テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年6月28日(金)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
69歳女性から、1年前に母が他界、それを知ったのは2ヶ月前、妹にっ連絡するも着信拒否。母の通帳を確認すると残高はどれも千円未満。親や兄弟から馬鹿と言われて育ってきて、せめて遺産分割でお金がもらえないものか?
加藤諦三氏の〆の言葉『意識領域の拡大、これが不安の積極的な解決です。』

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

もしもし?・・テレフォン人生相談です。(加藤諦)

最初に年齢から教えて下さい。(加藤諦)

69歳です・・はぁい。(相談者)
結婚しています?(加藤諦)

一応、別居状態で。(相談者)
ご主人は何歳ですか?(加藤諦)
75です。(相談者)
でぇ、お子さんは?(加藤諦)

3人おります。(相談者)
今・・あなたはお一人ですか?(加藤諦)
一人で住んでおります。(相談者)
一人で住んでる・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
はい、分かりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦)
・・
わたしの母が・・昨年亡くなっておりまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
母が・・施設に入ってたから・・(相談者)

はぁい。(相談者)
電話をしたんですけど、あのぅ・・施設を、その、出ましたっていう形・・病院変わりました・・っていうことでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
「ここは居ません」っていうことと。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
わたしの妹にもちょっと電話を入れるけども、着信拒否みたいな形になってまして。(相談者)
ぁ、はぁい。(加藤諦)
・・
職場の方にも行ったら、「本人同士で会って下さい」っていうこと**・・もありましたのでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

わたし・・が、幼い時から、もう・・(相談者)

もう馬鹿っていう形で育っておりますのでぇ。(相談者)

母・・からも、「お前は馬鹿だから」っていう形で育ってましたのでぇ(涙声)・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇはぁ・・父からも、家庭の中のことしないともう、突き落とされるっていうのが・・序の口だったもんですから。(相談者)
はぁい・・(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)
階段・・なんかから突き落とされると、という・・そういうことですか?(加藤諦)
そうです、はぁい、そうです。(相談者)
うん。(加藤諦)
だから妹が全部その・・通帳のかんじ(管理?)やらもしてたし・・(相談者)
・・
じゃあ、妹・・の方には、お母さんはそういう辛く当たっていなかったんですか?(加藤諦)
なかったですね。(相談者)

幼い時は、ほら、両親が共働きじゃないと食べていけないような状態でぇ。(相談者)

ホントに、たくあん一本を、家族7人で食べるとか、そういう生活だったから、大変さは十分わかってたのでぇ。(相談者)
7人って言いましたけれども。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

兄弟4人と両親と・・姪御と。(相談者)

子供の中で・・(加藤諦)

はぁい。(相談者)
あなた一人が、イジメられたというか、嫌な思いをしたというか、罵倒されたというか、暴力を受けたというか、そういうことですか?(加藤諦)

そうです。(相談者)

それは長女だからっていう形ですね。(相談者)
うん、ああ、長女だから。(加藤諦)
はぁい・・それに対して母を・・憎んだっていうのは中学校時代・・だけですけど・・中学校に入ればみんな部活に、入らないといけない?(相談者)
はぁい。(加藤諦)

部活をして帰ったら・・(相談者)
うん。(加藤諦)

もう全部家が、鍵がはい・・っててぇ(涙声)・・入れなかったっていうことでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
・・
その時に初めて、あの・・憎みましたね。(相談者)
・・
中学校で「金の卵」っていう形で一応、紡績の方に、店員みたいな形で働きましたけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)
「給料日だから取り来て下さい」っつって、わたしの番来たら、「あぁ・・あなたはお母さんが取り来たからね、もう無いわよ」・・って言われる形が・・ずっと20歳(はたち)までありました。(相談者)

それでも、あなたは・・虐待されたというような・・(加藤諦)

はい。(相談者)
感じは持っていないわけですね?(加藤諦)
なかったですねぇ(涙声)。(相談者)
はぁい、それでぇ?(加藤諦)

今日の相談というのはどういうことですか?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

母の、あの、存在ともなんかが・・知りたかったんですけど・・(相談者)

結婚して20年・・疎遠だった時に。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

あの、もう、母の存在っていうこと自体を・・忘れてましたけど。(相談者)
ああ・・(加藤諦)
街で会っても知らないふりっていうものが、今度は・・母が老後になって、わたしを名前を、あの、会った時に呼んだり振り向いたりとか、するようになった時に・・最初はあの・・「もうわたしが困った時になんも助けてくれなくてぇ!」って恨んだこともありますけど。(相談者)

やっぱり年々会うにつれて母が、杖がつくのが、乳母車になったりってするのを見てて・・こっちから声掛けるようになって・・(相談者)

でぇ、それから母の、あのぅ、面倒を看るようになって、しぜーんと(自然と)・・「お母さん」って言えるようになって。(相談者)

あのぅ・・(相談者)
今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
どう、どういう・・ことですか?(加藤諦)

はぁい、母がなぁ・・あのぅ・・(相談者)

亡くなったのを、教えていただいたから、ぃ、役場に行って・・調べたら、亡くなってるっていうことを・・(相談者)
うん。(加藤諦)
知りまして。(相談者)

通帳関係とか、どうなってるんだろうか?・・っていうことで・・(相談者)

その銀行に、二つの通帳があって、郵便局に1通あったんですけど。(相談者)

銀行の方では、あのぅ、一つの通帳は、もう全部、母の施設とか経費が落とされる通帳と、あとは定期で金額が入った状態っていうのが、1冊。(相談者)

郵便局では・・年金だけのものの、ありました。(相談者)

そ・・(加藤諦)
それが全部、千円内の金額になってるので・・(相談者)

管理してる妹が使ってる。(相談者)

遺産分割にでは、それはもらえないんだろうか・・っていう形です。(相談者)
はぁい、分かりました、今日はあのスタジオに・・弁護士の塩谷・・崇之先生がいらしてんのでぇ、伺ってみたいと思います。(加藤諦)
ありがとうございます、はぁい。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 5 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. こういうことって案外よくあることなのかもしれません。
    『リア王』以前にも、それ以後も。
    親が子供を差別して育てる。でも親の老後介護は一番虐待された子だけが一生懸命する。報われない話です。
    私は不思議でなりません。なぜ子供たちを公平に扱わない親がいるのか。いったいどんな心理なのか。
    理不尽なことです。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.