テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年2月20日(水)は、ドリアン助川&大迫恵美子。74歳女性から、25年にわたり貸したお金を返してくれない妹、貸し続けた金額が300万円。最低の年金受給者の相談者、残り少ない貯金を崩して生活。生活保護の妹は、姉が買えない家電を買うも、「返せない」と居直る。返してもらうにはどうすればいい?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:74歳女性(年金生活 2ヶ月分で17万・貯金残りわずか・二度の離婚・最初の離婚で娘2人を置いてきた) 妹60歳後半(3年前に夫と死別し50歳近い独身・無職の息子と2人暮らし)

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリ助)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
はいよろしくお願いします。(ドリ助)

今日どんなご相談でしょうか?(ドリ助)

はい。(相談者)

妹にお金を貸したんですけど。(相談者)
はぁい・・(ドリ助)

返してもらえなくって・・わたしも年金がちょっと、一番・・最低の・・(相談者)

年金なので。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

返してほしいんですけど。(相談者)
うーーーん・・(ドリ助)

あの、失礼ですけどおいくつですか、今?(ドリ助)

わたくし74歳です。(相談者)
70・・4歳・・(ドリ助)

はい。(相談者)
え・・妹さんは?(ドリ助)

5つぐらい下だから・・60・・(相談者)
うん、60・・9?(ドリ助)
しち・・うん、7、8、9、そのくらいですね。(相談者)
60・・8、9ですねぇ。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
でぇ・・(ドリ助)

あなた様は、ご家族は?(ドリ助)

家族、わたしは・・一人です。(相談者)
お一人ですか?(ドリ助)

はい。(相談者)
ご結婚は、なさらなかったんですか?(ドリ助)
いえ・・(相談者)

2回、離婚しました。(相談者)
2回離婚された?(ドリ助)
はい。(相談者)
そして今ひとりで暮らされてるんですね?(ドリ助)
はい。(相談者)

でぇ、妹さんは、ご家族は?(ドリ助)

夫婦と息子だったんですけど。(相談者)
はい。(ドリ助)

3年前に旦那を亡くしまして・・(相談者)
はい。(ドリ助)

今は、息子と二人です。(相談者)

うん・・息子さんというのはおいくつぐらいなんでしょう?(ドリ助)

もう・・50近いです。(相談者)
50近い息子さん・・(ドリ助)
はい。(相談者)
と、二人暮らし?(ドリ助)
はい。(相談者)
っていうことはこれ、息子さんも・・(ドリ助)

あの、所帯を持ってないってことですね?(ドリ助)
はぁい。(相談者)
うん・・(ドリ助)

そして、この、50歳近い息子さんは、働いて・・るんですか?(ドリ助)

いいえ。(相談者)

働いてない?(ドリ助)

はい。(相談者)

うん・・それはどうしてなんでしょう?(ドリ助)

一度はですねぇ・・(相談者)
はい。(ドリ助)
大学卒業して就職したんですけど。(相談者)
はい。(ドリ助)
リストラで、こっちに帰ってきたんです。(相談者)

はぁい。(ドリ助)

そしてそれから・・ちょっとしたとこには・・(相談者)

まぁ、1年ぐらいとか、半年ぐらいとか・・(相談者)

なんか、仕事はしてましたけど。(相談者)
はい。(ドリ助)

父親が、ちょっと癌になりまして。(相談者)
ええ。(ドリ助)
お母さんと、自分とで・・(相談者)

家で看る・・っていうことで、仕事してなかったんです。(相談者)

はっ、はっ、はっ、はぁ・・(ドリ助)

うーん・・(ドリ助)
それからもう・・働く気力がないのか。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

バイト一つしたことない・・ですね、未だに。(相談者)

でぇ・・その妹さんと、このぅ・・息子さんが二人で暮らしていて、お金に困ってると?(ドリ助)

うん、わたしの方が(苦笑)・・困ってるんです・・ふふっ(自虐的な笑い)・・(相談者)
うーーん・・どれぐらい・・貸したんですか?(ドリ助)

300万ぐらい、貸してます。(相談者)
300万?(ドリ助)

はぁい。(相談者)
これは、何回かに分けてですか?(ドリ助)

はい。(相談者)

はい。(相談者)
何回に、分けたんですか?(ドリ助)
ハイ・・(相談者)

