テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年2月15日(金)は、加藤諦三&塩谷崇之。41歳男性から、2年半の婚姻期間を経て離婚して数か月、2歳の息子の親権は元妻に。結婚当初から合わない事はわかっていたが、親兄弟を馬鹿にされた事。面会交流時の妻の両親からの罵詈雑言に耐えらえない。息子には今後も会いたいが、これからの人生、どう生きていけばいいか
加藤諦三氏の〆の言葉『離婚の背後にあるのは、お互いの心理的問題が表面化したものです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:41歳男性 婚姻期間2年半くらい、2、3ヶ月前に離婚し実家で両親と暮らす 2歳の男の子の親権は母親に

もしもし?(加藤)
はい。(相談者)

はい、テレフォン人生相談です。(加藤)
あ・・よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤)

はい、41です。(相談者)
40・・1歳・・(加藤)
はい・・(相談者)
結婚してます?(加藤)

え・・この間、別れたところです。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤)
はい。(相談者)
えっと・・お・・なん・・何ヶ月・・ぐらい前ですか?(加藤)
2、3ヶ月前ですねぇ。(相談者)
2、3ヶ月前・・はい・・(加藤)
はい。(相談者)
それで・・(加藤)

今は・・お一人で暮らしてるんですか?(加藤)
実家で・・親と暮らしております。(相談者)
あっ、実家で・・はい。(加藤)
はい。(相談者)
わかりました、でぇ・・どんな、相談でしょうか?(加藤)

えーっとですねぇ、今後の人生において・・(相談者)
うん。(加藤)
え・・ちょっと、どういう、心持ちで・・生きていったらいいかなっていう・・ご相談なんですが。(相談者)
あっ・・(加藤)

あの・・(加藤)

お子さんはいなかったんですね?(加藤)

いや、えっと、一人います。(相談者)
一人・・(加藤)
男の子が・・(相談者)
男の子?(加藤)
はい。(相談者)

それでお母さんと一緒にアレですか?(加藤)
そうです、はい。(相談者)

でぇ、この男の子は何歳ですか?(加藤)

え、2歳・・すこ・・2歳・・超えたとこですね。(相談者)
2歳・・ん・・はい。(加藤)
はぁい。(相談者)

・・

それで・・(加藤)

えっと・・(加藤)

・・

離婚してみると・・(加藤)
はい。(相談者)
あれですか?(加藤)

・・

お、奥さんのいいところが見えてくるとか、なんかそういう・・(加藤)

改めて・・(加藤)
いや・・そういう・・(相談者)
ことではないの?(加藤)
ことではなく・・ってですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤)
あのぅ・・離婚・・が決まって、別居をしてから・・(相談者)
はい。(加藤)
え・・まぁ、じ・・(相談者)

え・・実際に離婚が成立するまで・・もですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤)
え・・まぁ、向こうのご両親が、当然出てこられて。(相談者)
はい。(加藤)

え・・それが・・(相談者)

もうすごく・・(相談者)

なんて言うか、わたしを・・(相談者)

ものすごく責めてくるわけですよ。(相談者)
はい。(加藤)

もう・・(相談者)

すごい暴言を吐いたりだとか・・(相談者)

まぁ、すごいことを、散々、言われましてぇ・・(相談者)

特に向こうの、ち、父親なんですけれども。(相談者)
はい、例えば・・(加藤)

どんな・・言葉ですか?(加藤)

「今からお前の会社に乗り込む」だとか・・(相談者)

ああ・・ああ・・(加藤)
でぇ・・(相談者)

「お前の実家、売っぱらって、金払え」とか。(相談者)

はい、はい。(加藤)
え・・「おまえは最低だ」とか。(相談者)

そういうことをもう・・散々言ってくるわけです。(相談者)

はぁい、はぁい、はぁい、はぁい。(加藤)
それで、わたしは性格的にちょっと、せ・・喧嘩とかできない・・質(たち)なので。(相談者)

はぁい。(加藤)

もう、言われるままだったんですが。(相談者)
はぁい。(加藤)
まぁ、それで・・調停離婚成立しまして。(相談者)
はぁい。(加藤)
え・・でぇ・・子供と、面会交流・・(相談者)

も、え・・出来るように決まりまして。(相談者)
はぁい。(加藤)

でぇ、先日会ったんですが。(相談者)
はぁい。(加藤)

え・・そこに・・(相談者)

元妻が、来るように・・と、わたしはまぁ、調停の中で・・(相談者)

