テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

坂井眞アドバイス

はい、よろしくお願いします。(坂井眞)
ぁ、よろしくお願いしますぅ。(相談者)

・・

その、生命保険会社の・・ぉ・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ま、社員の人か・・(坂井眞)
はい。(相談者)
代・・代理店の方か、わからないですけども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

最初は、1700万円・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
プラス、50万円ですか?(坂井眞)
そうです。(相談者)
入れますからと・・ぃ、ぃ・・(坂井眞)

言われていて・・(坂井眞)
はい。(相談者)

それでぇ・・(坂井眞)

そうなんだ・・と思って・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
期待していたら・・(坂井眞)
そうです、そうです。(相談者)

ぁ・・それが、135万円がぐらいに、なっちゃったと。(坂井眞)
そう、そうです。(相談者)

で、それを、ずーっと、このニ年間、引っかかってたんだけれども・・(相談者)
そう、そうなんです。(相談者)

ちょっと、どうしてそんなふうになるか・・(坂井眞)
はい。(相談者)

聞いてみたいと・・こういうお話ですよね?(坂井眞)
あ、そうですぅ・・お願いします。(相談者)
でぇ・・これはねぇ、あのぅ・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ぅ・・・ま、約款って、言いますけれども・・(坂井眞)

いっぱいです(?)。(相談者)

む、あの、生命保険に入るっていうことは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

どういう・・ぅ、契約内容、どういう約束で・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
どういう場合に、いくら払われるのか・・(坂井眞)

保険料は・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

ぇ・・どういう条件で・・(坂井眞)
はい。(相談者)
え・・例えば、月々いくら払うのか・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ま、一括の場合もありますけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

決まってくるわけですね。(坂井眞)
はい。(相談者)

でぇ、約款の解釈って・・って、言いますけど、要するにまぁ、生命保険の契約内容で全部、決まってくるんですよ。(坂井眞)
はい。(相談者)

ぉ、なので・・(坂井眞)
はい。(相談者)
最初のその、保険会社の人が・・(坂井眞)
はい。(相談者)

1700万円プラス50万円、払いますよと言ったのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ま、期待しちゃったのは、しょうがないと思うんだけれども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)
その時は・・保険会社側も・・(坂井眞)
はい。(相談者)

生年月日が、二年・・実際より、若く・・書いてある・・(坂井眞)

ってことは・・(坂井眞)

・・

知らないで、言ってるわけだから・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あ・・その時、言ったことを・・あのぅ、持ち出しても、あんまり意味がないんですね。(坂井眞)

ああ・・(相談者)
うん、で、それは、間違ってることを知らないで・・(坂井眞)
はい。(相談者)

生年月日が、正しい・・内容が、書いてある前提であれば・・(坂井眞)
はい。(相談者)

契約通り、これだけ払えますよと、言ってるだけなので・・(坂井眞)
はい。(相談者)

その後、調べてみたら、実は、実際の年齢は、二つ上だったと。(坂井眞)
はい。(相談者)

ま、歳とってったってことですよね。(坂井眞)

はい。(相談者)
ってことが、わかっちゃうと・・そうすると・・それ、話しが変わっちゃいますから・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あの時、ああ言ったのにとか、言った、言わないって話しを持ちだしても、あんまり意味がないんですよ。(坂井眞)
はいはいはい。(相談者)

そこだけ、ちょっとまず、理解してくださいね。(坂井眞)
はい、わかりました。(相談者)

でぇ、え・・(坂井眞)
はい。(相談者)
保険会社の方も、持って帰ってみたら・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
あれ?・・っと。(坂井眞)

ええ。(相談者)
まぁ、あの、タヒ亡した時の、その、タヒ亡の・・その戸籍とかね。(坂井眞)
はい。(相談者)
除籍・・の、ものとか、謄本とか、出しますでしょう?(坂井眞)
はい、出します。(相談者)

で、そうすると、生年月日が・・(坂井眞)
ぇぇ。(相談者)
ほんとは・・いくつかって、わかるじゃないですか?(坂井眞)

