テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年8月12日(月)
パーソナリティ:加藤諦三
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
64歳女性から、6年ぐらい前に離婚した長男と9歳、8歳の男の孫と同居中。嫁は子供がいらないと、まだオムツの取れない孫を母親代わりとして育てる。反抗期に入ってきた孫、嫁憎しで孫達に優しくできない。夫のギャンブルで働かざるを得なかい現状の中、いったい自分の人生はなんなんだろう。気持ちを切り替えるには?どういう風な方向性で前向きに向かえばいいのか?もがいている。
加藤諦三氏の〆の言葉『不幸な人は苦しんでる人ではありません。苦しみの意味を理解できない人です。』

また調べるけど、これ以来?

目次

スポンサーリンク

5分で読める今日のまとめ

相談者は64歳女性、夫は68歳、子供は二人、40歳と38歳の息子、6年前に離婚し戻ってきた長男と、9歳、8歳の男の孫と一緒に暮らしている。

6年ぐらい前に40歳の長男が離婚、嫁は子供をいらないとの事で、息子一人で育てられないので一緒に暮らすことになり、今に至る。

当時孫は3歳と2歳、相談者からすれば、やっと子育てが終わり、自由時間が出来たと思ったら、一番最初から始まってしまう。

連れて来た孫は、まだオムツが取れていなかった。
おしっこを教えるような、本当の育児から始まった。

年齢的なこともあり、疲れて来て、嫁憎しで、孫に優しく出来ないわたしが居る。

「変な言い方ですが、この子たちが居るから、わたしが自由にならない」っていう・・そういう気持ちがどうしても前に出ちゃう。

どういうふうに育てたらいいのか?この子達を、真っ直ぐに育てられるかな?っていう、不安がいつもある。

ー40歳の息子、お父さんの方は、昼間は仕事に出てるわけですね?

昼間は仕事、ほぼ毎日、帰ってくるのは8時、9時。
晩御飯を食べさせて、風呂に入れて、布団に寝せて、やっと自由時間が出来る感じ。

ーその頃に、長男、お父さんは帰ってくる。
その生活が毎日続いている。
わたしの人生、なんだったのか?

小学校の行事とか、「今日は休みですよ」「今日は早く帰れますよ」と言えば、児童会へは行っているが、休みの時、自分も仕事が休みの時は、自由になりたい。
自分は、パートをしている。

子供達の反抗期、9歳の子、反抗をしている。
「宿題やったの?」と言えば、「終わってる、うるさい!」みたいな感じ。

ー「クソババア」なんて言葉は使わないね?

裏側で言っている。
言われた時は、プチンと切れる。
「今、なんて言った?」「誰に対して言った?」って、言葉はう言っている。

確かに迫力ある。
すると子供は、「何も言ってない」と言う。

だから、どういうふうに気持ちを切り替える?
わたしは前向きに、どういうふうに向けばいいのか?
方向性がわからず、もがいている。




高橋龍太郎アドバイス

ー自分のお子さんを育てる時も、ずーっと、お仕事をしてらしたの?

相談者:ほとんど仕事に行ってました。
いろいろ、パートだった、ほとんど事務職で、今は清掃員。
若い時、主人はギャンブル好きで借金を背負い、その借金を返す為に、必死に働かないと食べていけないというのがある。

今も、年金が少なくて、老後の事を考えると、これでは何年も仕事なしになると、食べていけない状態になるので、仕事には行かないといけない状態。

一緒に住んでる長男の収入は、それなりにある。

ー仕事をしながら、長男の方は、遅く、疲れて帰ってきて、食事の支度をし、元気盛りの8歳、9歳の面倒をみるのは本当に大変だと思う。

ーうち(高橋龍太郎)のクリニックに来る、何らかの形で両親が揃ってないお家(うち)、おじいちゃん、おばあちゃんが面倒をみる。

ーみんな(子供達)、おじいちゃん、おばあちゃんの事が大好き。
親子だと、自分の血を分けたという意識が親の方は強い。
親の言うことを利かないと、怒りがこみあげてきて、強い態度でいろんな事を言ってみたり、躾を強くみたりというような、子供達と親との距離が近いので、子供は物凄く息苦しい。

ーしかし、おじいちゃん、おばあちゃんになると、ちょっと距離感があるので、その距離感が余裕で、双方がすごく、いい関係で愛情を交流し合えるように、だいたいどんな家でもなっている。

