テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月30日(火)は、今井通子&大迫恵美子。74歳女性から、2年半前に離婚。建前上は性格の不一致だが、本当は夫の暴言と無視が原因。怒鳴る夫が怖くて、精神安定剤や睡眠薬を飲んでいた。離婚に際し、財産分与で全部折半したが、話し合いで夫の独身時代の年金も折半する約束だったのに貰えていない。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:74歳女性 婚姻生活50年で2年半前に離婚し一人暮らし 元夫79歳 娘3人 49歳・48歳・45歳 長女は離婚し元夫と暮らしている

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

よろしくお願い致します。(相談者)

今日はどういったご相談ですか?(今井通子)

2年半前に・・離婚しました、わたし、74歳です。(相談者)
70・・4歳・・(今井通子)

7年間ぐらい・・精神安定剤とか、あのぅ、睡眠薬なんかも飲んでましてね。(相談者)

今から・・半年ぐらい前・・まで、飲んでたんですよ。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

薬は飲まなくて済むようになったんですけれども。(相談者)

はい。(今井通子)
毎朝・・3時から、4時くらいの間に・・動悸がして目が覚めるんですよ。(相談者)

はい?(今井通子)

血圧もこの頃、200・・くらいまで上がって・・(相談者)

内科の先生に、あのぅ・・ご相談に行ったら、「あんた、何があるの?」って、「血液以外(血圧?)、何も問題ないけど」って、いうふうに言われて・・(相談者)

「ちょっとストレスがあります」って言ったら、「あ、そんじゃあ、そのストレスを治さないと・・どうしようもないわね」って、言われた・・くらいでして、ちょっとあのぅ、精神的にも今、ちょっとまだ・・あの、後遺症みたいなのが・・あります。(相談者)
はい。(今井通子)

とにかく、怒鳴・・る、人だ・・ったんですね。(相談者)

怒鳴り声が怖くて、まぁ・・離婚した・・(相談者)

大きな原因としてはそういうことなんですけれども。(相談者)
はい。(今井通子)

離婚する時の理由には・・(相談者)
はい。(今井通子)
性格の不一致だということでぇ・・(相談者)
はい。(今井通子)

穏やかに、あの、別れたんですが・・(相談者)
はい。(今井通子)

本当はそのぅ・・(相談者)

言葉の暴力と言いますか・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの、無視したりとか・・(相談者)
はい。(今井通子)
そういうことがあったもんですから・・(相談者)

別れました。(相談者)

なるほど。(今井通子)

あなたは・・お子さんいらっしゃいます?(今井通子)
・・
はい、3人おります、女の子・・(相談者)
・・
おいくつぐらい?皆さん?(今井通子)

40・・9・・(相談者)
はい。(今井通子)

40・・8、40・・5ですかしら?(相談者)

皆さんもう、結婚されてる?(今井通子)

はい、してます・・(相談者)

これぇ・・離婚なさって・・(今井通子)

あなたは・・(今井通子)

出られたわけ?(今井通子)

あのぅ、お家を?(今井通子)

そうです。(相談者)
はい。(今井通子)

そうすると、今は、お一人暮らし?(今井通子)

そうです。(相談者)

でぇ、ご主人の方は・・おいくつでしたっけ?(今井通子)

5つ上なのでぇ・・(相談者)

えーっと、70・・9歳?(今井通子)

そうです。(相談者)
はい。(今井通子)

それでご主人も、そうすると今、お一人?(今井通子)

えっと、長女と住んでます。(相談者)

ご長女、結婚されてるんですよねぇ?(今井通子)
長女は・・離婚して帰って来てます。(相談者)

はぁはぁはぁ・・なるほど。(今井通子)

ご結婚は・・(今井通子)

恋愛ですか?お見合いですか?(今井通子)

見合いです。(相談者)

ん、何年前だか覚えてらっしゃいます?(今井通子)

50年前になりますかねぇ?(相談者)
50年前ねぇ・・(今井通子)

えぇ・・(相談者)
でぇ、そのぅ・・怒鳴る人になったのは、いつ頃から?(今井通子)

あのぅ、娘たちが、中学の時にはもう別れた方がいいって・・思ったって言ってましたから・・(相談者)