はい。(相談者)
で、そうすると、アレ?契約した時の内容と・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
二年、違うなぁ・・と。(坂井眞)
はい。(相談者)
実際は、二つ・・年上だったんだ・・っていうのが・・(坂井眞)
はい。(相談者)

生命保険会社も、わかるわけですよね。(坂井眞)
はい。(相談者)

で、そうすると・・(坂井眞)

どういうことが、起きるかっていうのを・・(坂井眞)
はい。(相談者)
まず、ちょっと、説明をしますね・・(坂井眞)
はぁ・・(相談者)
理屈のところを。(坂井眞)
はい。(相談者)

で、生命保険っていうのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

タヒんだ時に、生命保険金、これを保険金と言いますけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
保険料じゃなくてね。(坂井眞)
はい。(相談者)
生命保険金を・・(坂井眞)
はい。(相談者)
いくら払いますと。(坂井眞)
はい。(相談者)

で、その為には・・(坂井眞)
はい。(相談者)
保険料を・・(坂井眞)
はい。(相談者)
今度は、保険料ですね。(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・・まぁ、普通だったら、月々とかいう形で、払いますよね?(坂井眞)
はい、払ってます。(相談者)
で、その保険料が・・(坂井眞)
はい。(相談者)
どうやって決まるかというと・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

その人の年齢と性別が・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
基本になるんですよ。(坂井眞)
あっ・・そうなんですか?(相談者)
うん。(坂井眞)
はい。(相談者)

だって・・保険っていうのは・・(坂井眞)

あのぅ・リ、リスクって言いますけど・・(坂井眞)
ええ、ええ、ええ。(相談者)
ぉ・・そういう危険をね・・(坂井眞)
はい。(相談者)

タヒという危険ですよね・・(坂井眞)
はい・・(相談者)
生命保険の場合は。(坂井眞)
はい。(相談者)

タヒという、リスク・・が・・(坂井眞)
はい。(相談者)
現実的になった場合に・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

ぇ、それを・・お金・・を・・(坂井眞)
はい。(相談者)
払ってもらうことによって・・(坂井眞)
はい。(相談者)
ま、リスクを担保するって言いますけど・・(坂井眞)
ああ・・(相談者)
ん、その・・そういう緊急事態を・・救うために、お金が出てくるわけじゃないですか。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

え・・・でぇ、その時に・・(坂井眞)
はい。(相談者)
じゃあ、保険料、どうしましょうか?・・っていうと・・(坂井眞)

はい。(相談者)

その、タヒんでしまう・・リスク・・危険性・・(坂井眞)
・・
はい。(相談者)

これを、どうはかるか?ってことに、なるわけですよ。(坂井眞)
ああ、そうですか・・(相談者)
これ、わかるかなぁ?(坂井眞)

いや、なんかねぇ、もう・・(相談者)
だって、すぐタヒなない人だったら・・(坂井眞)
ええ、ええ。(相談者)

保険金、すぐ払う可能性は、低いじゃないですか?(坂井眞)
そうですよね。(相談者)
例えば、30歳の・・まだ、若い人だったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)

ま、25歳でもいいけれども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

あのぅ、日本の平均寿命から言ったら・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

計算上は・・(坂井眞)

当分、まだ大丈夫だと思って、みんな思って、生きてますよね。(坂井眞)
そうですよね。(相談者)

これは、わかりますよね?(坂井眞)
わかります・・はい。(相談者)
うん、で、男と女は・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

平均・・寿命、違うじゃないですか。(坂井眞)
違いますね。(相談者)
女の人の方が・・(坂井眞)
長いですね。(相談者)
だいぶ・・長生きしますよね。(坂井眞)
はい。(相談者)

で、そうすると・・タヒぬリスクっていうのも・・男と女で、男の方が、高いわけですよね。(坂井眞)
はぁい・・(相談者)

はい。(相談者)
で、そうすると・・生命保険料決める、最も多きな要素っていうのが・・(坂井眞)
はい。(相談者)

年齢と、性別になるわけです。(坂井眞)
ああぁぁ・・(相談者)
ということで・・(坂井眞)
ええ、ええええ。(相談者)

あのぅ・・たかが二年違ったぐらいと、思うんだけれども・・(坂井眞)
はい。(相談者)

場合によったら、二年の違いが、大きな意味を持つことが、あるわけです。(坂井眞)
あ、そうですか?(相談者)
うん。(坂井眞)

で、そこんとこちょっと、理解してもらって・・(坂井眞)
はぁい・・はい。(相談者)

で、そういう大きな、あの意味を持つ、年齢が違ってました・・ってことなんで・・(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・生命保険会社も、こう、考えるわけですね。(坂井眞)
ああ・・(相談者)

そうですか?(相談者)
でぇ、えーっとじゃあ、違ってたら、どうなるんだろうか?・・こっからは先は・・(坂井眞)
ええ。(相談者)
あのぅ、わたしも・・(坂井眞)

契約の内容まで、わからないので・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

抽象的にしか、話せないんですけれども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

ちょっと、気になったのは・・(坂井眞)
はい。(相談者)

・・

六年前に入りましたと。(坂井眞)
はい。(相談者)

で、その時、ほんとは、60歳でしたと。(坂井眞)
はぁい。(相談者)

・・

ところが・・契約に時に、書いたのは・・契約締結の時に書いた・・年齢が、58歳と書いてしまったと。(坂井眞)
はぁ・・(相談者)

そうすると、ちょっと、節目を越えてるような気がするんですね。(坂井眞)

はああ・・(相談者)
・・
あのぅ・・計算するに・・しても・・(坂井眞)
ぇぇ。(相談者)

いろんな、生命保険がありますけど・・(坂井眞)
はい。(相談者)
5歳毎に、こう、帯を作っていって・・(坂井眞)
ええ。(相談者)

こっからここまでだったら、こんな金額みたいな・・団体生命保険なんて、そういう形になるんですけれども・・(坂井眞)
はぁい。(相談者)

そうすると、ちょうどその、59までと、60で・・(坂井眞)
はい。(相談者)
保険料、違っちゃう可能性ありますよね。(坂井眞)
・・
そうですねぇ。(相談者)

あと、場合によったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)

あのぅ・・この保険に入れるのは、79歳までで、80歳は、入れませんなんていう保険もありますし・・(坂井眞)
はい。(相談者)

もっと、低いのもあるかもしれないですよね?(坂井眞)
はい。(相談者)

そうするとその、60歳と58歳の違いというのが・・(坂井眞)
はい。(相談者)

・・

大きな意味があるのかもしれないんですよ。(坂井眞)
あ、そうですか?・・(相談者)
保険の種類によっては。(坂井眞)
はい。(相談者)

そういうあたりの事情があって・・(坂井眞)
はい。(相談者)

1700万が、135万になっちゃった・・って、話しなんで・・(相談者)
そうなんです・・はぁ・・(相談者)

そこのところが、モヤモヤするんだったら・・(坂井眞)
はい。(相談者)

これ・・間違ってたのは事実で・・(坂井眞)
はい。(相談者)

年齢、2歳違うっていうのが・・(坂井眞)
はい。(相談者)

え・・意味がある・・のかもしれないけど・・(坂井眞)
いやぁ・・(相談者)
・・
どうして、こういう計算になるのか、説明して欲しいと・・(坂井眞)

ええ・・(相談者)

その、生命保険会社に、お聞きになるのが、いいと思いますよ。(坂井眞)
あ、そうですか?・・わかりました。(相談者)

ええ・・じゃあ、早速・・(相談者)
はい。(相談者)
ええ・・あの、保険屋さんに・・お電話して、あの、いっせん・・出向いて行ってきます、近いので。(相談者)
そうですね。(坂井眞)
あはは・・(今井通子

