テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月22日(土)は、加藤諦三&中川潤。50歳の女性から、2年前に他界した両親から事業用借地契約を祖父の代、約20年前に結び貸している土地を相続。調べてみると契約は1年前に切れ、15年ほど前から原契約の地代金額より3、4万少なく払い込まれている。元の金額に戻すよう交渉するも拒絶。どうしたらいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:50歳女性 夫54歳 娘二人 22歳と20歳 2年前に両親他界 相談者には姉と弟がいる

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしくお願いします。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

えっと・・わたし50歳。(相談者)
50歳・・ぅ、え・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)
54歳です。(相談者)
54歳・・お子さんは?(加藤諦三)

女2人で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

22と・・はたち(20歳)です。(相談者)

はいわかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)
あのぅ・・両親が亡くなって、相続した土地・・で、困ってるんですけど。(相談者)
うん・・あなたの・・ご両親が亡くなれたということで?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)
で、ぇ、いつですか?亡くなられたのは?(加藤諦三)

2年前ですね。(相談者)
2年前ですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、えっと・・お二人・・とも、2年前?(加藤諦三)
はい。(相談者)
あ、そうですか、はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)
んでぇ、あのぅ・・(加藤諦三)

あなたの兄弟・・は?(加藤諦三)

わたしの兄弟は、女・・(相談者)

が、姉と・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
弟がいます。(相談者)

弟とお姉さんですか?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はいわかりました、三人ですね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、それで?(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

その・・土地・・は、ある会社に貸してあるんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

最近・・事業用借地契約書・・(相談者)

が、出て来まして。(相談者)

事業用・・借地けんやくしょ(言えなかったみたい)・・はぁい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

それ・・で・・(相談者)

それ・・の中を見た時・・(相談者)
要するに、今・・借地なわけですね、そうすると、さっき、土地があるとおっしゃったのは?(加藤諦三)

はい。(相談者)

貸してあるんですよ、賃貸っていうか、契約して。(相談者)
貸してあるんですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

その内容っていうか、中を見ましたら。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

期限がもう、切れてたんですよ。(相談者)

はぁ・・ん、そうです・・(加藤諦三)
契約・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい。(相談者)
どのぐらい前に、切れてたんですか?(加藤諦三)

・・

い、1年前です。(相談者)
1年前まで・・だったのね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで?(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

契約をし直したいものですから。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

契約・・を、し直そうと思って。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

相手の会社さんの方に・・行って。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、そうしたら、あのぅ、契約書の金額が・・(相談者)

・・

契約書の期限?(加藤諦三)

あの、金額。(相談者)
金額?・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

もらってる金額が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

契約書と・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

自分のもらっている金額が違ってたんですね。(相談者)

はぁぁ・・それ、多かったの?少なかったの?(加藤諦三)
少ないです。(相談者)

少なかったの?(加藤諦三)

はぁい、3、4万、違いますね。(相談者)

結構違うね、はい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

それで、契約をし直すために・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
自分は、書いてある・・(相談者)

金額で、お願いした・・かったものですから。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その契約で、お願いしますということを、お願いしたら。(相談者)
うん。(加藤諦三)

今の金額じゃないと、出来ない・・って言われたんです。(相談者)

今の金額って、今・・今・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)
もらってる。(相談者)
会社・・(加藤諦三)
もらってる会社。(相談者)
会社とかからすれば、今、払ってる・・金額ですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

それじゃないと・・(相談者)

契約は出来ないと・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
いう感じだったの・・ですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、自分としては・・その契約の金額で・・(相談者)

契約をしたいんですけど、それを強く、自分の方は、言えないんでしょうか?・・っていう、おし・・(相談者)

ことなんですけど。(相談者)

それでそのぅ・・(加藤諦三)

契約はどう・・あの、あのぅ、もう・・1年前・・に、切れてるっていうことですけど、どのぐらい長く続いてたんですか?(加藤諦三)

約20年間ですね。(相談者)
20年間?(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

でぇ・・当然、お父さんと、ご両親・・(加藤諦三)

が、やってたことで、あなた・・は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ・・(加藤諦三)

実際に・・(加藤諦三)

今まで・・(加藤諦三)

金額も・・(加藤諦三)

まったく知りません。(相談者)
なにも・・なん・・(加藤諦三)

まったく知らなかったわけですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

当然、お姉さんも弟も、知らなかった・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
ということですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はいわかりました、今日の相談は、それで・・(加藤諦三)

あなたとしては・・(加藤諦三)

今の・・(加藤諦三)

その・・(相談者)
金額ではなくて・・(加藤諦三)

はぁい、前の・・(相談者)
けい・・(加藤諦三)
この・・はい。(相談者)
契約書に書いてある、金額・・(加藤諦三)

でぇ・・やる・・(相談者)
でぇ、この新しく、契約をしたいと。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

だけど・・(加藤諦三)

相手方は・・(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)
今払ってる金額で・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
契約をしたいと。(加藤諦三)

はいそうです。(相談者)

でぇ・・そこで話は分れてるわけですか?(加藤諦三)

そう・・ですね。(相談者)

・・

でぇ、お互いに・・(加藤諦三)

もう・・(加藤諦三)

例えば、弁護士の先生を、た・・立てるとか、そういうことをしないで・・(加藤諦三)

・・

・・

まぁ・・(相談者)
対立したまんまで、話は終わってるというですね?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

はぁい・・わかりました。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
今日はスタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はぁい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 先ずは近隣周辺の相場を調べるところから始めなくちゃいけませんね。
    個人じゃ無理でしょうから不動産鑑定士などの専門家に依頼しなくちゃいけません。
    その費用がどれほどなのか?
    仮に地代の増額が見込めるとして、そのために掛かる費用と比べてどうなのか?

    ちょっと面倒な作業ですけど、相談者が期待してる月額3~4万円の増額とペイするのかな?

    それと、どんな企業に貸してるのかわかりませんけど、その業者がそれだけの増額に耐えられなくて撤退した場合、代わりの借り手がすぐ見つけられるのか?
    プラス・マイナスを冷静に見極めなくちゃいけませんね。

    労多くして益少なしという感じを受けますがねえ。

この記事にはコメントできません。