テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月30日(金)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。33歳男性から、昨年管理職になると、上や下、仕事も上手くいかず鬱病になってしまう。半年の休職後、管理職を降りて配置転換して復職するも、あの時、ああすれば良かったとか、将来を悪く悪く考えてしまい不安になってしまう。
加藤諦三氏の〆の言葉『ネガティブ・イエスから、ポジティブ・ノーへ変わる、それが生の引き潮から、生の満ち潮になる時です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:33歳男性 妻35歳 子供二人 長女(小学5年生) 次女(5歳)

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ、よろしくお願いします。(相談者)
はい、最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、30・・3歳です。(相談者)
30・・3歳・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)
結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
あの、奥さん何歳ですか?(加藤諦三)

え、35歳です。(相談者)
30・・5歳・・

はい。(相談者)

お子さんは?(加藤諦三)

えーっと、二人・・いまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・上が・・小学校5年生。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

下が5歳です。(相談者)

下が5歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
え・・男の子?女の子は?(加藤諦三)
あ、女の子です。(相談者)
両方とも女の子?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はいわかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えっと・・(相談者)
・・
去年・・仕事・・で・・(相談者)
・・
あのぅ・・管理職・・の方、任されまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
中間管理職なんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・あのぅ・・仕事をして・・いく・・うえ・・(相談者)

うちに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
なかなかこう・・(相談者)

上・・とも、下ともなかなかこう・・うま・・くいかなかったりとかと、仕事の・・(相談者)

中身もちょっと、うまくいかなかったりして。(相談者)
はい。(加藤諦三)
ちょっと、鬱・・になってしまいまして。(相談者)

はい・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
鬱って、例えばどの程度ですか?例えば、あのぅ・・病院に行って鬱と診断されたのか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それとも、自分が・・(加藤諦三)
あっ・・(相談者)
鬱・・だなぁ・・っていう感じ・・(加藤諦三)

最初、もうちょっとおかしいなぁ・・と思いながらも、ちょっと、1ヶ月、2ヶ月、頑張ってたんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで、病院にい・・(相談者)

ったら(行ったら)・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
もうそこで・・(相談者)

鬱です・・っていうふうな・・(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦三)
はい・・(相談者)
はいわかりました。(加藤諦三)

はい、でぇ、あのぅ・・くすり・・を飲みながら・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

仕事・・を、してたんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

だんだんちょっと症状も、あまりよくなくて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、まぁ、医者の方からも、まぁ、休職を勧められまして。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

でぇ・・半年ほど、休職・・したんですけれども。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

まぁ、ふ・・その後、復帰・・したんです、今年に入って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それ・・が・・(相談者)

その中間管理職っちゅうものから・・こう、外されまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、部署・・っていうかまぁ、もともといた職場も・・(相談者)

まぁ、あのぅ・・配置換えっていうことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でえ・・まぁ・・(相談者)

まぁ、1人の会社員としてですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・勤めることになったんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで・・まぁ、復帰・・してからどうもこう・・(相談者)

なんて言うか・・(相談者)

ま、今も薬・・は、飲みながら・・あのぅ・・通院もしながらっていう・・感じで、やってるんですけども。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

なかなかこう・・(相談者)

仕事に対して意欲が・・湧かない・・(相談者)

というか・・(相談者)
はい、はい、ああ・・(加藤諦三)
えっと・・もう、自分・・(相談者)

ん、ん・・がやってきたこと・・に対して。(相談者)

なんか、こう・・後悔ばっかりしてしまうというか・・(相談者)
はい、はい、はぁぁ・・(加藤諦三)

なんで・・(相談者)

あ、あの時もっとうまくできなかったんだろうか?とか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

うーーん・・ああいうふうに・・(相談者)

やってたらもっと、うまく・・いって・・たんじゃないかとか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あとは・・(相談者)

やっぱり、そもそもそういう・・(相談者)

管理職の、仕事なんて・・(相談者)

やらなければこんなことにならなかったのかなぁ・・とか。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうなんかもう、後ろ向きなことばかり考えるようになってしまって。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇ・・あとはやっぱり、どうしても・・(相談者)

将来・・ん・・に対して、凄くふあん(不安)・・(相談者)

に、なってしまう・・というか、なんていうか・・き、希望がないって言うんですかねぇ?(相談者)
うん・・将来を悪く悪く考えちゃうん・・でしょうねぇ。(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、あの休職を半年して・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そのあと・・まぁ・・(加藤諦三)

復職して、配置換えでということですけど・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今・・一応・・(加藤諦三)

薬を飲みながら・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あの会社には、行っているわけですね?(加藤諦三)
ああ、はい・・(相談者)

行ってはいます。(相談者)
う、うーん・・(加藤諦三)
行ってはいるんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ホントに・・(相談者)

もう・・あのぅ、朝・・(相談者)

会社に行くまでが本当に苦痛で。(相談者)

うんだって会社に行く時、途中逃げたいもんね、もう。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

もう・・とにかく、行きたくない・・っていう・・(相談者)

とにかく、い・・(加藤諦三)
じゃあ、なにを・・(相談者)

はい?(相談者)
行きたくない、その通りです。(加藤諦三)
はい。(相談者)
行きたくないですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

それはよく・・わかります。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすると今・・あなたの説明してくれたの、よーくわかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
と、こういう中で・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ま、将来も・・ふ、不安。(加藤諦三)

はい。(相談者)

ま、いろんな事悪く考えてしまう。(加藤諦三)
はい。(相談者)

過去も、何もかも・・失敗だったという風に考えてしまう。(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、自分のことも・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
肯定的に考えられない。(加藤諦三)

はい。(相談者)

で、この中で、どうして生きていくかっていうことですよねぇ?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)

今日はスタジオにですねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. さすがですね。回答者の先生方。
    親の影響がこんな形で顕在化することがあるんですね。

  2. 私も反抗期のない「いい子」でした。子どもの頃、私の両親も私自身も、子が親に反抗するのはいけないことだと信じ込んでいました。
    大人になってこんなに生きづらいのは、私が「いい子」だったからなんだ・・・とだんだん理解するようになりました。
    世のお父さんお母さん方、「イヤだ!」と言えるお子さんや自分の意思を表現できるお子さんが、本当の意味でのいい子ですよ!と声を大にして言いたい‼️
    回答者の先生方、本当にさすがですね‼️

この記事にはコメントできません。