え・・希望してたんですが。(相談者)
はぁい。(加藤)
え・・元妻ではなくて、向こうの・・(相談者)

父親、母親、おじいちゃん、おばあちゃんが、来たわけです。(相談者)

はぁい、はぁい、はぁい。(加藤)
はい、それでぇ・・(相談者)

え・・「ちょっと、約束が違うんじゃないですか?」と・・(相談者)
ええ。(加藤)
言ったら、「そんなもん、関係ない」と。(相談者)

はい。(加藤)

え・・向こうの、父親が言ったりだとか。(相談者)
はい。(加藤)
え・・あとは・・(相談者)

すごくショックだったのが、え・・向こうの祖母がですねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤)
子供に、子供に向かってわたしのことを・・(相談者)

悪く言うわけですね、目の前で。(相談者)

子供の名前を呼んで・・(相談者)

え・・(相談者)

わたしの事を、「このおっさんの事を、知っていますか?」と。(相談者)

はああ・・(加藤)
「わかるか?」と。(相談者)

はぁい・・(加藤)

「あんたを捨てた・・人にした、張本人の最低な人間だぞ」・・(相談者)

って、子供に言うんです。(相談者)

はぁい。(加藤)

でぇ、それ・・を、聞いたらまぁ、わたし、当然ショックなのと。(相談者)
はい。(加藤)

あと・・やはり・・家でも、普段でも、おそらく・・(相談者)

・・

わたしの事を、良く言うわけはなく・・(相談者)

ま、そうですねぇ。(加藤)
わたしの悪口を・・(相談者)
うん。(加藤)
言って、育ててるんじゃないかと・・(相談者)
うん。(加藤)
想像・・出来てしまうのでぇ。(相談者)
うん・・(加藤)

・・

ま、それがショックであることと・・(相談者)
うん・・(加藤)

でぇ・・ただ・・(相談者)

元妻に・・「子供を連れて来いよ」って、主張したところで、おそらく、もう、通じる相手ではないんです。(相談者)

はぁい。(加藤)

ええ、なので、子供と会うには・・(相談者)

そのぅ・・祖父母と会わなければいけない・・(相談者)
はぁい。(加藤)

ただ、できたらもう関わりたくない・・っていう思いがある・・でも当然子供は可愛いんです。(相談者)

はい。(加藤)

なので、もうそれを・・考えてると、ちょっと精神的に追い詰められてきてしまって。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい、はぁい。(加藤)
でぇ・・ちょっとどうしたもんかなぁ・・と。(相談者)
うん・・(加藤)

うん、でぇ・・いうこと・・(相談者)

ん・・ですね、あとは・・今後、まぁ離婚はしたんですけど、わたしまだ自分でも・・今後の人生を・・やっぱり楽しく生きていきたいと思うので。(相談者)
はい。(加藤)

どういった心持ちで生きて・・(相談者)

いいのかなぁという・・(相談者)
あーん、なるほどね・・(加藤)
ご相談なんですが、はぁい。(相談者)

あの・・(加藤)

離婚の原因はやっぱりあれですか?奥さん・・自身?それとも・・奥さんを、取り巻く人間関係?(加藤)

いや、離婚については・・(相談者)

自分としては、もう精一杯の努力・・したので。(相談者)
はい。(加藤)

・・

でぇまぁ、最後の・・わたしの離婚に対するきっかけがちょっと・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

わたしが・・(相談者)

どうしたらいいかな?(相談者)

夫婦喧嘩の後に、どうやったらうまくいくかな?って考えてた・・(相談者)

悩んで悩んで悩んで・・(相談者)

い・・(相談者)

って(言って)まぁ・・頭下げたんですけれども。(相談者)
うん。(加藤)

そこを、蹴落とすようなことを、向こうが言ってきたので。(相談者)
うん、例えば?(加藤)

ちょっとした喧嘩になった時に・・(相談者)
うん・・(加藤)

向こうが言ったのが・・(相談者)

え・・(相談者)

「もっとちゃんと条件を調べてから結婚すればよかった」と。(相談者)

はああ・・(加藤)
わたしに言ったんですよ。(相談者)
はぁい。(加藤)

で、「ちょっと・・待て」と。(相談者)

うん。(加藤)
「何・・言ったか、わかってますか?」と。(相談者)

はい。(加藤)
「わかってるか?」と。(相談者)

まぁ、「俺だけならいいけど、まだ・・うちの親も家も兄弟も全部馬鹿にしたことになる」と。(相談者)
うん。(加藤)

