テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

もしもし?(大迫恵)
はぁい。(相談者)
はい、こんにちは。(大迫恵)
こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)
はぁい。(大迫恵)

・・

お嫁さんのね。(大迫恵)

うん。(相談者)
実家の生活については・・(大迫恵)

うん。(相談者)
あ、どういうふうに聞いていましたか?(大迫恵)

・・

あん・・まり、情報はなかったんだけど。(相談者)
・・
断片的に聞くと・・(相談者)

結構・・(相談者)

お金に困ってるような・・(相談者)

情報はありました。(相談者)

うーーん・・(大迫恵)

そのね、生活保護をもらっているとか・・(大迫恵)

うん・・(相談者)
それから・・(大迫恵)

預金が・・国税に凍結されてるとかね。(大迫恵)
うん・・(相談者)

こういう・・話は誰の口から出てるんですか?(大迫恵)

それは向こうのお母さんの方から・・(相談者)

お母さん?(大迫恵)
ふん・・(相談者)

うん・・あの、お父さんに頼まれてね。(大迫恵)

うん。(相談者)
お母さんが、電話してきてると。(大迫恵)

うん。(相談者)
いうようにおっしゃいましたけど・・(大迫恵)
うん・・(相談者)

そのことは、お父さんには・・(大迫恵)

確認してるんですか?(大迫恵)

・・

うん、してます。(相談者)

うん・・じゃあ、お父さんが知ってることは間違いないんですね?(大迫恵)
そうです・・はい。(相談者)
うん・・(大迫恵)
「ぜひよろしくお願いします」という・・(相談者)

っては、言いましたけども、向こうの・・やり取りって言いますかねぇ、「少し待ってくれ」とかいうのは、みんなお母さんから・・たぶん、お父さんからの情報を得て・・(相談者)

それをわたしに言ってるように・・思いますけど。(相談者)

うーーん・・(大迫恵)

その、生活保護もらってるっていう話はね。(大迫恵)
うん。(相談者)

え・・この100万円貸したあとから急に出てきた話なんですか?(大迫恵)
あ、そうですねぇ、あ、そうですねぇ。(相談者)
ああ・・ん・・(大迫恵)

その時はまだまだ・・(相談者)

生活保護・・(相談者)

なんか受けてなくて、マンションにも住んでて。(相談者)
ええ・・(大迫恵)

でぇ・・貸して・・(相談者)

それで何ヶ月ぐらいかなぁ?あとになって・・(相談者)

・・

情報が入ってきたのが・・(相談者)

あのぅ、なんかマンション出ちゃって、生活保護受けてるっていうのを、聞いたんですねぇ。(相談者)
ああ・・そうですかぁ・・(大迫恵)
ええ。(相談者)

だからじゃあ・・あの・・お金はどうなったんだい?と思いましてねぇ。(相談者)
うん・・(大迫恵)

ウン・・(相談者)

・・

まぁねぇ・・あのぅ・・そのお金のことはもう、諦めるしかないと思うんですよ。(大迫恵)
はははは(苦笑)・・(相談者)

そうですかねぇ、もう・・(相談者)
ええ・・(大迫恵)
ふぅーーん・・(相談者)

まぁ、あのぅ・・お金はまったくないんだと思いますねぇ。(大迫恵)
はあああ・・(相談者)

・・

その状況から言ったら。(大迫恵)
そういう状況ねぇ・・(相談者)
ええ・・(大迫恵)
その、預貯金があるとか言ってるのも・・(相談者)

眉唾ですねぇ。(相談者)
うん、眉唾だと思いますねぇ。(大迫恵)

ウン・・(相談者)
あのぅ・・ま、あのぅ・・もちろんね、国税が差し押さえるってことはありますよ。(大迫恵)

うん・・ある時・・うん・・(相談者)
預貯金あるときにはね。(大迫恵)

だけどまぁ、1年半も凍結したままになるってことはなくてぇ・・(大迫恵)
うん。(相談者)
税金払わない限りはどっかでね・・(大迫恵)

うん・・ですよねぇ・・(相談者)
それはおさえ・・あのぅ・・持って行かれてしまうのでぇ。(大迫恵)
今もうまだ・・(相談者)
ええ・・(大迫恵)
凍結ってことは・・あり得ないでしょう?(相談者)

あり得ないんですねぇ。(大迫恵)
ねえ。(相談者)

でぇ、しかも、そのぅ・・ねぇ、生活保護になっちゃってるわけですからね。(大迫恵)
うん・・(相談者)

それはまぁ・・もう・・(大迫恵)

預金も、そんなにたくさんは・・(大迫恵)
ええ。(相談者)
なかったっていうことだと思いますよ。(大迫恵)
生活保護を受けてるっていうことと、預金があるっていうことは、辻褄が合わないから・・(相談者)
ええ・・(大迫恵)

・・

でぇ、生活保護ってね。(大迫恵)
ええ。(相談者)
あのまぁ、随分たくさんもらってるかのような・・あのぅ・・(大迫恵)

まぁ、ちょっと、心無い報道・・されたりすることありますけど。(大迫恵)
うん。(相談者)
現実にはまったく・・余裕がない生活ですからね。(大迫恵)
そうですよねぇ。(相談者)
その中から少しずつ、返すって言うても・・(大迫恵)

そりゃ無理でしょう。(相談者)
無理ですねぇ・・(大迫恵)
・・
あの、5千円、1万円の余裕を作ることも難しいんじゃないんでしょうか?(大迫恵)
ウーーーン・・(相談者)

そうすると・・まぁ、100万円というのはねぇ、気の遠くなるような金額になってしまっているのでぇ・・(大迫恵)
うん・・(相談者)

おそらくは、まぁ、返してもらえないと思いますよ。(大迫恵)
はぁぁぁぁ・・(相談者)