一番最初は・・利息ともで、100万ぐらい貸して。(相談者)
はい。(ドリ助)

それからは、兄とか、母とか・・旦那のお姉さんとこからやら、いろいろ借りて。(相談者)
ええ。(ドリ助)

しばらく良かったんですけど。(相談者)

両親がタヒんでからっていうのはもう・・(相談者)

兄たちも・・貸さなくなって。(相談者)
はい。(ドリ助)

わたしのとこに・・(相談者)

「貸して」・・「貸して」っていう感じでぇ・・(相談者)
うん。(ドリ助)

わたしも「年金暮らしになったら困るから返してね」って言って・・(相談者)

もう早く言うたら、口約束だけで・・(相談者)
うん・・(ドリ助)

お金を・・貸したんですね。(相談者)
え・・口約束だけということは、借用書のようなものは、書いてもらわなかった? (ドリ助)

書いてないです・・(相談者)
書いてないんだ。(ドリ助)
姉妹(きょうだい)だから、いいかな・・とか。(相談者)
うーーん・・(ドリ助)
軽い気持ちで。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

貸したんですね。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

「生活保護もらってるから」・・(相談者)
はい。(ドリ助)

「返せない」って言ってきたんですよ。(相談者)

ふぅーん・・(ドリ助)

でぇ、最後に貸したのはどれぐらい前ですか?(ドリ助)

10・・年、なるかならんかぐらいに・・(相談者)
あっ、はぁい。(ドリ助)

14万、貸したんですよ。(相談者)
14万、はぁい。(ドリ助)

その後に・・(相談者)

まぁ、2ヶ月、3ヶ月に1ぺん・・(相談者)
はぁい。(ドリ助)
5万・・(相談者)

3万・・(相談者)

急に、2万振り込んでぇ・・とかいう感じで。(相談者)

小っちゃいお金を・・(相談者)

ずーっと、貸し続けてたんですよ。(相談者)

あっ、ということはその、一番最後は、どれぐらいですか?そういう・・貸し続けた。(ドリ助)

5年ぐらい前ですかねぇ?(相談者)
5年ぐらい前?(ドリ助)

はぁい。(相談者)

ということは・・(ドリ助)

都合何年にわたって貸し続けたんでしょう?(ドリ助)

もう・・(相談者)

20・・(相談者)

5年ぐらいになると思います。(相談者)
20・・5年ぐらい、貸し続けた?(ドリ助)
はぁい。(相談者)
うーーん、でぇ、全部で300万?(ドリ助)

はい。(相談者)
はい。(ドリ助)

この5年間はつまりもう、貸してないんですよね?(ドリ助)

はい。(相談者)
はい。(ドリ助)

もう、貸すゆとりが・・(相談者)
うん。(ドリ助)
わたしの方にないから、それくらいから、「返して」「返して」って言うけど。(相談者)
はぁい。(ドリ助)
「生活保護もらってるから返せない」・・って。(相談者)
ああ・・あなた・・には今、貯金はないんですか?(ドリ助)

少しあります。(相談者)
少しあります?(ドリ助)
・・
はぁい。(相談者)

えーっと・・(ドリ助)
でもわたしの年金は・・(相談者)
ウン・・(ドリ助)
17万なんですよ。(相談者)
年金17万、はい。(ドリ助)

はい。(相談者)
はい。(ドリ助)
それで2ヶ月でしょう。(相談者)

うーーん・・(ドリ助)
それから家賃・・電気ガス水道から・・(相談者)

払ったら、5万は出て行くんですよ。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

ですねぇ。(ドリ助)
だから・・(相談者)

あとの残り・・だと、どうしても・・(相談者)

食べて行くのにも。(相談者)
ええ。(ドリ助)
事欠くから、結局は・・(相談者)

3万ぐらいは、ずーーっと、貯金をおろして・・(相談者)
うん・・(ドリ助)

やっていってるんですね。(相談者)
あなたには、でも、2回離婚されたとおっしゃいましたけど・・(ドリ助)
はい。(相談者)
お子さんいらっしゃるんですよねぇ?(ドリ助)
はぁい、います。(相談者)
何人いらっしゃるんですか?(ドリ助)

二人、女の子がいます。(相談者)
女の子、二人?(ドリ助)

