テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年4月26日(金)は、加藤諦三&中川潤。46歳男性、妻は記憶力が良く、過去に強いこだわりがある。女子校に通い、10代後半から20代前半に恋愛経験をして来なかったことを悔やんでいる。それを聞くたび、結婚を後悔しているのか?今に満足していなからなのか?と悩んでいる夫。

目次

スポンサーリンク

恋愛経験がなかった事を後悔する嫁

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:46歳男性 妻42歳 婚姻20年 子供3人 長男19歳 長女(中学3年生) 次女(小学3年生)

もしもし?(加藤諦)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)
あっ・・(相談者)

よろしくお願いします。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤諦)

はい、46歳です。(相談者)
40・・6歳・・結婚してます?(加藤諦)

はい、しております。(相談者)
え・・奥さん何歳ですか?(加藤諦)

はい、42歳です。(相談者)
40・・2歳・・お子さんは?(加藤諦)

はい、えっと、3人おりまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

長男が・・19歳です。(相談者)
はい。(加藤諦)

え・・長女が、え・・中学3年生です。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

え、次女が、え、小学3年生になります。

はぁい、わかりました。それでどんな相談ですか?(加藤諦)

はい・・え・・相談内容としては、えっと・・(相談者)

妻との今後の関わり方と。(相談者)
はい。(加藤諦)
わたしの、えーっと、気持ちや心の持ちようをちょっと、その2点を相談したいのですが。(相談者)
はい、わかりました、その・・(加藤諦)

関わり方っていうの具体的に言うとどういうことですか?(加藤諦)

はい・・妻はあのぅ・・結構、記憶力がいい方でしてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ、えーっと、過去に対してのこだわり・・や、あのぅ・・結構、強い・・後悔を、持っているところがありましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

はい。(相談者)

え、ちょっとそのことで、相談をしたいのですが。(加藤諦)
はぁい。(加藤諦)

過去にこだわりがあるっていうのは・・まぁ、あのぅ・・よくわかるんですけど、ただ、具体的に、まぁ・・(加藤諦)

いろんな例があると思うんですが・・(加藤諦)
はい。(相談者)
1つだけ、例えばこんな・・(加藤諦)

ええ。(相談者)

例えばまぁ、10代後半からまぁ、20歳前半の、今、いわゆる、まぁ、青春時代・・っていうんですかねぇ?(相談者)
はぁい。(加藤諦)
その時に、あのぅ、恋愛経験があのぅ・・出来なかったっていうことに対してぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
え・・っと今でも、あの後悔してる節がございましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ、まぁそういう妻との・・今後の関わり方をちょっと、あのぅ・・お聞きしたいなと思いまして。(相談者)

ああ・・なるほどねぇ。(加藤諦)

はい。(相談者)
42歳になって・・(加藤諦)

10代20代ってみんないろんな・・恋愛(?)してんだろう・・っていう・・(加藤諦)

・・

ええ・・(相談者)
ことねぇ。(加藤諦)

はぁい。(相談者)
うん・・まぁ、例えば・・(加藤諦)

秋になったら・・(加藤諦)

紅葉楽しめばいいのに・・(加藤諦)

ええ・・(相談者)

夏に泳げなかった・・夏に泳げなかった・・って言ってるっていうこと?(加藤諦)

そうですねぇ、はぁい。(相談者)
うーーん・・(加藤諦)

ということは・・(加藤諦)

はい。(相談者)
42歳の今を・・(加藤諦)

ええ。(相談者)

楽しんでいない・・(加藤諦)

っていうことですかぁ?(加藤諦)

っていうふうに、わたしはどうしてもちょっと捉えてしまうところがありましてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

で、まぁあのぅ、ちょうど先月でぇ・・ま、結婚20年を迎えましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

ま特に、わたしが思う限りでは特に大きなそのぅ・・ま、離婚に至るような問題ですとか・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
は(わ)、まぁ・・よ、い、いわゆる、俗に、まぁ、普通の・・家庭というか、か、普通の夫婦だなというふうには、わたくしは思っているんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

今に始まったことではなく、結構あのぅ・・以前から妻は結構そういう・・さっき申した通り・・過去にこだわってるとこがありましてぇ。(相談者)
はい・・(加藤諦)

ま独身時代は・・そんなでもなかったんですが、結婚してぇ・・から、しばらくしてから、なんかちょっとした拍子で・・あーん、さっき申し上げた通りそのぅ・・ちょっと恋愛経験が出来なかったっていうことを、ちょっと口走ってる、時がござい・・ありましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ、わたしもあのぅ・・もう、10年以上前かと思うんですが・・いくら、過去を、ちょっと振り返ったとしても・・うーん・・やっぱ戻ることは出来ないし、ま、大切なのは・・今現在だったり、これからの方が大切なんじゃないか・・っていうふうに、ちょっと妻に言ったことがありましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