って言ったら・・(相談者)

「でも、条件は大事でしょう」・・って言い返してきたんです。(相談者)
うん。(加藤)

それがやっぱり一番、いつまでも心に残ってまして。(相談者)
うん。(加藤)
でぇ、他、合わないとか、いろいろ細々・・あるんですけれども。(相談者)

やっぱり最後まで・・(相談者)

頭にあったのは、その言葉ですね。(相談者)
うーーん・・(加藤)
それを聞いたときに・・(相談者)
はぁい。(加藤)
なんかもう、糸が切れるような思いがしまして。(相談者)
はぁい。(加藤)

これは無理だなぁ・・と。(相談者)
はい。(加藤)

思いまして。(相談者)
はい。(加藤)

でぇ、数日後に・・(相談者)

え・・二人で話をしたときに・・(相談者)

「もう無理だし、離婚しよう」と。(相談者)

ええ。(加藤)
言った・・んです。(相談者)
はぁい。(加藤)

ええ、でぇ、それ・・を・・(相談者)

まぁ、妻は、黙って聞いてたんですが。(相談者)
ええ。(加藤)

まあ・・なんか、後から聞くと・・(相談者)

ほんとに・・(相談者)

まさか離婚言われるとは思ってなくて、単なる喧嘩だと思っていたと。(相談者)
うん。(加藤)

うん、言うん・・ですよ。(相談者)

でぇ・・ただわたしとしては・・(相談者)
うん。(加藤)
もう、結婚当初から、お互い、結構、性格合わないのはもう・・割と早い段階で、わかってまして。(相談者)
はい・・でぇ、結婚生活・・(加藤)
で、お互い・・(相談者)
自身は、どのぐらい続いたんですか?(加藤)

2年・・半ほどですね。(相談者)
2年半・・(加藤)
はぁい。(相談者)
はあーーん・・(加藤)

でぇ、今日のあなたの相談というのは・・(加藤)
はい。(相談者)
結局・・(加藤)

この先・・どういうふう・・な、生き方・・を、考えたらいいんだろうか?・・っていうことですね?(加藤)
そうです、あのそれで・・やっぱり、子供とも今後もやっぱり、会いたい・・(相談者)

気持ちはもちろんあるので。(相談者)
はい。(加藤)
ただ・・(相談者)

祖父母に会いたくないけど、子供に会うにはやっぱり・・(相談者)

そうもいかないと。(相談者)

でぇ・・(相談者)

面会の時に、わたし・・自身の心、どういう・・ふうに持ってればいいか・・ってことと・・(相談者)
はぁい。(加藤)

今後の人生において・・(相談者)

ずーっと続くことなんで、面会交流のことは。(相談者)
うん・・(加藤)
この人生において、わたしはどういう・・心持ちで・・(相談者)

生きていったらいいのかな・・と。(相談者)
はい。(加藤)

大変あの人生の大問題のようなね・・(加藤)

はい。(相談者)
大変あの大きな問題ですけれども。(加藤)
はい。(相談者)

今日はあの、スタジオに・・(加藤)

弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてるので・・(加藤)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 放送内容からは離婚の理由がサッパリわかりません。
    実際の相談では話されたけれど編集でカットされたのかもしれませんけど。
    夫婦仲が悪く離婚に至ったらしいということは推測できますけどね。
    元義父母がなぜ罵詈雑言を浴びせたのかもわかりませんね。
    それなりの理由があったのか、それとも元義父母の人柄が特別悪い人たちなのか・・・・?
    この義父母だと、幼い子供を虐待しないか心配です。
    番組で語られたことだけから推測できるのは「この婿ならいくらイジメても大人しくしてるだろうと思ってたら、意外にも反抗して娘を離婚しやがった。けしからん」といったことでしょうかね。私の勝手な憶測ですから真相はわかりませんけど。

    いずれにしても離婚して正解だったのでしょう。

  2. >わたしは性格的にちょっと、せ・・喧嘩とかできない・・質なので
    結局ね、多分全てコレなんですよこの人・・・元妻とも腹を割って話せない、喧嘩も出来ない。相手は何を考えてるか判らん訳です。
    調停も弁護士立てたたのかな?紙に書いた条件て何も通ってないじゃないですか(笑)
    全て一人相撲なんですよね。少し自分の性格とか生き方を見直さないと、同じような事繰り返すんじゃないでしょうか。
    揚げ足鶏様の言う通り、まだまだ隠してる事も有りそうですねぇ・・・想像はつきますけど(苦笑)

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.