テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月25日(金)は、加藤諦三&大原敬子。子供の頃、酒乱の父親から受けた虐待の記憶があるが、理想の父親像でもある47歳の夫の存在もあり、今は良い関係を築けるところまできている。しかし、一緒に暴力を受けていた母親に対しては、許せない気持ちがあり、良い関係を築いていくことができない。かばってくれなかった母親を今も許せないという44歳の女性からの相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『断念することは、最も生きる意味を感じる時です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:44歳女性 夫47歳 婚姻12年 子供なし 二人暮らし 実家で二人で暮らす父70歳 母67歳

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
はい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

お願いします。(相談者)
はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、44です。(相談者)
44歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

はい、してます。(相談者)
え・・ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

えっと、47です。(相談者)
47歳・・お子さんは?(加藤諦三)

は(わ)、いません。(相談者)

えっと、お二人で・・な、け・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚してどのぐらい経つんですか?(加藤諦三)
12年経ちます。(相談者)
12年経つ・・はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そいで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

母親を許せない

自分と・・母・・親との関係の悩みなんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ハイ。(相談者)

母・・(相談者)
自分と母親ってのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
義理の母親じゃなくて・・(加藤諦三)
あっ・・いえ・・(相談者)
実の母が・・(加藤諦三)
自分の・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

実の・・母親です。(相談者)
は、はい・・はい。(加藤諦三)

何歳ですか・・今?(加藤諦三)
はい今・・(相談者)
お母さん・・(加藤諦三)
母は67です。(相談者)
67歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ、あなたと別に暮らしてるの?(加藤諦三)

はい、別に。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、お父さんはまだ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ご存命?(加藤諦三)

はい。(相談者)
一緒?(加藤諦三)
一緒に・・(相談者)
そうすると、お父さんとお母さんは・・(加藤諦三)

二人で暮らしてるの・・今?(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
あ、そうですか、はい。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
お父さん、何歳?(加藤諦三)

は(わ)、70です。(相談者)
70歳・・はぁい、わかりました・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
それでぇ?(加藤諦三)

幼少期の時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

父親がまぁ、ちょっと、酒乱気味な・・父親でぇ・・(相談者)
・・
ぁ・・はぁい。(加藤諦三)
え・・虐待をまぁ、受けて育・・って、きたんですけど。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

そ・・こから、まぁ自分なりに・・(相談者)

長い時間かけてまぁ・・今は、克服してるんですけど、克服っていうか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
まぁ・・(相談者)

大丈夫なんですがぁ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

今に・・なって・・(相談者)

なんて言うんですかね?(相談者)

良い関係っていうか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

普通の・・(相談者)

関係を築きたいんですけど、母親と。(相談者)

はぁい、はい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
良い・・っていうか。(相談者)
はい。(加藤諦三)
うん。(相談者)

でぇ・・もう・・あのぅ・・(相談者)

うまくいかないっていうか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
許したい自分の気持ちと・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

許せない気持ちっていうのが・・(相談者)
はぁい、はい、はい。(加藤諦三)

あって。(相談者)
はい。(加藤諦三)

うまく・・できる時もあるんですけど・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
ちょっとしたきっかけでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか・・が・・(相談者)

気持ちが・・(相談者)

爆発してしまうっていうか、自分の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか・・爆発っていうか・・(相談者)

そ・・(相談者)
もう、許せないっていう気持ちの方が・・(加藤諦三)
はあぁ・・(相談者)
強くなっちゃうことが・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
あるわけですよねぇ・・はぁい、はい、はい。(加藤諦三)

暴力をふるってたのは母親ではないんですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
父親なんですが。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

かばってくれなかったっていうか、まぁ・・(相談者)
はぁい、はい、はい。(加藤諦三)
一緒に・・母親も暴力を受けてたんでぇ・・(相談者)

どう・・あっ・・(相談者)
あっ、お父さんは、あなたに・・あの、暴力をふるうと同時に、お母さんにも暴力をふるってる・・(加藤諦三)
あっ、そうですねぇ・・(相談者)