で、しばらく・・妻の口からはあのぅ・・その過去に対するそういうのが、特に・・(相談者)

聞かれなくて・・あのぅ・・わたしもすっかりもうそのことも・・もう忘れてたんですがぁ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
まぁ、ここ・・うーーん・・そうですねぇ、1年ぐらいでまた再びそういうのを口にするようになりましてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

でぇ、わたくし・・自身もちょっと、思い当たる節が・・ちょっといくつか・・ありましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

まぇ、1つはちょっと・・長女があのぅま・・2年前に中学生になりましてぇ。(相談者)
はぁい。(相談者)
でぇ長女があのぅ・・その日の学校の出来事ですとか、友人関係ですとか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
ま、時にはそのぅ、恋愛相談みたいのを・・ま妻にこう・・結構、洗いざらい・・報告してる・・時がありましてぇ。(相談者)
ああ・・はぁい。(加藤諦)
でぇ、妻も、結構、記憶力がいいものでぇ・・まるで、き、昨日のことのように、その自分の中学時代「わたしはこうだったよ」とか・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
あ・・ああしてたよ・・っていうのを・・2人でこう・・ん、もう友達のような、感じで、た、楽しくこう・・会話してましてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)
でぇ、わたしもあの、別にそれは自体は悪いことではないと思うので、まぁ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
あの隣りで黙って・ぇん、あのぅ、むしろ・・子供がこう、隠さずに、親に話すっていうのは、いい事だなぁと思ってたのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)

うん、ま黙って聞いてたんですけども。多分、ま、それもちょっと、1つの、きっかけと言いますか・・(相談者)
ああ・・(加藤諦)
あの、ちょっと眠ってた・・記憶が、ちょっとそういうことで、呼び戻されたりですとか・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

要するに今・・(加藤諦)

お嬢さんが羨ましいっていうことねぇ?(加藤諦)

ああ・・それも多分にあると思います。(相談者)

あのぅ・・(加藤諦)

あなた達の結婚は、恋愛結婚なんですか?それとも・・
はい。(相談者)
お見合い・・なんですか?(加藤諦)
あのぅ・・恋愛結婚です。(相談者)
恋愛結婚ですよねぇ。(加藤諦)

はい。(相談者)
そうすると、結婚したの何歳ぐらいですか?(加藤諦)

えーっと、20年前なのでぇ、わたくしは26の時です。(相談者)
20・・6の・・(加藤諦)

あのぅ・・まぁ、妻はあのぅ・・ちなみに私立の女子校出身でしてぇ。(相談者)
はぁい。(相談者)

でぇ、卒業してから1年半でわたくしと出会いましてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

でぇまぁ1年半の交際・・して、まぁ、結婚したっていう感じでしてぇ。(相談者)
うーん・・(加藤諦)

あなたから見ると、その今日・・その関わり合い・・どう関わり合っていいかということで・・という、お話だったんですが。(加藤諦)

はい。(相談者)
こういうような奥さんがそのぅ・・(加藤諦)

過去を羨ましがってると・・(加藤諦)
はい。(相談者)
あるいは過去を後悔してると・・(加藤諦)

はい。(相談者)
こう・・(加藤諦)

なんかしっくり来ないっていうか面白くないっていうか、そう、そういうことがあんですか?(加藤諦)

妻もあんま・・あまり、こう、割と・・無口な方でぇ、思った事ストレートにこう、口に出すようなタイプではなくてぇ。(相談者)
はぁい。(相談者)

なかなかこう・・(相談者)

うん・・妻のこう、本心が見えなくて、今後、どうして行き、行きたいのか・・(加藤諦)
うん・・うん、うーん、うん・・うん・・(加藤諦)
そういうのがちょっと、見えないところがありましてぇ。(加藤諦)

はいわかりました、こういうような関係の中で、どうしたらいいかということですね?(加藤諦)
そうですねぇ、はぁい。(相談者)
はいわかりました。(加藤諦)

今日は、スタジオに・・(加藤諦)
はい・・はい。(相談者)
中川潤先生が、いらしてんのでぇ・・(加藤諦)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦)

はい。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 他の皆さん方も仰っておられますが、何でこんなに心配してるのかがわからない。
    もしかしたら重大な何かを隠しての相談なんじゃないのか?
    たとえば奥さんが浮気してるのを薄々感じ取っているとか。
    そうとでも考えなきゃ、この相談自体が不可解な感じを受けます。

この記事にはコメントできません。