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
けれども・・(加藤諦)
ええ・・(相談者)
幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてんのでぇ・・(加藤諦)
あ・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦)

よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 5 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。