テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月17日(水)は、ドリアン助川&大原敬子。3ヶ月前に離婚、原因は心のすれ違いと結婚当初から続くDV。二十歳の一人息子に離婚することを、夫と一緒に説明し承諾してもらう。今は元夫だけ出て行って息子と二人暮らし。コミュニケーションは取れているが、小学校卒業時のタイムカプセルに、一番大切なものは家族と書かれており、胸が苦しくなって息子に対する懺悔の気持ちが湧いてきた。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:43歳女性 3ヶ月前に離婚 元夫48歳 子供は息子一人20歳 婚姻生活は22年ほどで、夫だけ家を出て行く

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

よろしくお願い致します。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日、どんなご相談しょうか?(ドリアン助川)

えーっと、わたしの・・ぇ・・離婚のことで・・(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

あのぅ、息子・・に対する、その気持ち・・です・・を・・(相談者)
・・
ちょっと・・どう整理していいのかわからなくて・・(相談者)

お電話させていただきました。(相談者)

はい・・えーっと、離婚はもう、されてしまったんですか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ええ・・(ドリアン助川)

あのぅ、どれぐらい前にされたんですか?(ドリアン助川)

えーっと、今から・・三ヶ月ぐらい前です。(相談者)
三ヶ月ぐらい前。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あなた様は、おいくつですか?(ドリアン助川)

わたしは43歳です。(相談者)
43歳・・(ドリアン助川)

ぇ・・結婚は、どれぐらい前にされたんでしょう?(ドリアン助川)

20・・2ねん・・(相談者)

くらい・・前ですねぇ。(相談者)
22年ぐらい前に結婚なさった?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
でぇ・・えっと・・元の旦那さんは、今、おいくつですか?(ドリアン助川)

今は、40・・8です。(相談者)
48歳・・(ドリアン助川)

そしてお子さんは、何人・・作られたんですか?(ドリアン助川)

ぇ・・一人です。(相談者)
一人?・・息子さん一人?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

息子さんは、おいくつですか?(ドリアン助川)

えっと、二十歳です。(相談者)

20歳ですね。(ドリアン助川)

・・

でぇ、今あの、離婚・・のことで、息子さんに対する気持ちという言葉が出たんですけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ・・この辺りを詳しく教えてくれますか?(ドリアン助川)

懺悔の気持ち

あのぅ・・(相談者)

あたし・・達が・・あのぅ・・離婚をする際に・・(相談者)

元夫と、わたしと・・二人・・(相談者)

から・・(相談者)

えっと息子に・・離婚をするっていうことを・・話しをしたんですよね。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

で、まぁ、息子は・・(相談者)

「ああ、わかった」って、言って・・承諾してくれたんですよね。(相談者)

でぇ・・(相談者)

そのぅ・・(相談者)

後に・・(相談者)

離婚してから・・(相談者)

ちょっとして、あたしが・・(相談者)

実家に帰る・・ことが・・一回あったんですねぇ。(相談者)
・・
あのぅ、帰るっていっても・・(相談者)

日帰りですけど・・(相談者)

で、その時に・・(相談者)

えっと、母親から・・(相談者)

うちの息子が・・(相談者)

・・

「僕がもし・・あの、結婚する時は・・ぁん、ちゃんと、お母さんにも・・出席して欲しいのに」・・かなんか、そういうこと、言ってたらしいんですね。(相談者)

・・

でぇ・・(相談者)

・・

ちょっとそん時に・・(相談者)

その・・胸が・・苦しくなって・・(相談者)

・・

なんか息子に対して懺悔の気持ちが湧いてきたんですねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

あと・・(相談者)

と、息子が小学校の、卒業する時に・・(相談者)

あの、タイムカプセルを・・(相談者)

埋めようっていう・・なんか・・(相談者)

企画があって、学校の方で。(相談者)

