テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月7日(月)は、加藤諦三&中川潤。結婚当初から毎週日曜日の夜は妻の実家に家族全員で行く。家族より、実家との予定を優先する嫁。今まで我慢してきたが、さすがに「おかしい」と思う。おかしいのは妻?それとも私?なのか。ここ三年ほど自身は行かなくなり、嫁の事は好きなのだが、離婚も考えるようになる。嫁は自分の実家の母に、子供達が成人したら離婚すると言っている。
加藤諦三氏の〆の言葉『結婚を続けられるか続けられないかは、両者の問題解決能力です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:50歳男性(3人男兄弟の真ん中) 妻50歳(3人姉妹の真ん中) 子供は二人 長女14歳 長男11歳

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ、よろしくお願いします。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

よろしくお願いします・・(相談者)
最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

50歳です。(相談者)
50歳?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

してます。(相談者)
はい、奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)

ぁ、同じ50です。(相談者)
同じ50歳・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)

えっと・・上が娘でぇ・・14。(相談者)

下が・・長男でぇ・・11歳。(相談者)

・・

はい、わかりました。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
それでぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

嫁と嫁の実家

えっと・・嫁との・・(相談者)

中で・・の、相談なんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ズッ・・(相談者)

毎週・・日曜日・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

夜に・・嫁の実家に・・家族で、戻るんですよねぇ。(相談者)

・・

実家に、毎週夜、日曜日・・はぁい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それはまぁ、結婚当初から・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・家も建てたのも、嫁の実家の近くに建てましたのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まだ子供が小さいうちは・・わたしも、楽だなと思いながら・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
それに甘んじた面はあるんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、相当大きくなってきた・・にも関わらず・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まず、毎週・・(相談者)

必ず、日曜日は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
実家に・・帰ると。(相談者)
うん。(加藤諦三)

ほんでぇ、わたしはその関係が、おかしいなぁ・・と思ったので、ここもう、3~4年・・一緒には、戻ってないんです。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

ほいでぇ・・(相談者)

ぅ・・「それを・・どう思うんだ?」・・っていうことを・・(相談者)

突き詰めたら、まぁそれは・・(相談者)

「わたしは、おかしいとは思わない」と。(相談者)

うん。(加藤諦三)

そこらかもう、いろいろ・・嫁の・・実家の、義理の・・父母・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
あと・・義理の・・姉・・(相談者)

ぇ・・の、夫婦・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

と・・等々(とうとう)、よく旅行なんかにも、出かけるんですよ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それ、わたしもそれはぁ・・(相談者)

昔はもう、甘んじて、一緒に・・(相談者)

行ってはいたんですが・・(相談者)
ふん。(加藤諦三)

やっぱ、その関係もちょっと、おかしいな?と思いまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

独自に自分も・・旅行計画して・・相談をしたことが、あったんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そしたら・・ですねぇ・・(相談者)

そのぅ・・旅行の・・(相談者)
・・
ちょうど、ぶつかる・・日取りの近くに・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

やっぱり・・実家と、その義理の・・(相談者)

姉の夫婦・・との予定・・が・・ぶつかりまして・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

わたしの旅行を・・キャンセルするように、嫁は、言ってきたんです。(相談者)
・・
ふぅーん・・(加藤諦三)

それをまぁ・・(相談者)

わたしは・・(相談者)

甘んじてまぁ、受けた・・わけなんですけども。(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

やはり、その辺からちょっと・・(相談者)

問題が・・あるんじゃないかなぁ・・と・・ぉ・・思いまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

ぇ・・8ヶ月ぐらい前に・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

わたしの自宅の・・(相談者)

物をですねぇ・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

義理の・・ぉ、姉・・夫婦の・・(相談者)

義理の、兄がですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

物を直してたんですよね。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

な、僕でも、そんなことは出来ることなのに・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

「なんで義理の兄に頼んだんだ!」って、僕は憤慨して怒ったんです。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
その場で。(相談者)

はい。(加藤諦三)
まぁ、義理の・・お兄さんには・・「ありがとうございます」とは、言ってからですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、そんなんから・・(相談者)

ちょっとかなり・・(相談者)

おかしくなりまして。(相談者)

うん。(加藤諦三)

僕が間違ってるのか、嫁が間違ってるのか・・(相談者)

ちょっとその辺が・・(相談者)
ああ・・(加藤諦三)
な・・っとく(納得)いかなくてですねぇ・・はぁい。(相談者)
なるほど・・ぅ・・うん。(加藤諦三)

・・

子育ての意見が合わないとかなんか、そういうことではなくて・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
このぅ・・(加藤諦三)

お嫁さんと、あなたの奥さんとあなたの・・奥さんの実家との関係だけですね?(加藤諦三)

えっと、まぁ、子育ての面でもですねぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

ほとんど相談はない・・ですよねぇ。(相談者)

子供に、「こういうふうにしたいんだけど」とかいう、相談はなく、もう・・(相談者)
はぁぁ・・はぁ。(加藤諦三)
決まったことを、報告受けるみたいな。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

・・

まぁ、別にそれが・・よければそれでいいという・・僕は、ずっと判断ではいたんですけども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

やはりちょっとこの頃・・ぶつかる、「それはおかしいだろう?」ということが・・多々、多くなったもんですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

どんなもんなのかなぁ?と思いまして。(相談者)

間違ってるのか

そうすると・・ぶつかることは・・最近、多くなった・・っというのは・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
食事時に険悪な雰囲気になるとか、そういうこと・・ではないの?(加藤諦三)

その話し合いがあってから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

食事時・・終わると、すぐ嫁がもう・・(相談者)