お母さんが、許せないと。(加藤諦三)

そうですね。(相談者)
でぇ、お母さんのほうも、実はぼう・・お父さんから暴力をふるっていたということですねぇ?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)
ふるえ・・あ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

同じように虐待を・・***ですね・・(加藤諦三)
被害者っていうことでは同じなんですけど。(相談者)

人間の根源的欲求 保護と確実性

それは、あのぅ・・(加藤諦三)

よーく、理解できることです。(加藤諦三)

・・

そうです・・(相談者)

不思議がることじゃなくて。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

っていうのはねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

人間が・・根源的に求めてるものが何かっていうとねぇ・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

近親相関願望っと言って、具体的には・・(相談者)

保護と確実性を求めるっていうのは・・(加藤諦三)

これが・・(加藤諦三)

人間の、根源的な欲求なんですよ。 (加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

もう人間どうしようもなく無力で・・依存・・で、産まれてきますでしょう。(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

蛇だってモグラだって、そこに置いときゃあ、一人で生きていかれるんだから。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

ハエだって・・(加藤諦三)

ネズミだって、生きていかれるんですし、一人でぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

人間だけですよ。(加藤諦三)

・・

うん・・そう・・(相談者)

もう・・だからもう、人間はもう、どうしようもなく保護と確実性を・・(加藤諦三)

安全性を求めるっていうのは、もう人間の根源的な欲求なんです。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

だからあなた・・(加藤諦三)

保護を・・(加藤諦三)

求めてるって、その気持ちは全く満たされていないってことじゃないのかな?(加藤諦三)

人に守ってもらう・・(加藤諦三)
あっ、そうです、あい・・やっぱり愛されたかったし・・(相談者)
そういうことです。(加藤諦三)
抱きしめてもらいたかったし。(加藤諦三)
そ、そういうことです。(加藤諦三)
かばって・・もらいたかったし。(相談者)
そういうことです。(加藤諦三)
・・
それが・・(加藤諦三)

かまってもらいたかった、愛されたかった、守ってもらいたかったってのは、さっき僕が言った・・保護と安全を求める・・(加藤諦三)
あっ・・はぁい・・(相談者)
保護を求めるっていうのが・・(加藤諦三)

人間の根源的な欲求なんですよ。(加藤諦三)

あ、はぁい(半泣き)。(相談者)

その今、根源的な欲求が満たされてないんですよ。(加藤諦三)

そうで・・でも(泣く)・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・だいぶ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
だいぶっていうか・・あのぅ・・(相談者)

あの、夫と結婚して・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
・・
すごく・・(相談者)

・・

なんか・・変なんですけど、あの夫は、自分の理想とする父親像みたいな人でぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

すごく、安心して・・やっぱり、精神的には、結婚してすごい・・安定・・は、したんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

父親との関係は・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
夫との関係で満たされたけれども。(加藤諦三)

ああ・・(相談者)

はぁい・・(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

そう・・(相談者)
抱きしめられたい。(加藤諦三)

守ってもらいたいって、先ほど言った、保護と確実性というのは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

やっぱり最初の***(「消印」と聞こえたけど)は・・(加藤諦三)

・・

母なんです。(加藤諦三)

そうです・・ねぇ。(相談者)

・・

・・

そうだと思います。(相談者)

・・

わたしのことを・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、「お天気屋だから」とか。(相談者)
ああ・・それは頭に・・(加藤諦三)
言われたりするんですね。(相談者)
う、うん・・(加藤諦三)

うん・・そうすると・・(相談者)

いいようなふうに・・接してる時・・も・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
心では葛藤があることをわかってくれてないんだなぁ・・っていうか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

もっとちょっと・・言うと・・誰も私のことをわかってくれないという・・(加藤諦三)
ああ・・(相談者)

でも・・そ、そう・・思ってしまいますねぇ。(相談者)
うん、そういうことですねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
だ・・(加藤諦三)

この気持ちを・・(相談者)
うん・・(相談者)
どうかしたいという・・ことねぇ?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

はい、わかりました。(相談者)
・・
今日はあのスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。