でぇ・・(相談者)
小学校、卒業の時に?・・はい。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

で、12歳・・でしたので・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

今から8年ぐらい前なんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

で、それ・・(相談者)

でぇ・・二十歳になったら、みんなで開けようっていうのがあって・・(相談者)

・・

でぇ、その中の一つで、まぁ、あのぅ・・(相談者)

自分が今、一番大切なものは?・・っていう項目があって・・(相談者)
・・
そこに、家族って書いてあったんですよねぇ。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

・・

で、それを見た時に、わたしはもう、ダメになっちゃったんですよねぇ。(相談者)
・・
うん。(ドリアン助川)

それがもう・・(相談者)

母親に・・その、ま、言われ・・た、その言葉・・を、こうちょっと引きずりながら・・(相談者)

ずっと来てて・・(相談者)

・・

でぇ・・(相談者)

離婚する前に、一応、息子には、謝ってるんですけども・・(相談者)

・・

その時は、まぁ、息子は、息子でまた将来、自分の家庭を築いて・・自分の道を、歩んで行くから・・(相談者)

ま、わたしはわたしで、また、新しい道を歩みたいなんていうのか、そんな軽率な事を考えてしまって・・(相談者)

・・

でも・・な、なんか、それを、やっぱり見た時に・・(相談者)

・・

ちょっと・・(相談者)

・・

申し訳ない気持ちが、い・・(相談者)

て・・いっぱいになってしまって・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

・・

・・

DV

あのぅ・・(ドリアン助川)

・・

離婚の原因というかねぇ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ・・これ、なんだったんですか?(ドリアン助川)

・・

もう、簡単に言えば・・心のすれ違いと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ぁ、まぁ・・(相談者)

暴力ですねぇ。(相談者)

旦那さんからの?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

それ、暴力っていうのは・・随分、続いたんですか?(ドリアン助川)

・・

・・

もう・・(相談者)

そうですねぇ、新婚当初から・・(相談者)

暴力は、ふるわれてたので・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

もうそれを・・(相談者)

息子が見てますのでね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ・・お母さんの気持ちもわかるし・・っていうことも・・(相談者)

・・

言ってますねぇ・・(相談者)
うん・・うーん・・(ドリアン助川)

まぁ・・つまり、DVがあったわけですね。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

・・

新しい一歩

でぇ・・(相談者)
今、息子さんは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あのぅ・・お父さんとは、連絡取り合ってるんですか?(ドリアン助川)

とってますねぇ。(相談者)
とってます?(ドリアン助川)

ぁ、はい。(相談者)
まぁ、例えば、週に一回、月に一回でも、会いに行ってますかねぇ?(ドリアン助川)

もう・・と・思うんですけど・・(相談者)
あの・・今・・むす・・(ドリアン助川)
その・・はっきりとした日・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
うん、あれは・・(相談者)

決めてはないんですけど・・(相談者)
ごめんなさい、ごめんなさい。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
息子さんが今、暮らしてるお家は、あなた・・の、お家?・・一緒に暮らされてるんですか?(ドリアン助川)

そうです、あのぅ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

離婚する前から、ずっと住んでる家に、住んでます。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

ぇ・・もともとの、お家に住んで・・つまり、お父さんだけ、出てったってことですねぇ?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
・・
はい。(ドリアン助川)

それでぇ・・(ドリアン助川)

離婚が、三ヶ月前というふうに、伺いましたけども・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

それから息子さん・・の、態度っていうのは・・(ドリアン助川)

変わりました?(ドリアン助川)

ぁぁ・・(相談者)

特に・・変わらないですねぇ。(相談者)
特に変わらない?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
今までと、同じ・・です。(相談者)

はい。(相談者)

息子さんは今、学生さんなん・・でしょうか?(ドリアン助川)

・・

そうです。(相談者)

大学生?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

うん・・(ドリアン助川)

特に変わらない・・あなたと、ご飯を一緒に食べるようなことも、あるんですか?(ドリアン助川)

