テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

「テレフォン人生相談・・・でしたっ!」相談内容を語る

※KBCでの放送後に今日の相談を語るコーナー要約
今日の相談者は41歳女性の方、結婚されてましてご主人は42歳、姑と3人で暮らしてらっしゃる。

土地の権利の問題でご相談。

家を建て替える時に、税金対策ということで、義理のお母さん、ご主人、義理のお兄さん、3人の名義にした。

頭金は義母が出した。
後はご主人が支払っているローン、残り15年、1600万円ほど残っている。

その時、連帯保証人で、義兄の名前だけ借りた。
義兄はお金は出していない。
銀行がお金を貸すときに、土地の共有名義人である義兄の名前が必要だった。

嫁姑問題を、義母が義兄に話した。
そこから義兄の態度が変わって、連帯保証人を外せだ何だ、言い始めて、嫌がらせに1日200回電話があったり、メールが70通あったり、今はちょっとおさまったが、今でも月2回ぐらい、メールや電話が来る。

どうすればいいのか?

加藤諦三先生が、最後、締めのように「事実はどうでもいい話だ」って言ってましたけど、どうでもよくないでしょう、ちょっと。(波田陽区)

申し訳ないけど、我々3人はそうは思っていない。(川上政行)

この41歳の女性の方は、前は日に200回ほどの電話、今、月に2、3回・・弁護士の坂井先生も、「月2回ぐらいだったら我慢できるけど」みたいに言ってましたけど、それでも、いろんな電話が鳴るびに、もしかしたら・・というストレスもありますし。(波田陽区)

嫌な思いするわけですからね。(川上政行)

これもなくしてほしぐらいだと思うんですけど。(波田陽区)
ほんと、ほんと。

この中に出て来なかったんですが、この相談者の方の旦那さん。
旦那さんが、もっとこの奥さんの味方になってあげて、解決してあげてくれなかったのかな?って、一つの心配もあるし、やっぱりこの義兄、迷惑防止条例違反だとしても、この後の続きも怖いじゃないですか。
だからたぶん、この相談者の方、納得して終わってましたが、まだまだ根深い問題のような気がしますけどね。(波田陽区)

この42このご主人、ご主人の話が全くなかったと、陽区ちゃん言いましたけれども、確かに全然出て来なかったんですが、自分の母親の事であるので、ちょっと強く言えない部分が・・(想像ですよ)、もちろんあるんだと、義兄が関わってきてるわけでね。

普通の兄弟なら、「兄貴、いい加減にしろよ」って言ってもいいと思う。
まったく出て来なかったのが気になるところではありますが。

わたしは、嫁姑問題が、「ああ、こじらせちゃったんだな」って思って、すごく気になったんですけど。
それ、お義兄に話されたら、たまりませんわね。
そうしたら、やっぱり間に入って欲しいのは旦那さんですよね。(後藤真弓)

ご義母さんも、ご義兄さんでなくご主人に言うのが近い、一緒に住んでいるのに。
もしかしたら、兄貴に言えない弟かもしれない。

家族の関係が分からないので、言えませんが。

お義母さんが、お義兄さんに、ずっとこう言っていたら、憎き女・・みたいな扱いになっていたでしょうね。

お義母さんが、問題をお義兄に言ったというとこからスタートしている。

これ、お家の中でうまく処理できていればと思うんですが。
やっぱ、お義母さんとしては言うのかな、お義兄ちゃんには。
「あーの、嫁はこうなのよ」って、言っちゃうのかなぁ・・

あることないことって言ってましたもんね。

お義兄さん、たしなめてくれたら良かったですよね。
そうは言ってもね。
面倒看てもらってるじゃん、お金も出してもらってっていう人だったらいいんでしょうけど。

たぶん、一緒に同調してね、「あの嫁が!」みたいなことになっちゃったのかしら。
嫁憎し・・になったのかもしれませんが。

連帯保証人を外せ・・なんて言ったら、住めなくなっちゃうケースになるわけでしょう。
自分はお金を一切出してないのに、口は出すのかい・・っちゅう話ですが。

迷惑防止条例違反とか、メールとか電話が続くようだったら、脅迫罪だみたいな話になってましたが。
月に2、3回・・ゼロにして欲しい。

この相談者にしてみれば、自分の住んでいるところ、家も土地もどうなるか・・って心配だとありました。
坂井先生、おっしゃってましたが、契約書がないから、使用貸借、今になっての請求は通らないから、安心してくれと。

