テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

田中ウルヴェ京アドバイス

はい、こんにちは、よろしくお願いします。(田中ウルヴェ京)
こんにちは・・お願いします。(相談者)
はい、お話、伺いました。(田中ウルヴェ京)

何か出来ることはないか

えーっと、目標としては、その、お孫さん達が、幸せになることが、もちろん・・(田中ウルヴェ京)
そうです。(相談者)
あの・・ね、あの、お婆ちゃまっていうふうに、申し上げては、失礼かもしれませんが・・(田中ウルヴェ京)
うふっ、はい、そうです・・(相談者)

ま、お婆ちゃまにとっては・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
一番、そのことが望みで?(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

なので、なにか今・・あの、もちろん、おわかりになってることは、ご自分は、何かできることはないんだけれども・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

でも、何かできることがあれば、助けたいという・・(田中ウルヴェ京)
そうなんです。(相談者)
こんな感じで、良いでしょうか?(田中ウルヴェ京)
はい、はい・・(相談者)

あの、あなた自身も、わかってることだと、もう、釈迦に説法かとは、思うんですが・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

そりゃあ、ベストは・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
あなたが何も、手を出さなくても、済むことがベストですよね?(田中ウルヴェ京)
ああ、そうですか・・(相談者)

ねえ、じゃあ、あのぅ・・お婆ちゃまとしての、あなたが、今日から、何ができるかってことに、ちょっと視点を変えてみますね。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

客観的に物事を捉えるために

うんちょっと、理想論に聴こえるかもしれませんが、みんなが、ハッピーになることが・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

あの、ばあばにとっては、幸せなので・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
ちょっと、その、その為に・・あなたができることとして・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

まず、客観的に物事を捉えるっていうことだけ、今日はお伝えします。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

はい、ええっと、例えば、これからも、あのぅ、ちょいちょいそりゃ、息子さんから、えーっと、ママとしての、あなたに・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

いろんな話が来たりするかと思います。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

で、ま、お嫁さんが、どの程度、来てくださるか、わかんないけど、でも、今までも、おありになったようなので、お嫁さんからも・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

姑さんとしての、あなたに・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
お話が、来る可能性がありますよね?(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

で、あるいは、もしかしたら、お孫さん達が、ばあば、実はさぁって、来るかもしれないですね。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

この、要は、あなたという・・一人の人間には・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

えーっと、3役がありますね?(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
えっと、母親・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

お姑。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
えー、ばあばですね。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

立場を変えた3つの役

で、んっと、この3役、どれも・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
ご本人、あなたなんですけど・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

ここの、あなた自身が・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
えーっと、是非、今日から・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

息子さんと接する時に・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
お姑の立場を、ちょっと、思い出してもらいたいんです。(田中ウルヴェ京)
はぁ、そうですか・・(相談者)

はい、例えば、ママとしての立場で息子を見てしまうと・・(田中ウルヴェ京)
ああ・・はい・・(相談者)
どうしても息子のこと・・私も息子をもってる身なんですが・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

やっぱり、母親としての目線で、息子を見ちゃうと・・(田中ウルヴェ京)
はい、わかります。(相談者)
ね、良くないことも・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
良く見えてしまうので・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

あの、べつに、心を鬼にする必要はありませんが・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
客観的に・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

例えば、その、お姑というのは、なにかというと・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
お嫁さんの、お母様の立場になってもらいたいんです。(田中ウルヴェ京)
ああ・・はい。(相談者)

例えば、この息子、私の大事な息子が・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
この話しを、今、その・・お嫁さんと問題があって、困ってるみたいだなってのは、あなたが、ママとして見てますよね?(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

でも、この時に・・えーっと、えーっと、この息子の、この言った言葉を・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
お嫁さんの、お母様は・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

どう、とるだろうなんです。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

とか、あるいは今度・・お嫁さんが、あなたに、話してきてくれた事に対して・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

うーんと、うーんと、この話し、今、わたしは、姑っていう立場で話し聞いてるけど・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

もしもこれ・・娘の話しを、母親って立場で、私が聞いてるんだとしたら・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

えーっと、どう捉えるかしら?と・・(田中ウルヴェ京)

はい・・(相談者)

つまり・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
自分が聞く情報を・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

自分こそが、客観的にとらえないと・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

相手のヘルプは、できないんですよね。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

で、あなたは多分、あの、いい意味ですよ、いい意味で、すごく人に関わろうとなさるし・・一生懸命、みんなの助けを、したい方だと思うんです。(田中ウルヴェ京)

自虐できる人に

いや、わたくしはね・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
あの、結婚してからずっと、姑に仕えてきて・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

すごいその、嫌な思いを、散々したんです。(田中ウルヴェ京)
なるほど・・(田中ウルヴェ京)
だから・・自分のとこに来た人には・・そういう思いは、絶対にさせまいと思って、きました。(相談者)

いや、もう、すごく頑張られたんですよね。(田中ウルヴェ京)
だから・・私が、我慢しちゃうこと、多いんです。(相談者)
ええ・・(田中ウルヴェ京)

そう、今、ずっと今まで、そうしてきました、なんか今まであのぅ・・イヤなこととかって、本当に、一切したことないです、わたし。(相談者)
あっ、お嫁さんにですか?(田中ウルヴェ京)
はい・・はい、そうです。(相談者)

息子にも、だって・・嫁さんにしたら、息子イジメてるのと一緒じゃないですか。(相談者)
はい。(田中ウルヴェ京)

だから、私は、そういう気持ちで、ずっと今まで、生活してきました。(相談者)
で、あれば・・(田中ウルヴェ京)
はい。(相談者)

そこが一番、問題ですね。(田中ウルヴェ京)
あっ、そうですか?(相談者)
つまり・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

我慢をしてることは・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
他人に、バレます。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

なので・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
我慢をなさってるのであれば・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

おそらく、お嫁さんのことが、娘だったら・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
我慢しないはずなので(笑いながら)・・(田中ウルヴェ京)
あっ、そういうことですか!(相談者)

たとえばね。(田中ウルヴェ京)
ええ、ええ、ええ。(相談者)
もう、ちょっと、あなた・・ママ困っちゃうわ、これでは・・とか・・(田中ウルヴェ京)
あははは・・はい・・(相談者)

要は、自分の、我儘だけどみたいなスタンスに・・(田中ウルヴェ京)
ああ・・(相談者)
言って欲しいんです。(田中ウルヴェ京)
あ、そうですか・・(相談者)
はい。(田中ウルヴェ京)

あの、あなた達、なんとかしなさいよ、だと・・(田中ウルヴェ京)
ええ・・(相談者)
他人って、やっぱり、嫌じゃないですか・・(田中ウルヴェ京)
ええ・・(相談者)

あの、今日から、なんか・・自虐ができる、可愛い、ばあばになっていただきたいんです(笑いながら)・・(田中ウルヴェ京)
ああ、そうですか・・(相談者)

あの、こう、もう、私だって、息子、可愛いけど・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
なんか、こんな息子が、娘の・・旦那だったら、嫌だわとか・・(田中ウルヴェ京)
ええ、ええ、ええ・・(相談者)

なんか、客観的な目線も・・(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)
あなたは多分、できると思うんです。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

ちょっと、こんなことも、あの、参考にしてみてください。(田中ウルヴェ京)
はい・・(相談者)

わかりました。(相談者)
はい。(田中ウルヴェ京)
ありがとうございました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 珍しく今井氏がキレたw 今回はココに尽きますな。
    最近、こんな相談増えた気がしますね…親バカというか子離れ出来てないと言うか。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA