テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

三石由起子アドバイス

はい、こんにちは。(三石由起子)
あ・・こんにちは・・どうも・・(相談者)
こんにちは。(三石由起子)

よろしくお願いします・・はい?(相談者)
あのねぇ・・(三石由起子)

ちょっと、ご質問。(三石由起子)

・・

マッサージ師としての・・腕に自信は?(三石由起子)

・・

他の人よりは絶対にうまいと思う?(三石由起子)

・・

・・

・・

そこそこだなぁって感じ?(三石由起子)

ウン、そうですねぇ。(相談者)

そこそこだなぁって感じ?(三石由起子)
はい。(相談者)

そうか・・それがダメよ。(三石由起子)

それがダメだと思う、わたし。(三石由起子)

あ、そうですかぁ?(相談者)
うん、あのねぇ・・(三石由起子)

やっぱりねぇ・・(三石由起子)

わたしもよく・・あの、気功に行ったり、マッサージに行ったり・・いろんなとこ、行くんですよ。(三石由起子)
はい。(相談者)

行くんですけどねぇ・・ああいうものってねぇ・・(三石由起子)

絶対、口コミなのね。(三石由起子)

はい。(相談者)
あそこ、上手いよとか・・(三石由起子)

わかります。(相談者)
うん、わたしねぇ・・(三石由起子)

あなたねぇ・・勉強が足らんと思う。(三石由起子)

あ、そうですか?(相談者)
うん。(三石由起子)

あのぅ・・やっぱり、勉強・・をして、まだ44じゃない。(三石由起子)

今から・・倍ありますよ、人生。(三石由起子)

はい。(相談者)
・・
うん、倍以上ありますよ。(三石由起子)

だから・・(三石由起子)

まだ勉強・・が、足りないと思うんですよ。(三石由起子)

はい。(相談者)
でね・・あの、俺、本当に上手いって自分で思わないと・・(三石由起子)

・・

人は、8割・・8掛けくらいしか評価しないから・・(三石由起子)

はい。(相談者)

口コミ・・で、拡がっていかないのね。(三石由起子)

わかります。(相談者)
うん、それとね・・(三石由起子)

わたしに言わせれば・・(三石由起子)

マッサージに自分が行く時にね。(三石由起子)

臨機応変な会話とかさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
弾む会話なんか、全然、期待してないよ。(三石由起子)

あ、そうですか?(相談者)
うん。(三石由起子)

上手い方がいいもん。(三石由起子)
・・
だって・・(三石由起子)

寝ちゃったっていいわけだから、気持ちよくて・・(三石由起子)
そうですねぇ。(相談者)
うん。(三石由起子)
・・
だからねぇ・・(三石由起子)

その、臨機応変な会話とかね。(三石由起子)

はい。(相談者)
弾む会話っていうことは・・(三石由起子)

わたしは、職業的にはね・・(三石由起子)

マッサージとして必要ないと思うんだね、マッサージ師として。(三石由起子)

で、あなたがね、間違ってるのはね・・(三石由起子)

公私混同してるんだよ。(三石由起子)

あなたが、 弾まなきゃいけない・・っていうのは、たぶん、私生活なんだよね。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん。(三石由起子)

あのぅ・・ほんとに、50になったって、60になったって、研究してる人、いるじゃない。(三石由起子)

そうですねぇ・・(相談者)
うん、わたしが、行ってる気功の先生なんか、そうだよ。(三石由起子)

だから・・(三石由起子)

えーっと、あなたはもっと、勉強しなくちゃいけません。(三石由起子)

はい。(相談者)
求めなくちゃいけないのは・・(三石由起子)

自分の腕の向上だと思うし・・(三石由起子)

・・

それと・・あのぅ・・(三石由起子)

ま・・ただ待ってるだけって言ってたけど・・(三石由起子)

・・

言ってたでしょう?(三石由起子)
そうです。(相談者)
・・
うん、ただ待ってるだけだったら、その間、勉強しなさいよ。(三石由起子)