ぁ、あります。(相談者)
あります?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
そういう時は、話しはされます?(ドリアン助川)

・・

ぁ、します・・ねぇ・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

いろいろと・・(相談者)

バイト先でのこととか・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

話して来ますし・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

あと、そのぅ・・(相談者)

・・

ま、彼女のこととか・・や・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

いろんな・・話しは・・(相談者)

してきますねぇ。(相談者)
じゃあ、コミュニケーションは、ある程度はあるわけですね?(ドリアン助川)

ぁ、はぁい。(相談者)
その、さっき・・(ドリアン助川)
そういう意味では・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

そういう話しは、けっこう・・あたしにしてきますねぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

でも・・反発はすごいですねぇ、なんか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
あるたんびに・・(相談者)

例えば、どういうことで?(ドリアン助川)

・・

・・

ぅ・・こう、毎日常生活の・・細々としたことを・・を、わたしがこう、注意するんですねぇ。(相談者)

「この洋服・・を、脱いだらそこら辺に、ポンと置いとかないで」とか・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

例えばですけども・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ほんとに、細々としたことです。(相談者)
・・
「そういうことは、ちゃんとまぁ、ハンガーにかけて吊るんだよ」・・とか・・(相談者)

あと・・(相談者)

ゴミの捨て方とかですよね。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

・・

うん・・(相談者)

・・

となると、どうなるんですか?息子さんは?(ドリアン助川)

たら、「ああもう、五月蠅い!」みたいな感じで・・すごいウザがってますねぇ・・(相談者)
うん・・五月蠅い、五月蠅い、五月蠅いと。(ドリアン助川)

ああ、もう、五月蠅い・・の・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

の、ぃ・・ばっかりで・・(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

ああぁぁ・・(相談者)
まぁ・・それでね。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
ま、あのぅ・・今日の・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
そのぅ・・(ドリアン助川)

まぁ、こりゃなかなか、言葉にし辛いかもしれませんけど・・(相談者)

はぁい。(相談者)
今日、電話をかけてきた・・いただいた、その・・(ドリアン助川)

直接のところ。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
どう・・したい?・・ですか?なにが、今、一番の問題なんですか?(ドリアン助川)

・・

あのぅ・・その、あたしのこの気持ち・・を・・(相談者)

あの、どう整理していいのか、わからないんですね。(相談者)
・・
今、すごく、苦しいんですね、自分自身が・・(相談者)

うん、それは・・(ドリアン助川)

息子さんに対して、酷いことをしてしまったという・・気持ちなんですか?(ドリアン助川)

・・

・・

そうです。(相談者)

でも・・あなたは、自分の人生の、新しい一歩、踏み出したわけですよね?(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)

それは・・(ドリアン助川)

間違いなかったんですよね?(ドリアン助川)

と、思いたいんですよねぇ。(相談者)

しかし息子さんを見てると・・(ドリアン助川)

まぁ・・(相談者)
苦しいだけで、どうしたらいいか、わからなくなると?(ドリアン助川)

・・

はぁい。(相談者)

今後、どうしてったらいいか?っていう話しでしょうか?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)

わかりました。(ドリアン助川)

ぇ・・それでは、今日の、回答者の先生、紹介致します。(ドリアン助川)

幼児教育研究の、大原敬子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 「一歩前に進む」、良いですね。大変ためになるお話でした。
    ご紹介ありがとうございます。

  2. 離婚の原因の第一声が「心のすれ違いと」で何となく判ってしまった。
    さすが大原先生鋭い!DVって便利な言葉だよねぇ、自分が振るっても相手が振るえばDVだし。本当に酷いDVなら息子は父と交流持たないんじゃないか?
    報告者の自己憐憫が強過ぎた結果の相談としか思えなかったです。
    一歩前より自分の心に素直になる事じゃないですかねぇ?この人の場合・・・今更ですが。

この記事にはコメントできません。