テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

中川潤アドバイス

こんにちは、中川です。(中川潤)

はい、こんにちは、よろしくお願い致します。(相談者)

あのぅ・・これ、弟さんって、所帯もってるの?(中川潤)

も・・ってますけども・・(相談者)
はぁい。(中川潤)

えっと・・もう、二十年近く・・奥様とは、別居・・されて・・いる・・(相談者)
じゃあ、一人暮らしなんだ?(中川潤)

いえ、違います。(相談者)

・・

・・

あの・・(相談者)
ああ、別の女性と、一緒に暮らしてるわけ?(中川潤)
はい・・(相談者)
ぁぁ・・(中川潤)
そうです・・そうです・・(相談者)

まぁ、だから、あなたとしては、その、ご質問との関係で言うと、そのぅ・・弟さん・・からに・・ともかく、遮断したいと。(中川潤)

いうことなんでしょうねぇ。(中川潤)

そのぅ・・後見人、どうこうっておっしゃるのは。(中川潤)

はい、あのぅ・・(相談者)

任意後見人

わたし・・が、亡くなってしまった後に・・(相談者)
はい。(中川潤)

ま、正直・・(相談者)
はい。(中川潤)

あのぅ・・(相談者)

誰にも、例えば・・ま、その時点で、いくら預貯金が残るかは、わかりませんけれども・・(相談者)
はぁい。(中川潤)

自分の身内にも・・(相談者)
はい。(中川潤)

遺産っていう形で、残したくないんですね。(相談者)

はいはい。(中川潤)
それを・・(相談者)
はい。(中川潤)
残ってたとしたらば・・(相談者)
はぁい。(中川潤)
なんか、ど・・(相談者)

自分がお世話にな・・った・・(相談者)
はい。(中川潤)
施設・・ですとか・・(相談者)
はぁーい・・(中川潤)

障害者支援センターですとか・・(相談者)
はぁい。(中川潤)
なんか、そういった所に・・(相談者)

あのぅ・・お金を寄付したいな・・と。(相談者)

今からその準備をしておきたいと。(中川潤)

しておきたい、はい。(相談者)
という事なんですか?(中川潤)
そうなんです・・(相談者)

はい。(相談者)

はぁぁ・・ん。(中川潤)
もう、あのぅ・・(相談者)

近々・・(相談者)
うん。(中川潤)

えーっと、こうせい役場って言うんですかねぇ?(相談者)
・・
はいはい・・(中川潤)
へ、行って・・(相談者)
公証役場って言う・・(中川潤)
こうしょう役場。(相談者)
はぁい。(中川潤)

に、行って・・(相談者)
はい。(中川潤)
あのぅ・・(相談者)

遺言書を?(相談者)
はぁい。(中川潤)

ですか?(相談者)
はい。(中川潤)
えーっと・・(相談者)

・・

わたしに・・なにかあった時の・・(相談者)

・・

・・

後・・(相談者)
はい。(中川潤)

のことを、こうして欲しい、ああして欲しい・・っていうことを・・(相談者)
はぁい。(中川潤)

あの、全部、作っておこうかな・・と。(相談者)

はい。(中川潤)
で、その・・時に・・(相談者)
はい。(中川潤)
その・・(相談者)

一緒に・・手続きとかができないものかな・・と思いまして・・(相談者)
はぁい。(中川潤)

はい。(相談者)

・・

あのぅ・・あなた・・自身に、万一の事があった時の・・(中川潤)

はい。(相談者)
財産が・・(中川潤)
はい。(相談者)
それなりに、お世話になったところへ・・(中川潤)

はい。(相談者)
あのぅ・・行くような形をとりたいとか・・(中川潤)

はい。(相談者)
で、そういうことについて、その遺言というね・・(中川潤)
はい。(相談者)
遺言書作ると・・(中川潤)

はい。(相談者)
いうことは、それはそれで・・あのぅ・・(中川潤)

いいんだろうと、思うんですが・・(中川潤)

はい。(相談者)
あのぅ・・(中川潤)

その、実際に・・その後、そういう事態が、起きた時に・・(相談者)

はい。(相談者)
その遺言は、遺言通り、きちんとやってくれるかどうかっていう・・(中川潤)

そこも・・きちんとしておきたいと・・(中川潤)

はい。(相談者)
いうこともあろうかと、思うんですねぇ。(中川潤)
はぁい・・はい、そうですねぇ・・はい。(相談者)
そういうことの為の制度・・として・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
一つ、ございますのは・・(中川潤)

はい。(相談者)

あの、任意・・後見・・(相談者)

任意後見?(相談者)
任意に・・あの、成年後見・・(中川潤)

あのぅ・・人って、さっき、おっしゃってたじゃないですか?(中川潤)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、それとは別にねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
ご自身が元気な時に・・(中川潤)

はい。(相談者)
自分が信頼できる人。(中川潤)

はぁい。(相談者)
に・・自分で・・やっぱり公証役場行って、公正証書で作るんですけども・・(中川潤)

はぁい。(相談者)
任意・・後見契約・・(相談者)

・・

はい。(相談者)
っていうのを、あらかじめしておくという・・(中川潤)

方法があるんですよ。(中川潤)

はい・・(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、その・・特定の方を、一番、好ましいと思うのは、あのぅ・・(中川潤)

信頼のできる弁護士・・(中川潤)

はい。(相談者)

に・・(中川潤)

その・・そうすると、遺言もセットなんですけれども・・(中川潤)

はい。(相談者)
あのぅ・・任意後見契約を結んでおいて・・(中川潤)

自分が信頼して選んだ人に・・(中川潤)

ぁぁ・・(相談者)
後見人に・・なってもらえると・・(中川潤)

で、自分に・・体調・・が、あ・・判断能力に・・問題が・・不安が出てきたときには・・(中川潤)

はい。(相談者)
後見の開始・・(中川潤)

ぃ・・の、申立てをしていただいて・・(中川潤)
・・
はぁい・・(相談者)

その人が・・(中川潤)

財産を守る・・あなたの為に、財産を使うと・・(中川潤)

はい。(相談者)
管理するという・・任意後見人を選んでおくと。(中川潤)

はい。(相談者)
いう制度を、利用されるのが、一番だと思うのねぇ。(中川潤)

ただ・・いずれにしてもねぇ・・(中川潤)

誰に頼むのか・・っていうのが、やっぱり、一番の問題だなんです。(相談者)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
ねえ・・(中川潤)

一人

でぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)

できうれば・・(中川潤)

奥様の・・(中川潤)

はい・・(相談者)
あのぅ・・お親しい、ご友人やなんか・・(中川潤)

あの、くれぐれも、その弟さんに相談しちゃダメよ・・今の。(中川潤)
あぁ、はぁい、はい、うん。(相談者)
ねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
あのぅ・・ご友人やなんか・・からですねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
信頼できそうな・・(中川潤)

はい。(相談者)
間違いのなさそうな弁護士・・(中川潤)

はい。(相談者)
を・・紹介してもらって・・(中川潤)

実際に、あなたが・・何度か、ご相談をされて・・(中川潤)

託するに足りる・・という判断・・(中川潤)

を、した段階で・・(中川潤)

そういう制度を利用されるっていうのが・・(中川潤)

今の奥様の・・(中川潤)

はい。(相談者)
あの、オファーに対しては、一番適切な制度だとは、思います。(中川潤)

あのぅ・・(相談者)

お話しの内容はよくわかりました。(相談者)
はぁい。(中川潤)
えーっと・・(相談者)

今までに、そういったあの、弁護士さんとかって、関わりをもったことが・・ないです。(相談者)

うん・・(中川潤)
と・・(相談者)

あとは・・えっと・・(相談者)

主人を亡くしてしまって・・(相談者)
はい。(中川潤)

