テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年4月17日(水)は、加藤諦三・マドモアゼル愛。45歳男性から、婚姻20年2人の女の子がいるが、10年程前に関係を持った同性の彼と1年ほど前に偶然再会。かわいくて仕方がない。妻と別れるべきか?それとも彼を選ぶべきか?どうして自分を押さえて生きるのか?原点は父親から逃れられない自分がいる。

目次

スポンサーリンク

現実から逃れる為の幻想、家族か彼か

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル・愛(エッセイスト)
相談者:45歳男性 妻45歳 婚姻20年 長女(高校1年生) 次女(小学2年生) 同性の彼35歳(10年ほど前に関係があり下の子が生まれて別れたが1年ほど前に偶然再会し・・)

もしもし?(加藤諦)

テレフォン人生相談です。(加藤諦)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦)
45歳です。(相談者)
40・・5歳、奥さん何歳ですか?(加藤諦)
45です。(相談者)
お子さんは?(加藤諦)

上が高1・・下が小学校2年生です。(相談者)
・・
女の子です。(相談者)

両方とも?(加藤諦)

はい。(相談者)

どんな相談ですか?(加藤諦)

極論言えば、離婚するかどうかなんですけど・・(相談者)
結婚してからどれぐらい経つんですか?(加藤諦)

約20年です。(相談者)

下の子が生まれた・・あたりからなんですけど。(相談者)
小学校2年生って言ったっけ?さっき。(加藤諦)
ええ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

夫婦間のそういった・・(相談者)

コミニケーションっていうのはもう、その頃から全くなくなってぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

女のお子さんは・・(加藤諦)

と、あなたとの関係はどうなんですか?(加藤諦)

スゥゥ・・わたし・・が、ちょっと厳しい・・人間というか・・ちょっと疎遠になりつつ・・あるんですよね。(相談者)

なんか作法とか・・(相談者)

生活態度とか、その宿題とか・・(相談者)

それ・・(加藤諦)
勉強のこととか。(相談者)
しゅ・・宿題をきちんとやってなきゃ・・やってない・・とか?(加藤諦)
と・・(相談者)

もうそうなるとわたしが・・(相談者)

キレてしまったりとか・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
最近はわたしの目の前・・だとちょっと、逃げてしまう素振りをすることがあって。(相談者)
うん。(加藤諦)
下の子も・・します。(相談者)
暴力があるかないか?(加藤諦)

うん・・あります。(相談者)

お尻を叩く・・ここ最近、ちょっとそれがひどくてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

週に一回・・(相談者)

ぐらいは・・(相談者)
うーーーん・・(加藤諦)

あなたは・・今、サラリーマンですか?(加藤諦)
そうです。(相談者)
会社では・・(加藤諦)

義務責任感の強いという・・タイプですか?(加藤諦)

こう自分で、責任を持ってやりたい・・(相談者)

人間というか・・(相談者)
でぇ・・家に帰ってくると、ものすごくイライラすると?(加藤諦)

たぶん、夫婦間・・が、上手く行ってない・・からだと思うんですよね。(相談者)

別な・・人が、心には居る。(相談者)

っていうのもあってぇ。(相談者)
あ、あなたのな・・中に別な人が居る?(加藤諦)

はぁい。(相談者)
はい、その別な人っていうのは、どういう人?(加藤諦)

えっと・・一応同性・・になります。(相談者)

年下になりますね。(相談者)

30・・5ですね。(相談者)

はぁい。(加藤諦)

えっと・・以前何回かあって・・10年・・ぐらい、前に、は・・(相談者)
前に・・(加藤諦)
そのうちまぁ、心がほどけてきた・・っていうか・・(相談者)

はぁい。(加藤諦)
ちょうど下の子ができちゃったもんだからぁ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

わたしがもう、別れたんですよ。(相談者)

1年・・ほど前なんですが。(相談者)

はぁい。(加藤諦)
偶然に会ってしまってぇ。(相談者)

かわいくてしょうがないですよねぇ。(相談者)

それはもう抱きたいと思っているので。(相談者)

関係はあるん・・ですか実際に?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

実際にあります。(相談者)

うん・・(加藤諦)
あのぅ、やっぱり、自分の社会的立場・・(相談者)

から見ても。(相談者)
うん。(加藤諦)
取り繕わなければいけないのはわかるんですよ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
生活の中で。(相談者)
うん。(加藤諦)

ただ、なんでこんなに自分を押さえつけて生きていかなきゃいけないんだろう?っていうのが・・(相談者)

うん。(加藤諦)

それがすごく嫌・・に、なって、最近。(相談者)

この人と会う前の自分・・っていうものは・・(加藤諦)

まぁ、アレはもう、自分・・ではないと。(加藤諦)

いう感じ?(加藤諦)

その男性と会ってるのも空想。(相談者)

あの、幻想ですか?(加藤諦)
本当の自分なんだろうけども。(相談者)
うんうん・・(加藤諦)
ひょっとするとそれも空想なのかもしれない。(相談者)

わたし・・は、こういう立場の人間なのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
別に・・(相談者)

彼のとこに行くことも出来ない。(相談者)

うん・・(加藤諦)
今の状況だと。(相談者)
うん・・(加藤諦)

なおかつわたしに、それを・・今の状況を壊す・・(相談者)

ことが出来るのか?っていうのも、わからないし・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

ほんとの自分・・が、どこにあるのかもわからないんですよ。(相談者)
どこにあるかわからない?(加藤諦)

それに対して・・人にあたったり・・叫んだり・・(相談者)
うん。(加藤諦)
とか・・(相談者)
じゃあ、そ・・家の中での話ですよね?子供に対しての・・(加藤諦)
に、繋がっていくんだと思うんですよねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)

だからこのイライラとか・・(加藤諦)

家庭の中でのやり・・(加藤諦)

あの、行動っていうのは・・あなた・・は・・(加藤諦)

改められませんよね?(加藤諦)

それ、よくないことだとあなた自身がわかっても。(加藤諦)

はぁい・・(相談者)
止めよう・・ったって、止められないでしょう?(加藤諦)

そうですねぇ・・(相談者)
この35歳の男性との関係も、空想だってとこが、今一つ、僕に理解できないんだけど。(加藤諦)

現実・・的では、ないですよねぇ。(相談者)
ないけれども、あると思ってることが幻想ですよ。(加藤諦)

ああ・・(相談者)
空想っていうのは、その・・(加藤諦)

ただ・・(加藤諦)

単に、あ・・(加藤諦)
思い描いているだけなんですかねぇ?(相談者)
思い・・思い描いてるだけの話ですよ。(加藤諦)
ああ、ああ・・(相談者)
絶対はどこにもないんですよ。(加藤諦)

ただ、その、現実から逃れるための・・(相談者)

幻想なんですよねぇ。(相談者)

わかりました、それでこの二人の間で、あなた今・・(加藤諦)

不安なんですよね?(加藤諦)

そうですね、このまんまそのぅ・・生活を・・(相談者)

続けていくのかぁ?(相談者)
うん。(加藤諦)

ただ・・あの、幻想から一回、離れるべきなのかぁ?(相談者)

それは子供の為にも思うし・・(相談者)

ま、具体的には男性と別れるべきなのか?え・・(加藤諦)
逆にそれを・・求めていって・・今の生活を捨てるのか?(相談者)
うん・・(加藤諦)

今日はあのぅ・・スタジオにですねぇ・・(加藤諦)

心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦)

伺ってみたいと思います。(加藤諦)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。