子供達が居る・・部屋から・・離れて・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

寝室の方に・・(相談者)

戻ってしまうのでぇ。(相談者)
・・
あっ、一緒には寝てないんですけども、ずっと。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

夫婦で一緒に寝てないの?(加藤諦三)
はい、もう・・(相談者)
同じ部屋じゃないの?(加藤諦三)

もう、随分前から・・一緒には、寝て・・いないんですよねぇ。(相談者)

ふぅーーん・・(加藤諦三)

うーーん・・(相談者)

夫婦が、べ・・(加藤諦三)

つ(別)・・に・・の部屋で寝てるということは、お子さんから見ると・・(加藤諦三)

ぅ・・なんか、最近・・(加藤諦三)

家の雰囲気悪いなぁ・・(加藤諦三)

最近とか、家の雰囲気、悪いなぁ・・って感じなんですか?(加藤諦三)

ああ、もうそうですねぇ、それを・・思ってると思ったんでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

シィ・・あの、どうしたものかなぁと思いまして、ちょっと・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)
お電話、申し上げた次第で・・(相談者)
要するにアレでしょう?(加藤諦三)

あなさ(た)・・家に・・場所がない・・ってことでしょう?(加藤諦三)

あっ、まぁ・・あぁ・・実際そうですねぇ。(相談者)

恋愛結婚?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

でぇ、恋愛・・してる時には、なんか・・(加藤諦三)

奥さんの方が・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
そのぅ・・(加藤諦三)

家に・・(加藤諦三)

ベッタリ・・し過ぎるなぁ・・とかっていうのは、感じたことはないんですか?(加藤諦三)

ああ、それはあります。(相談者)

恋愛中から既に・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
もう、義理の・・姉夫婦自体がもう、子供・・三人連れて、毎週、やっぱり戻ってましたのでぇ。(相談者)

あぁ・・なるほどねぇ。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

だから彼女は、それが当たり前だと思ってるんだと、思うんです。(相談者)
・・
ええ。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)

でも・・僕からするとそれは、ちょっと異常な光景だと思ってるもんですから・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇ、今、そうするとさっき・・(加藤諦三)

雰囲気が悪いということだったんですけど・・(加藤諦三)

離婚まで考えているの?(加藤諦三)
・・
それとも離婚までは考えてないの?(加藤諦三)

いや、もう離婚、考えているんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ぉ・・でも、やっぱりちょっと、自分が・・間違ってるのかな?・・という・・思う面もありましてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

どうにか・・歩み寄れるもんでしたら・・(加藤諦三)
うん・・(加藤諦三)

あ・・仲良くしたいな・・って・・(相談者)
歩み寄るということは、まだ・・好きだっていうことですねぇ。(加藤諦三)

ああ、まあ、いや、実際は好きです。(相談者)

好きですっていうことねぇ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

んでぇ・・離婚まで考えたところで・・(加藤諦三)

シィ・・自分の方にも、なんか問題あるかなぁ?・・ということですね。(加藤諦三)

そういうことです、はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの・・スタジオに、弁護士の中川潤先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦三)

いろいろ広い・・(加藤諦三)
よろしくお願いします。(相談者)

見地から・・(加藤諦三)

うかが・・って(伺って)、みたいと思います。(加藤諦三)

どうも・・よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. いつもアップありがとうございます。感謝しています。
    中川氏にはいつも不満です。どうかラジオ局の人に届いてほしいです。
    なぜ加藤先生に話す時間を取らないのか。自分の意見は加藤先生にしゃべらせなくてよいほど自信のあるものなのか。非常に不快です。
    今回のものでも、この夫は折れるしかない人生をどう見直していくか、それが奥さんを愛しているかどうかに尽きる、などなんて軽薄な答えでしょうか。
    加藤先生は両者の問題と言っておられるではないですか。
    本当にこの夫の先が心配です。中川氏、どこからその自信が出てくるのか、自分自身を相談してみてくださいよ!
    以上です。ありがとうございました。

  2.  ご相談者は 「妻の行動は一般社会常識に照らして異常だ」との 同意がほしかったのですね? 私も そう思います このような実家べったり の 妻 とても 容認できませんねえ。

  3. 相談者の奥さんには、夫に対する愛情が無いですよ。そのことはどうしようもないですよね。
    ですから残された道はこのまま忍従の人生を歩むのか、それとも新たな人生に踏み出すのかのどちらかでしょう。
    現状に不満なら、苦難が待ち構えていることを覚悟のうえで別の道を選ぶべきではないのでしょうか?

  4. じゃりんこ

    皆様の意見がそれぞれで興味深いです。
    私は毎週夫が実家に帰ってくれたら食事も作らなくていいし、猫と二人でのんびりできて嬉しい限りですがね。

  5. 奥さんが全て決めて事後報告、子育ての初期で、〈いや、今度から事前に相談を〉と軌道修正はかった、ようには感じられないです、なぜなら子供が小さいうちは楽だなと甘えて、後にいきなり、それは異常と言い出す方なので。物の直しを義家族に頼んだのも、義家族のほうが頼みやすい、ニコニコサッサとやってくれるからではないでしょうか。奥さんが何でも頼みやすい、相談しやすい、休日に食卓を共にしたい夫さんになって欲しいです、他人様に厚かましい希望ですが。素晴らしいお母様を悲しませないために。嫁から離婚の話をされて、事を荒立てず何年も心にしまっておけるお姑さんは滅多にいないと思います。普通は、お姑さんが嫁罵倒の修羅場で即、家庭崩壊だと思います。

この記事にはコメントできません。