ある種、子供が・・(相談者)

生まれて、子供にわたしが手が、かかるようになってからでしょうかねぇ?(相談者)
・・
なんか・・(相談者)

面白くなくなったのは。(相談者)

それでぇ、もう、すっかり皆さん・・一応、ご結婚されて外へ出られて・・(今井通子)
・・
ええ。(相談者)

一時はそうすると・・お2人でいらしたこともあるわけでしょう?(今井通子)

はい・・(相談者)

でぇ・・(今井通子)
その時は、とっても嫌でした。(相談者)
うん、お聞きしたいのは・・(今井通子)

なぜ・・今なの?(今井通子)

今、出られたわけ?(今井通子)

わたしがもし・・(相談者)

前の旦那がね。(相談者)
うん。(今井通子)

まさかの時に・・(相談者)

大病とか・・(相談者)

なにかなった時に・・(相談者)
うん。(今井通子)
どうして欲しい?ということをね。(相談者)
・・
うん。(今井通子)

わたし、聞いたんですよ。(相談者)

そうしたら・・「お前に心配してもらわなくっていい」って言うんですよ。(相談者)

いや、それいつの事?(今井通子)

離婚する・・1年・・か、2年くらい前ですね。(相談者)

あ、だから、2年半前に離婚されたわけだから・・(今井通子)
ええ。(相談者)

4年ぐらい前?(今井通子)
そうですねぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、「わたしがもし何かあった時には・・」(相談者)
うん・・(今井通子)

「面倒・・」(相談者)

「看てくれるのか?」って聞いたら・・(相談者)

うん・・(今井通子)
「看ないことはない」・・(相談者)

うん・・(今井通子)
というふうに言ったんですね。(相談者)

うーん・・(今井通子)

でぇ、その会話が、とっても・・少ない人でぇ・・(相談者)
うん。(今井通子)

まともな会話・・(相談者)

っていうのが、なかなか出来ない人でぇ・・(相談者)
うん・・(今井通子)

わたしは離婚する前に・・何度か、娘たち3人と・・(相談者)
はい。(今井通子)
5人でね・・(相談者)

話し合いを持ちたいと・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

何度も言ったんですけど・・(相談者)
はい。(今井通子)
「話すことはない」・・(相談者)

うん・・(今井通子)

って言われて・・(相談者)
はい。(今井通子)

なすすべもなかったんですね、わたしとしては。(相談者)
うん。(今井通子)

取り付く島がなくて・・(相談者)

ずーっとこのままでは・・わたしも、怒鳴られて、怯えて・・**るしかないって思ったもんだから・・(相談者)
うん・・(今井通子)

離婚しました。(相談者)

なるほどぉ。(今井通子)

・・

・・

今日のご相談はなんですか?(今井通子)

財産を、全部半分ずつにしようということで。(相談者)
・・
わたしが・・年金・・と・・(相談者)

土地・・と・・(相談者)

はい。(今井通子)
預貯金ですねぇ。(相談者)

それを半分に、わたしがしました。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、分けました。(相談者)
・・
はい。(今井通子)
わたしとしては・・(相談者)

結婚生活の中で・・(相談者)

お金の苦労も随分・・(相談者)

させられましたのでぇ。(相談者)
はい。(今井通子)

とにかく年金も半分ずつにしようと・・(相談者)
はい。(今井通子)
いうことでぇ、合意していました。(相談者)
はい。(今井通子)

ですが、相手の方の・・(相談者)

そのぅ・・独身時代に・・掛けていた年金部分について・・(相談者)

それも・・(相談者)

含めて半分ずつにしよう・・っていう話は・・あったのでぇ。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

それがまだ、されてないんですよ。(相談者)

要は結婚してから後の分は、半分にしましたってことね?(今井通子)

そういうことです。(相談者)
だけれども・・(今井通子)

うん。(相談者)
ご主人が・・未婚の頃に、掛けてる分に関しては・・(今井通子)
うん。(相談者)
あなたには・・(今井通子)

一銭も来てないと?(今井通子)

そうそうそうそう・・(相談者)

話し合いのときには・・(今井通子)