・・

そうですかぁ・・(相談者)
ええ・・(大迫恵)

もう、状況がね・・(大迫恵)

ええ・・(相談者)
かなり・・悪い・・(大迫恵)

感じですねぇ・・(大迫恵)
ああ・・(相談者)

でぇ・・(大迫恵)

あのぅ・・(大迫恵)
ハァイ・・(相談者)
まぁ・・それは息子さん・・(大迫恵)

とね。(大迫恵)

うん。(相談者)
お嫁さん、そのことを知らないのかどうかも、わかりませんけど。(大迫恵)
うん・・(相談者)

・・

おそらくは・・(大迫恵)

そのぅ・・自分の娘のところにだってねぇ。(大迫恵)

ウン・・(相談者)

なにがしかの・・(大迫恵)

無心が続いた時期は、あったんじゃないですか?(大迫恵)

それは・・聞いてますねぇ。(相談者)

うん・・ですよねぇ。(大迫恵)
子供達から。(相談者)
うん・・(大迫恵)
はああ・・(相談者)

それは聞いてます、ですから・・(相談者)

たぶん・・(相談者)

い・・もう、どこにも言うところがなくなってぇ・・(相談者)
ええ。(大迫恵)
わたしんとこへ・・(相談者)

来た・・っていうような・・今にして思うと・・(相談者)
そうですよねぇ・・(大迫恵)
ええ・・(相談者)

・・

・・

まぁ、ほんとに・・行くところがないから来た・・というお願いだと思うのでぇ・・(大迫恵)
ぁぁぁ・・(相談者)

それはなかなか返す・・あては、出来ないと思いますよ。(大迫恵)
あああ・・そうですかぁ・・(相談者)
ええ・・(大迫恵)

わかりました。(相談者)
なかなかねぇ、ご親戚ですからぁ・・(大迫恵)
そうなんです(苦笑)・・(相談者)
ねえ・・(大迫恵)
ええ。(相談者)
事を荒立てるって・・(大迫恵)
そう・・(相談者)
まぁ、荒立ててみても、お金は戻らないと思いますけど。(大迫恵)
戻らないからね。(相談者)
はぁい。(大迫恵)

うん・・それでぇ・・子供達が傷ついちゃいけないんでぇ・・(相談者)
そうですねぇ・・(大迫恵)

まぁ、むしろその待って待ってというねぇ・・(大迫恵)

うん・・(相談者)
あのぅ・・電話・・向こうが、まぁ、なんとかしようとして言ってるわけじゃなくてぇ(苦笑)・・(大迫恵)
へへへ(苦笑)・・(相談者)
要するに(苦笑)・・ねぇ・・(大迫恵)
ええ(苦笑)・・(相談者)
娘さんのところへ駆け込ん・・あのぅ・・(大迫恵)
はぁい。(相談者)
自分の・・ねぇ・・あのぅ、お嫁さんに・・なんだなんて、言われたら困ると思って・・(大迫恵)
ぁぁ・・(相談者)
あのぅ・・言ってるんじゃないかと思いますよ。(相談者)
ぁぁ・・そうですねぇ・・はぁぁ・・(相談者)

だからむしろ・・(大迫恵)
***・・(相談者)
親戚付き合いをねぇ・・(大迫恵)

ま、今後も・・続けていかなければならないということだとすると・・(大迫恵)
ウン・・(相談者)

「もう、そのお金はいいですよ」・・と。(大迫恵)

ウン・・(相談者)
ねえ・・(大迫恵)

言ってあげなきゃ・・しょうがないんじゃないですか。(大迫恵)
はぁぁぁ・・わかりました、はぁい。(相談者)
ええ・・ま、お嫁さんですからねぇ・・(大迫恵)

ウン・・(相談者)
やっぱり、お嫁さんって、大切にしておかないと・・(大迫恵)
へへへへへへ(苦笑)・・(相談者)
ねえ・・ふふふ・・(大迫恵)
ええ。(相談者)
これから先、自分がねぇ・・(大迫恵)
じゃあ、アレだぁ・・先払いと思って・・ふふふ・・(相談者)
ああ・・そうかもしれませんねぇ・・お嫁さんにねぇ・・(大迫恵)
ええ・・(相談者)
あのぅ・・お世話になるんだから・・(大迫恵)
世話になる・・うん。(相談者)
ええ・・(大迫恵)
うん・・(相談者)
そうですねぇ・・(大迫恵)
そうですよねぇ・・(相談者)
うん・・(大迫恵)
ククククク・・(相談者)
ふふふふふ・・(大迫恵)
わかりました。(相談者)
もしもし?(ドリ助)
ありがとうございまし・・はぁい?(相談者)
今あのぅ・・お父さん、「先払いですねぇ」って・・(ドリ助)
ええ。(相談者)
笑われたんですけども。(大迫恵)
ええ。(相談者)

こう、人生には時々、なにか乗り越える為に、ユーモアが必要になる時ありますねぇ。(ドリ助)
はぁい。(相談者)

まさに今、お父さんからそれを感じました。(ドリ助)
ああ・・はぁい・・ふふふ・・(相談者)
ふふっ・・(大迫恵)
あのぅ・・お父さんが、そうやって笑ってくださると・・(ドリ助)
うん・・(相談者)

わかりました。(相談者)
すべて・・ええ・・(ドリ助)
ええ。(相談者)
丸く、おさまるような気がします。(ドリ助)
ええ。(相談者)

ありがとうございました。(相談者)
はぁい、どうも・・(ドリ助)
どうもすいません、はぁい、どうも失礼します。(相談者)
はぁい、失礼しまーす。(ドリ助)




放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

※後ほど更新

2019年5月2日(木)予告とYouTube

12次へ »
2 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA