テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年12月12日(水)は、加藤諦三&中川潤。43歳男性から、1週間前に妻から離婚の申し出。子供の将来の為の節約の件や、上から目線の言動や、夜の生活を相談者が断わる等の積み重ねと言っていたが、置いてあった妻の手帳に浮気の証拠。水に流すから考え直してと言っても、妻の気持ちは変わらない。離婚したくない。
加藤諦三氏の〆の言葉『感情を自分に対する情報として受け取って下さい』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:43歳男性 妻37歳 長男7歳 長女5歳 結婚して8年

もしもし?(加藤諦三)

あっ・・え・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
こんにちは、えーっと・・(相談者)
はいテレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あっ、お願い致します。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
えーっと、43歳です。(相談者)
40・・3歳・・(加藤諦三)

え、結婚してます?(加藤諦三)

はい、してます。(相談者)
え、奥さん何歳ですか?(加藤諦三)

えーっと、37歳です。(相談者)
30・・7歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えーっと・・7歳と・・の、男の・・子と・・えーっと、5歳の、女の子です。(相談者)

はいわかりました、でどんなそうなんですか?(加藤諦三)

えっとですねぇ・・(相談者)

1週間ほど前にですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

「離婚・・して欲しい」と。(相談者)
はい。(加藤諦三)
いうふうに言われまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、離婚・・届けに書いたものを・・(相談者)

渡されたと。(相談者)

あのぅ・・離婚・・(加藤諦三)

して欲しいと、ここまできちんと言ってくる・・のは、今までに、その離婚話みたいものは、なかったんですか?(加藤諦三)

ほ・・まぁ、ほと・・あーっと、なかったですね。(相談者)
なかったんですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

と、結婚してから何年・・ぐらいです?(加藤諦三)
えーーっと・・結婚して・・8・・年です。(相談者)
8年?(加藤諦三)

はい・・(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

どういうことで喧嘩してる・・わけですか?あなたは・・(加藤諦三)
うーーん・・でぇ・・(相談者)
ん、結婚(?)・・あの、子供のこととか、お金のこととか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
まぁ、いろんなことあると思うけど・・(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)

ま、たぶん・・子供の・・ことよりかは多分・・ま、お金の・・ことだとか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あと、そのぅ・・(相談者)

女性として・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

見てもらってないとか、あと、上から目線?(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ・・えーっと・・言われる・・のが・・(相談者)

嫌だと。(相談者)

はい、はい。(加藤諦三)
という・・そ、そういうようなことが、積み重なって・・という感じですね。(相談者)
うーん・・あのぅ、お金のこと・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
を・・とかなんとかって、経済的には奥さんは、働いてないんですか?働いてんですか?(加藤諦三)
あっ、えーっと、パート・・に、出てます。(相談者)
パートに出てる?(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、パートに出てて、あなたもごく普通に働いてるわけですね?(加藤諦三)
はい、そうですね。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

あなたも働いていて、奥さんも、まあ働いて、そこでお金・・(加藤諦三)

が・・(加藤諦三)

いつも・・(加藤諦三)

問題にな・・(加藤諦三)

ったわけですか?(加藤諦三)

僕・・の方が・・(相談者)

まぁ、やっぱり子どもとかの将来のことを考えて。(相談者)
はい。(加藤諦三)
なるべく・・節約・・(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
ま、したい・・というような・・かなり意識は働いて・・まして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

なんか、買ったりするのも、新品じゃなくて・・(相談者)

おんなじようなものを、中古で買ったりとか。(相談者)
ああ、ああ、ああ・・はい。(加藤諦三)
そういうような・・(相談者)

事とかで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、できれば・・(相談者)

遊びに行ったりとかですねぇ。(相談者)

はいはい。(加藤諦三)
そういった時に、回したいなと。(相談者)

普段の、生活は、なるべく抑えてと。(相談者)

はい・・(加藤諦三)

いうような・・あ、気持ちで、まぁ・・え、特に・・まぁ、ここ・・(相談者)

1年ぐらいは少し・・(相談者)

所得が、厳しかった部分もあったので。(相談者)
うん。(加藤諦三)
余計そういう傾向が強くなったのはありました。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まぁ、そうするとあれですか、奥さんとしてはまぁ・・ 37歳ですからね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
まあいろんなオシャレもしたい・・(加藤諦三)

はぁいそうですね。(相談者)

こういう着物も着たい・・(加藤諦三)
そうですね。(相談者)
こういうネックレス・・(加藤諦三)

だけど、そういう物が買えなくて・・と。(加藤諦三)
ええ、そうですねぇ・・(相談者)
そういうことね。(加藤諦三)
そういった・・(相談者)