はぁい。(相談者)
その女の子二人は・・(ドリ助)

あのぅ・・今、ちょっと、支えてくれないんでしょうか?(ドリ助)

一人の子は、母子家庭でぇ。(相談者)
はぁい。(ドリ助)
一人は・・(相談者)

大学に二人やってるから・・(相談者)
ええ。(ドリ助)

わたしは、「援助してちょうだい」とかは・・(相談者)
うん・・(ドリ助)
言えません。(相談者)

言えない?(ドリ助)

わたしがちょっと、我がままで・・(相談者)

一番最初の旦那とは、離婚してるから・・(相談者)
はぁい。(ドリ助)

それい・・(ドリ助)
子供捨ててる・・(相談者)

っていうちょっと、なんて言うか・・(相談者)
ああ、ああ・・(ドリ助)

・・

アレがあるので、子供達に「貸してちょうだい」とかは・・(相談者)

・・

言えません。(相談者)
うん・・この・・女の子二人と、会う事はあるんですか?(ドリ助)
はぁい、月に・・二回ぐらい?(相談者)
はぁい。(ドリ助)
一緒に、お弁当持っていって食べたりはしてます。(相談者)
あっ、そうなんですか。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
うん・・でぇ、お金の話はしないんですね、その時は?(ドリ助)
はい。(相談者)

うん・・(ドリ助)
お金のことは、一切しません。(相談者)
はぁい、でも・・その、じゃあ、300万、まぁ、戻ってくればねぇ・・(ドリ助)

だから、生活保護でも・・(相談者)
はぁい。(ドリ助)
ですねぇ。(相談者)

食器乾燥機?(相談者)
はぁい。(ドリ助)

から・・冷凍庫?(相談者)

ええ・・(ドリ助)
冷蔵・・じゃない、冷凍です。(相談者)
はい。(ドリ助)

そんなの自分の欲しい物は、買ってるんですよ。(相談者)
うん・・(ドリ助)

だから、わたしも行った時に、「なんでこんなの買うお金があったら、返してくれんの?」・・って言ったら、「欲しかったもん」って・・言って・・それっきりなんですよ。(相談者)
うん・・(ドリ助)

妹さんとは・・(ドリ助)

定期的には会ってはいるんですか?(ドリ助)
いいえ・・(相談者)

妹の方から・・(相談者)

「手紙も出すな」・・「電話もするな」・・「来ることもするな」・・(相談者)

って・・(相談者)

言って、最後に手紙が来たんですよ。(相談者)
はぁい。(ドリ助)

2年前に。(相談者)
2年前?(ドリ助)

はい。(相談者)

うん・・じゃあ、この2年前に、それもらってからは、会ってないんですね?(ドリ助)

はぁい。(相談者)
やはり、300万、返して欲しいと。(ドリ助)

300万は、無理だと思うから。(相談者)
はい。(ドリ助)

毎月・・(相談者)

うん。(ドリ助)

まぁ貯金から、3万おろしてるのを。(相談者)

1万ぐらいにして、向こうから2万ずつでも、返してもらったら・・(相談者)

・・

いいんだけど・・(相談者)

って思ってるんです。(相談者)
うん・・それは、伝えましたか?(ドリ助)

言いました。(相談者)
はぁい。(ドリ助)
「返す」「返す」・・「絶対、返す」・・「この言葉で、ずーーっと、借りてきたでしょう?」って言って・・(相談者)
うーーん・・(ドリ助)
「今はないけん、返せん」って・・(相談者)

これの一点張りなんですよ。(相談者)
うーん・・(ドリ助)

ねえ・・(ドリ助)

少しずつでも返して欲しいと。(ドリ助)

打開策はあるか?ということですね。(ドリ助)

はぁい。(相談者)
はい、それでは今日の回答者の先生、紹介いたします。(ドリ助)

はい。(相談者)
弁護士の、大迫恵美子先生です、よろしくお願いしまーす。(ドリ助)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. お金を貸してくれと言われても断らなきゃいけないです。
    断るのは大変ですけど自分さえ決心すれば可能なことです。
    でも相手に返すつもりがなければ貸してしまった金を取り戻すことは不可能です。
    冷酷と言われようが断る勇気が無きゃダメです。それが互いのためです。
    さもなくば狡い人の餌食にされます。

この記事にはコメントできません。