テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月10日(水)は、ドリアン助川&塩谷崇之。52歳女性からの相談。3年前に他界、姉に印鑑を貸したところ、父からの相続全てを姉名義にされる。姉は相続した土地を担保に家を建て、夫と別居中の相談者が子供二人と実兄、姉と住むことに。しかし姉の破産で売ることになり、売れたら家を出て行けと言われている。姉は新しい住所も、詳細も一切話をしてくれない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:52歳女性 夫とは別居中 子供二人(高校生・中学生)と一緒に実家の姉が建てた家に兄54歳、姉59歳(バツイチ・自営)と暮らす 3年前に父が他界

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

よろしくお願い致します。(相談者)
え・・今日どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

わたし・・3人兄弟なんですけど、兄・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

と、姉とあたしの3人兄弟で・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

3年前に・・あの、父が他界しまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

相続・・するときに、姉が・・「印鑑貸して」っていう感じで。(相談者)
・・
気軽に印鑑・・貸したら。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

全部の・・土地家屋を相続してしまって。(相談者)
お姉さんが?(ドリアン助川)

ええ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それで、あのぅ・・(相談者)

今、あたしの・・子供2人・・(相談者)

いるんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あたしと・・兄と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

姉・・(相談者)

と、まぁ、実家に住んでる・・状態なんですけど。(相談者)
じっ・・実家にまだご兄弟いらっしゃるんですね?(ドリアン助川)

そうです、あのぅ・・(相談者)
でぇ、あなたのお子さんもいらっしゃる?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

姉が結構、収入多い仕事してて。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それで、何か、その「ただで住めるんだから・・」(相談者)

みたいな感じで、まぁ住んでたんですけど。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
今回、その姉が・・あの、仕事・・が、ちょっとダメになっちゃって。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

破産するみたいなこと言い出して。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

それであのぅ、なんか・・(相談者)

その一年前ぐらいから・・(相談者)

そのちょっと支払いが滞っている感じで。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あのなんとなく予兆・・みたいなのあったんですけど。(相談者)

最近ですね、あのぅ・・(相談者)

「家、売れたら出てってね」みたいな・・それだけ、し・・言われて。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

それで何・・か、こちらから聞いても、説明してくれないんですよ、こう、今、こうなってるよ・・とか。(相談者)
家を・・家、ごめんなさい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
家を出て行って欲しい・・っていうのは、お姉さんから言われるわけですね?(ドリアン助川)

そうです、姉から・・まぁ、あたしと兄に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、「売れたら出て行ってね」みたいな。(相談者)
ほう・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あなた様おいくつですか?(ドリアン助川)

あの、52歳です。(相談者)
52歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
それで・・(ドリアン助川)

え・・旦那さんは?(ドリアン助川)

えっと今、あのちょっと、別居・・してて。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
ま、別に住まい・・(相談者)

が、あって、そこに・・(相談者)

うちの主人は・・(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
住んでて。(相談者)
はい。(相談者)
でぇ、あたしは・・子供2人と、実家に身を寄せてるっていうか・・(相談者)

基本的には、今、いらっしゃるところは・・(ドリアン助川)

ご実家・・なわけですよね。?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
亡くなったお父様のお家(うち)・・(ドリアン助川)
実家兼・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
姉の・・(相談者)

ま、仕事場みたいな。(相談者)
仕事場・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
まぁ、お姉さんが相続したと・・いうことでぇ・・(ドリアン助川)

そう・・そうですね。(相談者)
じ、実家であると同時に、お姉さんの持ち物になってると。(ドリアン助川)
お姉さんの・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あ、姉の・・持ち物・・に、なってます、はい。(相談者)
おね・・お姉さん、おいくつですか?(ドリアン助川)

えっと、59歳です。(相談者)
50・・9歳。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
え、お兄さんは?(ドリアン助川)

えっと、50・・4歳。(相談者)
54歳・・でぇ、あなた、お子さんは二人いらっしゃるんですよね?(ドリアン助川)
はい、そうです。(相談者)
え、おいくつぐらいですか?(ドリアン助川)

えっと、高校生と、中学生・・(相談者)
高校生、中学生・・(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)

え・・まぁ、この家が、買い手つくまでには、出て行って欲しいということ、言われてるという状況ですね?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

それで?(ドリアン助川)

やっぱ、自分・・のねぇ・・(相談者)

実家だし・・(相談者)

なんか、住む権利ある・・と思ってて。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でもそのぅ・・今、名義が全部、姉になってるから。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

それを受け入れるしかないのか。(相談者)
・・
ああ・・なるほど。(ドリアン助川)

この運命を受け入れるしかないのか・・(ドリアン助川)

そのぅ・・姉も、破産する・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

としても。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
したらねぇ・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

そのぅ・・相続・・を、勝手にした・・んじゃないかとか。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

そういう、訴える手段とかも、あるのかもしれないけど。(相談者)

破産し・・したんだったら、お金ない・・(相談者)

のかなぁ・・とか。(相談者)

思って。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

その辺、どうですか?あなたから見てて、お姉さんの今の経済状況っていうのは?(ドリアン助川)

今の、家が・・借金で建ってるんですけど。(相談者)

土地が・・(相談者)

三個・・あって。(相談者)

あのぅ・・(ドリアン助川)
あ・・(相談者)
三か所に土地があるってことですか?(ドリアン助川)

二か所父が持ってて。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

それを担保にして、今の家を、姉が建てたん・・(相談者)
あ、建てた?(ドリアン助川)
と思うんですよ。(相談者)

えっ?じゃあ・・(ドリアン助川)
3年前に。(相談者)
3年前に・・ご実家と言うけど、これお姉さんが建てたお家?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
あっ・・(ドリアン助川)
まだ新しい・・借金が、かなり・・ある・・(相談者)
借金、かなりあるんですね?(ドリアン助川)
だと思うんですよ。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

でもその時はあなた、お金は出してないんですよね?(ドリアン助川)

出してないです。(相談者)
出してないんですよね?(ドリアン助川)

なるほど、じゃあ、ご実家と言ってるけども・・その時からの、お家(うち)ということですね?(ドリアン助川)

そうですね、その、引っ越す前から・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

住んでた・・(相談者)

から、自分としては。(相談者)

二つの方に、あったんですけど。(相談者)
二つの方にあったんですよね?(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ、それはまぁ、あのぅ、もともと、築何年ぐらいの・・ご、ご実家でしょう?(ドリアン助川)

えっと、14年です。(相談者)
14年のご実家があった?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ、そこは今、どうなってるんですか?(ドリアン助川)

今、空き家でーす。(相談者)
空き家?(ドリアン助川)
空き家になってます。(相談者)

え・・じゃあ、全部、失うことになっちゃう可能性があるわけですね?(ドリアン助川)

そうです、全部・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
姉の名義なんでぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

細かい内容、ちょっとわかんないんですけど。(相談者)
ええ、ええ。(ドリアン助川)

そういうふうになってる・・(相談者)

状況なんだと思うんですよ。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

お姉さんっていうのは・・あのぅ・・その仕事・・バリバリされてるって、おっしゃってましたけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・お一人ですか?(ドリアン助川)

一人ですね。(相談者)
ずっと?(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
あ、ずっと、えっ?・・ぃ、1回結婚したことはありますね。(相談者)

けど、上手くいかなかった?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)
お姉さんに印鑑、貸してっていうときに・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
あのぅ・・「なんに使うの?」って、聞かなかったんですか?(ドリアン助川)

聞かないです、結構、仲・・兄弟そんなに・・仲悪くないし・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
そのぅ・・(相談者)
まぁでもなんか、そこがもともと、ちょっとねぇ・・(ドリアン助川)

ちょっとそれぇ・・(ドリアン助川)

そうなんですよねぇ。(相談者)
ねえ。(ドリアン助川)
そのぅ・・(相談者)

それでなんか相続・・全部したから・・って、その後、言われたときに・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

ちょっと文句言ったんですけど。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

「ただで住めるんだから・・」(相談者)

「いいでしょう」みたいなぁ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

感じで、言われちゃった・・もんですから。(相談者)
ええ、ええ・・(ドリアン助川)

まぁ、今それが問題になってきちゃったってことですねぇ。(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
そん時に・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

土地が二つあって・・(相談者)

もう一つ・・を、なんか父があたしにくれるっていう・・(相談者)

ことで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
姉もそれ、納得してたんでぇ。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

まさか自分の名義にすると、思わなかったんですよ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

ふぅーん・・(ドリアン助川)

これ土地って何坪ぐらいの土地ですか?(ドリアン助川)

50坪と、まぁ、150坪の・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あ・・(相談者)
合わせて200坪?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

えーーっと、ということで、実際これ、法律上は、お姉さんの物になっちゃってるし・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

え・・破産ということで、これが売りに出るという・・(ドリアン助川)

ことも、もう、決まってるわけですねぇ?(ドリアン助川)

決まってるん・・だと思います。(相談者)
うん・・でぇ、今、あたしにとって、最善の方法はなんですか?っていうのが・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
今日、あなたが電話してきた目的ですね?(ドリアン助川)

はいそうです。(相談者)
うん、わかりました。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
え・・(ドリアン助川)

今日の回答者の先生紹介いたします。弁護士の塩谷崇之先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 状況を聞き取るのに 苦労し イライラ しました

     管理人さんのおっしゃるとおり ご本人には 何んの 行動力もありません、その一歩を踏み出すためには 身近に 知識のある人がおればいいのですが やはり 専門家の門をたたかねば。
     男の人が二人来て写真を撮っていった   まるで 子供のお使い ですね
    誰が何しに来たのかもわからない。
    もう一度復縁するという可能性はあまりないんですか?  ドリアンさんの 質問に対しても 的確な回答が出来ない  もう 私は匙を投げます。
     どうにでもしろ と 。

  2. 印鑑を預けてしまう・・・この時点でアウトです。
    いくら親しい肉親でも、というより身内が一番警戒すべき相手なんですよ。
    こういう軽率な行動をしてしまう人が私は大嫌いです。
    自分がいい顔をしたいがために、自分の家族(子供たち)を犠牲にしてます。
    別居の原因もこのあたりにあるのかもしれないな、と思いました。

この記事にはコメントできません。