たぶん、ストレスもあったと思います。(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
それから・・(加藤諦三)

上から目線っていうのは・・(加藤諦三)

まぁわかりますけど・・(加藤諦三)

具体的には、どう・・いう・・ことですか?(加藤諦三)

例えば・・(相談者)

妻の方が・・(相談者)

こう・・「こうしたらいい」と、思ったようなことも。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

僕・・(相談者)

の、まぁ、意見を、ちょっと通してしまうというか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

「それだったらこうした方がいい」とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

「こういうふうにした方が・・いいんじゃない」っていうような・・(相談者)

ことを、まぁ・・話するんですけど、たぶん・・(相談者)

妻・・にしてみれば、認められてないとか、否定されているというような・・(相談者)

ああ・・自分・・(加藤諦三)
が、言ったことが・・(相談者)
まぁ、あなた・・うん・・(加藤諦三)

否定されてる・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
っていう感じで・・(相談者)

そういったのがずっと続いてたっていうふに思いますね。(相談者)

女性として満足・・しないっていうのは、さっき言ったような・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

わたしだって・・(加藤諦三)

化粧・・品・・買いたいわっていう・・(加藤諦三)

そう、そうですね、そういったところもあると思いますし、たぶん・・(相談者)

夜の生活とかも・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

そこまでなかったので、そういったところも・・あったと思うんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

奥さんの側に・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
何か・・(加藤諦三)

男性がいるとかそういうことはないんですね?(加藤諦三)

いや、結果的には・・えーっと・・(相談者)

あそん・・(相談者)

でる・・(相談者)

男性が・・(相談者)

・・

・・

いる?(加藤諦三)

結果的には・・って、どういうことですか?(加藤諦三)

あっ・・(相談者)

もう最初は・・あの、まぁ、離婚・・(相談者)

・・

どうしても、して欲しいっていうふうで、「もう離婚しようかなぁ」っていうふうに思って・・(相談者)

でもそれまでは、そういう・・今の・・さっきお話したような、理由だと思ってた・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
わけですけど。(相談者)

あ、今・・先生がおっしゃった・・ので・・あの、手帳を・・まぁ、たまたま・・(相談者)

置いてあったの、ちょっと、見ちゃいけないんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
見てしまってそこに・・(相談者)

そういったことが書いてあって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

そういう男性の・・(相談者)

こう、影・・影っていうか。(相談者)
はい。(加藤諦三)
そうしたのがあったんだと。(相談者)

はい。(加藤諦三)
いうことを、まぁ・・ホントに・・(相談者)

気づいたっていう形なんですけど。(相談者)
そういう事が、書いてあったという、そう・・そういう・・ってのは・・(加藤諦三)

かなり具体的にいろんなこと、手帳に書いてあったわけ?(加藤諦三)

まぁ・・そうですね。(相談者)

関係があったっていうようなことが・・(相談者)

書いてありました。(相談者)

手帳に書いてあった?(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

でそれは・・あなたが・・(加藤諦三)

見られるような場所に置いてあった?(加藤諦三)

え、そうですね、それは・・まぁ・・(相談者)

あのぅ・・ずっと、そのぅ・・(相談者)
普通、隠しますよねぇ?(加藤諦三)

ぅ、そうなんですね、だから・・もしかしたら、そ、それは・・そういう・・ま、あのぅ、それを言ったら・・(相談者)

それも含めて・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

水に・・ま、水に流してっていうか・・それはもう、問わないんでぇ・・もう一回、考えて欲しいっていうふうに・・(相談者)

言ったんですけども。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)
そういう・・(相談者)
あなたの側が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
奥さんが、浮気したということは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
もう・・水に流すから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はぁい。(相談者)

もう一度やり直したいと。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

いうことですねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

だけれども・・(加藤諦三)

奥さんの意志のほうは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
固くて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
離婚はしたいと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ・・(相談者)

やり直せるならやり直したいっていう・・ところ・・なんですけども。(相談者)

という事、そうすっと、今日の相談としては・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
こういう・・そのぅ・・離婚の申し出があったけれども・・(加藤諦三)
はい。(加藤諦三)

どう対応したらいいかという・・(加藤諦三)
うーん・・(相談者)
ことよりも、むしろ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
離婚したくないんだけれども、どうしたらいいかっていうこと?(加藤諦三)

ああ、そ・・どちらかと言うと、そう・・(相談者)

後者・・そうですね、後ろの方ですね。(相談者)

今日はあのぅ・・(加藤諦三)

弁護士の、中川潤先生が、いらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はいお願いします。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.