ーだから、おじいちゃん、おばあちゃんのことを、悪く言うお孫さん、患者さんは、あまり見たことがない。

ーあなたの場合、忙し過ぎることが、大変だとは思うけれど、人生のベテランとして、8歳、9歳の子の、世界みたいなことを想像してあげて欲しい。

ー単純に言えば、お母さんは、「いらないよ」と言って、子供達を「置いてけぼりにした」「捨てて出て行った」お母さん。
見捨てられてしまって、お父さんと実家に戻ってきて、そこにおばあちゃんが居てくれて、一生懸命、面倒看てくれたっていうこと。

ーあなたに対する母性の憧れがものすごく強い。

ーこの子達にとって、これは生涯忘れないと思う。
おばあちゃんの、母としての役割みたいなことは。

ー半分、第三者であるおばあちゃんが、自分達をここまで可愛がって、やってくれたんだなっていうのは、成長期のたびに、何度も何度も繰り返して思い起こして、感謝をする、だいたいこんな仕組みになっている、おばあちゃんとお孫さんで、尚且つ、お母さんが居ないとなると。

ーあなたのイライラする気持ちはすごくわかるけれど、本当に子供達、寄る辺ないの。

※「寄る辺ない」身を寄せるあてがない。頼りにできる類縁の者がいない。孤独であり不安である。

ーこの世の中で、裸身で生まれて、さっき言ったようにオムツ状態。
まったく頼る者なしに、8歳、9歳まであなたが育てた。

ー彼らにとって、最大のプレゼントだから、そんなにイライラしないで、むしろ、少々悪態つかれても、笑って過ごせるぐらいの事。

ーおばあちゃ、グランドマザーと言うけれど、「大きなお母さん」というスタンスで、もう少し余裕を持ってみてあげる。
そうしたら、すごくいい関係になっていくと思う。

ーただむしろ、問題はあなたでなくて、ご長男や、あなたのパートナーである、おじいちゃん、その人達が、あなたの苦労をあんまり褒めてあげないので、あなた一人、髪振り乱して戦ってるっていうことで、あなたがイライラして、怒り心頭みたいになっているんだと思うけれど・・

ー周りと、自分の辛さをちゃんと打ち明けて、「こんな大変だよ」と、周りに愚痴をこぼして(子供達にはこぼさない)、長男やご主人に自分の愚痴を聞いてもらって、少しゆとりのあるおばあちゃんで、接すると、子供達のいい面が見えてくる。

ー今、悪い面しか見えてないのでは?

相談者:そうなんです、そうなんです、自分がもう、イライラ、イライラするから、あたっちゃう、孫たちに。

ーそうすると子供達もイライラする。
あなたがニコニコしてたら、子供達もニコニコする。




加藤諦三まとめ

ー8歳と9歳のお子さんの立場から、見る見方、そちらの視点を高橋先生があなたに与えてくれた。

ーお孫さんの視点から見られれば、「このクソババア!」って子供が言ったときに、「そんなこと言わないでよ」・・という言葉が出るゆとりが出てくるかもしれない。

ーあなた大変つらい人生だったと思います。
というのは、あなたの人生、このお孫さんとの事だけじゃない。
だって、夫のギャンブルがあるんだから。

ーギャンブルの借金を背負い、返した。
その時に、あなたは夫を責めていない。

相談者:最初は責めましたけど、結局は責めてないことになりますね、一緒にまだ居ますから。

ーあなたは今までね、周りに人の責任を追及しなかった。
ギャンブルやった夫が悪い。

相談者:そうなんです・・それを全部、被るような感じで・・

ー全部被ってきたんです。
今度も、40歳の息子さんも同じ。
全部、自分が被ってきたんです。

ー自分を殺して物事を解決するタイプ。
あなたそうなんです、64年間、そうやって生きてきたんです。

ーずっと堪えてきた、隠された怒りが、今、出ている。

ーこの態度を変えないと、今までの人生と変わって素晴らしい人生が始まりますよ。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 認識すれば人生が変わる、ということを加藤先生はよくおっしゃいますが、
    今回の「隠された怒りが、今、出ているということを認識し、態度を変える」、「そうすれば素晴らしい人生が始まる」ということについて、いまひとつ飲み込めません。

    自分が被ってきたことへの認識の後、もう被りたくない、と発信することなのでしょうか?あるいは積極的、自主的に被ることによって、人生の質が変わるということなのでしょうか。
    被りたくない、と言ったところで、孫二人の日常の忙しさはほとんど減ることはないでしょうから。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.