それと、土地の持ち分三分の二、お義母さんからご主人に移ってるんで、お義兄さんが三分の一、ということで、最後、相談者の方は、安心したと。

兄弟で揉めると、他人と揉める以上に揉めるケースがあって、ややこしい。

義母の面倒を看ながら、ローンを払い続けている。
お義兄さん、名義だけでしょう?
税金も払ってない、頭金も出してない。
口出すなよと。

本来なら、「母ちゃんと一緒に住んでくれてありがとうな」と。
しかもご長男かどうか知りませんが、でも、「すまんな」「お前に迷惑かけるな」って、お嫁さんにも「ごめんね」って、「迷惑かけるね」っていうのが、本当でしょう。

お義母さんも言っちゃいけない、面倒看てもらってるのに。
病気になった時にも、面倒を看てるわけでしょう?

お義母さんにも、言い分あるかもしれませんけど。

それと、お義兄さん、そこまで言うこと出来ないでしょう・・って思うんですが、法律的にも、この相談者ご夫婦の方が、有利に展開するんじゃないかということですが・・

ちょっとお義兄さん、やり過ぎですよねぇ。

【リスナーメッセージ】
●栗ご飯の季節さん。
今日の相談者の旦那さんというか、動きが話から全く感じられません。
なにをしてるんでしょうか?
奥さんに、丸投げなんじゃないですか?
しっかりしてください。

●もつ石由起子さん。・・即、流れに乗る宣言する川上政行
奥さんねぇ、あのねぇ、まともに相手しちゃうとねぇ、こちらがおかしくなるのね。
こじれると肉親ほど悲惨なのよね。
うん、実際ねぇ、あの「脅迫」「強要」、まがいなことしてるでしょう。
お金ってねぇ、恐ろしくてさぁ、その人を偉い人に見せたりもするわけよ。
力を持たせたりする恐ろしいもんなのよ。
その魔法に、お兄さん、かかってるわよねぇ。
まともに相手してもダメ。
もし、これから何か言ってきたら、第三者に入ってもらうのがいいと思うんだけどね。
加藤先生、どう思いますか?
「金銭が絡むと、その人本質が見えてきます」「はい、失礼します」(波田陽区モノマネ)

◇あの、わたしも台本渡されたんですけど。(波田陽区)
陽区ちゃんにも渡してますって書かれてます。
なんのことか、最初わからなかった・・あっ、そういうことかと、さすがすぐね、臨機応変にね、対応する陽区ちゃん。
最近、リクエストもいただくようになりましたね、三石先生と、加藤先生と。

●つくもやいちさん。
面倒臭いお義兄さんですねぇ。
嫌がらせの電話やメール、脅迫までもしてくるのは、異常と言わざるを得ないですね。
「俺はお前の(弟)の連帯保証人にもなっているし、土地の三分の一の権利を持ってるんだぞ」・・だけの武器しかない兄であることを冷静に判断したら、本来は、怖い相手ではないと思いますよ。
冷静に相手の挑発や、喧嘩に応じないことが肝要かと思いました。
陽区ちゃんもお兄さんいらっしゃいますよね。
不仲だと聞いております。
こじらせないように頑張ってください。

◇面倒臭いレベルじゃないです。
「不仲なんて言ってない」と否定する波田陽区。

●すももさん。
今日の相談の、義理の間での人間関係は難しいですね。
わたしも同居だったのでいろいろありました。
そんな中で、本当の兄弟で話し合うのが一番いいんですけどね。
男の人は難しい話を避けたがる傾向があるけど、しっかり解決して欲しい思いますが。

◇おっしゃるとおり。
男の人、面倒臭い事、避けたがる傾向がある。
土地の権利の問題、出て来るとギスギスしそうだと思いますが、今のメッセージにもありましたように、ご兄弟、血の通った兄弟で、腹を割って話をしたら、解決の道はあるんじゃないかな・・

※自分も参加したい番組にモノ申したいという方は、以下からご連絡を
zuki@kbc.co.jp(@は小文字に変換)
FAX:092-722-4242

管理人

税金対策?なんだそれ?
あれか、そもそも母親は長男教かな?

このトラブル、ちゃんとケリつけないと
何にも出来なくなるよ
土地に義兄の名義がある以上

よほど太っ腹な金融機関なら別だけど
土地に担保入れるからね
義兄の署名捺印は不可欠だ

現金ならそんな心配いらないけど
あと15年、1600万の残債があって
そこまで余裕があるとも思えない

何歳差の義兄なのかわからないけど
間に第三者を挟んででも
解決しておかないと、めんどいよ

順番で行けば、最後は
相談者VS義兄の相続人って構図
まともな血縁者だったら、義兄の愚行は止めてるぞ

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.