・・

・・

それ、もったいないと思う。(三石由起子)

でね・・(三石由起子)

勉・・勉強してる、合間に・・(三石由起子)

だって、お客さんって、来てくれるわけだから。(三石由起子)

お客さんが、一人でもあればさ。(三石由起子)

そうですね。(相談者)
うん、それを、自分の勉強のお邪魔ぐらいの感じで来るわけだからさ・・(三石由起子)

・・

・・

そのくらいの気持ちで、時間も使わないと・・(三石由起子)

誰でも・・時間って、一緒だからさ・・(相談者)
はい。(三石由起子)

もったいないですよ、あなた・・(三石由起子)

そうですねぇ。(相談者)
うん。(三石由起子)

だから、自分が勉強してる間に・・ただ、待ってれば、お客さん来てくれるなんてことは、すごくラッキーなことなんだから・・(三石由起子)

はい。(相談者)

あなたまだね、44だっていうことを・・(三石由起子)

なんかちょっと、年齢も誤解してると思うんだけど。(三石由起子)

昔の44と違うんで・・(三石由起子)

今の44はね。(三石由起子)
・・
はい。(相談者)

まだ・・半分・・半分ですよ。(三石由起子)

・・

だからここで、そこそこの腕で、食えるだろうか?なんて、悩んでる時じゃないと思うんだよね。(三石由起子)

・・

・・

(約4秒の間)

・・

・・

まだ、今、あなたはやらなくちゃいけない時で・・(三石由起子)

・・

ねえ。(三石由起子)

はい。(相談者)

で、仕上がったなんて思ってちゃダメだと思う。

はい。(相談者)
うん、でね・・(三石由起子)

・・

・・

もっと勉強して、腕がどんどん上がってくると・・(三石由起子)

ねえ・・(三石由起子)

はい。(相談者)
しゃべりたくて、しょうがないことが出てくるんだよ。(三石由起子)
・・
あ、そうですか?(相談者)
そうですよ!(三石由起子)

あのねぇ・・こんなこと・・こんな・・(三石由起子)

ところをなんかすると、こんなことになるんだよ・・みたいな。(三石由起子)

・・

言いたくてしょうがないことって、勉強してる人って、出て来るのよ。(三石由起子)

昨日・・知ったことでもさ・・(三石由起子)

はい。(相談者)

今、言いたいじゃん、噂話みたいに。(三石由起子)
そうですねぇ。(相談者)
うん。(三石由起子)

でねぇ、本当にねぇ・・あの、勉強してる人っていうのは、昨日の話題と今日の話題が、違うんですよ。(三石由起子)

だから聞いてて、面白いのね。(三石由起子)

はい。(相談者)
うん・・(三石由起子)

あのぅ・・わたしがまず思うのは・・この44という年齢にしては・・(三石由起子)

あなた、しょぼくれ過ぎてて・・(三石由起子)

はい。(相談者)
面白くないです。(三石由起子)

ああ・・ははっ・・(相談者)
だから・・来てもらえ・・お客さんが、来てもらえるっていうのはね、まず、ラッキー^だっていうとこから思わないと。(三石由起子)

はい。(相談者)
ああ、自分の時間、自分で使えるんだ、自分は・・って。(三石由起子)

それなのにあなたは・・自分の時間を使わずに・・(三石由起子)

・・

・・

しょんばりしてるんじゃないの。(三石由起子)
・・
それ、ダメだよ。(三石由起子)

こんなに若くて。(三石由起子)

・・

と、わたしは思う。(三石由起子)
ええ。(相談者)

頑張ってください。(三石由起子)
はい、ありがとうございます。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.   うーん  明るく陽気に生きましょう!  もっと お気楽に  「どうにかなるさ」 的に あれこれ心配せずに にこやかに 接客もしましょう!
     お客を 待っているだけでなく 外へ出て 交友を広められたら。
     ある 政治団体 もしや 右系の方々かな? それを とやこや いう方々には それがどうした  と 言い切るくらい 強気で おられたら如何でしょうか(・・?

この記事にはコメントできません。