テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月11日(土)は、今井通子&高橋龍太郎。71歳の女性から。27年付き合っている60歳の知的障害レベルAの彼氏が、お金とタバコと食べ物目当てで家に来る。2千円貸してくれと言うが返してくれない。警察を呼んで追い返してもらうも、再びやって来る。お茶飲み友達ならいいが・・自身は交通事故で身体障害者となり、両膝が悪く目も不自由。彼が来ないようにするにはどうしたらいい?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:71歳女性(独身・既婚歴なし・35年前の交通事故で身体障害者・両膝が悪く目も不自由・持ち家で一人暮らし) 彼60歳(知的レベルAの知的障碍者・兄63歳と妹58歳と三人暮らし)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)
はい・・(相談者)
・・
もしもし?(相談者)
はい。(今井通子)

テレフォン人生相談です。(今井通子)
わたし・・今、苦しんでます。(相談者)
・・はい?(今井通子)

はい。(相談者)
な、なにに?(今井通子)

あのぅ・・(相談者)

彼がいるんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

の・・彼が10歳年下なんですわ。(相談者)
はい。(今井通子)
ほいでぇあのぅ・・(相談者)

わ、別れたいと思って・・(相談者)

はい。(今井通子)
で、彼かられんら、連絡来て、電話を・・来た時に電話を切ったり。(相談者)
はい。(今井通子)
そしてあのぅ・・(相談者)

来ても、あのぅ・・警察呼んで会わなかったりしてたんですけど。(相談者)
はい。(今井通子)

ほいでも・・ほいで、か、彼が家に帰って・・(相談者)

警察が家にとどけ・・彼氏の家に、乗せ・・車に乗せて帰して。(相談者)
はい。(今井通子)
ほいでぇ・・それでも来るんですわ。(相談者)

はい。(今井通子)
何が目当てかって言うと。(相談者)
はい。(今井通子)

お金と・・タバコですね。(相談者)
はい。(今井通子)
それと食べ物ですね、うちにある食べ物とか。(相談者)
はい。(今井通子)

そういうの目当てで来るんですわ。(相談者)
はい。(今井通子)
でぇ、お金を貸しても・・(相談者)

「貸してくれ」って言うんですよね。(相談者)

あのぅ・・「2千円貸してくれ」、ほんで「2千円貸してくれ」っていうんですわ。(相談者)

小さく言ってくるんですわ。(相談者)
はい。(今井通子)

ほいで、それが度重なるから、大きいものになりますよね。(相談者)
はい。(今井通子)
ほんでぇあのぅ・・(相談者)

返さないんですわ。(相談者)

はい。(今井通子)
返せば貸してもいいけど・・返さないから、もう・・ダメだなと思って・・ほいでぇあのぅ・・(相談者)

そいでも・・来るんですよね・・(相談者)
はい。(今井通子)
あの、お金とタバコと・・食べ物が目当てで。(相談者)

はい。(今井通子)
ほいで、兄弟三人で住んでるんですわ、あ、相手が。(相談者)

はい。(今井通子)
そいでぇ・・あのぅ・・(相談者)

兄弟三人で暮らしてて・・(相談者)
はい。(今井通子)

仲間外れになってるんですわ、一人だけ。(相談者)

うん。(今井通子)
彼氏が。(相談者)

うん、あの・・そのご兄弟は、男兄弟三人?(今井通子)
はい、男兄弟と女の妹。(相談者)

えーっと、か、彼、長男?(今井通子)

彼・・次男。(相談者)
あ、次男?(今井通子)
はい。(相談者)

じゃあ、あの・・(今井通子)

ご長男がいて・・(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、女の兄弟がいて。(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、彼は、末っ子?(今井通子)

真ん中です。(相談者)
真ん中?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・(今井通子)

三人で、住まわってるわけ?(今井通子)
はい、暮らしてるんです。(相談者)
はい。(今井通子)

はい。(相談者)
じゃあ、ちょっと途中でごめんなさい。(今井通子)
はい。(相談者)
まずあなたはおいくつ?(今井通子)

71歳です。(相談者)
71歳・・はい。(今井通子)

でぇ、相手のその10歳年下の次男の方は、そうすると・・61歳ですね?(今井通子)

60歳です、11下です。(相談者)
あっ、6・・60歳?(今井通子)
はい。(相談者)

と、そのお兄さんは、おいくつぐらい?(今井通子)
お兄さんは、3歳上ですから・・(相談者)

63歳?(今井通子)
60・・(相談者)

3ぐらいですねぇ、今。(相談者)
はい・・はい。(今井通子)

でぇ・・あの、妹さんは?(今井通子)