それも、あなたと半分ずつするっていう約束をしたっていう話?(今井通子)

そう。(相談者)

はい。(今井通子)
年金総額の半分ずつにしようということを・・(相談者)
うん・・(今井通子)
話してありました。(相談者)

なるほど。(今井通子)

それでぇ・・(相談者)

え・・わたしはまだ・・離婚してから2年くらい、そのぅ・・睡眠薬とか、安定剤なんかをずっと飲んでましてね。(相談者)
ふんふん・・(今井通子)

2年くらいで飲まなくなって・・(相談者)

ようやくなんかこう・・自分が・・(相談者)

殻の中に閉じ込められていたのを、抜け出たな・・っていう思いが・・しまして・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

それから・・(相談者)

「ああ、そういえば、そういうものがあって・・」(相談者)

「まだもらってないよなぁ・・」ってこと・・(相談者)
ああ・・(今井通子)
気が付き出して・・(相談者)
なるほど。(今井通子)
いろいろ考え出して・・(相談者)
うん。(今井通子)
あのぅ・・(相談者)
頭がスッキリしてきたのねぇ?(今井通子)
ええ、そうなんです。(相談者)
はぁい。(今井通子)

でぇやっと・・(相談者)
うん。(今井通子)

あのぅ・・そういうことをしたい・・っていうふうに、思ってきたんですけれども・・(相談者)
はぁい。(今井通子)

娘たちは・・(相談者)

「それは、お父さんのもんだから・・」(相談者)
・・
はぁい。(今井通子)

「お母さん・・が、請求できる分じゃ、ないんじゃないか」・・(相談者)

って言うんですよ。(相談者)
なるほど。(今井通子)

でぇ、わたしも・・(相談者)

離婚する前に、そういう話もしてあるから・・(相談者)
はぁい。(今井通子)

っていうことでぇ・・(相談者)

言いたいんですけれども・・(相談者)
はぁい。(今井通子)

ただそのぅ・・(相談者)

何かがことにつけて、怒鳴られるもんですからねぇ。(相談者)
はぁい。(今井通子)

たぶん・・(相談者)

言えば・・(相談者)

「怒鳴るよ」って娘たちは、言うんです。(相談者)

それも怖くて・・(相談者)

今もその動悸が・・(相談者)

治らないんですよ。(相談者)
ということで、そうするとご相談は・・(今井通子)

ご主人が独身の頃に入っていた年金の・・(今井通子)

うん。(相談者)
折半を・・(今井通子)

うん。(相談者)

求めるにはどうしたほうがいい・・か?っていうことですか?(今井通子)

わたしも・・(相談者)

欲しいことは欲しいですよ、やっぱ、生活いっぱいだもんですからね。(相談者)
はぁい。(今井通子)

できれば欲しいです。(相談者)

ええ。(相談者)
それを・・どういうふうにしたら・・切り出せるかっていう話?(今井通子)

そうですねぇ・・(相談者)

怒鳴られないようになんか上手く・・(相談者)

うふふ・・(今井通子)

なるほどねぇ(笑)(今井通子)
うふふ・・ははははははは・・(相談者)
今日はですねぇ・・はぁい(笑)。(今井通子)
はははははは・・(相談者)
弁護士の・・大迫恵美子先生がいらしてますのでぇ(笑)・・(今井通子)
あはははははは・・(相談者)
伺ってみたいと思います、先生よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 常識のない人です。この相談者は。
    こんなじゃあ元夫も怒鳴りたくなるでしょう。
    元夫と娘は今同居してる。つまり娘も元夫の味方だということ。
    普通、娘は母親の味方をするものですよ。でもそうじゃないってことは、娘の目から見ても母親に非がある、父親がかわいそうだ、ということなのでしょう。

    ことの理非については、弁護士からも娘さんからも言われてるはずです。
    それなのにこんな相談してくるのは、元夫に嫌がらせをして困らせてやろうという意地悪な意図からでしょう。

  2. 管理人様の言う通り、娘からもよく思われてないよね、この相談者。
    書類に実印押して知らなかったは無いですよねぇ・・・(苦笑)
    人生相談、最近、「精神的に~」とか言い訳にする人多くないですか?

この記事にはコメントできません。