わたしが、ちょっと病気を発症してしま・・ったことによって・・(相談者)
はぁい。(中川潤)

えっと、信頼を・・(相談者)

置いてた・・(相談者)
はぁい。(中川潤)
友人・・(相談者)
はい。(中川潤)

とは・・(相談者)
はぁい。(中川潤)

えっと、ちょっと疎遠にな・・ってしまったんですねぇ。(相談者)
はあ、はあ、はあ・・(中川潤)
っていうのは・・(相談者)
はい。(中川潤)

・・

「なんでそんな病気になってるの?」と・・(相談者)

「その、ご主人亡くして悲しいのはわかるけど・・」(相談者)
はぁい・・(中川潤)

「その、病気につけこまれるような・・」(相談者)
はぁい・・(中川潤)
「そんな・・人とは・・」(相談者)

「お友達・・関係は・・」(相談者)

・・

「続けられない」ということを・・(相談者)
うん・・(中川潤)

言われてしまいまして・・(相談者)
はぁい・・(中川潤)

あの・・(相談者)

・・

先生がおっしゃったように・・(相談者)
はぁい・・(中川潤)
あの、ほんとに信頼できる友人も(声が震えだします)・・(相談者)

はぁい・・(中川潤)
いなくな・・(相談者)

ってしまいましたし・・(相談者)

あらあら・・(中川潤)

ほん・・っとに先生、一人なんです・・ほん・・っとに一人なんですよ。(相談者)

・・

うーーん・・(中川潤)
こういうお話し・・も(泣くのをこらえながら)・・(相談者)

うーん・・(中川潤)

誰にも・・(相談者)

言えずに・・(相談者)
うん・・(中川潤)
自分で処理をしなきゃいけないですし・・(相談者)
うーーん・・(中川潤)

・・

弁護士さんを、どうやって・・(相談者)
うん・・(中川潤)
探したらいいのかも・・ちょっとわからない・・(相談者)

・・

・・

うん・・(中川潤)
ごめん・・なさい(絞り出すように)・・(相談者)

うーーん・・(中川潤)

申し訳ないです。(相談者)

・・

・・

ズズッ・・(相談者)

ほんとに・・ほん・・(相談者)

っとに困ってます。(相談者)

ほん・・っとに困ってます。(相談者)

・・

・・

弁護士会

その・・ご友人・・の方とは・・(中川潤)

はい。(相談者)

あなたが体調を崩したこと・・(中川潤)
うん。(相談者)

でぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)
向こうから・・(中川潤)

はい。(相談者)
縁を切るわよ・・(中川潤)

って、言われてしまったって・・(中川潤)
はい・・はい。(相談者)
そういうことなんですかぁ?(中川潤)

あのぅ・・フゥ・・(相談者)

いずれは・・(相談者)
うん。(中川潤)

お互いに・・(相談者)

年を取ってしまって・・(相談者)
うん。(中川潤)

お互いに、助け合って・・(相談者)
うん。(中川潤)
生きていければいいね・・っていうことを・・(相談者)

でぇ・・長い・・こと・・(相談者)
うん・・(中川潤)

友人関係を・・続けてきましたけれども・・(相談者)
はぁい。(中川潤)

わたくしが病気を発症したことによって、わたしも介護を今度・・(相談者)

・・

ひょっとしたらその方が・・(相談者)

請け負わなきゃならないかもしれない。(相談者)
はぁい・・(中川潤)

・・

・・

そういうことなのではないかなと・・(相談者)

ただ・・(中川潤)
わたしは・・(相談者)
うん・・(中川潤)
あなたの介護をする為に・・(中川潤)
うん・・(中川潤)
友人・・(相談者)

で、いたわけじゃないよ・・っていうことで・・(相談者)
うーん・・(中川潤)

先々・・介護が必要になるのを、わかってるのに・・(相談者)
うん・・(中川潤)
このまま友人関係は続けられない・・っていうことで・・(相談者)
うーん・・(中川潤)

はい。(相談者)

例えば・・(中川潤)

あのぅ・・ご主人の・・知り合いかなんかで・・(中川潤)

ともかくその・・(中川潤)

ぉ・・どなたか弁護士なりを、紹介してもらえそうなルートってのは・・(中川潤)

あり得ませんか?(中川潤)

まったくないです。(相談者)

・・

お互いに再婚してからというものは・・(相談者)
はぁい。(中川潤)

一年、365日ありますけれども・・(相談者)
はぁい。(中川潤)

・・

360・・(相談者)

・・

・・

・・

4日は、離れたことがない・・(相談者)

・・

お互いに・・(相談者)

はぁい。(中川潤)
お互いを・・すっごく必要としてて・・(相談者)

はぁい・・(相談者)
他の物を・・シャットアウトして・・(相談者)

はぁい。(中川潤)
わたし・・(相談者)

に・・(相談者)

100%・・(相談者)

・・

・・

向き合ってた人だったので・・(相談者)

はあ・・(中川潤)

はい、あのぅ・・(相談者)

そういった・・(相談者)

・・

関係の・・(相談者)

お知り合い・・(相談者)

とかっていうお話しも、聞いたことないですし・・(相談者)

あぁぁ・・(相談者)
だから・・はぁい。(相談者)

まったく本当に思いつかないですし・・(相談者)

うん・・(中川潤)

わたし・・も、お友達、いなくなってしまいましたし・・(相談者)

うーーん・・(中川潤)

いないです・・(相談者)
どうにもないんであれば・・(中川潤)

はい。(相談者)

ま、結局はそのぅ・・(中川潤)

法律相談・・みたいな窓口になってしまうけど・・(中川潤)

はい。(相談者)

奥様がお住まいの所に・・あのぅ・・各・・都道府県に・・(中川潤)

はい。(相談者)

弁護士会っていうのがあって・・(相談者)

はい。(相談者)
相談の窓口というのがあるから・・(中川潤)

はい。(相談者)

そこで・・お尋ねになって・・(中川潤)

はい。(相談者)
どなたか弁護士・・を、お会いになってみて・・(中川潤)

はい。(相談者)

あのぅ・・波長が合いそうでなければ・・(中川潤)

はい。(相談者)
また、日を違えて(ひをたがえて)・・(中川潤)

はい。(相談者)
そういう形であたるしか、なさそうですねぇ・・(中川潤)

うん・・はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
それをちょっと、お勧めするしかないと思います。(中川潤)

はい・・(相談者)
はい。(中川潤)
わかりました。(相談者)
よろしゅうございますか?(中川潤)
はぁい・・はい。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ああ、この相談者さんは大丈夫ですね。
    ちゃんと的確な判断ができる人です。
    周りの狡い連中から自分の身は守れるでしょう。

  2. ここに相談するぐらいなら最初から弁護士の電話するぐらい出来るでしょうに(笑)
    公証役場行くほうが余程手間だと思うのですが・・・
    聞いてて思ったけど、凄く依存心の強い人ですね。多分、旦那が生前何でもしてくれたんだろう。だが亡くなってしまい依存する人がいなくなった。ので今度は友人に依存し始めて切られた、と言う事じゃないでしょうか?
    ナチュラルに依存する人って、友人同士なら当たり前って考え方するからねぇ。
    元友人はまいってしまったんだろうね。旦那がいる時は良い関係だったんだろうけど。
    ここで自立出来るか元のままか、が人生の分かれ目のような気がします。
    この歳で自分を変えるのは相当難しい、とは思いますが。

  3.  弟さんとは きっぱり縁を切るべきですね! ご主人の死亡保険金 千万単位 でしょう それをうまく 使って 安定した老後を エンジョイしてください
     そのためには しっかりした金融機関に信託するなり なさって 今のうちに ゆ有料(優良)なサービス付き高齢者住宅 に お住まいなさり 金を無心に来るような 親族とは遮蔽した生活をなさった方がいいですね。

この記事にはコメントできません。