妹さんが、2歳年下です。(相談者)

そうすると、5・・(今井通子)
58ですねぇ。(相談者)
58ぐらい・・58ですか?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

それでぇ・・(今井通子)

そうすると、あな・・た・・が、付き合い始めたのは何年ぐらい前?(今井通子)

付き合い始めたのは27・・30年前ぐらいですけど。(相談者)
はい。(今井通子)
本格的・・(相談者)

出会ったのが30年前で・・(相談者)
はい。(今井通子)
本格的に付き合ったのが、27年前です。(相談者)

でぇ・・ご結婚はされなかったわけね?(今井通子)
はい、結婚はしませんでした。(相談者)
理由は何だった?(今井通子)

うん?理由?(相談者)
うん。(今井通子)

結婚・・この人と結婚はできないなと思ったんです。(相談者)

うん、理由は?(今井通子)

理由は、そうですねぇ・・わがままだからねぇ。(相談者)
あなたが?(今井通子)

相手が。(相談者)
相手が?(今井通子)
はい。(相談者)

なるほど。(今井通子)

でぇ・・そのぅ・・(今井通子)

え、じゃあ、ご結婚されず、あなた自身は・・ご・・だ・・他の方と、ご結婚されました?(今井通子)
いえ、一回もしてません。(相談者)
あ、あ、あなたも結婚してない?(今井通子)
はい。(相談者)

その・・その、こう・・えーっと、27年間。(今井通子)
はい。(相談者)

いわゆる何て言うのかなぁ?・・じゃあ結婚してないんだから・・(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ、同棲・・(今井通子)
同棲・・って言うか、同居って言うか・・(相談者)

あ、同棲はしてた?(今井通子)
***、同居したことは、三回ぐらいあるんです、あたしの家で。(相談者)
はい。(今井通子)

持ち家で、わたし、一人暮らしで、住んでいたもんですから。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・うちに入り込ん出来たんです。(相談者)
ああ、なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

同居は三回で。(今井通子)
さん・・かい、しました。(相談者)
それは若い時?(今井通子)

40代と、50代と、60だ・・60代、い、今・・(相談者)

今はしてませんけど。(相談者)
うん。(今井通子)
よ、40代でぇ・・(相談者)

ぃ・・一回・・(相談者)
うん。(今井通子)

50代で2回ぐらいかな。(相談者)
あ、なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

そんなに若くないときね。(今井通子)

はい。(相談者)
はい。(今井通子)

この、ぉ・・相手の方の、お兄さんとか妹さんは、結婚してらっしゃる?(今井通子)

し・・あの、お兄さんは、結婚してないけど、妹は出戻りです。(相談者)
ああ・・なるほどね。(今井通子)
はい。(相談者)

・・

そうするとなんか・・(今井通子)

まぁ、一般社会としては珍しいんだけど。(今井通子)
はい。(相談者)
お互いに・・(今井通子)

はい。(相談者)
長い間、独身生活を・・(今井通子)

過ごしながら・・(今井通子)
はい。(相談者)

つかず離れずでぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)

いわゆる、絆を保ってきた・・(今井通子)
はい。(相談者)

うん・・(今井通子)

でぇ・・(今井通子)

そのぅ・・相手がわがままだから・・(今井通子)
はい。(相談者)
結婚はしようとは思わなかったけど。(今井通子)
はい。(相談者)
同居はしていた。(今井通子)

その、40代、50代2回みたいな。(今井通子)

ぅ・・なに、同居は、してました。(相談者)
その・・その・・うん・・(今井通子)
はい。(相談者)
その時ってぇ・・(今井通子)
はい。(相談者)

さっきおっしゃってた、お金とか・・(今井通子)
はい。(相談者)

食べ物とか(笑)・・(今井通子)
はい。(相談者)

そういう生活関係は全部、あなたが・・(今井通子)

持っていたの?(今井通子)

いえ、あのぅ・・おばさんという人がいて、彼氏に。(相談者)
はい。(今井通子)

おばさんという人がいて、2週間に・・(相談者)

1万5千円と。(相談者)

タバコ、ワンカートン、3千円時代に・・(相談者)

タバコ、一個つけて。(相談者)

ほいでぇ、あのぅ・・(相談者)

何年間か、暮らしてましたねぇ。(相談者)

なるほど。(今井通子)

・・

そうすると、そのおばさんが面倒見てたわけね?お母さんじゃないのね?(今井通子)
過去はね、過去は。(相談者)
うん。(今井通子)

今は、あのぅ・・(相談者)

・・

違うとこに、はた、働きに行ってるから・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

工場長さんが、見てます。(相談者)

・・

・・

彼氏の、あのぅ・・お金を、管理は。(相談者)

・・

え・・その、おばさんっていう方は・・(今井通子)

もう、離れたんですわ。(相談者)
あっ、しん・・親戚・・じゃないの?(今井通子)

歳で、離れたんですわ、お金、お金の問題から。(相談者)

ほいでぇ、働いてるところに、今の働いてる所の、工場長さんに・・(相談者)

お金の・・面倒・・あのぅ・・管理してもらってるんですわ。(相談者)

・・

あのぅ・・ちょっと、お尋ねしますけど、その相手の方っていうのは、何かハンディキャップをお持ち?(今井通子)

はい・・知的障害者です。(相談者)

ああ・・なるほどねぇ。(今井通子)
はぁい。(相談者)

・・

そうするとその・・工場長さんが・・(今井通子)

お金の管理とかは・・(今井通子)
はい。(相談者)
されてて。(今井通子)
はい。(相談者)
うん。(今井通子)

そうすると障害年金とか・・(今井通子)

こう、もう・・(今井通子)

・・

あるわけ?(今井通子)
・・
彼には?(今井通子)

はい、彼にはあります、障害年金が。(相談者)
うん。(今井通子)

じゃあ、それで暮らしてるわけ?(今井通子)

はい、それで暮らしてるわけです。(相談者)

兄弟三人。(相談者)
あのぅ・・知的障害の、知的レベル、どれぐらいだか、おわかりになります?(今井通子)
Aですわ、ABCのAですわ・・(相談者)
はい。(今井通子)
一番重いんです。(相談者)
はい。(今井通子)
・・
はい。(相談者)

なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

あ・・(今井通子)
お兄さんも、そうなんです。(相談者)
ああ・・なるほどねぇ。(今井通子)
はい。(相談者)

妹さんは違いますけどね。(相談者)
はい。(今井通子)
はい。(相談者)

でぇ、あなた自身は・・(今井通子)

知的障害ではないですよね?(今井通子)

わたし、身体障害です。(相談者)
あっ・・身体障害・・な・・どこのですか?(今井通子)

両膝です・・足。(相談者)

足の両膝が悪いんです。(相談者)
はい・・これは・・(今井通子)
はい。(相談者)

え・・生まれながら?それとも・・(今井通子)
いえ、交通事故で。(相談者)
ああ・・交通事故で?(今井通子)
はい。(相談者)
何歳ぐらいの時?(今井通子)

今から・・35年ぐらい前です。(相談者)
35年前?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

ほいでぇ、後遺症ですね、今。(相談者)
なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

・・

・・

なるほど、なるほど。(今井通子)

目も不自由でねぇ・・(相談者)
・・
はい。(今井通子)

あのぅ・・ぼやけて見えるんですわ。(相談者)

でも、膝・・がねぇ・・(今井通子)
・・
はい。(相談者)

うまく使えないんだとすると。(今井通子)
はい。(相談者)
「お一人のお住まいです」っておっしゃってましたよね?(今井通子)
ええ、そうです。(相談者)

あのぅ・・かない(家内)・・いわゆる、家の中だけでは、動きやすいかもしれないけど。(今井通子)
はい、家のことはわかります。(相談者)
うん。(今井通子)
だいたい何があるかは。(相談者)
はい。(今井通子)

あのぅ・・買い物だとか・・(今井通子)
はい。(相談者)
外へ出るっていうのは・・(今井通子)
はい。(相談者)
何か・・やっぱり・・(今井通子)

ヘルパーさんに・・(相談者)
ヘルパーさん来て・・(今井通子)
もら・・はい。(相談者)
あ・・うん、もらってるわけね?(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

・・

・・

それでぇ、あなた自身は・・(今井通子)
はい。(相談者)

要するにまぁ、ずーっと付き合ったけれど・・(今井通子)
はい。(相談者)
もうこの辺が潮時で。(今井通子)
はい。(相談者)

彼とは別れたい?(今井通子)

はい・・思いました。(相談者)

別れたい・・んですか?本当に?(今井通子)

・・

はい。(相談者)

でぇ・・警察も呼んで。(今井通子)
はい。(相談者)

彼を家に帰しても、また来ちゃうから・・(今井通子)
はい、また来るんですね。(相談者)
うん、だからそうするとね・・(今井通子)
はい。(相談者)
これは付き合ってたっていうより、ストーカーの部類に入りますよね、今度。(今井通子)
はい。(相談者)
はい。(今井通子)

これって・・その近隣の警察は知っているの?(今井通子)

はい。(相談者)

でぇ・・いわゆる、近づいちゃいけませんみたいな。(今井通子)

ことは・・(今井通子)

彼に・・(今井通子)

通達してるんですか?(今井通子)
はい、言ってます。(相談者)

あっ・・言ってあるの?(今井通子)
はい、言ってあります。(相談者)

はい。(相談者)

それ法律的に、そう決めてます?(今井通子)

・・

あのぅ・・(相談者)

なにか彼氏が・・(相談者)
うん。(今井通子)
あのぅ・・(相談者)

書類・・ま、ま、あのぅ・・書類に・・(相談者)

印鑑押したって言ってましたね。(相談者)

わたしその時、同席してなかったんですけど。(相談者)

あ、じゃあ、彼が、印鑑押した、内容はご存知?(今井通子)

内容知りません、わたし一緒にいないから。(相談者)

彼一人に・・警察が付いて・・(相談者)

ほんでぇ、なんか、印鑑を押して。(相談者)
うん。(今井通子)
「もう、わたしの所へ、来れなくなったんだ」って言ってましたよ。(相談者)
・・
印鑑ついて。(相談者)
うん・・(今井通子)

はい。(今井通子)
それでもまだ、来るんですよね。(相談者)

なるほど。(今井通子)
はい。(相談者)

っていうことは・・(今井通子)

いわゆる社会的に言ったら・・(今井通子)

来るたんびに・・その・・(今井通子)

内容をまず知らないといけないんだけれども。(今井通子)
はい。(相談者)

うん、警察に連絡して、追い返してもらうしかないっていう状態?(今井通子)

・・

そうですね。(相談者)

・・

はい。(今井通子)

そこで・・本題なんですが。(今井通子)
はい。(相談者)

あなたが苦しんでるっておっしゃる・・その・・(今井通子)

困ってる?(今井通子)
はい。(相談者)
「苦しんでる」っておっしゃって。(今井通子)
はい。(相談者)

え・・それはなに・・なんですか?(今井通子)

・・

いや、彼が来るから。(相談者)

・・

あ、よ、要するに、彼が来ないようにするには・・どうしたらいいか?っていうご質問?(今井通子)
はい。(相談者)

わかりました。(今井通子)
ただのあの、お茶飲み友達とか・・(相談者)
はい。(相談者)

そう言うんだったら良いけれども。(相談者)
はい・・(今井通子)

お金が絡むから嫌なんですよね。(相談者)
はい、じゃあ、来ないようにするにはどうしたから・・いいかってことですね?(今井通子)
はい。(相談者)

今日はですねぇ、精神科医の、高橋龍太郎先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(相談者)
先生よろしくお願いいたします。(今井通子)

はいすいません、お世話になります。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. この相談者さんにも知的障害が多少あるんじゃないのかなあ?
    訴えてる言葉とは裏腹に、あまり危機感が感じられないんだよね。
    どこまで真剣に別れたいと思ってるのかなあ?

  2. お相手は障害者ということなので(ABCのAです、とのことなので、たぶん恐らくだけど働いて最低賃金貰えるぐらいの方なのかな?)
    おそらくそこまで長く続けた関係性があるのなら、単なる茶飲み友達なら続けたいなぁっていうのは難しいと思う。

    過去のことは置いといて打算?じゃないけれど、友達に戻りましょ〜♪…ていうのは、相手の理解が難しいと思います。

    相談者も、関係性を完全に切っちゃうのは共に過ごしてきた年月やら情や、今の自分の状況も含めて、寂しいのでしょうけど。この場合は茶飲み友達に戻るのは無理なんですよ。相手の彼が、その状況を理解出来ないから。
    のるかそるか、じゃないけど、会うか会わないかっていう。白か黒か、関係を切るか続けるか、極端な態度を見せないと(ドアを開けない、話さない、もう私とアナタは終わりましたよ!と強く示す)。

    生きてく上で、白か黒かを決め付けないでグレーで収めておくことって必要であることも多いけど、その『曖昧な心地よさ』みたいなやつを
    理解するのが難しい相手だと思うんで。
    大変だと思うけど、高橋先生が仰ってた通り、家に来たら内側から警察を呼ぶ…ぐらいしないと、来たら駄目なんだなっていうのを示さないと、相談の内容を解決するには到れないよ。

  3.  揚げ足鶏さん の 仰せのとおり ご相談者 IQ70以下で 両先生とも聞き取りにご苦労なさってた!
     男性の方はもっと ひどいのかな? 警察で念書取られても それが 何なのか理解してない やっていい事 悪い事の区別ができない。
     何度も罪を重ねる パターンですね。

     ご相談者 結局 お寂しいのですね。