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 家族構成聞くだけでも結構時間かかりましたね。亡くなった義妹さん離婚して子供もないと最初から云えばもっとスムーズに進めたのに。管理人さん文字起こし御苦労様です。生命保険2才の違いで1700万が135万に。原因は義妹さんの単純なミスなんでしょうか。でも自分の歳を間違うって。相談者さん諦めきれないんですね。
    義姉さんと半分にしても大金ですものね。でも坂井先生の説明を聞いたら私だったら夢を見た位に思って諦めるけど保険料も払っていたのは自分じゃないし。
    相談者は坂井先生のお言葉通り保険会社に聞くようですね。でも多分保険会社も坂井先生と同じ事しか云わないように思うんだけど。なんと云うか2年も悶々としてきたんだろうなと想像するけど、親と違って兄弟ってある意味離れた存在でその人のお金を当てにするのもなんだかなぁって思うし・・。最後の今井先生の笑いがなんとも・・・

  2. じゃりんこ

    妹さんが年齢詐称していたのに、175万も保険金が下りてラッキーじゃないですかね。
    契約がなかったこととされても不思議でないと思いました。

  3. 自分の年齢を間違えるなんておかしいですよ。間違えたんじゃなくてわざとそうしたのかもしれませんね。
    そんな重大なことをいい加減にする人が世の中にはいるんですね。

    昔私が見聞きした事例にこんなのがあったのを思い出しました。
    会社に就職したときの履歴書に本名とは違う名前を書いたオバサンがいたのです。
    現地採用で身分も正社員ではなかったので、会社も戸籍抄本などで確認することもせず、それを鵜呑みにしたまま採用手続きをしてしまいました。
    臨時雇いということだったのですが、その後定年過ぎても雇用継続し、とうとう厚生年金受給年齢に達しました。
    で、社会保険事務所で年金受給の手続きをしたのですが、その時になって名前が違うことが発覚しました。
    当人に事情を聴いたところ「占い師に名前を変えないと不幸になる」と言われたのでそうしたのだとか。

    ペンネームだの通称だのを使う人はいくらでもいますが、公式の手続きには正しい名前を使わないといけません。

  4. ja6whm(ジェイエイ シックス ダブリュウ エイチ エム)

     最初 遺産の事で と 来たので 争族 の相談かな? と 思いきや 死亡保険金に不満があるとの 事でしたね、相談者これまで 世間の事について学習機会がおありにならなかったようで 63歳と言うと 昭和二十八年生まれ 十分な義務教育を受けられた世代ですよね?

     保険金は 遺産ではないし また 受取人は誰になっていたのかな?
     「近くに保険会社がるので 聞きに行く」と おっしゃってましたが 保険会社のご担当者 の おっしゃることを素直にご理解なさるでしょうかね?
     ご無理では? 墓場まで不満を持ち込まれるのでは?
     強欲な根性とひとパックにして!

  5. 揚げ足鶏さん初めまして。しずりと申します。揚げ足鶏さんのコメント拝見しました。やっぱり認識して生年月日書いたのでしょうか。女心で若く見せたかった?でも、大事な書類ですよね。わざとだったら浅はかでしたね。それから名前のお話ですが、実は私の従兄弟は所謂「神さん」に名前を付けて貰い普段は戸籍上の名でなく通称の名で生活しているのですが、勿論大事な書類や手続きなどは戸籍上の名を使っています。臨機応変に対応する常識は必要だな、と揚げ足鶏さんのコメントを呼んで深く感じました。

    • しずりさん、コメントいただきありがとうございます。
      ちなみに厚生年金の名前の件ですが、事業主の始末書(従業員の名前を間違えるとは何事か!という社会保険事務所からのお叱りがあった)や、間違えてしまった顛末書などを添えて訂正の手続きをした結果、おおごとにならずに済みました。
      結果的には、年金受給開始が3カ月ほど遅れただけ(遅れた分の年金も後からまとめて支給されました)です。
      ただ、会社の社会保険事務担当者はずいぶん大変な思いをしたようです。
      自分の名前に対する思い入れ、こだわりがあってもかまわないと私は思います。『赤毛のアン』の主人公もそうでしたから。
      でも、しずりさんがおっしゃるように、臨機応変に対応する常識は必要だな、と私も思います。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA